考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 スプリンターズステークス 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2017年7月号「グラサン師匠の鉄板競馬に登場」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]→紐=△[相手推奨馬]→▽[押さえ馬]」として、基本的には[◎]と[紐(=△)]の2種の利用とします
●勝負度は「(A[稀]→)B[特上]→C[上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[水準未満]→E[下]」とします
●推奨馬丸乗りではなく、ご自身の予想と組み合わせる等での非単独馬券として活用して頂きたいと考えております。[当推奨馬の単複馬券]と[当推奨馬から適当な人気馬数頭に流した馬券]とでは、誰でも簡単に後者の戦略の方が高回収率を得られます。
その辺りの詳しい話や、設定している基準買い目など当方の買い目(馬券)ポリシーについては以下の記事をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2377284.html

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

大西直弘スプリンターズS2017予想無料公開
04年優勝騎手大西直弘の【スプリンターズS1点予想】無料コチラ!
ワールド:スプリンターズS490-160
------------------

☆スプリンターズSの大穴含む◎候補馬2頭の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

※先週馬券晒しについてはスペースを取るので記事最下部(PCからは続き画面)にて
--------------------
【スプリンターズSの有力馬診断(前篇)〜[シュウジ]前走モレイラでも逆噴射で証明→前々走暴走逃げ武豊無罪/騎手責任転嫁続けて根本的問題DDSP発見後手で今回出た所勝負に…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽シュウジ 牡4 横山典 57 栗東 須貝尚
前々走函館SSで刻んだ前半3F32.2は仮に超高速馬場だとしても文句無しに速いラップであるし、そもそも函館1200コースは前半時計が出ないコース設計なのでやはり相当速いラップだったと言えて、そのペースで逃げて失速は完全に止む無しと言える敗戦だ。ただし、休み明けローテの分なのか滞在効果なのか、自滅した前2走(阪神カップ→高松宮記念)当時とは違って戦前イレ込み面では大きく改善していた。それでいながらも暴走逃げの手を武豊Jに選択させる辺りは今の精神状態が正常でないコトの裏返しと言えないか。
『(モレイラ起用について)ここまで来てしまった馬にはあまり関係ない様な』と書きましたが、そんな悪い予感が的中したのが前走キーンランドCで、モレイラマジックを期待する向きもあったが、結果的には彼も神ではないので終わった馬を劇的に変えるなんて不可能で、前々走の武豊Jの暴走逃げを一概に責められなくなった正攻法でも同じく駄目だったという結果に。
これまで川田J・武豊Jに責任転嫁する声も大きかったが、モレイラ騎乗でも同様となっていよいよ圧倒的に馬の方に本質的な大きな問題があるというコトが露呈したとも言えるか(そこからの短期間での劇的な変化を求めるのは無謀)。
(→今週になって発表された最新情報として近2走の敗因はDDSPで対処したから今回は大丈夫とのコト…仮に前走大敗がそれで説明付くとしても、それまでも全てDDSPで“今更”片付けるのはかなり乱暴だと思いますし、そもそも喉系の問題に対して対処したから即大丈夫と言われても安易には信じるべきではない話だと思うので…。)

―スノードラゴン 牡9 大野 57 美北 高木登
昨年は[高松宮記念7着→かきつばた記念5着→北海道スプリントC3着→CBC賞6着→セントウルS5着]からの臨戦で12人気5着。
本年は[高松宮記念7着→北海道スプリントC3着→CBC賞5着→セントウルS8着]からの臨戦。
それだけ見ると大きな衰えは読み取れないが、昨年の場合には高松宮記念は不得手とする超高速馬場での7着善戦だったのに対して、本年の場合には高松宮記念が得意とする渋化馬場になり総じて恵まれた中での7着止まり。それはCBC賞も同様で、本年の方がより鈍足差し決まるレース質だった恵まれた故の上回る着順。前哨戦セントウルSでも昨年はHペース2番手から5着踏み留まる負けて強しの内容だった。
つまりは、昨年比でのパフォーマンス劣化というのは着順に表れている以上に、少なからずあるという解釈をすべきだろう。
せめて得意道悪競馬ならまだしも、まともな良馬場見込みでは間に合わせるのは困難だろう。

