とりあえず

サッカーのレフェリング雑感ブログ。 の予定。。。

就任会見を見て、逆に一縷の望みが出てきた件。
清水サポとしては、どうしてもゴトビ解任からの破滅の道を思い出してしまう今回の事例ですが、その時との決定的な違いを感じることがありました。
それは、新監督が苦渋の表情をしているところ。

あの時の清水は、「ゴトビのクビさえ切れば浮上する」という風潮で、新監督ですらそれに飲まれておりました。
そのため新監督は自信満々に就任早々前任のやってきたことをすべて否定。
干されていた選手を呼び戻し、練習では「雰囲気が良くなった」と選手やマスコミに大好評。
しかし当然結果は出ず、解任ブーストすら得られない有様。
そんな中で選手たちは「前任のやり方が染み付いてて……」など耳を疑う言い訳に終始し、新監督も自信喪失。
そのパニックのまま落ちるところまで落ちました。

今回も、就任会見前の記事など見てると、西野さんがハリルの否定から入ってるコメントが目に入り、絶望的な気分になりました。
しかし、会見はそんな雰囲気にあらず。
「チームはバラバラでなかった」
「監督の要求は高く立派だったが、選手がそれに応えられなかった」
「結果を求めるよりもパフォーマンスを高める」
と、田嶋さんが述べてた解任理由をことごとく否定するような発言が目に付きます。

これ、西野さん的には「いや、結果出したいならハリルのままで行くしかなかったでしょ……」という気持ちが強いのでは。
その上で、田嶋さんの暴走を止められなかったことに忸怩たる思いがあり、板挟みに苦しんでいると勝手に妄想します。

言うなれば室井さんの立場。
ダウンロード (2)
ここは青島的なひと押しがあれば、最後の最後で正しい決断を下してくれるのではないか。
それは、もう今大会の結果を捨て、東京五輪とカタール大会へ向けての布石とすることではないか。
そんな期待をしてしまいます。

事実、スタッフ人選にその可能性が垣間見えます。
「オールジャパン」という絶望的なワードで集められてますが、そもそもこのタイミングで外国人スタッフを新たに入れることは不可能。
日本人になるのは当然ですが、そこを森保さんに下田さんという五輪代表で埋めています。
この意図についても「五輪への経験を積ませるため」とはっきり語っているわけで、それならコーチだけでなく選手選考もそうしてくれるのでは!?
という部分に無理やり期待します。



ということで。
「今回の結果は知らん!でもスポンサー受けが良く、かつ将来につながれば最低限だろ!」ジャパンが以下。

まずスポンサー向けジャパン。
1
ザック時代の主力をほぼそのまま持ってきます。
本田、香川、オカというビッグ3はもちろん、遠藤、うっちーという人気どころも復帰。
ただし地味な今ちゃんは槙野に、さらに大久保をカズに替えるという徹底っぷり。
これで初戦に玉砕して、W杯の呪縛からみんな解き放たれましょう。

そしてセネガル戦とポーランド戦用の、未来ジャパン。
2
カタール大会の主軸になるリオ世代から、中村、植田、井手口、大島、中島を中心に据え、東京五輪で不動な存在の冨安、中山、堂安にも経験を積ませる。
そしてまた、現状穴になってるポジションは、大迫とゴリというまだまだやれそうな2人(ともに32歳でカタール大会)で埋めます。
ラストピースの久保くんはスポンサー枠も兼ねてますが、そこへの取材が殺到するのはカズがうまくフィルターになってくれるはず。

うむ。
全方向に配慮していて、これなら負けても前向きに捉えられるんじゃないか。
この4年は無駄にしたけど、次の4年のためにこの大会は無駄にならない。
西野さん頼むで。
「W杯は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」
(よくわからないまとめ)

まとまらないのでタイトルも適当。
そしてこれまでのスタンスを色々捨てることに。
僕は叩かれてるものに「こういう見方もできるんじゃね?」という視線を投げかける偏屈なおじさんですが、今回は360度どっから見てもクソなので擁護のしようがない。
主観より客観、陰謀論より正論を大事にしてきましたけど、今度ばかりはね……



