排水トラップ偶々、立ち合いで巡回の時に見た、排水部分の不始末、この事が原因で連鎖して問題が発生する事例(状況)です。
システム上匂いを止める?構造なので仕方ないのですが、普段の手入れ、掃除は使用者がするのが当たり前の事です。

この写真はユニットバスの排水部分を写したものです。
機能も工夫、改善され、制作する側の生産性を上げるのも含め改良されているのが見えます。

防水パン成形も周囲の立ち上がりが無くなり、それに伴い入り口敷居部分の作りもゴムでできていて、すり足でお風呂の洗い場に入れるようになっています。

バリアフリィーの配慮が行き届き、浴槽の際迄、すり足で近寄れるようになりました。それが良いのかどうかは、使う側にも便利さを認識して使用する意識が必要です。
排水が流れが悪いと脱衣場まで湯水が流れ出てくることになります。
気を付けて使用してもらいたい一場面です。