―ネロ 牡6 勝浦 57 栗東 森
前々走アイビスSDは、本来ならば1番人気になって当然の馬であるはずが、状態不安説が広く広まった分で3人気止まり。確かに直千競馬での斤量58キロは鬼門ではあるのだが、それにしてもここまでの負け方というのはそもそも走れる状態ではなかったとの解釈が自然。
その次走キーンランドCでも見せ場無しの凡走で、果たして復調なるかが取捨の全てと言って良いだろう。

その点についてだが、単に短期的な不調というワケではなくて、不調の始まりは高松宮記念回避した所が発端でその後は常識外の長い期間の在厩調教を積み重ねながらもあのザマだったワケで…これまで時間については十二分にあったにも関わらずだった点で、そもそも復活が有り得るかすら厳しい状況だとも言えないだろうか。


★ソルヴェイグ 牝4 田辺 55 栗東 鮫島
最も◎を打ちたい馬なのですが…キーンランドC2着止まりで賞金満額上積みできずに完全に除外対象の“賞金”額で、頼みの綱だったレーティング順位も6位止まり(※5位レッツゴードンキと同値も僅かな差異で6位扱い)で…ゲートイン黄色信号。
(※何だかんだ約1頭はアクシデント回避馬が出るモノだと思っているので、週始時点で除外対象でも1〜2番手までの馬についてはココで取り扱う対象にしています。)

黄色信号なので長々とは書きませんが、本年序盤シルクロードS→高松宮記念では不甲斐ない結果に終わりましたが、その後のヴィクトリアマイル5着とキーンランドC2着で完全に調子を取り戻してきている様に思える。

前走2着については、(これまでも競り合いになって力を見せてきていた馬だけに)逃げ馬ナックビーナスは最内へ行ってしまい&その他の先行勢は即沈みの中で、タフな直線を1頭だけで粘り切る形というのは地味に苦しいはずで、それを後方嵌まり馬にしてやられた形は悲観するモノではないだろう。
昨年もキーンランド4着→スプリンターズS3着でしたし、激戦でこそ力発揮できるタイプだけにココは絶好の買い時と睨んでいましたが・・・。


▽ダンスディレクター 牡7 浜中 57 栗東 笹田
昨年も同様のセントウルS→スプリンターズSのローテで両レース共に結果を出せませんでしたが、当時は仕上がり云々よりも単に走れる態勢に持ち込めていなかったというのが正解なのだろう。
対して本年の場合には、前哨戦セントウルSの時点で昨年よりも外厩先での立ち上げが早く行えていた分だけ態勢は整っていたが、ただし意図的(戦略的)に次走本番スプリンターズSにお釣りを残したセーブした直前調整過程に見えた。1着馬2着馬は夏競馬の延長だったのに対して、明らかに次を見据えた始動戦で格好を付けたコチラの方がより本番を意識できる馬なのは間違いなくて。
昨年の態勢整わずの二の舞は避けられたが、かと言って7歳馬の休み明け初戦で中2週本番前にこの3着が走り過ぎになっていないかには注意が必要で…もしもセントウルSから上昇見込める調教過程ならば怖さ出てくるが…。

そんなデキで出走ならば押さえ印を回すかも知れませんが、ただしそもそもスプリンターズSで重視できる適性馬ではないとも見ています。
コノ馬は本質的なスプリンターではなさそうで、1200でも重賞2勝していますが共に京都での平均ペース以下での瞬発力勝負でのモノで、前走セントウルSにしても上がり32秒台計時での好走でした。
バリバリのスプリンターが引っ張るコトになる(本質的なスプリント適性が問われる)G1レースになるとこの決め手はスポイルされるはずで、スローペース化あるとは言えどもスプリンターズSでというタイプでは決して無い。