で、構成も何も考えずに書き連ねると、そもそも僕はハリルでGS突破は厳しかったろうという考え。
彼が卓越したアナライザーで、相手の弱点を戦術に落とし込みそれを体現させる優れた手腕の監督であるという部分は否定しません。
実際それでアルジェリアをベスト16に引き上げ、ドイツともわたりあった。
日本でもオーストラリア戦など見事な戦いを見せた。

しかし、プランAがハマった時の破壊力はありつつも、プランBの準備がイマイチなのは感じるところ。
これはゴトビ時代の清水にも共通するところで、こういうタイプの監督の性格によるものなのか。
特に日本は、ブラジル戦やマリ戦のように、不用意すぎるPK献上という悪癖があり、それでプランAが崩れた場合、あっさり崩壊するキライを感じます。
その辺は日本のナイーブな選手たちにも原因があるのでしょうが、そのメンタリティも含めて、セーフティネットを用意しているとは言い難い。
特に何度も言ってるように、VARが導入される今大会、マリーシア全開の南米勢にCKからPKを与えるなんてシーンは容易に想像できるわけで、それでも頑なにゾーンを用意しない姿は疑問を覚えます。
識者の方々は、「コロンビアにはハリルの策略がはまっただろう」とおっしゃってますが、策を披露する前に勝負がついてる可能性が高かったと考えています。



そしてもう一つ、策を体現できるだけのコマが揃っていたかという部分も疑問。
ここでブラジルの失敗を振り返りたいのですが、あの惨敗の原因は「自分たちのサッカーにこだわったこと」という総括になるかと。
ただ、前提として「自分たちのサッカー」を体現できるだけのコンディションがなかったことも忘れてはならない。
ザックのベスメンと言えば、川島、内田、吉田、今野、長友、長谷部、遠藤、岡崎、本田、香川、前田と、誰でもはっきり思い浮かびます。
このメンバーがコンフェデを中心とした試合で、結果はともかく内容は素晴らしいサッカーを展開しました。

しかし2013シーズンにガンバがJ2に落ちた影響で、今野と遠藤は疲弊。
さらに同時期に前田が絶不調でチームもJ2落ち。
そういう中で、縦のライン3人が直前に入れ替わることに。
中でも遠藤という肝のコンディション不良は痛かった。
元々守備強度が落ちる選手ですが、それを補うだけの能力がこのタイミングで発揮できなくなったことで、「自分たちのサッカー」を表現できる状態にありませんでした。

そのコンディションが揃わなかった理由としては、先に上げたそれぞれのJ2落ちという理由とともに、
・キャンプ地選定の失敗
・海外組との乖離
という2点が考えられるかと。
キャンプ地についてはスポンサーとの兼ね合いがあったのではないかという疑念が拭えませんが、それはそれとして後者の海外組との乖離というのは、その後もずっと続く問題。
秋春制でシーズン終わったところの海外組と、春秋制でシーズン真っ只中の国内組を揃えて、同時に練習を行っていくというのは、他の国にはない日本のデメリットです。
まして、試合に出てる選手、出てない選手が玉石混交。
南アで岡田さんが成功したのは、この部分で海外組が少なかったこと(長谷部、松井くらい)も大いにあったでしょう。

これまでのテストマッチにおいても、ハリルは同様の悩みを吐露しており、それは本大会まで改善される目処が立っていませんでした。
「本大会経験」は持っていても、「カレンダーが違う選手たち」を揃えることは彼にとっても初めてで、この点で思ったようなトレーニングが出来なかったことは予想されます。



とは言え。
それでも、現状の日本で一番好成績を収められるであろう監督は、彼我の分析を世界一レベルでやってるハリル以外におらず、このタイミングでの解任は愚の骨頂。
じゃあもっと早かったら良いのかという話ですが、それならそれで納得できる部分もありました。
それは「親善試合の結果が悪い」というより「キリンチャレンジカップを軽視しすぎる」という理由で。

