軽井沢

2018年09月24日

  日は祭日ですから、ブログはお休みの日です。でも、"夏休み!"と称してのお休みばかりでしたから、"此の侭では忘れ去られる"との恐怖から、先日からアップを始めました。まだ、観て頂ける人が少ないので、今日も頑張ってのアップです。

 坂さん負けましたねぇ・・・。NYの大会で優勝した人ですから、東京大会は楽勝だろうと思っていましたが、決勝(優勝決定)戦で負けてしまいましたねぇ・・・。本当に、予想外でした。元1位とはいえ、ランクは一つ下ですから、当然、勝つだろうと思っていましたがねぇ・・・。
 でも、私としては、""あぁ、大坂さんも人間だったなぁ。日本人だったなぁ。""と、実感した次第です。NYの大会でファイナルまで戦い、憧れと思っていた選手に全力勝負の優勝をして、日本に来てシードはされていたものの、最終戦までの戦いですから、幾ら20歳の元気な盛りとは言え、疲れは相当なものだと思いますよ・・・。
 「人間・大坂ばんざい!!!」と言いたいです。
 ここまでランクを上げたのですから、これからは、体調を考えてのスケジュールを確立して、ランクを、ゆっくり、上げてください。時間は、十分ありますから!!

 干、時期外れですが、安倍さん三選をしましたねぇ・・・。選挙前から、予想された勝利でありました。圧勝か、石破さんの善戦かは分かりませんが、私は、国会議員の票数と、党員の票数の差が、何故か、気にかかるのであります。
 私の勝手な意見ですが、確かに、安倍さんはよくやっていると思います。多少、憲法改正・自衛隊に特化し過ぎているようにも思いますが、気持ちは理解できますし、昨今の国際情勢を考えれば当然かもしれません。その他のことにも、何とか、対応していると思います。でも、だからと言って、国会議員の票が、雪崩を打っように安倍さんに流れるのは、何故なのでしょうねぇ・・・。そして、党員票との差は何なのでしょうねぇ・・・。麻生さんは、身近にいる国会議員の判断が正しいのだとおっしゃっていますがねぇ・・・。
 だから、世の中、面白いのですかねえ・・・。

続きを読む

sfree261jp at 14:00コメント(0) 

2018年09月01日

 9月ですよねぇ・・・。世の中、例年通り"防災の日"関連の行事が行われております。防災訓練自体は、非常に重要なことであり、実施することに意味があると認識しております。しかし、実際に災害が起きている時には、周辺環境は訓練の時のような状態ではありません。常に、想定していないことが起きている訳であります。例えば、停電で通信機器が働かない状態が出現したり、被災現場に資材を運ぶ体制は出来ているものの、道路が破壊ゃ水没により搬送が出来ない等であります。これらについては、今迄に起きた災害を検証の上、対応策の種類を沢山用意しておく必要があると思います。防災訓練でも、この対応策の発動状況を確認する等も必要なのでしょうねぇ・・・。

 識的には、秋の始まりなのでしょうが、今日も暑い一日でした。確かに、一時の気違いじみた暑さは有りませんが、それでも、例年の真夏の気温は確保しておりましたからねぇ・・・。今年最大の台風が近づいております。現時点では、来週の火曜日前後に、日本本土への上陸が避けられそうもありません。

 皆様、ご用心を! ! !
 風の盆も始まりました。前夜祭には行ったことがあるのですが、まだ、本番は見ておりません。仕事を引退した後に、阿波踊りをはじめ日本のお祭りに行って見たいとの気持ちはあるのですが、金と体力が伴いませんので、中々、難しいです。

 
8月終わりの軽井沢(2)

  回の軽井沢は、お客様をお迎えしたこともあり、余り、ネタも写真もありません。そして、僅かにあるネタ・写真は、いつも通りの物であります。だからと言って、なにもアップしないのも寂してので、いつも通りに、アップいたします。
  何時もの物を、何時もの店で、いつも通りに楽しめることこそ、本当の幸せなのであります。"進歩が無い!"というそしりを受けそうですが、軽井沢でこれをやるのは、
  結構、難しいのですよ。


続きを読む

sfree261jp at 18:01コメント(0) 

2018年08月31日

 日は、タイトル通り、8月31日です。一般的には、夏の終わりを意味するものだと思います。
でも、今年の夏は、今迄の夏には無かったような夏だったと思っております。"暑さ"にしてもそうなのですが、同時に、自分自身でこれほど強く"歳"を感じのも初めてでした。

 年の夏を言葉で表すなら、"酷"だと思います。色々な意味を持つ言葉なのですが、今年の酷は、厳しいという意味を込めております。まず、今年の関東の梅雨明けは、信じられないくらい早い時期だったと思います。そして、残暑も例年以上に厳しいものでした。従って、経験したことの無いような、長い夏となりました(関東だけかもしれませんがねぇ)。8月の初旬には、"今年の夏は長いなぁ"と、"天麩羅のたね"になって八方ふさがりの様な気分になったことを覚えております。

 温も、最高気温の記録更新をしたと記憶しておりますが、兎に角、暑い日が続きました。私のように老年になりますと、暑さの感じ方が鈍くなるのですが、35゜Cを越す気温を体験しますと、流石に、"異常さ"を感じざるを得ませんでした。個人的には、中東で50゜C超を経験したことはありますが、今年の夏は、それとは異なる不快感を感じてしまいました。高い湿度の為だろうとは思っているのですが、中東でも、湿度は高かったと記憶しているのですがねぇ・・・。

 年言われている"異常気象"とか、"地球温暖化"と云う言葉を信じてしまい、更に温暖化が進めばどうなるのだろうという"恐怖心"と共に、8月の終わりを迎えることになりました。私は、残された年数に限りがありますが、若い人々は、どう感じての8月の終わりなのでしょうねぇ・・・。

 では、スポーツ界の不祥事が続いております。自然も人間も、変化しているのですかねぇ・・・。
続きを読む

sfree261jp at 11:54コメント(0) 

2018年08月11日

 やっぱり、反省です。
 の仕事仲間、3人での会でありました。参加人数は少ない会でありましたが、少ないと言っても、この会のオリジナルのメンバーであります。久しぶりのオリジナルメンバーでの呑み会も、懐かしさが漂いました。

 日も申し上げた通り、場所は、私にとって初めての武蔵小杉でした。武蔵小杉については、我が家の奥さんと話した結果、我が家の娘夫婦との食事会を、武蔵小杉でやったことを思い出しました。でも、この時は、確か、駅ビルの中のお店だったように記憶しており、街中での食事では無かったように思います。兎に角、私の感覚(記憶)では、武蔵小杉での呑み会は、今回が初めてだと確信をしているのであります。

 自身の考えでは、"都内に仕事を持つ人が住む"という前提では、近年では最高の場所だと思っております。即ち、交通の便が良く、且つ、都内と横浜にも短時間で行けることであります。昔は、"この都市集中の時代に、なぜ、住宅地としての開発が進まないのだろう?"と思っておりましたが、14・5年くらい前から、急速に再開発や都市化が進んだように記憶しております。

 し振り、かつ、初めての呑み会の武蔵小杉でありました。呑み始める前に、武蔵小杉の駅をぐるりと一周いたしました。以前にも思っていたことなのですが、林立するビルの中での空間は、確かに、近代的・機能的街であります。乳母車を押した若い夫婦とっては、現時点では、最高の場所だと思います。
 私の様な年寄りにとっても、快適であることは間違いないのですが、もう一つ、落ち着かないと言うか、余裕と言うか、和のテイストが欲しい感じがするのであります。まあ、年寄りの我がままであることは間違いないのですがねぇ・・・。

 み会は、何時もの通りに、楽しい時間を過ごしました。地位や年次を抜きにして、思ったことを言えるのは、本当に、楽しいものであります。特に、私のように無職の生活をしておりますと、ボケ防止も含めて、年に何回かこのような機会が持てること自体が、"し あ わ せ!"と思っております。(下)武蔵小杉駅前風景。

m8114m8113






(下)昨夜のお店と開店直後の店内。
m8111m8112

続きを読む

sfree261jp at 14:25コメント(0) 

2018年08月10日

 の中、沖縄県の知事の死亡や、ボクシング連盟のドタバタ等がありますが、特に夏休み中でもあり、アップしたくなるようなことは余りなありません。でも、ブログとしては軽井沢の事をアップし始めましたので、もう少し、アップを続けます。
 今夕は、昔の仲間との呑み会です。集合場所は武蔵小杉です。要は川崎なのですが、私にとってここでの呑み会は、初めてであります。近年、色々な意味で、話題となった処ですから、どんなお店での呑み会なのでしょうねぇ・・・。
 考えてみれば、色気抜きで酒を飲んで酔うだけですから、何処で呑んでも、似たような事になる筈なのですがねぇ・・・。明日、反省文をアップしたら、またこのブログも、暫くお休みをいただきます。でも、今日の横浜、暑かったですねぇ! ! ! 