--------------------
☆スプリンターズSの大穴含む◎候補馬2頭の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→レーティング次点ソルヴェイグがこのまま除外となると…正直買いたい馬はほぼ居ません。
別にそれは悲観的な話ではなくて、より絞れるという点で有難くもある話なのですが。
というコトで、先に買いたい馬=週中△評価以上馬(たった2頭)を公開しておきます…1頭目は人気サイドですが前走負けて強しは明らかですし、(出涸らし馬と目標先馬と非順調馬が少なくないという中で)休み明け初戦とは言えどもココへの熱量・順調度も相対的に上です。2頭目は前走ワケ有りで人気急降下模様ですがそれを糧にできれば…現時点での妙味一番はコノ馬だと見ています。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

続きを読む

【シリウスSの有力馬診断】
△マスクゾロ 牡6 酒井学  栗東 岡田
まずは昨年シリウスS1着後の回顧文を参照↓
『1着マスクゾロは残念ながら脚部不安再発で休養入りは発表されたが、1度起こして以降は1戦使う毎に休養入り&今回もプール併用の軽めの調教に終始という綱渡りの状況には変わりなかった模様。
来年前半の復帰後についても、常に「無事に」という点での爆弾を抱えつつになるだろう点では注意が必要。
また、今回は直線で物見をしてピオネロに迷惑をかけたが、過去にも同様の癖を出したコトもある問題馬でもある。』
・・・
そこからの復帰初戦予定だった前々走名鉄杯では、レース直前に秋山Jの進言により競走除外。診断名は左前脚跛行だが、それはクロかシロかハッキリと言える類ではなくて、(横山典ヤラズ騎乗など擁護派の私は全くそうは思いませんが、敢えて悪い見方から言うなれば)秋山Jが怖気づいたからの出走取消だったとも言える。
その一件以降、岡田稲厩舎×秋山Jの長年の強力ライン(かつては厩舎主戦騎手起用)が断絶状態になっているのは、つまりはそういうコトなのだと…。

陣営としても脚元爆弾は百も承知で、だからと言っていつになるかも分からない完治まで待機というのも正解ではないでしょうし、その中でギリギリの所で出走というのは一般的な判断。

本来ならば一流騎手が手を挙げて当然のレベルの馬なのだが、今でも脚元爆弾持ち故に自分の身が大事な上位騎手は乗りたがらないだろうし、そして従順になれない元主戦秋山Jは降板となり、前走中谷J・今回酒井学Jという人選は如何にもだと言える(リスク背負って勇気出して勝負して来い指令に応える騎手)。

約2年半振りの連戦ローテ…酒井学Jにオファーを出さざるを得ない様な状況…地力上位という要素以外には嫌える面は結構多い。

--------------------
※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
-------------------

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中山11Rオールカマー(勝負度D)
[印]
◎ショウナンバッハ
紐推奨馬14モンドインテロ、9タンタアレグリア、8ステファノス

[見解]

1人気ステファノスは一昨年秋は[毎日王冠7着→秋天2着]・昨年秋は[毎日王冠5着→秋天3着]・今春は[金鯱賞6着→大阪杯2着]と言った具合に、これまでG1レースを大目標に据えて前哨戦レースは半ば捨てレース的な使い方をさせてきた藤原英厩舎らしさ満載の馬。
前々走金鯱賞は上記でしか説明付かない凡走劇で、2週連続での芝調教というのも本気の試行錯誤というよりは非本番らしい調整過程に思えて…。

