2009年08月18日

国旗切り張りニュースに見る民主党の正体?

麻生首相は17日の日本記者クラブ主催公開討論会で、
鹿児島県内で今月8日に開かれた民主党の衆院選立候補予定者の
集会を取り上げて、

 「民主党の党旗が掲げられていたが、よく見ると、国旗を切り刻んで
 上下につなぎ合わせていた」

と指摘。

 「国旗を切り刻む行為がどういうことなのか。とても悲しく、許し難い行為だ」

と批判したそうだ。

これに対し、民主党の鳩山代表は

 「そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば、大変申し訳ない」

と謝罪。

そのうえで

「我々の神聖なマークなので、マークをきちんと作らなければならない話だ」

と述べたとか。

同党のマークは、二つの赤い円が縦に重なったデザインで、下の円が
歪んだ形になっているようだが、日本を分断させたいのかと
思わず問いたくなるようなものだ。

そもそも、バックに反日精神にあふれた団体がついているのだから、
こんな政党に国を任せたらどうなるか。

考えただけで末恐ろしい。

国旗は本来、神聖なものであるというのに、それを切り刻むとは...
党大会でも国旗を掲げないらしいし。

国旗や国歌を極端にこだわっているわけではないが、少なくとも、
日本を愛している政党の取る行為とはとても思えない。

にもかかわらず、あの素晴らしすぎるマニフェストのおかげか
世論は民主党支持に傾いているようで...

もし民主党が政権とったとしたら、果たしてどう変わるのか?

こんなニュースを知ってしまうと、さらに不安にかられるのは
私だけだろうか?

ネタ元
民主の国旗切り張り、首相「許し難い」…鳩山代表は謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000738-yom-pol



sgsld0001 at 20:39政治のことなど | 日記 
記事検索
livedoor プロフィール

けいた

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

FX業者の淘汰