2009年08月19日

致死率なんと0・5% 新型インフルは意外に強力

新型インフルエンザが流行した米国とカナダでの致死率は
0・5%程度で、1957〜58年に世界で100万人以上が
亡くなった当時の新型インフルエンザ「アジア風邪」並みだったことが、
オランダ・ユトレヒト大学の西浦博研究員(理論疫学)らの研究で
分かったそうだ。

新型の致死率は、これまで世界保健機関(WHO)などが
今年5月の流行初期にメキシコで調べた推定値(0・4%)しかなく、
医療体制の不備で高めの数字になっているという指摘もあり、
医療水準の高い国でも、同様の致死率が推定されたことで、
秋冬の大流行に備え、改めて注意する必要があるとのこと。

厚生省は流行し始めた当初は大騒ぎしておいて国民をパニックに
陥れておきながら、弱毒性だから過剰に反応しないように、
なんてのちに発言を変えていたが、結局弱毒性とは言えないように思う。

すでに日本では透析中の患者さんが新型インフルで亡くなったとの
報道もされている。
本日も亡くなった方は増えている。
病気を抱えている方や妊婦さんは特に注意が必要だ。
インフルといえば冬だったが、夏にまでインフル騒ぎとなると、
春夏秋冬気が抜けなくなってしまう。

私も早速、楽天ショップでマスクを購入しておこうと思っている。
流行りだしてマスクが手に入れられない事態に陥る前に...


【即納!!超お買い得!!サージカルマスク2個以上お買い上げでなんと1個オマケ!!】細菌遮蔽率99%!...


≪即納≫【新型インフルエンザ対策】【米国N95規格相当】3層構造サージカルマスク50枚組 不繊...


ネタ元
致死率0・5%…新型インフルは意外に強力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000046-yom-sci



sgsld0001 at 18:16国内の話題 | 日記 
記事検索
livedoor プロフィール

けいた

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

FX業者の淘汰