2人気モンドインテロは週中時点では評価していましたが、田辺Jの『ルメールJからギリギリまで溜める方が良いと聞いたから、慌てないでジックリ乗る』という騎乗方針は果たして…半分正解だと思いますがこのレースで上位人気馬で重心後方の競馬をする馬は基本的に飛びがちなので…。
それは人気薄で一発狙う戦略ならば期待懸けられると思うのですが、果たして上位人気に応えられるのかと言えば信頼は置けぬという評価になる。

3人気タンタアレグリアは胴長の馬体で大トビのバテない脚が身上のステイヤータイプで、距離2200では過去に距離不足・速い脚不足風の負け方を喫していたのだが、その本年AJCCは歓迎スタミナ要求展開と内を立ち回ってロスも不利も無い完璧な騎乗振りによって勝利を収めるコトができたモノで過信は禁物。
当時よりも上手くコトが運べる可能性は低いと思えば中心視まではどうかだが、とは言えどもココでは地力上位に数えられる一頭には違いないワケで。
当初は不安視された仕上がり面については、どうやら帳尻は合った模様。

4人気アルバートは中距離への適応力劣りそうな本質ステイヤーという距離適性不安と、今秋目標ハンデ戦メルボルンCへの壮行レースに(勝負度の低さの表れとも言える)鞍上石橋脩J起用というのは買い要素に乏しい場面(凡走も許されない状況ですが、かと言って本気で1着を欲しがっているとも読み取れない)。

5人気ルージュバックはかれこれ近4走連続で不得手とする馬群内の競馬を強いられたせいでのワケ有り敗戦になっているが、ココも内枠を割り当てられてフルゲート多頭数戦で戦況好転とは言えない。
マーク受ける戸崎Jから北村宏J乗り替わりは単純な鞍上弱化でもないが、ただし戸崎Jにも別の一流Jのフラれての起用という背景からは馬への期待度の下方修正であるとも。
距離延長二二となると折り合い不安もあって、テン乗り北村宏Jで、内枠で…それで上手く行く確率は高くなさそう。

(一応、カフジプリンス・ブラックバゴも含めた単勝一桁オッズ馬(上位人気馬)の中で評価上なのは、モンドインテロ・タンタアレグリア・ステファノスの3頭。)

・・・
ここまでの上位人気馬は後方で動かない馬だったり、動けない馬だったりが多数で、その他のメンバーを見渡しても先行勢手薄でスロー気味で進みそうで先行馬の残り目か一瞬の脚を持つ馬の決め手が穴を演出するのではないか。
その視点で白羽の矢を立てたいのが爆穴ショウナンバッハだ。
コノ馬は小回りコースでセコく立ち回って直線で一瞬の脚を活かしてこそ本領発揮というタイプで、中山コース内枠は理想的な条件。それも中山2200コースは内過ぎる枠順(1枠)は不利なのだが、そこを回避しての絶妙な内目枠を手に入れた。

3走前までは不得手雨馬場や不得手外回りコースでのワケ有り敗戦ばかりなのだが、その中でも僅か2度しかない好走歴&健闘歴は共に今回の中山2200コースで記録している(重賞3着&重賞不利有り6着)。

3走前(小回り条件)は直線詰まり3着まで0.1秒差で、前々走(小回り条件)は外有利馬場をイン差しで上がり最速3着まで0.0秒差で、前走(外回り条件)では不向き条件で完全前残り決着を後方追い込みなので凡走も着順も気にならない。

完璧に嵌まらずに僅かに及ばないという結果が多くなっているが、逆に言えばレース振り一つで3着ゲットが目の前というのは幾度となくあったというコト…それは言うは易く行うは難しというのは百も承知で、舞台条件整る今回にしても果たして上手くコトが運ぶ可能性については決して楽観的には言えませんが…西重賞は自力勝負に対してコチラはそんな幸運頼み予想でもアリかなと(そのリスクに見合う爆穴オッズですので)。

≪ワイド◎→紐>複勝◎>>馬連◎→紐≫

休載【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)】
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)
23時頃完売ありがとうございますm(__)m (提供予想…神戸新聞杯(CD))


