2019年02月07日

恒例の反省です。

 は、昨夜は今年二回目の呑み会でありました。
2月の初旬に二回目の呑み会ですから、現役時代からすると考えられないのですが、世捨て人からすると、まだ、多い方では無いでしょうか。

 2年位前から、呑める量の減少と日本酒を呑みたくない現象に悩まされていたのですが、最近、少し症状に変化が出てきたようです。酒量は減少傾向を保ったままですが、日本酒嫌いは、少し、改善しかかっているようです。まだ、濃いというか、重いお酒は飲む気がしないのですが、所謂、端麗辛口であれば、少しは呑んでみようと云う気が湧くようになりました。
 現在、何とか飲めるお酒は、今まで晩酌にしていた高清水か、浦霞、久保田(千寿)等であります。

  本酒には、純米酒と醸造酒があるのはご存じだと思います。私自身は、純米酒の方が、本当の日本酒だとか、高品質だという印象を持っております。全く、根拠ははありませんが、勝手にそう思い込んで、常に、純米酒を飲むようにしておりました。でも、よくよく考えてみますと、私自身は、どうも、醸造酒の方が好きなのではないかと思っております。もう少し、自分の好みに素直になっても良いとは思うのですが、矢張り、見栄は捨てきれないのですかねぇ・・・。

 日は、中学時代からの友達と二人だけの呑み会でした。お互い気心の知れた間ですから、つい、調子に乗って、日本酒ばかり4杯まで頑張りました。お酒は久保田(千寿)と浦霞を2杯づつでありました。結構、スムーズに呑めたと思いますし、久しぶりに4杯まで呑みました。
 お陰で、帰宅してからも結構な酔いになりましたし、今朝の疲労感は、一寸きつかったと思います。今日一日、何もする気が有りませんでしたし、何もしませんでした。


 日は、何時もの通り早く自宅を出ました。でも、何時もと違い、呑み会とは別のある目的があったからであります。処が、それが本当に短時間で目的を達してしまいまして、呑み会開始まで、時間が余ってしまいました。
 
 、考えた結果、以前、偶々見つけた新橋演舞場近辺をぶらついてみようと思ったのであります。以前から、"橋演舞場という割には、新橋駅付近には無いのは何故だろう?"と思っておりまして、見つけた時も、"新橋では無いよなぁ"と思っておりました。
 今回、初めて付近を歩いた時も、近くの住居表示では銀座7丁目の表示でありました。確かに、新橋と銀座との境界に近い所にあるのでしょうねぇ・・・。

 み会の会場は人形町でありまして、ここは、本当に江戸情緒がまだ残っている処だと思っております。そして、新橋演舞場付近も、人形町に似た面影があると思います。前から、名前だけは知っていた、"料亭 金田中"も新橋演舞場のすぐ傍に在ることが分かりました。
また、この界隈には、何軒かそれらしい雰囲気の建物も散見されます。恐らく、この付近は、かって、高級料亭街だったのではないでしょうかねぇ・・・。

 一度で良いから、こんな高級料亭で、ゆっくり、お酒を楽しめれば、思い残すことは無いのですがねぇ・・・。矢張り、世の中、金次第なのですねぇ・・・。

 反省した結果、辿り着いた答えです。



sfree261jp at 16:48コメント(0) 
横浜 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks