とりあえず

サッカーのレフェリング雑感ブログ。 の予定。。。

IFABさんが競技規則変更の提案を色々出してきました。
目玉になりそうなEPTについては、数年の議論が必要なので当面はスルー。
一方、すぐやって欲しいのが、「試合中のPKもPK戦同様キックが外れたらその瞬間アウトオブプレー」というもの。
これ、私がずーっと言ってたことで、やはりIFABさんも当ブログに注目しているようです(キリッ

さておき。
その点も含め、「とにかく無駄に試合止まる要素なくそうや!」というのが今回の提案の主題ですね。
で、その中で来年から採用されそうだなというのがゴールキック関連。
ということで、現状のルールをおさらいすべく、いくつか問題を出してみます。
それぞれどんな対処が正解でしょうか。
ブログでは追加の問題として、あと2パターン考えてみてください。

その4
GKがゴールキックを蹴ったが、PAを出た後に戻ってきて、DFがそのボールを手でキャッチした。

その5
GKがゴールキックを蹴ったが、PAを出た後に戻ってきて、DFが足でトラップを試みたが失敗して、こぼれたボールが自陣ゴールに入った。



全部すっと答えられましたか~?
まあ、間違えていいんですよこんなの。
私も初見時、その時点でサッカー観戦歴20年くらいでしたが、ほぼ全滅でした。
「こんなん起きるわけないやろ!」と言いたくなるでしょうしね。
ただ、プロでは起こり得ないとしても、キック力の無い少年サッカーなんかでは起こり得ること。
それだけに、担当するレフェリーはちゃんと把握しておかねばなりません。
逆に、ファンや親御さんは基本知らないものですから、「なんでだ!」と自分の思い込みで文句を言うのではなく、「レフェリーはちゃんと知ってるはずだ」と信頼することが大事です。
まあ、4種担当だと間違っちゃうレフェリーもいるとは思うので、その時は試合後にでも競技規則持っていって、お互い納得いくようにしたいものです。



ということで、答え合わせですが、現状の競技規則にほぼそのまま出ています。
第16条 ゴールキック
ゴールキックは、グラウンド上または空中にかかわらず、最後に攻撃側競技者が触れたボールの全体がゴールラインを越え、得点とならなかったときに与えられる。
相手チームのゴールに対する限り、ゴールキックから直接得点することができる。ボールがペナルティーエリアから出て、キッカーのゴールに直接入った場合、相手競技者にコーナーキックを与える。

1. 進め方
• ボールは静止していなければならず、ゴールエリア内の任意の地点から守備側チームの競技者によってけられる。
• ボールは、ペナルティーエリア外に出たときにインプレーとなる。
• 相手競技者は、ボールがインプレーになるまで、ペナルティーエリアの外にいる。
2. 違反と罰則
ボールがペナルティーエリア外に出なかった場合、またはペナルティーエリア外に出る前に競技者に触れた場合、キックが再び行われる。
ボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前にキッカーがボールに再び触れた場合、間接フリーキックが与えられる。キッカーが意図的に手または腕でボールに触れた場合:
• 直接フリーキックが与えられる。
• 違反がキッカーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、ペナルティーキックが与えられる。キッカーがゴールキーパーの場合、間接フリーキックが与えられる。

まとめるとこう。
・ゴールキックは、PAを出てはじめてインプレーになる。
→その前に何か起きた場合はやり直し。
・インプレーになっても、直接得点出来るのは相手側ゴールに入った時のみである。
→味方ゴールに直接入った場合は相手のCKが与えられる。
・インプレー後、キッカーが連続してボールに触れてはいけない。
→違反した場合は相手の間接FK。
・インプレー後、味方のキックをGKが直接キャッチできない(バックパスと同じ)。
→違反した場合は相手の間接FK。

この辺を組み合わせれば、自ずと答えが出てきます。

まず、その1。
これはボールがまだPAを出ていないので、インプレーになっていません。
よって、どんな結果が生じようと、ゴールキックのやり直しになります。
PAを出る前にGKがもう一度触ってからゴールインした場合、DFが手で止めた場合、DFがトラップを試みるも失敗してゴールインした場合。
全て同様にやり直しです。



