2009年10月

2009年10月30日

任天堂は、11月21日に新型機「ニンテンドーDSi LL」を
2万円(税込)で発売するそうだ。

先日までは、沈黙を通していた任天堂広報部だったが、
やはりうわさだけではなかったようだ。

しかし、こんなに早くに新機種発売とはほんと驚く。
 
ニンテンドーDSi LLでは、現行機のDSiから4.2インチと
画面サイズが1インチも大きくなり、視野角も広がっているそうだ。

ゲームのみならず情報端末としても使い易い工夫がされ、
持ちやすい設計になったタッチペンまで同梱されるそうだ。

本体の内蔵メモリには本体購入時から遊べるソフトとして、
『ちょっと脳を鍛える大人のDSトレーニング 文系編』
『理系編』『明鏡国語 楽引辞典』を収録。

これまでのDSシリーズ全てのゲームソフトが遊べるほか、
インターネットに接続してダウンロードできるDSiウェアも
利用できるそうだ。

従前のDSよりちょっと高めだが、液晶が大きいくなり
追加機能もあるそうなので、ある意味妥当なのかもしれない。

ダークブラウンやワインレッドなど、ちょっと大人向けの
カラーバリエーションも人気が出そうな予感がする。

年末商戦が楽しみな一品の登場である。

ネタ元
任天堂、ニンテンドーDSi LLを11月21日発売…画面を広視野・大型化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000018-isd-game


sgsld0001 at 08:21国内の話題日記 

2009年10月29日

任天堂は好評発売中のニンテンドーDSソフト
『トモダチコレクション』の新しいTVCMの放送を開始したそうだ。

『トモダチコレクション』は2009年6月18日に発売されて以来、
ロングランヒットを続けて140万本を突破。

今回CMに出演している優香の新しい映像がニンテンドーDSの
プロモーションサイトTouch-DS.jpとWiiの
『みんなのニンテンドーチャンネル』で公開されたそうだ。

今回追加されたのは「別れ篇」と「通信篇」の2本。

一緒に出演しているのは形成外科医・タレントの西川史子だそうだ。

トモコレと西川史子・・・イマイチピンとこないが、どうなのだろうか。

『トモダチコレクション』は、Wi-fiで遊べないのが残念なところ。
どうしてWi-fi機能つけなかったのか不思議でならない。

Wi-fiがれば、『どうぶつの森』のようにお互いの町(?)を
行き来して交流したりできるのだが。

『どうぶつの森』、そろそろDSで続編が出してくれないのだろうか。
密かに楽しみにしているのだが...

ネタ元
『トモダチコレクション』新TVCM放送開始!優香さんが体験する映像「別れ編・通信編」も公開!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000008-isd-game


sgsld0001 at 08:37国内の話題日記 

2009年10月28日


「むずむず脚症候群」という病があるそうだ。

この「むずむず脚症候群」とは夜間に脚の内側を
虫がはいずり回るような不快感が生じる症状だそうで、
日本人には少なくとも1%の人にみられる症状なのだとか。

その症状がとても不快なため、不眠になりやすく、
放っておくと睡眠障害を起こし、うつ状態に陥る事もあるそうだ。

治療法としてはパーキンソン病などで処方される
ドーパミン受容体作動薬などの薬剤が効果を表すこともあるそうだが、
薬を処方するほどでもない場合には典型的な治療法がない事も
判明しているそうだ。

とはいっても医療関係者にもまだ認識の浅いこの病。

個人が自分で自己診断することも難しいと言われている。

大阪府高槻市にある患者が集まって作った
「むずむず脚症候群友の会」は、この病に関する電話相談を行ったそうだ。

それによると症状を自覚しながらも、どこの病院にも行っていない人が
全体の7割を占めたのだとか。

この事から単なる勘違いとか、どの科の病院を受診すればいいのか
分からないと言った基本的な事を知りたいと思っている患者や
その家族はまだまだ全国に沢山いるものと推測される。

夜に症状が出るという事、無性に動きたくなる衝動を抑えられない
という症状。

それが毎晩襲ってくるとしたら、そりゃうつにもなってしまう。

虫が這っているような感覚がハッキリと足に感じられるという所が
なんともいえずおぞましい。

ハッキリした原因が未だにわからないという事からしても、
まったくもって不気味な病としかいいようがない。

ネタ元
むずむず脚、電話相談者の7割未診断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000519-san-soci


sgsld0001 at 08:11国内の話題日記 

2009年10月27日

最近行われているETC搭載車を対象にした高速道路料金の割引だが、
年末年始の26日(土)、27日(日)は、平日扱いとし、、普通自動車以下
の車両に上限を1000円とする割引は適用しないことを決めたそうだ。

この二日間に年末の帰省ラッシュが集中する事を防ぐために
考えられた対策のようだ。

特に年末は物流関係が一番忙しい時期で、高速道路が渋滞していたら
商売に影響を及ぼす企業が続出する事が懸念されている。

高速道路なのに、もし民主党がマニフェスト通りに高速道路料金を
無料化してしまったら、高速で走る事の方が難しい道路になってしまう
のではないかと不安に思う。

その一方、年始の方は5日間連続で1000円割引を実施するそうだ。

今回はあくまでも年末年始の高速道路の渋滞を緩和する狙いだけで
決めているようだ。

しかし現状でこんな状況なのに、本当に高速道路無料化をしてしまったら
とんでもないことになるのでは。

民主党ももう一度考え直したほうがいいと思うのだが...

ネタ元
年末は「1000円高速」なし=年始は拡大、分散図る−国土交通省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091026-00000091-jij-pol


sgsld0001 at 08:16国内の話題日記 

2009年10月26日

日本はまだサプリメントを日常的に摂る習慣があまりない国だと思うのだが、
それでも以前に比べかなり浸透してきているのかもしれない。

最近では錠剤のまま薬を服用するように摂取するサプリメントに
変わり、食材にサプリを含むものが売り出されているようだ。

大阪にある総合科学メーカーの「カネカ」は、今月都内で
フードフェスタを開催した。

会場には「カネカ」が製造するサプリの「コエンザイムQ10」を
多く含む卵が置かれた。

親鳥の飼料にコエンザイムQ10を加えることで、生まれてくる卵に
含まれる含有量が従来の3倍になる事がわかり、商品化したそうだ。

価格は6個で600円と少々高めになるが、一般の卵よりうまみが
あるそうで、評判も良いそうだ。

わざわざサブリで栄養分を取るくらいなら、何気なく食べている食品
から美味しいと思いながら食べられる方が良いと思う。

それを受ける形で色んな食品メーカーやケーキ店、居酒屋などで
サプリ成分が含まれる食品が販売されている。

しかしその一方で問題点も出てきているようだ。

そもそもサプリメントには品質を保証する制度等がないため、
その成分が不明瞭なサプリを発売しても規制する法律等が整備
されていない。

サプリメントやその成分を含む食品を摂ろうと思う場合は、
それなりに消費者も勉強する必要があるという事になる。

これからの時代、自分の力で自分に必要なサプリの勉強をしていく
必要があるのかもしれない。

ネタ元
日常的にサプリ摂取へ 飲むから食べる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091025-00000021-san-soci


sgsld0001 at 08:08国内の話題日記 
記事検索
livedoor プロフィール

けいた

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

FX業者の淘汰