-------------------

☆オールカマーの爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中山11RセプテンバーS(勝負度D)
[印]
◎デンコウウノ

[見解]

本年の良馬場で行われた中山芝千二コースの条件戦は全て逃げ先行馬が勝利を収めている。
良馬場で区切ったのは渋化馬場での2戦で異なった傾向が出ているからなのだが、その2戦は共にいわゆる外差し馬場での差し決着で、馬場悪化が必ずしも差し決着を助長するワケではない。
土曜は雨上がり馬場が見込まれるが、まだ外差し馬場というタイミングではないだろうし、同様であった先週月曜開催を見る限りでは少なくともある程度(稍重程度)は乾くだろう午後は内前にアドバンテージ生まれそうなイメージも。

その上で、このレースの出走馬を見渡すと目に付くには逃げ先行勢の手薄さで、一桁馬番で先行脚質と言えるのは約2〜3頭しか居ない。

ちなみに今開催の中山芝千二コースの条件戦は3Rあったが、非上位人気で好走した3頭は全て内枠先行馬であった。

というコトで、見え見えの結論としては上記の通りの買い要素が見出せる大穴デンコウウノの粘り込みを狙いたい。
コノ馬の良績戦法は距離1200での先行策で、その形が取れた場面では実はかなり安定した結果を残している。
3走前が正にそれで2着まで0.1秒差の掲示板内好走だった。
2走前は位置取れずに、道中の位置取りを守っただけの入線。
前走は致命的な出遅れから後方大外追い込みで何もできずは度外視すべき結果。
この同型が超手薄と言える一戦で、前走と一転して枠を生かしての前目位置さえ確保する競馬さえ叶えば馬券内まで迫る粘り込みは想像できてくるので。

休載【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)】
完売【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)】
-------------------
☆中山11RセプテンバーSの大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)


続きを読む

☆オールカマーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【オールカマーの有力馬診断(後篇)〜昨秋マイルCS浜中事件の後遺症に苦しむディサイファ/ハンデ戦メルボルンC遠征を見据えた一戦に石橋脩J起用なら頭無しアルバート〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽カフジプリンス(中谷騎乗停止→丸田)
毎度ズブさ満点であるが故に届かずの競馬がパターン化しているコノ馬。
前走新潟記念では、前半と後半の直線が大半を占める新潟外回りコースだからこそ位置を取り易いという側面の効果は絶大だったのと、コレも同様に新潟の長い広い直線コースだからこそノーブレーキ―で追い続ける形で最後に間に合わせてくる形を作れたコトによる久々好走。
とは言えども、もしもスタート直後に位置取れない事象あったならば大きくパフォーマンスを落としかねなかったし、ノーマーク12人気だったからこそ良かったもののもしも人気馬だと見られて直線で少しでも窮屈強いられていれば勢い途切れて大きくパフォーマンスを落としかねなかっただろうし…やはりリスクの方が大きい馬との見解は変えられない。

そんな馬の人気薄激走後のタイミング、新潟コースよりもレース振りが難しくなるだろうコース形態替わりと右回り替わりあるココでの前走再現激走は容易ではなさそうだが…。


▽アルバート(石橋脩)
長距離路線では一線級馬に違いないが、距離二二まで短い距離ならば大した馬ではない可能性が高い。
前々走ダイヤモンドS勝利時にしても4走前ステイヤーズS勝利時にしても超長距離を自ずとゆったりと競馬するのが身に付いており、その上で少し距離が短くなった3走前有馬記念を見て貰えれば分かると思うが[10-12-15-16]の通過順の通り後半のスピードアップに対応できない不器用な取り口になっている。
これ見せられてしまうと、今となっては本物の長距離戦以外では手を出し辛い。
まして、ココは豪州メルボルンC遠征の為の調整レースという意図での参戦だろうから、逆に国内の距離二二重賞で激走となれば(次走に向けて)それが不安材料にもなる位だろう(※確かに呆気なく凡走となると遠征取り止めになりかねないですが、逆にココで勝利となるとハンデ戦のメルボルンCでもトップハンデ級(過去の日本馬出走時の斤量を踏まえると)にもなりかねないという難しい局面)。