 今年の真夏の軽井沢(ぴんころ地蔵 その2)
  
"ぴんころ地蔵"と言いますと、何となく解ったような、その割には、ふざけている様な感じがするのは私だけではないと思います。それもあってか、興味はあるものの、何となく、有難味がないような気持ちがして、参拝するのも延び延びになっておりました。
 今回、全く別用でぴんころ地蔵の傍まで行かざるを得ないようになりましたので、お参りをすることになりました。

  
 やかそうな参道の奥に山門が見えておりました。その奥には、ご本尊としてさぞかし立派なお地蔵さんが鎮座していることだろうと思っておりましたが、行って見ると、由緒ありそうな寺の門の傍にある地蔵さんが、ぴんころ地蔵だと分かりました。そう言えば、数年前に軽井沢在住の人のブログで、そのようなことが書いてあったことを、参拝が終わる頃に、ぼんやりと、思い出しました。続きを読む

sfree261jp at 14:14コメント(0) 

2018年08月09日

 の中、色々な事が起きているのですが、全体的には平和だと思うのは、矢張り、私が世の中から忘れられた存在だからなのでしょうかねぇ・・・。

 クシングのお話も、取り敢えず、会長の辞任の表明があったものの、これから先、どの様に再生するのかが問題ですよねえ・・・。でも、辞めた会長の「オリンピックは、東京がだめでも次があるから頑張れ(主旨)!」というのは、ショックでした。"東京をダメにしたのはあんたじゃないの? 次のオリンピックといっても6年後だよ。選手生命の短いボクシングの選手に、6年後頑張れと言うの?"と言いたくなりますよねぇ・・・。如何に、選手の事を考えてないかの証明ですよねぇ・・・。まぁ、そう言う体制でこれまでやってきたのですから、矢張り、自らで自浄・再生の道を探すことでしょうねぇ・・・。

 風は、被害を受けられた方には、心よりお見舞い申し上げます。でも、全国レベルで考えれば、全体としては大きな被害にはならずに済みそうだと感じております。台風は、日本の東側を通過しましたが、今回の台風は、東側に大きな強い雨雲を持っていたようです。これも、幸いしたのかもしれません。
 何れにしても、例年とは違う形での台風だとか、又、予報されています酷暑には、へきへきしております。今年の夏はとても長く感じておりまして、今が、まだ8月の初旬だと思いますと、ほんと、うんざりしてしまいますよねぇ・・・。しかも、例年なら旧盆を過ぎれば、秋を感じていましたが、今年のこの暑さは、8月末まで続くそうです。
 
ほんと、うんざり! ! !
続きを読む

sfree261jp at 12:53コメント(0) 

2018年07月19日

 いですねぇ・・・。まあ、夏ですから当たり前と言えばそうなのですが、今年の暑さは、例年とは異なる暑さだと思います。

 レビでは、連日、「各地の気温が40゜C近くになった。」とか、昨日は、「岐阜等で40゜Cを越した。」と放送されております。実は、12日の夕方から軽井沢に行っておりましたので、暑さの実感は、昨日午後に帰宅してからでした。そして、その凄さにびっくりしました。何しろ、締め切った家の中は、サウナ風呂並の暑さでしたし、朝まで熱気が抜けませんでした。
 昨日は、車の温度計で、高速道路上で42゜Cまで上がっておりましたし、三好のパーキングエリアで車外に出た途端に、熱気で直ぐ車内に戻る程でした。

 5年前にも、高知県で40゜Cを記録したことがあります。私も記憶しておりますが、今年はこれよりも暑いのではないかと思っております。然も、まだ、7月の中ごろですからねぇ・・・。これから、さらに暑くなることを考えると、この先どうなるのだろうと、本気で心配になります。

 述のとおり、12日の夕方から軽井沢に行っておりました。そして、前述のとおり暑かったです。気温的には、似たような気温は経験済みなのですが、湿度の関係なのでしょうか、今年は、特に、暑さを感じました。JR軽井沢駅や旧軽付近では、一時的とはいえ30゜C超は頻発しておりおります。湿度が高い分、本当に、応える暑さでありました。我が家の奥様の言によりますと、今朝のテレビで、軽井沢の観光客へのインタビューで、「軽井沢は避暑地と聞いて来たが、これでは避暑地ではない。」と言っていたそうです。気持ちは分かります。

 共の定宿は辺地に在りますので、旧軽とは2〜3゜Cは違いますし、朝夕は20゜C前後まで下がりますので、確かに、過ごしやすい部分もありました。でも、我が家の奥様と話したことですが、「何れ、軽井沢でも、クーラーをおかなければならなくなるかもねぇ。」であります。
 
今年の夏は、軽井沢も暑いようです。でも、平地はもっと暑いですよ!!!
続きを読む

sfree261jp at 12:18コメント(0) 

2018年06月18日

日から、"平日モード"に戻る予定でありましたが、本日は検診の日でありました。これまで、私は一昨年に手術をした脳腫瘍の術後検診と、脳腫瘍に関連した検査で見つかった"腎臓の嚢胞が癌の基ではないか?"ということで病院にかかっておりました。その過程で、腎臓の嚢胞による腎臓癌の疑いはかなり薄れたものの、最近は前立腺癌の疑いが、かなり強くなってまいりました。

日は脳腫瘍の術後検査の日でありました。検査自体はお昼ごろまでで終了ししましたし、結果にも問題なく、検査の頻度も一年に一回という事になりました。そして、来年の検診の予約まで行いました。未だに、僅かながら、"顔面の麻痺"というか"しびれ"は残っておりますし、めまいの症状は結構な頻度で起きております。しかし、何れも、現実生活には支障がありませんので、脳腫瘍の方は、これで、"さようならをした!"と思っております。そして、現在は、前立腺の方が、いよいよ、包囲網が狭まったような気がしております。
先日、友達との呑み会でのお話です。私が「がんの早期発見は良く聞く言葉だけど、私のように癌の発病を待っているというのも、変と言えば変な話だよね。」と言いましたら、「そうだよねぇ、待ち伏せだからねぇ・・・。」と納得されました。我ながら、変な話であります。超早期発見ですよね。

日は早朝から、大阪での地震の話です。震度6弱と言えば、結構な地震だと思っていたのですが、朝のテレビでの情報では、列車関係で、新幹線を含めて、ほぼ全線で止まっていることと、何か所かで火災や、水道管の破裂があったこと位しか放映されておりませんでした。日本の都市も、"地震に強くなったなあぁ。昔は、5強が限度だったけど。"と思いながら病院に向かいました。

日は、病院の後も色々雑用が重なり、帰宅したのは15時位になっておりました。帰宅した時、我が家の奥さんから、「大阪の地震、大変だったみたいよ。死者まで出ているみたい。」とのお話を聞いて、「えぇ〜!」という言葉しか出ませんでした。インターネットのニュースでも、死者3名、負傷者250人以上とかで、大変の様であります。矢張り、日本の都市は、都会では強化されたとはいえ、6弱でもかなりの被害がでるのですねぇ・・・。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を祈念いたしております。
続きを読む

sfree261jp at 16:12コメント(0) 