これについては上層部の言いたいことも幾分理解できるんですよ。
そもそも僕もブログで「親善試合」なんてタイトル付けちゃって、キリンさんに不義理しております。
「あれはあくまでテストマッチである」という認識は、サッカーファンや現場には大いにあることでしょう。
しかし上層部と、なによりキリンさんにとっては自社名を冠したれっきとした本番。
そこに「手の内隠しました」「メンバーも適当な選手でお茶を濁してます」「結果は考えていません」というのは、現場の理論は正しくとも、金を出してる方からすれば「それはちょっと……」と言いたくなる気持ちもわかります。
なにより結果が出たあと、キリンさんにとって大事な表彰式で、用意した賞品を日本の選手にわたすことができず、相手国に渡さざるを得ない。
この絵が企業的に相当なマイナスであるという点は理解しますし、しなきゃなりません。

ので、キリンさんが「チャレンジカップももうちょい大事にしてクレメンス」という要望を出してきても極めてまっとうな要求であると思いますし、あるいはそれが「圧力」という形になったとしても、全否定されるべきものではございません。
問題は、それを上層部が防波堤として止められないこと。
これに関しては、ほぼ同様に軽視されつつも、またさらに軽視されそうなレギュレーションを組まれても、良好な関係を築きづつけているJリーグとYBCの関係を見習って欲しいところでした。

そしてまた、同様に軽視されたと考えていそうなのがアディダスさん。
「新ユニお披露目なのに、看板に用意した選手が選ばれていない……」
というのは企業としてダメージ大きかったでしょう。
こちらに関してもJFAがうまくガス抜きできなかったことと合わせて、「日本に正しい背番号文化が根付いていない」ことが原因にあるかと。
そのための改善策というのをまた後日まとめます。



いずれにせよ、日本代表にとっての2大スポンサーであるこの2社が軽視され、またテストマッチと割り切ったことで結果も内容も乏しく、代表人気の低下を招いたこと。
これらに対して上層部が監督交代を考えたとしても、それは間違った論理だとは思いません。
なにしろ、JFAの収入は年間200億。
そのうち代表のスポンサー料が100億で、キリンとアディダスの2社で50億を占めています。
これが減らされることにでもなれば、ことは「日本代表」だけではなく、なでしこや育成を含めた「日本サッカー」全体の地盤低下を招きかねない。
「日本代表とは、4年に一度W杯だけ好成績を納めれば良いものではなく、4年間日本のサッカー人気を牽引し、日本サッカー発展の集金役旗頭でなければいけない」
というお題目は、それ自体を否定することはできません。

ですから、その視点に則って、昨年末時点での解任という形であれば、個人的に理解はしました。
しかし、ことここに来てしまっては遅い。
残る「キリンチャレンジカップ」は1試合。
メンバー発表してユニフォームを売って、そのためだけに解任したということになれば、これはコスパ悪すぎでしょう。
スポンサーを押し止める、あるいは強気に代案を出す。
このいずれも出来なかったJFA上層部、というより田嶋さんの仕事放棄っぷりは、背任で告発されるべきものです。

なんにせよ、このタイミングになったことで、今後有能な外国人監督の招聘は絶望となりました。
日本人OBで回す、オフト以前のスタイルに戻るのでしょう。
それでもゆるゆるのアジア予選は突破できるというのであれば、テストマッチでお披露目興行、W杯本大会はお祭り気分で惨敗。
という繰り返しも、それでサッカー界全体にお金をもたらしてくれるならOK。
そう思ってやってくしかないんでしょうね。



と、ある程度まとめてスッキリ。
スポンサーの圧力があったかなかったかは妄想ですよん。
キリンさんもアディダスさんも、日本を代表する大企業ですし、そこで姑息な圧力をかけてくるとは思えない。
ただ、広告としての費用対効果が望めないと考えれば、今後の契約見直しというのは大いに有り得る。
その辺と、田嶋さんの「自分には日本サッカー全体を考える義務がある」という発言や、「選手との問題があるなら監督は呼ばない権利があるのに、それを行使する前に解任した」という事実から、忖度レベルの何かがあったことは間違いないでしょう。

