2010年04月

2010年04月07日

新型インフルエンザ感染者の家族のうち、前もって治療薬を
服用した人の99%が感染しなかったことが、
国立感染症研究所の調査で分かったそうだ。

調査は、昨年5月の流行初期に大阪府内で感染した患者158人の
家族を対象に実施、予防投与した334人のうち、
感染者は2人(0・6%)にとどまり、332人は
感染しなかった一方、服用しなかった48人のうち、
4分の1を超す14人(29・2%)が感染したそうだ。

しかし、予防投与後に感染した2人のうち1人からは、
治療薬タミフルが効かない耐性ウイルスが発見されたとのこと、
耐性ウイルス発生というデメリットをも生んでしまうようだ。

新型インフルといえば、予防ワクチン投与で死亡者も
何人か出て問題となっていた。

私は新型インフルのワクチンは受ける前に感染した。
季節型ワクチンも結局受けていない。

年々抵抗力が劣ってくるだろうから、そろそろ接種を
始めた方がよい年頃なのかもしれない。

ネタ元
新型インフル、予防投与で99%感染せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000912-yom-sci

sgsld0001 at 20:18健康ネタ日記 
記事検索
livedoor プロフィール

けいた

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

FX業者の淘汰