日常、気にかけもしない生活の中に、不便を味わうと気が付く事が多々有ります。
漠然とした切り出しからはじまり、何を今更と思われると思います。

この時期は転勤移動、新卒、就職で入居の問い合わせがきます。
新入生も親元を離れ、独立した生活をするこの時期は初体験をする事が多くなります。
親任せであったり、他人事だった事、不便を身近に体験し全て自分で処理対応する事になります。
新築で新品の場合は少ないにしても、初体験の様々な事が起こります。
賃貸生活するには、自分でやらなければならない事が多く有ります。

何であれ、毎日使用する部分は必ず発生する調整、メンテナンスが必要です。
メーカー品と言っても、定期的に発生するメンテナンス依頼があるからです。
ある程度使用すると、必ず発生する消耗部品が組み込まれていて交換が必要になります。
便利さゆえに、半永久等と都合よく忘れてしまいたいと思っている部分が有ります。(反省)

某一流メーカーの製品を検証してみると、肝心な部品は互換性を持たせて製造されている筈?
と思い、製品番号を伝えますが製造終了?メーカーメンテするように促されました。
問い合わせの反応も冷ややかで 『買い換えろ』 とまでは言わないまでも部品無し。
当然、メーカー品と言っても消耗品は組み込まれています。
分解清掃して通水、2度までは正常に反応しますが。。。。。沈没
部品調達の為に、要所を写メで送り説明、肝心な機能部分を交換で済ます事が出来ました。
何時もお世話になる心強い、サポートがメーカーに確認してくれた事にも感謝です。
分解承認図も助かります。

ついでに出た話、買い物の際のオマケは嬉しいのですが、今回の場合は嬉しくない事でした。
思えば、時期的に発生するこの類の不具合は覚悟するしかないのです。
唯一の救いは、一度のメンテで済ます事が出来た事、生活状況を確認(貴重)できた事です。
俗に言う、1回で2度美味しい?美味しくないですが1回で済みました。(因みに訪問先は2階?)
一般の方は、それぞれ違うメーカーに依頼をする事になると思います。

不良の問い合わせ連絡があり、出向いて気が付いた事があります。
リモコンで操作する製品は、電池の消耗だったりする事もあります。
受光不良は別ですが、取扱い説明書を見て原因(症状)を正確に伝える事が必要です。
メーカーもこの症状のメンテに出かけて、時間を取られるのは辛い事です。

今回は、電池消耗で操作反応不良が原因でした。
メンテ依頼で処理した場合、状況は見えてこないので請求伝票判断になります。
ともすると、操作リモコン不良交換の伝票が記載された請求書が来たかも知れません。
他の約束で立会に少し遅れ、作業終了、書類作成済みで現地で承認印を押すだけでした。
状況確認できず、否応無く支払いをした苦い経験が有ります。

状況確認、把握は大切で、そうする事で先方も誤記請求伝票は書けなくなります。
依頼する場合、対応してもらう為の情報は的確に伝える事が必要です。
人件費、出張料は理解できますが、あからさまな請求される事もありますので要注意です。