どもども。
毎年アウォーズのたびに物議をかもすJリーグベストイレブン。
今年も色々言われるんでしょう。

で、3年ほど前に「こういうからくりやで~」というのをまとめまして、その都度投下しておりましたが、そろそろアップデートしておくかということで、修正版をまとめました。



元記事はこちら。
ベストイレブンの決め方 - とりあえず

毎年異論が噴出するJリーグベストイレブン。
ただまあ、選出方法についてはちょっと誤解されてる向きがあるように思います。
セルジオ越後氏がJリーグベストイレブンの選出方法に苦言
(4年前の記事です)
ベストイレブンがどんな仕組みで選ばれているのか、表彰概要を見てみると、J1の監督、選手による投票結果を基に、チェアマンがまず「優秀選手」を選出。その中から活躍が顕著だった11名=「ベストイレブン」を選考委員会が決定する、という流れのようだ。
 
 選考委員会は、チェアマン、専務理事、常務理事2名、J1各クラブの実行委員18人の22人によって構成されているんだけど、彼らは、日本代表の肩書きに左右されすぎていないだろうか。
実際そのような流れになってはいるんですが、選考委員会が恣意的に代表選手を選んでるわけじゃないんです。
もう、優秀選手賞の選手・監督間投票の段階でほぼ決まっちゃってるんです。
ということを、過去8年分調べましたのでご覧下さい。
無題
念のため説明しておくと、上から順にGK、DF、MF、FWの得票順。
黄色で塗ってあるのがベストイレブン受賞者で、赤字はMVPになります。
また、青で塗ってあるのが、得票数としては11位以内に入りながらベストイレブンを逃した選手。
逆に赤で塗ってあるのが、12位以下の得票数でベストイレブンを受賞した選手。


とまあ、実にシンプルな話で、選考委員会は、各ポジション毎に得票数の多かった選手を選んでるに過ぎません。
その中で、GKは当然1人、DFとMFは3~5人、FWは2人~3人に収まるよう調整しているだけです。
(外国籍は3名まで)

ポジションに余裕がありながら逆転現象があったのは、ここ8年で4例。
2013年は、DF4位の栗原(67票)よりも、MF4位の青山(56票)が優先されました。
2014年は、DF4位の那須(79票)よりも、MF4位の柴崎(78票)が優先されました。
2015年は、MF4位の柏木(62票)よりも、DF4位の塩谷(60票)が優先されました。

厄介だったのは2016年。
この年は浦和と川崎が走りながらもCSを制したのは鹿島であり、かつDFの得票がバラけたために歪が出まくってます。
得票数で言うと、12位の森重(85票)と13位の塩谷(60票)が選ばれるのは、ポジションバランス上仕方ないとしても、優勝チームからベストイレブン0を避けるべく、DF4位の昌子(56票)も入れることに。
その結果、FW3位の興梠(91票)が煽りを受けました。
例年なら間違いなく選ばれてた筈ですがね……

選考委員会の選び方に疑問の声を上げるとしたら、この4例くらいになりますかね。

(受賞した選手にケチをつけるつもりはございませんが……)

なお、MVPについてはちょっと選び方が変わって来まして、各ポジションの最多得票者と、優勝チームからベストイレブンに選ばれた選手の中から改めて選出という形。
そのため、
2010年は楢崎(160票)闘莉王(173票)前田(176票)で比較して、得票数は少ないけど楢崎が選出。
2011年はレドミ(213票)で文句なし。
2012年は寿人(214票)で文句なし。
2013年は俊輔(213票)と青山(56票)の比較で、優勝は逃したけど俊輔。
2014年はレオシルバ(155票)と遠藤(142票)で比較して遠藤。
2015年は大久保(155票)と青山(74票)とドウグラス(70票)で比較しての青山。
2016年は例によって厄介なことになっており、優勝した昌子(56票)は無理やりベストイレブンにねじ込んだ状態。
最多勝点の浦和勢から選ぶなら西川(132票)か槙野(125票)だけど、結局優勝できなかったのは一緒なので、単純に最多得票の憲剛(148票)にしますか、という苦肉の策が見て取れます。
逆に2017年は、昌子(171票)が最多得票取りましたが、優勝チームで最多だった小林悠(117票)を優先。

この2年、逆だったら良かったんですけどね。
MVPに関しては、得票数よりも優勝に貢献した印象度が大きく評価されるということがポイントです。
これはこれでいいと思います。



と言うことで、我々が不満を感じるのであれば、それはそもそも選手間投票によって選ばれた優秀選手賞の時点で感覚の違いがあるということ。
もちろん、実際に対戦した選手にしか分からない凄みとかはあるんでしょうけど、野球と違って直接対決の少ないサッカーですから、必ずしも全員そうした目線で選べるわけではないでしょう。
そうなった時、「代表選手」という肩書きを持ってる選手が選ばれやすくなるのは否めないんじゃないでしょうかね。
総合的な能力では代表選手が高いパフォーマンスを見せてくれるのは間違いないでしょうけど、「その年のJリーグでどうだったか!?」というピンポイントな目線だと、もうちょっと別の選手もスポットを当てて欲しいなあと感じるところ。
何か良い方法はないもんですかねー。