とりあえず

サッカーのレフェリング雑感ブログ。 の予定。。。

総括することもなくアジア杯が終わり、Jリーグ開幕も間近。
JFAから今年のスタンダード映像が公表されました。


注目は「ハンドリング」
アジア杯でも大きなアヤとなりましたが、VAR込みでくだされたその判定は議論を呼びました。

日本絡みでは4つ大きな判定があり、
・オマーン戦の長友のブロック(ノー判定)
・ベトナム戦のマヤのゴール(ノー判定→VARでハンドリング判定)
・イラン戦の南野のクロス(ハンドリング判定→VARも支持)
・カタール戦のマヤのジャンプ(ノー判定→VARでハンドリング判定)
でした。

このうち、VARがなかった長友のは明確な誤審として皆さん一致してますが、その後の3つについては、日本で審判活動をされてる方、当ブログの読者さんなどには違和感があったのでは。
どれも、
・自然な位置の手
・予期の難しい距離
でボールに触れており、欧州の識者からも判定には疑問の声が。
仮説的に、「AFCはhandlingではなくhandballを重視した基準を設定してる」と考えるしかない状況でした。



そしてそれを受け、今年のJFAがどういう基準を示してくるか、注目されたわけですが……
1
うん。
これまで通り。

これなんか、まんまイラン戦の南野クロスのパターンですけど、
「アジア杯では笛が吹かれたかもしれんが、JFAはノーとしますよ」
という宣言になっております。

で、その辺の違いについて、ブリーフィングで言及があったのか、記者さんに質問しましたところ。
「JFAとAFCに基準の違いがあるわけではなく、『現場の適用』で齟齬が生じた」
という見解が一般的な模様。
だろうなーという印象です。



この「現場の適用」ってのがなにかっつーと、やはりVARの存在ですね。
ビデオを見れば、手に当たってるのは明白。
その情報を数万の観客、数百万の視聴者と共有している。
そして彼らの99%は「手に当たればハンド」と思っている。
そんな中で、「いや、当たってるけど意図はない」として「ノー」と下せるか。
それには相当なガッツが必要だと思うのです。
主観的な判断よりも、客観的な事実に頼ることを責めるのは難しゅうございます。

これは、何もAFCの審判だからガッツが足りないという話でもございません。
ロシアW杯でも同様のシーンは多数ありました。
接触の明白な事実、スローにすることで強調される意図……
それらを覆して、「正しい」判定をくだせたのはカイペルスさんくらいだったでしょうか。

ということで、今後基準について気をつけるべきは
「JFA主催かAFC主催か」
ではなく、
「VARありかなしか」
という点ですね。

ACLがアジア杯同様、厳しい基準となるのではという予測もありますが、今年はまだVAR導入されてませんし、意外とそうでもないんじゃないかなというのが個人的な予想です。
(まあ、いずれにせよ手の位置などは気をつけておかねばなりませんが)



では、今年一部試合でVARが導入されるJリーグではどうか。
これについて、以前書いたこちらのエントリを思い出しました。
『オタクの行動経済学者、スポーツの裏側を読み解く』読了 - とりあえず 
この中でも紹介した、NFLレフェリーのマイク・キャリーの弁、
「下しにくい判定やウケの悪い判定を下すとき、審判のガッツが試されるんだ。それができたら、本物の審判だって証拠だよ。引っ込んでたほうが、審判としてのキャリアは長く続けられるかもしれない。でもそれじゃ、正しいキャリアは歩めないんだよ」
こちらを改めて思います。

そして、この時にも書きましたが、日本人審判というのは、こういう場面で「ウケの悪い判定」を下しやすい傾向があると思います。
「空気を読む」よりも「競技規則を読む」ことを大事にしている人たちです。
ですから、VARが導入されたとしても、ハンドリングの基準はきっちり守ろうとするんじゃないかなーと、現時点では思っているのです。

ただ、それは観客や視聴者にすれば、自分の感覚とは異なる結論である可能性が高いものです。
そうした時、レフェリーを守れる環境を作ってほしいものですね。



なお。
こんなこと書いてますが、そもそも来月のIFAB総会にて、ハンドリングの基準が大幅に変わる可能性もございます。
JリーグでのVAR導入は下半期からですので、導入前に競技規則そのものが変わることも。
その辺の動向にもご注意ください。

それっぽいタイトルをつけたかっただけ疑惑。
ただ、
イルマトフを知らずに「中東の笛」と安易に使ってしまう媒体
イルマトフを知ってるゆえに戸惑うサッカーファン
イルマトフを信じるクラスタ
色んな見方があるので、自分の感想もちょっと。

と言いつつ、後半途中からしか見てないので、詳しいレビューにあらず。
その中でもタッチジャッジにおいて明確な誤審がいくつかあり、前半には南野の肩トラップをハンドリングと判定したとか。
そしてまたスタッツ的には日本のファウルが27だとかで、これは異常に多いと言える数字です。

ただ、僕が見てる範囲内ではイルマトフの取ったファウルは妥当で、欧州のレフェリーでも取るよなという印象。
彼も時々「イマイチ」だなと思う時ありますが、そういう時って基準が緩めで雑になりがちな時なので、この試合はそういう感じではありませんでした。

問題があるとすれば、副審両者とのコミュニケーションだったでしょうか。
メイン側のA1ラスロフさんは、いくつか「ファウルじゃね?」という眼の前のプレーもスルー。
積極的なファウルサポートは行っていませんでした。
一方バック側のA2サイドフさんは、見てる範囲でも3回くらいはサポートありましたか。
また、「多分出てないよな~」というボールにも旗を上げたり、かなり積極的に介入していました。