続いてその2。
こちらは、ボールがPAを一度出ましたので、インプレーにはなっています。
ただし、そのボールが「味方のゴール」に「直接」入ったわけですから、それで得点は認められません。
「オウンゴール」と答えてしまいそうですが、相手側のCKが正解です。
やはりこれが一番正解率低いですね。
確信持って正解された方はお見事です。



3の場合。
こちらもインプレーになっています。
そしてそのボールをキッカー自身がもう一度触ったことになりますので、いわゆる「二度触り」で相手に間接FKが与えられます。
ただし、その2で分かるように、このボールがゴールインしても得点は認められず、相手CKが与えられるだけです。
ですから当然「得点の阻止」には該当せず、「間接FK(懲戒罰なし)」が正解です。

なお、問題とはしませんでしたが、ゴールキックをDFが蹴るってのも少年サッカーではよくあります。
そのボールが、PAを出た後に戻ってきて、蹴ったDF自身が触った場合は同様に間接FKですし、GKがキャッチしちゃうと、「バックパス」で間接FKです。



4の場合。
こちらもインプレーになっています。
そしてそのボールを「DF」がキャッチしてますので、当然ハンドリング成立。
相手にPKが与えられます。
ただし、その3同様このボールがゴールインしても「得点」にはならないので、懲戒罰は必要ありません。



5の場合。
4のパターンで、「手で触ったらいけない!」とトラップを試みましたが、失敗してゴールイン……
インプレーで、かつゴールキックが「直接」ゴールに入ったわけではなくなっていますので、オウンゴールが認められてしまいます。
これは避けないとね……



以上、現状の競技規則で考えると、それぞれこのような結論になります。
ただ、これがおそらく数年以内に変更となるでしょう。
「PAを出たらインプレー」が、他のセットプレーと同様「移動」をもってインプレーに変わるかと。
これにより、「やり直し」を命じられることはほぼなくなるでしょう。
また、「二度触り」も認められることになりそうですので、間接FKになるパターンが減るかなと。
ただ「ゴールキックで直接得点出来るのは相手ゴールのみ」の部分が変わるかどうかによって、「オウンゴール」が起こり得るかはまだ分かりません。
とりあえず、現状のルール、及び変更した場合のルールをきちんと把握して、子どもたちに正しい指導を行いたいものです。

ま、ややこしい変更に思えるかもしれませんが、最近のサッカーはGKから繋ぐのが当たり前になってますからねー。
それを「PA出るまで味方は触れない」ってんじゃ、プレスの狙い目になりますし、それにあわててPA内で触っちゃうとやり直しで時間がかかる。
この辺は、戦術の進化にルールが対応しようとしており、良い変更だと思いますよ。

イラク対日本
主審:フー・ミン(中国)
副審:フオ・ウェイミン(中国)、ワン・ディン(中国)
四審:チャン・リー(中国)

お子さん寝てたのでメモ取ろうと思ったらポメラがフリーズ。。。
記憶にある分だけで語ると、フーミンさんなかなかにひどうございました。

立ち上がり、井手口が押したシーンでプッシングを取らなかったことを含め、「押す」に対して寛容だなということは感じましたが、それが高じて手の使用が乱発されてしまいました。
また、前半原口がジャンピングアットを食らったシーンなど、アフターでの接触に甘さがあり、イラクのラフなプレーを呼び込んでしまったかなと。
そもそもプレーから目を切るのが早いようで、川島がアフターで足裏食らった場面も、じっくり見ていたらレッドを出せていたんじゃないでしょうか。
そして何より、前半大迫が倒されたシーンは明確なホールディングであり、PA内まで影響していたか、得点機会であったかの議論はあれど、またプッシングには寛容であったとしても、ファウルは確定させなきゃいけない。
個人的な見解としては、「少なくともライン上までは掴んでおりPK。ただし角度が厳しいので得点機会まではいかず、しかしホールディングなので警告は出す」が正解かな~と思っています。
川島のと大迫のは、VARがあれば覆った判定でしょう。

ではなんでノーにしたかと言うと、確信が持てなかったんだろうと。
やはりこの試合、暑すぎです。
選手もしんどいですが、審判もきつい。
運動量が落ちるのは仕方ないですし、ああいうレフェリーサイド(副審がいないサイド)の奥深くまで入り込む余裕がなかったものと思われます。
実際副審サイドだと、副審、特にAR1は手の使用に厳し目にサポート入れてましたから、「そっちだったらな~」と思わざるを得ない。