2018年06月13日

 定通り、筋書通り米・北朝鮮の話は終わりました。
 お互い、笑顔での会談であったようであります。しかし、現実には、お互いが満足する筋書などは有り得ない訳で、何処かに、不明確な処・曖昧な処を残しての結末であろうと思います。今日になってのマスコミの評論は、一斉に、具体性が無いということで、会談失敗説まで飛び出しております。勿論、現在の北朝鮮が、我々の想像を超えた状態にあるという可能性は、在り得ると思っておりますがね。

 朝鮮の"全ての障害を乗り越えてここまで来た"という言葉にも、拉致を含めて、今までやって来たすべての犯罪行為を、そう簡単に乗り越えられても困るのであります。今の状態を、乗り越えた結果だと言われてもねぇ・・・。

 "米国が拉致問題を議題にするように"と、やいのやいのの催促も、私も日本国民ですから気持ちは分かるのですが、過分の固執が良い結果を導くのかどうかは、分からないと思っております。基本的には、"拉致問題は北朝鮮と日本との二国間の問題ではないか?"と思えるからです。北朝鮮や世界から、"トラの威を借るキツネだ"と言われるでしょうしね。
 現実的には、米国の力を借りなければ解決の可能性が無いのも事実でありまして、被害者の気持ちを考えると、そうせざるを得ないのも事実であります。北朝鮮もそこを見越して、「何故、直接言ってこないのだ。」と言っているのですよねぇ。

 かに、歴史的会見ではありました。トランプさんは、鼻高々の成功宣言です。でも、単なる、政治ショーで終わらせる訳には行きませんし、北朝鮮の時間稼ぎに終わらす訳にはまいりません。全ての評価は、今後の事態の推移を確認した後しかできないのも事実であります。北朝鮮がこれまで開発した核兵器とミサイルを、「はい、分かりました。」と、あっさり全てを放棄するとは、どう考えても考えられないのですがねぇ・・・。米国本土も、結構、冷ややかな目で見ている人も多いようですが、今後の事態の推移を見るしかないと思うのです。また、以前の二の舞を演じないように、注意をしながら・・・。勿論、拉致問題の為には二国間の協議を目指さなければなりません。拉致問題は、日本と北朝鮮との問題だと思います。

続きを読む

sfree261jp at 09:13コメント(0) 

2018年05月19日

 曜日もアップの日ですから、何かアップしないといけないとは思いつつ、"大したネタも無いのにアップしても仕方が無い"とも思いまして、ズルズル、時間だけが経ってしまいました。夜になって、何故か、"矢張り、あげてみようか"と思い直してのアップです。

 レビでは、イギリス王室の結婚式が中継されております。御祝い事ですし、伝統あるイギリス王室の結婚式ですから、報道も力を入れております。まあ、世界が注目している話ですからねぇ・・・。
 私的には、いい加減歳を取って、世の中のことに興味が無くなっていることと、イギリス王室については、ダイアナさんの問題以降引き続いたごたごたに、うんざりした処もあり、気持ちは離れておりました。別の番組を見ていたのですが、我が家の奥様の強力な要請が飛び出して、ロイヤルウエディングに移る事になりました。

 回の結婚につきましても、テレビ的には、いろいろなことが言われております。権威の中のことと人間自体の事とは、常に整合性を保つことは難しいのですよね。矢張り、本能に基づく欲と感情がありますからねぇ・・・。我が国の皇室も、いろいろと言われているようですがねぇ・・・。でも、やはり、皇室のような権威の社会でも、イギリスの社会の方が、より、人間的な事を認めているのかなあと感じた次第です。日本の社会は、まだまだ、権威とか前例とかに、縛られ過ぎているのかもしれませんねぇ・・・。

 実の世界は問題ばかりではありますが、一瞬とは言え、夢のように世界を垣間見るのは、人心に一服の清涼剤を与えているのでしょうねえ・・・。それにしても、藤井さんはすごいですね! もう、7段ですよ!
 
続きを読む

sfree261jp at 23:10コメント(0) 

2018年05月18日

   昨日の夜のことです。パソコンを操作していたら、画面に、突然、"システム上の異常が見つかりました云々"という文字が現れました。そして、対応の方法を示す画面が出てきました。
 作業中に、全く別の画面が出てきて、何のことか分かりませんでしたが、取り敢えず、指示に従い異常個所の検索をした処、"1437システムの問題がみつかりました。"とのメッセ―ジでありました。そして、「今、対応すれば補修が出来ます。方法は以下のとおりです。」とのメッセージが追いかけてきました。

 の手順に従って、操作をしていると、あるプログラムをダウンロードして、補修しなければならないこと。そのダウンロードの為の費用が、1万数千円を要することが書いてありました。
 "そんなに高い金額ではないけど、我が家は、買った処にメンテナンスを頼んでいるのに、金を出せと言うのも変な話だし、お金はどう徴収するのだろう?"と思いはじめて、作業がそこで止まってしまいました。

 "どうしようかなぁ"と考えていた処、突然、画面が変わって、"偶々、今日はキャンペーンの日であり、今行えば料金は半額になります。"との趣旨のメッセージと共に、料金表が半分の価格に訂正されたものが出てきました。"ラッキー !"とは思ったものの、逆に、"ん?"と思い始めました。"なんか変だよねぇ"と思い始めたのです。

 れで、作業を止めることにしたのであります。そうしたら、「ここのまま放置すると、システムが壊れてしまいます。早い、対応をお願いします。」と言う趣旨のメッセージが流れてきました。愈々、気にはなったのですが、1437か所のシステム異常があって、何の支障もなく動いているのも変であります。メッセージだけでお金を取るのも変と言えば変ですよねぇ・・・。"まあ、メンテを頼んでいるところに相談してみよう!"と思って、放置しておりました。

 今朝もパソコンを始動した時には、例の"システム異常があります。早く補修しないと、システム全体が破壊します。"と言った趣旨のメッセージが表示されました。大した金額でも無いので、メッセージに従ってもよかったのですが、まあ、"メンテを頼んでいる所と相談した後でも良いであろう"と、居直ることに致しました。

続きを読む

sfree261jp at 17:44コメント(0) 

2018年05月16日

 日は水曜日です。勇んで再開した平日モードですが、もう、疲れが出たようです。
図書館でも、もう一つ、力が入らないと言うか、集中度が上がりませんでした。取り敢えず、時間だけは守りましたが、"心ここにあらず"と言った処です。

 白いもので、図書館がそういう具合ですと、午後の散歩も、もう一つ、心が動きません。結局、用も無く、当てもなく、新横浜をブラブラして帰宅いたしました。

 だ、テレビのワイドショーを見ておりませんので分かりませんが、世の中も割合平静のように思いました。そう言えば、北朝鮮が、また、"核のことだけに固執するならば、米中会談は延期するとか、中止するとか"言っているそうです。まあ、何時もの事ですがねぇ・・・。

 朝鮮の何時もの作戦です。結局、武力行使をしないと片付かないのですかねぇ・・・。米国も、そんな遊びをしている余裕は無い事を知らせるべきだし、北朝鮮も、自分の立場を知るべきだと思いますがねぇ・・・。中国が後ろにいれば、或は、核兵器を持っていれば米国は何もできない筈だ、という考えを何処まで信じるのか、何時、米国が切れるのかですかねえ・・・。

 このままでは、イランのように、核兵器を温存したままの和解が成立しないと考えてのことでしょうがねぇ・・・。

 今年五月の軽井沢(植物園)
 が家の軽井沢での過ごし方も、娘夫婦が孫を連れてくるようになりますと、色々と変化が出てきます。今回は、後半だけに来ておりましたので、前半と後半の過ごし方は大きく違いました。その中で、久しぶりに、植物園に行きました。

 物園も、時の経過と共に、変化は起きております。平成天皇とも親交があった、あの名物園長佐藤先生もお亡くなりになりましたし、隣の体育館の駐車場の拡張の為、敷地の形も変わってしまいました。私達も、以前は軽井沢に行った時には必ず寄っていたのですが、最近は、間隔が空くようになりました。

