広島優勝記念で前から気になってた話題を。

参考用スレ。
サッカーでの“左利き”について語るスレ
『左利きの選手をCBに』

左利きの重要性については今更語るまでもなく。
久米さんの著書の中でも「日本人は左利きに弱い。だからそこ重視で集める」てなことは書いてありました。
個人的には、アタッカーよりも後ろの選手、特にLBは絶対に、そしてできれば左のCBも左利きであって欲しいなあと思うところです。
日本はSB大国になりつつありますが、左利きの選手がそこに入っていない現状にちと不満があるのですよねー。

閑話休題。
本題としましては、左利き云々と言うより、
「双子のサッカープレイヤーって、利き足違うなあ」
って話。

森崎ツインズは和幸が右利きで浩司が左利き。
佐藤兄弟も勇人が右利きで寿人は左利き。
元オランダ代表のデブール兄弟は、フランクが左でロベルトが右ですよね。

佐藤兄弟は二卵性なので違いがあるかもしれないけど、一卵性双生児で利き手利き足って違うものなの?
という疑問をずっと持っていまして。

そうしましたら、「ミラーツイン」という言葉があるようですな。
ミラー・ツイン
一卵性双生児の中には利き手が左右に分かれていたり、つむじが右巻き・左巻きと対称になったりする場合がある。このような左右対称の特徴を多く 持っている双子を、ミラー・ツイン(あるいはミラー・イメージ・ツイン)と呼ぶ。受精卵の分裂が受精9-12日前後で発生した場合、ミラー・ツインになる と考えられている[8]。外胚葉由来の形質に不一致が発生しやすいことが原因の一つと言われているが、確たる原因は判明していない[9]。ミラー・ツインの中には、様々な外的要因の累積によりごく稀に全臓器反転症、すなわち内臓位置の逆転(心臓が右にある 等)が生じる場合もある[10]。ミラー・ツインは単に顔などの外観が鏡像になっているだけではなく生物学的な相違点で示されることもあり、鏡像的に異なった人格の形成や生活嗜好・睡眠パターンなどにも鏡像的相違が見られる場合もある[11]
なるほど。
で。
これに派生した話を以前NHKの番組で見まして、
「左利きの人はこのミラーツインだった確率が高い。
しかし、胎内で育つ途中で片方が吸収されてしまい、結果一人で生まれて来たために双子ではなくなる」
とのこと。
ちょっとオカルトな感じもしますが、なかなか興味深いお話です。

ちなみに私、バッティングとゴルフだけは左打ちでして。
野球は右投げ左打ちで問題ないんだけど、ゴルフを始める時に矯正することになって苦労しました。
下手なのはそのためです。うん。