―ディサイファ(柴山)
例の浜中事件が起きた昨秋マイルCS。
(この手の話については陣営から「問題ない」とのポジティブコメントが出るのが常なのですが)その後遺症(精神的なダメージ)はやはり問題になっている雰囲気はあって、3走前大阪杯では包まれない様にとの指示での大外回し競馬でしたし、前々走安田記念では距離マイルのHペースでもあそこまで出して行く競馬というのは何かの裏返しなのかも知れないともココで書きましたが、ついに前走札幌記念後に陣営は後遺症の存在(後遺症が主な敗因)を認めてきました。
その札幌記念では外目枠順を引き当てて、概ね外々の競馬をしながらも他馬を気にして力を出せないというのは結構な重症で…。
良績は内枠引いての立ち回りレース振り時に集中している馬だけに、(能力足りない上に)その形が不可能な状況であるならば魅力度皆無の馬になっている。


―マイネルミラノ(柴田大知)
4走前OP福島民報杯ではHペース展開を大外枠からロスある形の超積極策により、後の重賞馬ステイインシアトルやシャイニングレイを捻り潰していく圧巻のパフォーマンスでの激走。
それを以て復活かと思いきや、ただし輝きはその1度限りで、その後の重賞3戦では見せ場なく沈むレース続き。

振り返ってみると、上記の様に強敵相手だと簡単に沈んで、逆に弱メン相手だと上記福島民報杯の様な強い競馬での完勝という激走凡走を繰り返してきたOP昇級後2年間なので、コレをコノ馬のキャラとして受け入れるべきなのかも知れない。

これまでの経緯からも再びどこかで一発はあるはずだが、それが夏場無理ローテから間隔空けずのタイミングと、そして何よりもG2相手関係では期待できないというのがコノ馬なのであろう…。


★○○○○○○(←オールカマーの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前々走目黒記念では最内枠条件を引いて、直線でも内から外からプレッシャー掛けられる形になり、それで他馬を気にする面から力を出せなかった印象。
3走前大阪杯でも距離不足により同じくの負け方。

前走は少頭数の長丁場レースで、前2走の敗因が一切消え去っての一変激走だった。
その前走は順当勝利だろうが、上記した通りの敗因さえ無ければ重賞級の地力を証明したと言えるだろう(つまりは、それだけ上記敗因の持つ意味が小さくないコトも読み取れる)。

今回は気持ち短い距離二二条件で、前走とは一転して頭数揃う一戦。その上で前々走目黒記念みたく極端内枠を引くと万事休すになりかねないが、逆に外枠競馬ならば通用以上あって当然とも思える馬…それを後押しする当地名人騎手起用もプラスですし、前々走以前のイマイチ戦績による実力懐疑的に見られている今回辺りは妙味有りの一頭と見る。


△ショウナンバッハ(柴田善臣)
まずは前々走福島民報杯(10人5着)時の推奨文を参照↓
『ココは何走も温め続けてきた6ショウナンバッハをいよいよ狙い撃つ場面にできるか。
15年10月から小回り向きのステゴ産駒だと言い続けてきた馬。

OP昇級後の唯一の馬券内好走歴は16年1月のAJCC3着で、その次に走ったのは16年9月の同舞台のオールカマー6着だった。
そのオールカマーは直線入口でのコース取りミスでの小さくない不利と、前方には「展開恵まれ4着クリールカイザー&3強の存在」もあって、不運とやや能力不足で馬券内までは届かず。不運がなければ4着まではあった。
直線の長くないコースで、インに拘る競馬をして一瞬の末脚を生かす形ならば、そのG2でも善戦してきた馬というコト。