 藤先生がお亡くなりになったこと、植物の配置や花の時期など園内状況が分かるようになったこと等が理由かもしれません。でも、この植物園は、私達にとって、今でも、心休まる場所ですし、"軽井沢に来ているのだ"と言うことを実感させてくれるところです。
続きを読む

sfree261jp at 17:09コメント(0) 

2018年05月15日

日から、平日モードを再始動いたしました。昨日は"再開初日!"という事で、図書館ものんびり気味に過ごしました。今日は、二日目ですから、少しは身を入れて本を読む努力を致しましたが、思う通りには行かないものですね。

潟の小二の少女殺人事件について、昨夜、逮捕状が執行されましたねぇ。先日、テレビでこの事件を聞いた時から、"不思議と言うか理解できないことが多い事件だなあ"と思っておりました。自分で殺しておいて、更に、電車に轢かせるなどはねぇ・・・。犯人がきちんと自供すれば、今後、動機や目的などが明らかになるとは思いますが、恐らく、私は理解できないでしょうねぇ。結局、殺害の事実と帰らぬ少女の命だけが現実として残るのでしょうねぇ。

実の世の中には、色々な犯罪があります。それには動機と目的がある筈です。その動機や目的については、同意は出来ませんが、理解はできるものも無い訳ではありません。"気持ちは分かるけど、だらと言って、そこまでやるのはね!"という事ですよね。

罪の話ですから、理解できないことがあるのは当然なのでありますが、私には児童への性的犯行や殺傷行為には、その動機・目的から理解できないのであります。まあ、理解できないで当たり前なのだろうと思いますがねぇ。
 でも、何故、児童への犯罪は無くならないのでしょうねぇ。"人間の性"或は"病気"と言ってしまえばそれまでなのでしょうが、それでは余りにも、哀しすぎますよねぇ・・・。

しい話の後で申し訳ないのですが、変わらずのネタ不足なので、連休で行った軽井沢の写真をアップすます。今頃、"ブログネタとしては如何か?"とは自覚しておりますが、"何もないよりは良いであろう"とのアップであります。ご理解をお願いします。

今年5月の軽井沢 (全般)
の中、恒例と申しましても、矢張り、その年々によって変化はあります。第一、当人が歳を重ねてますし、環境も変わります。私の様な年寄りにとって、一年は大きな変化の期間なのです。当然、環境も変わります。今年は、娘夫婦が孫を連れて、同宿するようになったという事であります。

論、昨年もそうだったのですが、今年は、孫も二人となり、年長の孫は3歳となりました。幼児の一年は、本当に、大きな差があります。また、孫が一人と二人では、これまた、大違いであります。色々な意味で、今迄とは、異なった軽井沢でありました。
続きを読む

sfree261jp at 15:58コメント(0) 

2018年04月18日

 日は、昨日からの雨を理由に、図書館には行きませんでした。"雨の中を外へ行きたくない"との気持ちもあったのですが、本当の理由は、自宅のパソコンでやりたいことがあったからです。
 それは、これまで図書館で作成したメモをパソコンの中に収納したかったのであります。そんなものは、図書館から帰ってきてからやれば良いのですが、やはり、図書館に行き、街中を散歩して帰ると、今更、パソコンに向かうのはしんどいのであります。ブログの事もありますしねぇ・・・。
 図書館には行きませんでしたが、時間的には、平日モードで過ごしておりますし、自ら意図したことでもありますので、ずる休みをしたと言う認識はありません。

 日も、打っていた文章が、一瞬で無くなると言う事故に出合いました。このところ、一、二回この様な事が起きております。今日の場合は、私が関係のないキィに触れたことが原因だとは思いますが、それが全く復元できないままに終わったのは、前回と同様です。
 約一時間程度の入力が消滅いたしました。入力途中では、随時、上書きキィを押しておくべきとは分かっているのですが、ついつい、忘れてしまうのですよねぇ・・・。

 ソコン作業をしていたら、テレビが"新潟県知事が辞職の意向を固めた"と言うことを、放送しておりました。昨日、新潟県知事の訳の分からない記者会見の一部を見ておりましたので、私も、事のいきさつは知っている積りなのです。でも、依然として、具体的な事は、何も分からないままであります。

 んでも、女性関係の問題で辞職を決めたとかでありますが、何が問題なのか、なぜ辞職なのかは分からないままであります。余り聞きたいことも無いのですが、まあ、洋の東西を問わず、人間世界では、尽きることの無い問題なのでしょうかねぇ・・・。
 本能と理性の問題だと思っているのですがねぇ・・・。

続きを読む

sfree261jp at 14:36コメント(0) 

2018年04月17日

報では"日中は降らない"と言っておりましたが、家を出る時は傘を持って行かざるを得ない天気でありました。事実、お昼過ぎには、雨は微かに降っていたと思います。でも、結局は予報通りという事になりました。今日も、一応、平日モードは守りましたし、やるべきことは、やったと自己満足をしております。

方、総理がいない所為か、世間も国会も静かに過ごせた様ですねぇ・・・。でも、財務省の事務次官のセクハラ問題は、いよいよ、佳境に至ったのですかねぇ・・・。確かに、何処でもある話ですから、またかと言えるものかもしれませんが、私には、どうも作為的というか、次官がはめられたような感じが、しないでもないのであります。

かし、何れにしても、次官に日常からそのような性情がないと、作為もやりようが無い訳で、事務次官のわきが甘かったと言うのは、間違いが無い話だと思います。それと同時に、録音された言葉は、余りにもひどすぎる言葉ですよねぇ・・・。私も、女性は好きですから、セクハラめいたことは言って来たとは思いますが、流石に、あのような言葉は、思っても言えない気がします。

下の東大を卒業し、あの激しい競争を勝ち抜いて財務省の事務次官までなった人でも、"あんなことが言えるのだなぁ!"と、感心せざるを得ません。現役の時、酒の上では「人間、へその上とへその下は別の物だから・・・。」と言った話はした記憶はありますが、それにしても、あの言葉はねぇ・・・。応えたくない質問をはぐらかす言葉としても、一寸、どんな顔をすればよいのか返答に困ります。

あ、人のことだから、どうなるか楽しみと言えば楽しみですが、人間、生きることって難しいのですねぇ・・・。私も、スケールは小さい人生ですが、ここまで無事でありましたねぇ・・・。今思い出しても、ひやりとすることも、無い訳では無いのですがねぇ・・・。
    南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏!


軽井沢 今年のご挨拶(2)

井沢 今年のご挨拶の続きです。勿論、今回の訪軽は、定宿をこれから8、9ケ月利用するために環境整備の為に行ったのであります。ですから、住環境の整備と共に、懇意にさせて頂いてるお店を訪れることも含まれております。つまり、今まで通りに、ご厚誼をお願いする為であります。
世の中は、常に、動いております。昨年までお世話になっていたお店が、行って見たら閉店していたとか、場所が変わっていたとか、結構、びっくりすることがあるのも事実なのです。

己の正当性を述べますと以上のようになるのですが、要は、"これまでの楽しみを今年も続けたい"と言うだけです。今まで通り、楽しめることを確かめただけなのであります。 今日は、昨日に続きまして、軽井沢の生活に楽しみを加えてくれるお店の紹介です。 
続きを読む

sfree261jp at 17:31コメント(0) 

2018年04月16日

 日から、平日モードに戻ることに致しました。先週は、軽井沢から帰宅した直後でありましたし、東京に出る要件も続きましたので、ずっと、休日モードで過ごしておりました。 一寸の間でも、一旦、休日モードで過ごしますと、平日モードに戻すには、やはり、"どっこいしょ!"の掛け声が要るものであります。やはり、歳ですかねぇ・・・。引退したからかもしれませんねぇ・・・。