このPKを決めて2-0にしてたら、もっと楽な展開にできていて結果も変わっていたかもしれないだけに、日本は「久々に」不利を受ける判定をいただきました。



しかし本当に暑そうだった……
日本代表 なぜ酷暑の中で試合? ナイターにできない理由― スポニチ Sponichi Annex サッカー 
ナイターにしなかったのは、日本のプライムタイムに合わせるためではなく電気設備に不安があったからだそうですが、そもそもその電気供給を大幅に食うのが日本への中継のためのようで……
ライブで見たいのはもちろんですけど、W杯予選なんですから、中継も国際映像で一括して負担を減らすとか、もうちょいAFCは努力できたんじゃないですかね……
アジアの審判レベルの低さが叫ばれ、実際今日のフーミンさんは叩かれても仕方なかったとは思いますが、この気候じゃ欧州のトップレフェリーでもきついよ……
逆に、普段とのギャップでもっと酷いことになってたかもしれませんね。

そしてまた、日本ももうちょい早めから暑さ馴化させるなど、戦略の取りようがあったような……
色々と悔いの残る試合でした。

色々テストされてるU20ワールドカップ。
その中にPK戦でのABBA方式というのがあります。

従来のPK戦では、先攻と後攻が固定されていましたが、その結果先攻チームの方が有意に勝率が高くなったため、その不公平感をなくすべく導入されました。
テニスのタイブレークのように、Aチームが1本目を蹴ったら、それ以後は2本ずつ先後入れ替え。
Bチームが1本目、2本目を蹴り、Aチームが2本目、3本目、そしてまたBチームが3本目、4本目となります。

で、それが実現したのが昨日の試合。
このような形で、ベネズエラの先攻で始まり、途中1本ずつを外し、最後10人目となるウルグアイのキッカーが外して決着しました。
うん。
結局後攻のウルグアイが10人目になるんだね。

ということで、「一番プレッシャーのかかるであろう10人目のキッカーは、ABAB方式だろうとABBA方式だろうとBチームになる」という事実を確認しただけに過ぎません。



で、ちょっと気になったので、従来のABAB方式の場合「自分が決めたら勝ち、もしくは自分が外したら負け」となる確率は、何番目の選手が高いのかを調べてみました。
それが以下。
無題

なお、便宜上「○人目のキッカー」というのはトータルの数で表します。
「後攻チームの3人目」であれば「6人目」という形ですね。

そしてまず、トータル5人目までで決着がつくことはございません。
決着がつく可能性があるのは後攻の3人目、すなわち6人目のキッカーからです。
で、そのパターンとしては、
・先攻チームが3人共決めて、味方2人が外す。→外せば負け。
・先攻チームが3人共外して、味方2人が決める。→決めれば勝ち。
この2つ。
ここまで5人が蹴ってるわけですから2^5=32通りの結果があり、2/32=6.26%の可能性となります。

こんな感じで7人目以後の確率を出すと、
7人目:12/64=18.75%
8人目:42/128=32.81%
9人目:112/256=43.75%
10人目:252/512=49.22%
となります。
当然後ろにいくほど確率はあがりますが、意外と9人目と10人目の差は少ないんですね。
それに比して、7人目と8人目の差が結構大きいので、ここを入れ替えるのは確かに意味がある……
かもしれませんが、現状ではわかりにくさの方が目立って、正直ABBA方式はう~んという感じです。



で、ここからがポイントですが、サドンデス方式に突入した場合。
ここから先後の重要性が大きく増します。
というのも、先攻のキッカーで決着がつく可能性は0%だからです。
逆に後攻は、
先攻が外した場合、決めれば勝ち。
先攻が決めた場合、外せば負け。
上記の考え方でいくと、常に100%のプレッシャーを後攻のみが背負うことになります。

ですから、5人目までは普通にABAB方式でやって、そこまでで決着がつかなければ、サドンデスでは一本ずつ先後を入れ替える。
(6人目はBチームが先攻でAチームが後攻。7人目以後はテレコ)
これが一番公平かつわかりやすいのではないでしょうか。



という私の提案。
中田ヒデさん辺りが目にして、IFABに届くといいなあと思っております。
(途中の計算、間違ってたりすると恥ずかしいので、その時はこっそり教えてください)

このページのトップヘ