そのAJCCからオールカマーまで5走続けて不向きな外回り系のコースばかりに使われて、持ち味である短い直線向きの一瞬の脚では通用しないレースばかりだった為に馬柱が汚れまくっていたモノ。

そのオールカマー以降も大敗凡走続きだが、5走中3走が不向きな外回りコース。
3走前AJCCは前崩れ展開を無茶な早仕掛けで当然の失速。
2走前京都記念は不得手とする道悪。
前走ダービー卿CTは不得手とする道悪と、距離不足マイルながら、やはりラストに賭ける競馬ならば良い脚は使うという所を見せる上がり最速競馬。

小回り二千条件で…内枠で…イン差しが嵌まり得るシチュエーションで…あとは騎手の好騎乗頼みですが一発可能性ある馬と見て。』
・・・
結果的には3着まで0.1秒差の5着…上記の通りもし好騎乗があったら3着まであったはずで、但しその幸運は無く直線詰まった分もって掲示板止まりの結果に。
ただし、やはり小回り条件への高い適性は更に裏付けてくれたと言えるだろう。

その後の前々走福島TVオープンは外有利馬場をイン差しで上がり最速0.2秒差4着ならば及第点で、前走関屋記念では不向き条件で上がり32秒台計時も届かずというはこれも自分の競馬はできている上での止む無しの敗戦結果だと言える。

今回の中山二二条件は、OP昇級後にコノ馬にとっての数少ない重賞健闘歴2つ(昨年オールカマー6着・一昨年AJCC3着)と同舞台条件である。
その内訳は[完璧騎乗3着]と[詰まり6着]なので、これまた幸運の好騎乗頼みになってしまうが、内枠引いてインを捌く競馬が失敗なく敢行できた場合には無きにしも非ずの計算は可能と言える爆穴候補だ。

--------------------
☆オールカマーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------



☆オールカマーの爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

中山…全日イーブン/土はA、日はC→D、月はC→B
阪神…全日イーブン/土はC→D、日はB、月はC→B

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…3週目/Cコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はA〜B
阪神…3週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はA〜B

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)

artjy

【オールカマーの有力馬診断(前篇)〜今春シーズン[叩き台金鯱賞凡走→メイチ大阪杯激走→出涸らし安田記念凡走]の通り、藤原英厩舎らしいメリハリ戦績のステファノスなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ステファノス(戸崎)
一昨年秋は[毎日王冠7着→秋天2着]・昨年秋は[毎日王冠5着→秋天3着]・今春は[金鯱賞6着→大阪杯2着]と言った具合に、これまでG1レースを大目標に据えて前哨戦レースは半ば捨てレース的な使い方をさせてきた藤原英厩舎らしさ満載の馬。
前々走金鯱賞は上記でしか説明付かない凡走劇で、前々走大阪杯2着が本来の姿で、メイチ後で予定変更且つ不適性承知での参戦だった安田記念7着もまた評価が下がらない一戦だと言えるだろう。

ココでの好走凡走はまず陣営の思惑がどうであるのかが最大の判断材料になるはずだが、実は初G1戴冠により近いレースというのは国内強豪が衝突する秋天よりも比較的相手関係手薄になるだろう香港カップ(12月)の方だと言うのはモチロン頭に入っているはず…。
もし本気で秋天を狙うならば(過去年でも同ローテで結果が出ている)東京コースの毎日王冠経由がベターなはずで、ココへの参戦意図がより香港意識しているが故ならば例年未満の前哨戦への熱量を読み取るべきだろうし、逆に約3年遠ざかっている重賞制覇を目指しての毎日王冠より手薄なココ参戦の可能性も考えられるが…(それは最終追い切りも踏まえて読み取りたいと思います…が、恐らく前者の色が濃いと思います)。