 の中、取り敢えず、平和なようですねぇ・・・。相変わらずの加計問題や、受刑者の逃走事件に加えて財務省の事務次官のセクハラ問題が加わりましたが、何れも、今すぐ、わが身には係わりは生じないものの様であります。"永久に!"と言う訳では無いかもしれませんがねぇ。

 も、こんな時にこそ、とんでもない爆発が生じる原因が醸造されているかもしれませんよねぇ・・・。我々の目に見えない処で・・・・。
 
世の中、平和が続きますように・・・。


 軽井沢 今年のご挨拶(1)

 、軽井沢に別荘持ちの方は、"5月の連休頃に軽井沢入りをして、9月の終わりに別荘じまいをする"というのが、一般的であったと聞いております。私達が定宿を設けるようになった頃は、終わりが少し延びて、10月の紅葉が済んだ頃になりました。最近でも、この傾向は変わっていないとは思いますが、やはり、スキー場、クリスマスイルミネーション、アウトレットのバーゲンなど、地元の観光の通年化の努力もあり、所謂、別荘じまいも可なり"ばらけた"と言うか、冬の軽井沢を楽しんでいる人も結構いるのだ聞いた事があります。

 だ、12月になると水道管の凍結防止の対策が必要となりますので、別荘などを維持費する為の費用が、結構かかるのであります。現在は、多くが電気代だろうと思います。かっての私たちのように、冬も月一回の軽井沢訪問を続けていた時は、訪れる度に、別途、水道の通水・遮断の作業が必要になり、これを人に頼めば、結構なお金になるのであります。現在は、四駆ではない我が家の車では、冬に訪軽をするには無理があるということで、12月から3月までは、冬眠をすることになったのであります。

 いうことで、現在は3月の終わりか4月の初めに、その年の最初の訪軽を行います。一方、終わりについては、林檎の収穫がある時は11月末に、無い時は11月の初めに越冬対策をすることにしております。
 今年は、冬が可なり厳しかったので、3月に行
くのは無理であろうと、勝手に想像して、4月初めとしたのであります。
続きを読む

sfree261jp at 15:55コメント(0) 

2018年04月13日

  日は、久しぶりの現役並みの生活を致しましたが、その内容は、惨憺たるものでありまして、二時間の会議でありましたが、一時間で席を立って、会場を後にしました。
 現役時代にもやったことも無いようなことでありました。引退していたから、こんなことがやれたのか、現役では経験しなかったような不具合なのか、自分でも良く解りません。
 一応、相手も謝っておりましたので、理はこちらにあると思っているのですがねぇ・・・。昨夜は、お蔭でやけ酒を飲みまして、今日は、少々お疲れであります。

 日は、昔の職場の人達との呑み会です。10年位前に退職した職場の人達と、年に2〜3回の呑み会を続けていた物であります。この様な会を続けているのを、自慢して良いのか、恥さらしなのか良く解りませんが、まぁ、皆が、(表面上でも)喜んで会が続いているのは、"良いことではないのかなァ!"と勝手に思っております。

 の中、いろいろとありますねぇ。テレビを見ていると、大分中津のがけ崩れ、松山での脱獄事件、警察官射殺事件、国会での加計問題、外国ではシリアの化学兵器使用の問題など目白押しであります。現時点では、取り敢えず、わが身に直接の影響は起きておりませんが、今後どうなるのか分かりませんよねぇ・・・。やはり、これだけ人間が住んでいますと、色々な事が起きるものなのですかねぇ・・・。
 
アップした後で、呑み会の話は、来週の金曜日の呑み会の事を書いてしまったことに気が付きました。この為、アップした後でしたが、文を修正いたしました。

 軽井沢も異常でした。
 日のブログで、"同じ四月でも、年によって、その表情は異なるのだ"と申しました。そのこと自体に反省は無いのですが、具体例の紹介が足りなかっと反省しております。

 井沢は、"まだ、眠りの中"ということに間違いはないのですが、眠りの深さが例年と異なるのであります。今、改めて考えますと、今回の軽井沢は、例年の連休直前とほぼ同じ状態でありました。そうなのです。例年の4月初めは、もっと、茶色の世界で、土とむき出しの枝の世界だったのです。

 井沢滞在中も、テレビで「今年はリンゴの生育が例年より一週間位早く、リンゴ農家の皆さんが当惑している。」との放映がありました。軽井沢の桜は、例年、連休直前に開花して、連休中に満開になると、私は認識しておりますが、どうも、今年はこれよりはかなり早くなりそうです。
続きを読む

sfree261jp at 12:54コメント(0) 

2018年04月12日

  日は、"現役時代と同じ"と迄は言いませんが、それに近い位の早起きをして、かっての職場がある品川まで行ってまいりました。そこで、現役の時と同じようなことをする為に行って来たのであります。今頃になって、"何で、ただでこんなことをしなければならないのだろう"と思って居るのですが、引き受けたものですから仕方がありません。

の業務は、去る三月末に福岡に行くことになった時に、引き受けたものの後始末であります。この話は、自ら買って出たものでは無いのですが、何となく、その気になったのは事実であります。福岡で会った人に、挨拶で、「私も、無償でこんなことを引き受けたのか、自分でも良くわかないのですが・・・。」と話した時、その人から、「人間歳を取れば、全てが、ボランティアみたいなものですよ。」と答えられた言葉が、未だに、脳裏に残っているのであります。

かに、これを引き受けた時には、報酬は何も考えてなかったのです。でも、その仕事を遂行するうえでは、いろいろと、労苦は生じます。で、いざ、その労苦に直面しますと、"なんでこんなことを引き受けたのだろう。しかも、ただで!"と思わざるを得なくなるのであります。

"まあ、頼む人が居ると言うのは、まだまだ、自分も捨てたものでは無いのかなァ!"と自分を慰めてはいるのですが、矢張り、無償で引き受けたことには、未だに、自責の念が消えません。

"今度は、絶対、金を貰うぞ!!!"続きを読む

sfree261jp at 16:16コメント(0) 

2018年03月06日

  いもので、もう、三月上旬も残り少なくなりました。あと15,6日もすれば、東京では桜の開花となるそうです。今日も、昨日よりは寒いものの、一時の冷たさは無く、春が近い事を感じさせました。空の青さも、冬のものではないと感じさせました。

  の歳になり、スケジュールを、ある程度、自分の都合で決めれるようになりますと、どうしても、一月、二月の寒い時は、動きが鈍くなります。その分、"四月になれば"とか、"温かくなれば"とか、四月には、色々な計画が目白押しになります。時によっては、"自分にとっては、本当の正月は四月ではないだろうか?"と思うことがあります。特に、冬に軽井沢に行かなくなって、余計感じるようになったような気がします。

が家では、"四月は軽井沢への行動開始の月だ!"と思っております。従って、軽井沢にとっては、四月は正に正月なのであります。東京では桜も咲きますし、世の中も、急に忙しくなりますので、本当に、"四月一日をお正月にしても良いのでは?!"と、思う時があるのですが、矢張り、無理なのでしょうねぇ・・・。

で、今日の株価と言うか、日経平均には驚きました。詳しくないので、余り、テーマにはしたくなかったのですが、私の予想とは大幅に違う方向に動きましたので、取り敢えず、反省の為のブログなのであります。
続きを読む

sfree261jp at 16:45コメント(0) 

2017年10月27日

 日は、朝には浅間山の(初?)冠雪を観て、夕べには自宅での洗車の時に"やぶ蚊"に刺されるという、季節感がバラバラの一日でした。流石に、今日は、朝から関東の季節感に、何となく、違和感がない儘過ごしました。

 日は、昔の会社の仲間との呑み会の日であります。毎度、申しておりますが、全くの無職となった今でも、こうして、呑み会に誘ってくれる人がいる(実際は、割り込んでいるいるのですがね)と言うのは、私にとって、金では買えない財産であると思っております。

 
自身は、結構、わがままな人生を送っておりまして、仕事以外の呑み会等は気に入らなければ、参加しないことにしておりましたので、現在の私の立場でも、"一緒に飲んでも良い"と思ってくれる人が、一人でもいることは、本当に、有難いことだと思っております。

 の中、平穏に過ごしているようですねぇ。選挙後の野党再編の話も、まだ、具体的な行動となるには時間が必要の様ですし、希望の党も、ますます、小池さんと党員との間の亀裂も、深くなる一方の様です。小池さんも、本音と言うか本性が至る所で、露呈しております。このままいけば、都政においても、求心力を無くしていくのではと思います。

 世の中、人上に立つというのは、本当に、難しいのですねぇ!

