2010年02月

2010年02月26日

今回は家庭用調理器具の怖い話題など。

独立行政法人の製品評価技術基盤機構(NITE)が、
カセットこんろによる爆発・引火事故が平成16年4月からの
5年間に135件あり、8人が死亡、15人が重傷を
負ったと発表したそうだ。

多くは誤使用や不注意が原因とみられるそうだ。

誤使用・不注意とみられる事故の内訳は、火を付けて鍋などを
置きっぱなし29件▽IHヒーターやガスこんろ、
ストーブなどほかの熱源の近くにこんろを置いた15件
▽ボンベの取り付け不良11件−だったとのこと。

「製品起因とみられる事故」28件、「原因不明」24件、
「調査中」10件もあったようだので、カセットこんろの
取り扱いには十分に注意が必要である。

家庭で身近なカセットこんろだけに気をつける必要がありそうだ。

しかし爆発までいくとちょっと怖すぎる。
そうそうあることではないとは思うのだが、用心にこしたことはない。

ネタ元
カセットこんろ爆発 5年で135件8人死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000518-san-soci
プレミアムアフターシェイブローション継続利用が効果あり
訳ありでなく訳なし液晶モニターが激安で販売中!


sgsld0001 at 08:14国内の話題日記 

2010年02月25日

リアルタイムWebのデータ抽出・研究に取り組む仏Semiocastの
調査によると、Twitterで最も使われている言語は英語、
その次に日本語となるそうだ。

最も使われていたのは英語で50%。

Twitterが英語圏で浸透していること、母語でなくても英語で
つぶやく人が多いためだという。

英語のつぶやきが全体の約6割を占めていた昨年上期に比べ、
割合は減少。

2位は14%の日本語で、
「Twitterの国際発展の第一ステップは日本だったと証明した」
としているとのこと。

日本人って、このようなブームに乗りやすい国民性だ。
何かが流行ると浸透力が異常に速い。

最近のTwitter事情はますます熱くなっていて、なんでも、
ドラマ化までされるとのこと。

Twitterで出会った5人の男女の物語なのだとか。

このドラマが始まると、タイムラインがこのドラマの話題で
一杯になりそうな予感がする。

ちなみに3位はポルトガル語なのだそうだ。

なんでも、ソーシャルネットワーキングがブラジルで成功して
いるのだとか。

Twitterの流行は当分続きそうだ。

ネタ元
Twitter上で日本語は2番目に多い言語
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100224-00000050-zdn_n-sci
今日は何杯コーヒー飲んだ?
ひげの抑毛効果


sgsld0001 at 08:12Twitterネタ国内の話題 

2010年02月24日

豚インフルの流行で騒がれた新型インフルエンザであったが、
今度は鳥インフルエンザで強毒性のあるH5N1型と
人の季節性インフルエンザ(H3N2)のウイルスを組み合わせると、
より病原性の高い混合ウイルスが出現する可能性がある事が
判明したそうだ。

これは河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授
らのグループが明らかにしたこと。

鳥インフルエンザと季節性が組み合わせるというのは、
自然界でも実際に起こりうることなのだろうか?

今年は豚インフルエンザといわれた新型インフルエンザが
世界的に大流行したが、これよりも強力なウイルスが
誕生する可能性があるということに驚きを隠せない。

今までの研究では同じように作られたウイルスの病原性は
元のH5N1より弱まっているために、強毒性を持つウイルスは
誕生しにくいと考えられていたそうだ。

昨年から今年にかけて新型の登場でH5N1の存在が
忘れられているようだが、監視は続ける必要があるとしている。

新型インフルエンザは、結果的には死者を何万人も出すような
ひどい被害は日本国内では出なかった。

とはいえこれよりも強毒なインフルが今後出てこないと断言できない。

私たちにできることと言えば予防策だけしかない。

沈静化した後でも、うがい・手洗いの習慣は怠らないように
しなければならないのではないか。

ネタ元
<鳥インフル>季節性と混合で強毒化する恐れ 東大など研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000010-mai-soci
たまごっちiD 通販の最新情報
今日も物欲なニュース


sgsld0001 at 08:41健康ネタ国内の話題 

2010年02月23日

電通が発表した2009年の国内総広告費によると、
日本経済の長引く不況を反映し、
前年比で11.5%減の5兆9222億円と2年連続して縮小
したと発表している。

この減少幅は1947年に調査開始以降で最大となり、
ピーク時の07年から比べると約1兆1000億円も落ち込んだ
ことになる。

大企業の広告削減などが大きく影響し、衆院選挙やエコカー減税などの
プラス効果をかき消してしまう程の落ち込み。

特に新聞やテレビなどの低下が目立ったそうだ。

新聞の広告費が落ち込みを見せる一方でインターネットの広告費は
新聞を上回り1.2%増と拡大を続けている。

ネットでは主に検索連動広告や携帯電話向けの広告が好調
だったようだ。

ネットに関する広告では全般的な傾向としては、
ウェブ(PC)広告よりもモバイル広告の成長率が高くなっており、
またバナーなどのディスプレー広告よりも検索連動広告の
成長率が高いのが特徴のようだ。

検索連動広告の伸び率は非常によかったものの、
その一方ではディスプレイ広告が前年を下回ったそうだ。

その為、全体的な伸び率は微増となったそうだが、
これからはネットの時代だというのを実感させる数字なのではないか。

ネタ元
09年広告費、初めてネットが新聞抜く 総額は過去最大の減少
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000560-san-bus_all
OLFAデザインナイフで差をつける


sgsld0001 at 08:09国内の話題経済ネタ 

2010年02月22日

12の医科・歯科学会で作成されている禁煙推進学術ネットワークが、
毎月22日を“禁煙の日”と定めた事を発表している。

それによると白鳥が2羽並んで「22」の文字を描くポスターや、
ロゴを作ったそうだ。

白鳥は英語で「スワン」といわれている。
そこで22日を「スワンスワン(吸わん吸わん)デー」に決めたらしい。

禁煙のポスターはどちらかというと健康被害を前面に打ち出した
暗いイメージのものが多かったように思う。

それから考えると白鳥の白くてキレイなイメージにかけて、
禁煙するという行為が明るいイメージとしてアピールできるのも、
白鳥を起用した理由になっているようだ。

単独で禁煙に成功するケースは稀で、
大抵が喫煙者と家族、同僚や医者などの協力者が不可欠になる。

毎月22日が禁煙デーになることで、この日を境に禁煙を頑張って
みようと思う人がたくさん増えるといいことだ。

愛煙家の方々には年々取り巻く状況が厳しくなってきているが、
周りにいて煙を吸ってしまう人の方が健康に被害を与える影響が
強くでるのは事実。

この日をきっかけに禁煙するのもいいのではないか。

ネタ元
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー−学術ネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100221-00000048-jij-soci


sgsld0001 at 08:13健康ネタ国内の話題 
記事検索
livedoor プロフィール

けいた

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

FX業者の淘汰