▽タンタアレグリア(蛯名)
今回オールカマーと同舞台条件(中山2200)の重賞アメリカJCC1着実績馬。
胴長の馬体で大トビのバテない脚が身上のステイヤータイプで、距離2200では過去に距離不足・速い脚不足風の負け方を喫していたのだが、その本年AJCCは歓迎スタミナ要求展開と内を立ち回ってロスも不利も無い完璧な騎乗振りによって勝利を収めるコトができたモノだった。
もう少し長い距離路線ならば安定結果求められるはずだが、前走の限りではこの距離2200級では展開左右は否めない印象。
3歳秋以降はG1でもG3でも3着付近の善戦続きで、唯一神騎乗炸裂した前走のみ1着で…ココも地力で好走はできるだろうが勝ち負けまでは運頼みに。


△ルージュバック(北村宏)
前々走金鯱賞はコーナー4回コースや良績と違う好位競馬なども敗因だろうが、やはり最たる敗因と言えば極端内枠を引いて馬群の中での競馬を強いられた一点だろう。瞬時に脚が使える馬ではないので特に急坂で捌く様な形は難しいのと、何よりも「抜くのを嫌がった」という鞍上コメントの通り性格的に馬群内では力を出せないという面が敗走に直結した。
前走ヴィクトリアマイルにしても同様で、かれこれ近4走連続で馬群内の競馬を強いられたせいでのワケ有り敗戦になっている。
戸崎Jはその癖は重々承知であり、当然打破しようとの意思は持った騎乗をしているのだが、それでも他馬のマークを受けては自力で有利な競馬をするコトは容易ではない弱味が常に競走結果に表れている。

これは一種の運でもあると思うのですが、その意味で力量的には戸崎Jが上だとしても、敢えての北村宏J起用というのは功を奏する可能性もありそう。

本当に競馬をしていないと言って良い負け方の連続なので、流石にもうソロソロ人気落ち=マーク緩みもあるでしょうし、この格下騎手起用という荒技も寧ろ好感ですし、G1ではマーク潰されが常だとしても並の重賞ならばこうも今後も連続で負け続ける確率の方が低いはずなので本当にソロソロ・・・。


―ツクバアズマオー(吉田豊)
4走前中山記念まで約2年間・14走連続で崩れたコトが無かった馬が、3走前日経賞では相当久し振りに崩れた。とは言っても8人気11着というモノなので人気通りに距離不安で凡走しただけの話だとも見られるが、その日経賞はHレベル戦だった割に凡走馬が次走以降格下げ戦でも巻き返せていないのは少し気掛かり。
ジュンヴァルカンとかナスノセイカンとかマイネルサージュとか…このレースを境に下降線に突入した馬が何頭も居る。
中山記念までのパフォーマンスが出せるのならば当然候補になる一頭なのだが、その日経賞での余所行きの競馬での真っ向勝負凡走のダメージ懸念が函館記念・札幌記念での連続凡走によって更に裏付けられてしまった今のタイミングでは静観妥当な存在で…。


★○○○○○○(←オールカマーの爆穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬は適性としては小回り向きのステゴ産駒らしい馬。
前々走(小回り条件)は外有利馬場をイン差しで上がり最速0.2秒差4着ならば及第点で、前走(外回りマイル条件)では不向き条件で上がり32秒台計時も届かずというはこれも自分の競馬はできている上での止む無しの敗戦結果だと言える。

今回の中山二二条件は、OP昇級後にコノ馬にとっての数少ない重賞健闘歴2つ(昨年オールカマー6着・一昨年AJCC3着)と同舞台条件である。
その内訳は[完璧騎乗3着]と[詰まり騎乗6着]なので、あくまでも幸運ありきの好騎乗頼みになってしまうが、内枠引いてインを捌く競馬が失敗なく敢行できた場合には無きにしも非ずの計算は可能と言える爆穴候補だ。

--------------------
☆オールカマーの爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

↑このページのトップヘ