 10月の軽井沢(1)

 段であれば、10月の終わり、特に、最後の週は、軽井沢紅葉シリーズということで、一週間ちかく軽井沢にとどまっておりました。今年は、色々な事情で、例年通りと言う訳にはいきませんでした。昨日も申しましたように、元々、私だけで行こうと思って居たものが、急遽、短期間ながら我が家の奥さんとの二人でありました。でも、この様な状態なので、紅葉見物は行動予定に入っておりませんでした。

 年は、例年の温暖化の進行という流れの中では、気温もそんなに高くなく、兎に角、雨の多い一年だったと思います。従って、軽井沢の環境も、可なり、例年と違うのでないかと思っておりました。

続きを読む

sfree261jp at 11:00コメント(0) 

2017年10月26日

 を申しますと、24日から軽井沢に行っておりました。軽井沢に詳しい人ならわかる筈なのですが、定宿の越冬準備に行っておりました。
 今年の我が家は、年の後半に本当に色々な事がありまして、今年の軽井沢の越冬準備は、私一人で行く予定でありました。でも、先週の終わり頃、我が家の奥様から「火曜日から木曜日の間であれば、私も行けそうだからそれに合わせてよ!」と、命令されました。

 当は、23日から27日にかけて、一人で行く予定であったのですが、命令とあれば従わざるを得ません。「分かった!」の一言で、今回の日程が決まりました。今回は、本当に越年の準備に、僅か、2泊3日で行っただけなので、ブログネタは、余り、ありませんが、取り敢えず、明日から、軽井沢をブログネタにさせて頂きます。薄く長くが目標です。

 
、今日は、写真一枚だけです。でも、これで、行っていたことが証明される筈です。今朝、軽井沢を離れる時、地元の人から、「浅間山が、冠雪しているのよ! 私だって、朝起きて、これを観てびっくりでしたよ。」という言葉を聞いて、帰りがけに撮った写真です。     メインのカメラは、車に仕舞いこんだままでしたので、手持ちのバカチョンカメラで撮ったものです。簡単なカメラでの撮影ですが、お許しください。私の腕相応のカメラであります。

1710261















軽井沢は、何時行っても、軽井沢です!!


sfree261jp at 19:13コメント(0) 

2017年09月12日

 相変わらず、夏休みを続けております。

 昨日は、予期せぬ伏兵に虚を突かれててしまいましたが、その後は、何とか平静を保っております。
 でも、北朝鮮はどうするのでしょうねぇ・・・。国連で、実効の薄い経済制裁が決定しました。一方、北朝鮮は、"ミサイルや原爆(水爆?)の実験の口実が出来た"と、喜んでいると思います。中国を含めて、共産国の典型的なものの言い方であります。即ち、「こうなったのは〇〇のせいだ!」、「〇〇がこんなことするから、こうせざるを得なかったのだ!」であります。

 んな事を続けていれば、何時かは、戦争状態になるのは確実だと思うのですがねぇ・・・。戦争を回避するためには、"北朝鮮を原水爆の正当な保有国として認る"という以外に方法は無いと思うのですがねぇ・・・。米国内には、「保有国として、認めたらどうだ!」との声もあるやに聞いております。だからとって、米国も、タダで、保有国と認める訳には行かないでしょうしねぇ・・・。

 
やはり、日本も原水爆を持ちますか? 自衛の為ですから・・・。
続きを読む

sfree261jp at 09:46コメント(0) 

2017年09月07日

の中、アメリカと北朝鮮が一触即発(?)のこの時に、平和な日本では、不倫だらけの世の中ですねぇ・・・。私も生きている人間ですから、気持ちは分からない訳ではありませんし、本能だけで生きておりますからJアラートに何が起こったのだとうろたえていましたからねぇ・・・。でもねぇ・・。だからと言って、こうなりますかねぇ・・・。その勇気に敬意は表しますがねぇ・・・。

の歳になったからと言う訳ではないと思いますが、この処、宗教、特に仏教に興味を持って参りました。仏教には納得の世界もありますし、"そうだったのか!"の世界もあります。でも、未だに解らないのは、キリスト教もそうですが、仏教には男女の仲の話は殆ど無いのであります。本当は、在るのだけども表に出いないだけかもしれませんがね!

えば、今勉強している密教の中には、"セックスの話を正面から説いている派がある"という記述を読んだこともあるのですが、具体的なことは知りません。仏教は、全ての始まりを"悩み"から始まっていると理解しているのですが、その中に、男女の中の悩みは具体的には表されておりません。

かに、男女の仲の悩みは、独立した悩みではありません。その悩みは、色々な悩みが混在した複合体かもしれません。だからと言って、"何も触れずに悩みの解決があるのか?"ということに、納得がいかない処が残っているのです。

釈迦様は、「女人は、分かりがたし!」と宣ったと聞いております。納得がいく言葉ですが、それは私が男だからでありまして、恐らく、女性からすると、「男人は、分かりがたし!」であろうと思っております。私自身は、人間にとって最後まで解けない悩みは、"男女の仲"だと思っているのですがねぇ・・・。

決して、不倫を容認しているのではありませんので、お間違いのない様に!!!
また、世の中のことも忘れてはいけませんよ!!!

続きを読む

sfree261jp at 21:24コメント(0) 

2017年09月06日

年の軽井沢を、"変"と名付けてブログを綴っております。今回は、"軽井沢だから"ということではありませんが、人生初めての経験を致しました。

れは、"Jアラート"を経験したのであります。"Jアラート"自体は、テスト放送など実施されておりますから、既に経験した人も多いとは思います。ですが、私にとっては初めての経験でありました。今頃、日本国民として、初めての経験と言っていいのかどうか分かりませんが、私の記憶では、Jアラートについては、テストも含めて初めての経験だと思います。

井沢の定宿で就寝中に、早朝に突然、我が家の奥様と私の携帯で、訳の分からない音が飛び出してきました。二人とも眼を覚ましたのですが、何がどうなったのか全く分かりませんでした。我が家の奥様が携帯に出ている文字を読んで、「北朝鮮がミサイルを発射したんだってよ!」と教えてくれました。

をすればよいのか分からないまま、取り敢えず、テレビをつけることにしました。当然テレビでは、既に、緊急放送を実施しておりました。そこで、数分前に北朝鮮が発射したこと。コースは北海道・東北あたりの北日本の上空を通過するようだ等、概略のことが分かりました。その時、疑問として残ったのは、日本に落ちるとすると、後、何分後になるのかでありました。

くして、これも大体のことが分かりましたが、分かった時は、もう落ち始めているか、まだとしても、1〜2分程度しか残っていない筈であるという時でした。テレビでは、「コンクリート構造物等の堅硬な建物の中に避難しろ!」との趣旨の事を言っていたと思います。

うする?」と、我が家の奥様からの問いかけでしたが、如何することもできません。「ここにいるしかないのじゃない?」と言うのが、私の答えでありました。だって、軽井沢の山の中で、周りは他人の別荘ばかりです。我々だって、早朝6時に叩き起きされて、寝ぼけ眼でパジャマのままです。どうすることもできないのであります。

"サイルが落ちてきて、爆死するなら仕方が無い"と、覚悟を決めるしかありませんでした。その後、テレビで、「北海道の上空を通過した。」との情報は得ましたが、何か、割り切れないものを感じたまま、朝を迎えました。お蔭で、一日、睡眠不足で過ごしました。
迷惑!!! 
  
