2009年08月31日

民主党さん地デジ化止めてよ!

平成23年(あと2年)7月から完全に地上デジタル放送へ移行するが、
3月時点での地デジ対応テレビやチューナーの世帯普及率は60.7%と
かなり高い割合で移行が進んでいるそうだ。

しかし地域別に見てみると、面白い位に差があるのだそう。

沖縄県では全国で最も地デジ対応のテレビやチューナーの普及率が低い
地域という結果が出ているそうだ。
南国の人は時間に追われることなく、おおらかに生活している人が多いからか?

また沖縄ではコンサートやイベントの前売り券があまり売れなくても、
当日券を買い求める人が圧倒的に多いので心配無用な地域だという。

おおらかな土地柄がそういう所にも出ているわけだが、地デジに関しては
そうも言ってられないところがある。

あと2年で普及率を100%にしなければいけないのは、どの地域でも同じだが
特に問題なのが年配者の方。

年金暮らしで、ギリギリの生活を余儀なくされている方も多いと聞く。
そのため今後は、お年よりの方を重点的に、普及活動に力を入れると良いのでは?
とはいえ、お年寄りの方たちだけじゃ、不平不満の嵐だとは思うが...

しかし、せっかく民主党が政権交代を果たしたのだから、この際、自民党政権時に
打ち立てた地上デジタル放送化自体、無効としてもらえないだろうか?

もしかしたら、こんなところにも自民党大敗の原因が隠れているような気がするのだが...

ネタ元
地デジ普及率に県民性? 新し物好き福井68・6% おおらか沖縄37・1%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000036-san-soci



sgsld0001 at 17:58日記  
記事検索
livedoor プロフィール

けいた

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

FX業者の淘汰