ということで、その上でどうするか!?
まで考えてこその俺。
近い内に今後の日本サッカー改革案などまとめてみたいものです。

子供が生まれてから現地観戦はすべて断念しておりましたが、昨日ふらっと行ってまいりました。
・子供が2歳近くなり、母親が健康状態であれば一人で任せられる時間が増えたこと。
・僕自身の勤務時間が変わったこと。
という変化があり、「帰宅途中に前半だけなら見て帰れる」という条件が揃ったことが一つ。
そして試合当日、以下のツイートを見たことで、「よっしゃ行ったるか!」ということになりました。

このノー残業企画、以前にもあったと思いますが、名刺を差し出すと、通常3600円のチケットが1000円になるというもの。
そちらに記載されたアドレスに今後の情報などが送られてくるようになります。
社会人にとってはありがたい企画ですね。
「後半から半額」てなチケット売ってるところは多いと思いますが、やっぱ頭から見たいし、僕はむしろ前半だけしか見れないし。
そういうニーズに潔い価格で応え、かつ広告費用と割り切れる、素晴らしい企画だと思います。



ということでキックオフ後に到着してチケットを交換しますと、結構な数の人が利用しております。
そして中に入ってみると、めっちゃ人いる!
DSC_0053
スマホ撮影なのでわかりにくいですが、右側のバクスタがノー残業チケットで割り当てられた席になります(にもかかわらず、自分はゴル裏に座るヤツ)。
平日の試合で、ましてルヴァンでそこがこれだけ埋まるって、自分の記憶ではないなあ。
そしてまた、見切れてますが左側のメイン側にもかなりの人が入っております。

で、実際今日の入場者数は10122人ということで1万人超え。
ざっと調べますと、過去5年のルヴァン杯平日ナイターは5000人前後というところ。
無題
それが今年は、3月の浦和戦は9491人、そしてこの日は1万人超えということで、急激な伸びを見せております。
もちろん、浦和さん、ガンバさんという人気クラブが相手というのもあるでしょうが、それ以外にもなにかありそう。



と思って調べたら、こんなんやってますね。
~『観戦スタンプラリー』でチケットをゲットしよう!~実施のお知らせ 
180330-tic-2

水曜ナイター2試合に参戦すると、次の水曜ナイターで使えるチケットがもらえちゃうというもの。
昨年もやっていたようですが、J1に上がった今年も継続、さらに拡大して実施しているようです。
私も昨日台紙をもらったんですけど、子供向けのスタンプラリーだと思って、よく見ずに捨ててしまいましたw

またこんなのも。
3月観たら、4月も観れる!「プラス+1MATCH!」キャンペーン、実施のお知らせ 
こちら、ちょっと手続きがややこしそうですが、3月のホームゲームのいずれかに来た方は、4月の平日ナイターのいずれかの招待券がもらえちゃうというもの。
昨日の試合はこれを利用した人も多かったようです。

単に「タダ券」という形で配ると色々と問題が多いですけど、こうやってリピーターを確保するための企画として組み込むのは素晴らしいなあと感じるところです。
今年からフライデーナイトJも始まりますし、何よりW杯イヤーで平日開催が増える。
他のクラブもどんどん取り組んで欲しいですねー。




また、昨日久々にスタジアム行って思ったのは、「なんかスタッフさんめっちゃ増えてね?」ということ。
チケット周りもそうですし、インフォメーション、会場内、いたるところにグランパススタッフの姿が見えました。
前は明らかに閑散としていた感じがあったんですけどね……

名古屋サポさんのお話聞くと、J2落ちた昨年から色々と取り組みを変えてるとのこと。
明らかに良い方向に働いてると思いますし、実際に数字にも現れてる。
ぜひぜひ継続していただきたいところです。
あとは試合結果の方でも、リピーターが来てくれるようになるといいんだけどね!

このページのトップヘ