日本は攻められる機会が多く、特に原口、長友が対応する左サイドがサイドフさんの目の前(洒落じゃないし!)。
その結果原口がファウルを取られるシーンが多くなっていました。

ということで、この試合では、主審、A1、A2と、三者三様の基準がピッチ内に存在し、それが特に日本の守備面で不利に働いた。
というのが個人的な印象です。
選手が対応するのは難しかっただろうなとは思いますが、マトフが恣意的な笛を吹いたということはないと思われます。



ただ、イルマトフが年齢的に衰えてる可能性というのも否めないところ。
爆発的な走力が持ち味の審判ですが、アジリティが少し落ちてるのかもしれません。
その結果、良いポジションからの切り替えが少し遅れてプレーに干渉しかかってるシーンも。
ま、この試合だけではなんとも言えませんが。

いずれにせよ、審判部的にはこの試合の審判団は特に問題なしと考えるでしょうし、またこの先当たる可能性も。
その時はまた上手く対応してほしいものです。

そしてまた、この次のラウンドからはいよいよVARが登場。
竹内さんの記事でおさらいしつつ、これがどう試合展開に影響するのか、見守っていきましょう。
麻也には苦い教訓も…アジア杯初登場のVAR、これだけは知っておきたい5つの注意点 | ゲキサカ 



あ、書き終えたあとに、森さんが似たようなタイトルで記事書かれていたことに気づいた。。。
試合が荒れぬよう配慮?サウジアラビア戦は「中東の笛」ではない
竹内さんや森さん、きちんと競技規則を理解して良識ある記事を書かれる記者さんが増えたのは喜ばしいですねえ。

久々に代表戦をリアタイ試聴。
塩谷ゴラッソまで見てましたが、面白い試合でした。

まずクーペルね。
00年頃のバレンシア好きとしては、そのエッセンスが垣間見える(半年で仕込めるものだ)ウズベクは楽しかったです。

そして日本代表。
Jリーグ選抜であり、その中で北川くんも先発ということで、我が子を見守る心境。

最後に解説。
テレ朝で見てましたけど、アジアの試合はやっぱ松木さんだなと再確認。
最近裏解説が話題で、戸田さんをはじめとした解説者のお仕事には感服しております。
【サッカー解説・新時代】裏解説の登場とtwitterでの反応まとめ|polestar @lovefootball216|note(ノート) 
それらの解説も素晴らしいけど、松木さんやゴンもいい仕事するよな~と実感。



結局解説者に求められるのって、「視聴者の疑問に答える」ってことですわな。
そして、代表戦視聴者に一番多い層は「普段Jリーグは見ないけど代表だけ見る人」
こういう方々の知識というと、
・欧州や南米の強豪は知ってるけど、アジアは知らない
・海外組や代表歴の長い選手の名前は知ってるけど、国内組のことは知らない
・競技規則?なにそれ?
でありましょう。

となると、彼らの疑問は、
・なんで格下相手に苦戦してんの?
・なんであの選手が使われてるの?
・審判おかしいんじゃないの?
こんな感じ。



んで、このうち「格下相手に苦戦」という部分は、戦術的な問題が大きく、それを論理的に紐解く裏解説の人気が高まるのも当然です。
(個人的にはその前の戦略部分をもっと語った方がいいと思うのですが)
ただ、かみ砕いていくと、アジアレベルでは守備の組織的問題は露呈しにくいため、「点が取れないのはなぜか」という部分の解説が求められ、
「中央密集してるから」→「サイドが幅とって中央で数的不利作られなければ、アジアレベルでは個で殴れる」
という点だけ伝えれば事足ります(暴論)。



ということで、地上波解説に求められるのはむしろ「なんであの選手が使われるの?」という部分。
特に今大会でやり玉に上がるのは北川でしょう。
これについては、Jサポでも疑問に思う方も多いみたいですし、宇都宮さんのようなベテランライターですらそう感じるもよう。
森保監督は北川に何を求めていたのか?  GS突破も、勝因は「2つの判定」 - スポーツナビ 

という視点で考えると、北川の地味なプレーをいちいち名前を上げて褒めてくれた松木・ゴン両者には感謝しかないですね。
特に武藤のゴールシーン。
素晴らしいクロスを上げた室屋と、得点を決めた武藤という、誰が見てもわかる仕事をした2人ではなく、まず北川のニア入りに触れてくれたゴン。
これぞ解説者のお仕事だと思います。

で、ゴンはやっぱりFWなんでそういう部分の解説が上手いわけですが、GKの仕事についてもきちんと解説してくれる人がほしい。
日本vsウズベキスタン GK分析|ReneNoric @ReneNoric|note(ノート) 
ミスがあれば批判されるのは当然ですが、失点するたびGKバッシングが始まるのは悲しいことです。
川口、楢崎という知名度のある選手が引退した今、この辺を上手く使ってGKの地位向上につながるといいな~なんて思っております。
テレ朝さんお願い。



そしてまた、最後の「審判おかしいんじゃないの?」という部分の解説も。
松木さんの「PK!PK!」「レッドだろ~」も、最近では持ちネタとしてツイッターでは受け入れられてますけど、視聴者レベルだとそれをガチで受け止める方も。
松木さんのボケにきちんとツッコめる、競技規則に詳しい解説者もほしいですね。
テレ朝さんお願い。

このページのトップヘ