そんなこと、言っている場合では無いのですがねぇ・・・。
軽井沢との関係は、Jアラートの伝達は、長野県以北でありました。

続きを読む

sfree261jp at 16:41コメント(0) 

2017年08月18日

 久し振りのアップです。

 休みのブログのお休みと、訪軽が重なり、10日以上のお休みとなりました。
 お蔭で、「おい! 大丈夫か?」と問い合わせてくれた友達もおりました。だからと言って、特に、ブログネタもありませんので、今日も、"生存証明"のブログであります。

 このままでは、誠に失礼でありますので、久しぶりに訪れた軽井沢の印象だけお伝えいたします。

 時もの軽井沢であれば、8月10日頃から 街中は観光客と別荘客で、騒然としていた筈なのですが、今年は、12,3日頃まで、何だか、"しずか"と言うか、人も車も少なくて、街中がスカスカした感じでありました。

 年は、11日からそのままお盆に突入すると思っていましたので、少なくとも11日以降からは、何時もの、大混雑の軽井沢だと思っておりました。処が、意外や意外、13日位まで街はスカスカでありました。我が家の奥様は、10日以前に行きつけのパン屋さんに行ったら、「奥さん、何時来たの? お客さん来ないのだよね!」と言われたそうです。

 "変だなぁ!"と思いつつの軽井沢でしたが、15日過ぎからは、ほぼ、何時もの軽井沢に近い賑わいになったと思います。いつも通りと言う訳にはいきませんがね! でも、15日以降のアウトレット等は、可なりの賑わいの様でありました。私達は、17日に軽井沢を離れましたので、その後の事は分かりませんが、今年の軽井沢のピークは、今週末だったのかもしれませんねぇ・・・。

 
やはり、現役の勤労者でないと、世の大勢が分からなくなっているのですかねぇ・・・。
 一寸、淋しい気もしております。

続きを読む

sfree261jp at 20:35コメント(0) 

2017年06月14日

日は、正真正銘の呑み会の日です。午前中の図書館も早めに切り上げ、午後の散歩は省略で、早めに帰宅いたしました。今日は、かっての職場の同窓会のようなものです。出席者数も20名前後の数と聞いております。 

って、少人数で、好き勝手に料理やお酒を選べるような呑み会ではありません。幹事の選定による、料理とお酒を呑む、所謂、昔ながらの宴会形式であります。私的には、最も苦手な呑み会なのであります。だからと言う訳ではありませんが、ここ数年は、病気等色々な事があり、欠席を続けておりましたので、今回は、久しぶりの出席であります。

に、色々な事情で出席できない体になった人の話も聞いております。わが身自身も、種々問題を抱えているのですが、何とか、普通に近い体で出席できることを、有難く思っております

日も、酒量の回復を目指して頑張ります。飲み物に、余り、自由はききませんが、兎に角、頑張ってみたいと思います。今日も、何時もの様に早めに家を出て、東京を歩いてみたいと思います。恐らく、赤坂から麹町にかけての歩きになろうかと思います。 

雨の中ですが、が ん ば り ます!!

6月の軽井沢(4)

回の軽井沢は、"久しぶり"が重なりました。一昨日の小諸城址もそうでしたが、今日の軽井沢町の植物園も、久しぶりなのであります。植物園は軽井沢町内にありますので、小諸城址程ではありませんが、久しぶりの度合いは、一年に近いものが有ると思います。

物園の面白さを知ったのも、軽井沢に行き始めたからなのですが、そもそもの原因は、カメラで花を写すことが好きになったからなのか、草花が好きになったからなのか、良く解りません。まぁ、どちらでも良い話ですがねぇ・・・。

井沢の植物園には、昔、佐藤先生と言う有名な植物の先生が園長としていらっしゃいました。皇室とのご親交もあり、先生存命中は、皇室の方々は軽井沢に来られた時には、よく、訪れになりました。私共も、園でお会いした時は、色々、お話もさせて頂きました。何時も、ニコニコされて、私共のくだらない質問にも、お答えを頂いたことを覚えております。

も、6月初めの植物園は、初めてであった筈です。行く前に想像していた景色より、緑が濃く、咲いているお花の種類も少なく、華やかなお花の印象は薄かったように思います。8月のミナズキのような、派手で、大きな花が少なかったからなのですかねぇ・・・。

もねぇ・・・。さすが、軽井沢だと思っております。沢山の人が集まる観光地でありながら、こじんまりとした植物園ですが、しっかり、その存在を主張しておりますし、訪れる人も少ない乍、町、地元の人、別荘の人が守り育てております。最近は、周囲の開発の波に、迫られているようですがねぇ・・。
続きを読む

sfree261jp at 14:14コメント(2) 

2017年06月13日

昨日は、ブログ上、色々間違いを重ねてしまいました。
違いその一、 今、"6月の軽井沢"と称して、六月の初めに行った軽井沢の事をアップしております。一日に2テーマでアップするのは、結構、時間が掛かりますし、時が経てば記憶も薄れます。従って、時間の余裕がある時に、軽井沢の原稿だけ作っておく時があります。今回も、頑張って2回分の原稿を作成済みでありました。昨日、アップする時、先にアップしようと思って居た、6月の軽井沢(2)に気が付かず、(3)の方をアップしてしまいました。おまけに、ブログとしては未完のまま、6月の軽井沢(2)を、同時にアップしてしまいました。就寝前に、何気なしに見た"我がブログ"にびっくりして、慌てて、アップを取り下げました。

違いその二、 昨日のブログで、今日の夜は"呑み会"とアップいたしました。ブログ原稿を打っている時、予定表を確認すればよかったのですが、思い込んでおりましたので、つい、そのままアップしてしまいました。今朝、予定表を見ると、呑み会は明日でありました。

はり、歳なのですかねぇ・・・。まぁ、"ありうる間違いが重なっただけだ"と言えば、それまでかもしれませんが、余り、やったことの無い間違いであります。齢の所為としか、説明が付かないのが、哀しいですよねぇ・・・。

日は、思って居た以上の雨でした。予報を、いい加減に聞いていたのも事実ですが、想像以上の雨で、特に、今日のお昼前の雨は、可なりの雨だったと思います。予報では、こんな雨が降るって言っていましたっけ?
まぁ、梅雨ですからねぇ


6月の軽井沢(2)のアップをとばして、(3)を昨日、アップしてしまいました。今日、(2)をアップします。 
 6月の軽井沢(2) 

   般的には、軽井沢は別荘地ですし、避暑の街であります。ですから、6月は軽井沢とって、シーズンオフの筈であります。でも、最近は、シーズンオフとは言っても、訪門客は、結構、多くなったと思います。夏が最盛期であることは間違いないのですが、5月の連休時は、夏に匹敵する混みようですし、遅い春を迎える四月や、紅葉の時期でも、結構な混みようとなります。

今回の6月も、夏にはかないませんが、私の想定を越す人出でありました。

間を通じで訪問客がある一番の原因は、アウトレットだと思います。"日本には、そんなに、物資・商品が無いのか?"と思いたくなる程であります。確かに、ぶらつくだけで楽しい処ですがね。
次に、国際化の波を受けて中国をはじめ、外国からの観光客も多いと思います。特に、外国の観光客は、来訪時期が、必ずしも、日本の観光シーズンとは合いませんので、日本人にとってはシーズンオフと思われる時に、訪問して来ることが良くあります。軽井沢の場合は、冬や春先に、中国・台湾(と思われる)人々が、良く見られます。
また、主役の別荘族の皆さんも、結構、シーズンオフの時も訪れているようですねぇ。今回の、軽井沢では、別荘族の方が多かったように思いますし、外国人観光客も、結構、目につきました。

達も、定宿を持っておりますので、軽井沢には良く行っております。勿論、快適ですし、楽しいからなのでありますが、過ぎた季節を再度味わうことが出来るという利点もあります。その他に、シーズン中は予約を取るのが難しいお店に、余裕で行けることであります。特に、レスラン関係は、シーズンオフなどが絶好のチャンスなのです。逆に、シーズン中は、極力、訪れないようにしております。ある蕎麦屋さんの話では、7月の中旬までだったら、午前11時に来店すれば、待たずに、入店できるという事です。軽井沢のシーズン中は、お蕎麦屋さんでも、有名店であれば"一時間以上待ち"は当たり前ですからねぇ。
続きを読む

sfree261jp at 17:46コメント(0) 

2017年06月12日

 から言われていたのですが、今日の午前中は、孫の来襲の日でありました。
孫は、順調に、かつ、かわいく育っております。ですから、それを来襲と言うのは、"如何なものか?"と、娘夫婦から言われそうなのでありますが、矢張り、半日でも我が家におりますと、瞬時もじっとしていない孫に付き合うのは、つかれるものであります。

 
れを、平日モード未完の理由にする気はありませんが、図書館は午後からの出発になりましたし、図書館でも、つい、居眠りをしてしまいました。それでも、図書館の後は、新横浜まで買い物に行き、取り敢えず、平日モードでの"脳への刺激"と"一日の運動量"の最低限度は、クリアーしたと思います(正確には、脳への刺激は足りませんがね)。

 日は、晴れてはいるものの雲の多い日で、暑いのか涼しいのか分からない一日でした。まぁ、変な天気が続く、今日この頃ですからこんな日もあって良いのですかねぇ・・・。梅雨の最中ですからねぇ・・・。

 明日は、車の車検や、夜は呑み会ですから、全面的に平日モード不成立の日となります。



 6月の軽井沢(3)
 回は、珍しく、小諸城址に行ってきました。勝手に、"城址"と表現しました。現状は、石垣等は残っておりますから、お城があったという事は容易に理解でするのですが、お城の建物としては何もありません。本丸と思しきところは神社となっております。それで、勝手に、城址と表現いたしました。

 諸城自体は、NHKのドラマでも有名になりました。でも、テーマの戦国時代の歴史的な経緯もさることながら、現在の小諸城址は、島崎藤村をはじめ画家の展示館など、信州の文化を代表するものを集約しております。ですから、単に戦国時代の歴史的意義だけでなく、信州に関係がある文化人、作家や画家等の事を思い出し・考えるに適した処だと思います。

 はり、軽井沢からは離れておりますので、そう度々行ける処ではありませんで、今回も、恐らく、一年ぶり位だと思います。しかも、6月に訪れると言うのは、"初めて"だろうと思っております。ですから、懐かしさと新鮮さを感じた、今回の小諸城址でありました。

 6月の小諸城址は、また軽井沢とは異なった"緑のるつぼ"でありました。やはり、城址ですから大きな木が多く、推定樹齢500年という欅(?)の大木には、記憶はあったものの、改めて見ますと「うぁ〜!」とか「大きいね!」という、感嘆詞しか出ませんでした。

 自身は、お城を見ると、何時も、"兵どもが 夢の跡"という言葉が浮ぶのであります。知識・感性の貧しさの証明なのですが、舞台が戦国から江戸の時代ですから、そう思っても仕方が無いと言訳をしております。ここを出入りしたり、武器を持って走り回っていた人たちは、何を思って人生を送っていたのでしょうねぇ・・・。矢張り、末は大名か将軍だったのでしょうかねぇ・・・。

続きを読む

sfree261jp at 18:30コメント(0) 

2017年06月10日

  矢張り、反省大会になりました。
 腫瘍の手術の後から、ずっと、酒量の低下に悩んでおりましたが、最近になって、少し、取り戻した様な気がしております。ですから、呑み会がある度に、限界への挑戦を行っております。
  挑戦と言っても、この歳です。無理はできませんし、もし、限界を越した場合どの様な状態になるのか分かりません。若い時のように、単なる二日酔いで終われば良いのですがねぇ・・・。

 すから、昨日も手探りの状態でありました。でも、結果的には、そこそこ呑めたと思っております。ただ、酒を呑むためには、肴の量を、極力、押えねばなりませんし、やはり、辛めのお酒、特に、日本酒の+5以上の辛いお酒は、どうも、量的に進みません。
 昔は、「(日本酒)酒は端麗辛口、銘柄は久保田千寿が一番!」と言っておりましたが、最近は、千寿を飲むと、最初から、ブレーキがかかったままであります。

 れでも、余り辛くない日本酒(+2〜3)であれば、肴の量を抑えていれば、大分呑めるようになったと思います。我が家の奥様は、「なにも、そんな処に努力しないでも良いのに!」と申しておりますがねぇ・・・。矢張り、男の私としては、昔の力が欲しいのであります。

 だ、量的には大分回復いたしましたが、翌日の状況はあまり良くありません。酔いの醒め方も遅いし、体のだるさは想定を越しております。でも、この歳ですから、仕方が無いと言うか、これだけ呑めれば、"幸せ!"と言うべきなのでしょう。

 反省をしつつ、内心、ほくそ笑んであります。

 日は、昔の同僚や、まだ現職の人たちとでの呑み会でした。私は、一人息子で育ったせいか、結構、身勝手な性分なのですが、"仕事を辞めた後でも、声を掛けてくれる人がいる"ということは、本当に、宝だと思っております。

続きを読む

sfree261jp at 12:25コメント(0) 

2017年06月08日

 日、軽井沢から帰宅いたしましたので、今日は休養です。軽井沢で、散々、遊びまわっておきながら、帰宅したから休養と言うのは、我ながら理不尽だとは分かっておりますが、歳に免じてお許しをお願い致します。実際、遊びまわるのにも体力は使いますし、最終日は、午前中は定宿の撤収作業で潰れますし、午後は3時間半の運転であります。大半が、高速道路ですから、そんなに疲れない筈なのですが、矢張り、トータル3時間以上の運転は、慣れておりませんので、疲労感は残ります。

 と、言訳を考えながら、お昼前から、渋谷をウロウロしてまいりました。

 間不思議なものですねぇ・・・。軽井沢の自然に囲まれて、"緑のるつぼだ!"と感激していたのに、帰宅するや否や、渋谷の街を歩きたいと思うのは何故なのでしょうねぇ・・・。自分でも良く解らないのであります。

 かに、軽井沢に何日か滞在していますと、"次に行く時には、●●と▲▲を持って行かなければ"という物もあります。それらは、渋谷に出て買ったほうが良いものもあります。しかし、何も渋谷でなくても良いものばかりです。また、次回軽井沢に行く時までに、買えば良いものです。ですから、"今日、渋谷に行く理由"は、殆ど、ありません。でも、何故か、今日は、渋谷を歩きたかったのであります。

 はり、人間って、"自然に囲まれた生活が良い"とは言いながら、矢張り、"都会の喧騒と利便性"も忘れられないのですかねぇ・・・。我ながら、勝手なものだ!と思います。

 私だけですかねぇ・・・。

6月の軽井沢(1) 
 今回の軽井沢は、緑のるつぼと、異常なまでの寒さでありました。昨日のブログで、"毎度、毎度の軽井沢ですが、行く度に、新しいものを発見の旅なのであります。"と書いたのですが、今になって、蓋し名言であったと、自己満足をしております。

 新しいものと言っても、理由は、色々であります。軽井沢には、何回も、行っておりますが、6月の初めと言うのは、余り経験がありません。この為に見つける新しい軽井沢と今回の寒さのように、その時に限ってという新しさもあります。

 まず、寒さについてであります。今回の軽井沢は、夏以外でのベランダでのバーベキューというのが
最大の狙いでありました。ですから、梅雨入り寸前の6月初めとしたのであります。でも、昨日申しましたように、日中でも15,6゜C前後ですし、朝は8時過ぎでも6゜C前後であります。夜も、それに近くなりますので、とても、ベランダでバーベキューと言う訳にはまいりません。ある晩は、用意までしかかったのですが、周りからの反対で中止を致しました。
 地元の人も、異口同音にこの寒さのことについて言っておりましたので、矢張り、異常に近い寒さだったのでしょうねぇ・・・。

続きを読む

sfree261jp at 17:29コメント(0) 
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
Categories
Recent TrackBacks