考えるヒント〜10年目の行列のできる競馬予想ブログ〜

今週は「 ジャパンカップ 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に10年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始10年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【客観的な数字が何よりの証明=ガチ業界トップクラス実績ブログ】
(競馬予想界の人間でも事実殆どは勝てないという世界で)完全版始動後4年中3年で単年プラス回収率達成&全年通算プラス回収率継続中!
(※それ以前もウマニティで活動4年間通算回収率プラス(5400人中88位)など、09年始動から毎年の様に“数字”を残し続けて今に至ります)

【プロフィール】
≪遂に10年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数≫
09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「<特集>毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2018年1月号(https://www.amazon.co.jp/dp/B076M4XM7P/)「<巻頭スペシャル企画>常勝競馬を叶えるための5つの秘策」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→☆[相手推奨馬]→△[相手馬]→▽[押さえ馬]/〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]」とします(基本的には平場予想は[◎本命馬1頭推奨]型の予想・重賞OP予想は[◎本命馬→☆相手推奨馬]型の絞り込んだ予想が主です。たまに手広く紐馬を指定したい予想時に[△〜▽]を、第二本命馬設定=その馬からの縦目買い目も本線に組み入れたい予想時に[〇or▲]を利用します)
●勝負度は“★★★〜★”の間で“全5段階”とします
●基準買い目について→http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2395305.html(基準買い目(17年実績114%→三連複無124%)〜単複卒業のすゝめ/下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜)

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
にほんブログ村 競馬ブログへ

☆ジャパンカップの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週予想結果(※包み隠さず全予想の公明正大な結果報告です)とレビュー
G1:▽▽△(ロジクライ×)/◎:3人3着(基準買い目購入約200%)、3人7着、4人11着、4人8着
9月からはほぼ毎週1つ的中続き…それが先週みたく穴目で決められれば良いのですが、今週は1つのみのジリ貧結果については勿論、ご覧の通り複数獲らねば浮かないジリ貧予想についても、…共にこんなんじゃ駄目という不甲斐ないモノですみませんでした。
最たるはマイルCSでしょうが、敗因と言い訳は明確に区別付けられず表裏一体の事柄で、恐らくは後者と受け止められかねないので…ここまで真逆の結果となったのかについては回顧(冷静に客観的な目でのレース評価・各馬評価)にてです。
来週は今年最後の東京開催…個人的にもまともにつぎ込むつもりですし、熱くなれる勝負できる予想を極力提示すべく・・・。

(本来ならG1購入馬券は晒す所なのですが、今週も手元に無いので(※番組で使う用に“お金を渡した上で”代理現地購入して貰っているので不所持)…ご興味のある方は番組の方で見て頂ければと。)

☆ジャパンCのMY馬柱
ij

☆先週重賞[エリ女]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
1着リスグラシュー
パフォーマンスレベル上は最上位評価した一頭でしたが、それにしてもいきなりここまで走るのは想定外・想像以上…それは何故だったかと言えば、やはり考えれば考える程に“モレイラ騎手”という結論に辿り着きます。

●近2年のハーツクライ産駒の古馬混合重賞勝利馬
リスグラシュー(モレイラで初G1勝利)
ロジクライ(ルメールで復活重賞勝利)
スワーヴリチャード(デムーロで初G1勝利)
フェイムゲーム(ルメールで一変重賞勝利)
サトノクロニクル(デムーロで初重賞勝利)
マジックタイム(シュタルケで初重賞勝利)
シュヴァルグラン(ボウマンで初G1勝利(外国人騎手好走⇔日本人騎手凡走の近況))
---------------------------------------------

ディープ産駒の場合にはそこまで顕著な傾向はありませんが、ハーツクライ産駒の場合には外国人騎手か日本人騎手か否かで競走パフォーマンスに顕著な変化が認められるというコトです。

単純にハーツクライ産駒の全出走例という範囲でもそうですし、もっと精度を高めるならば芝重賞のハーツクライ産駒の出走例という範囲ならば更に…共に外国人騎手騎乗時の好走率と回収率までも相当に優秀なのです。

ディープ産駒のキレ味を繰り出すのは日本人騎手にできても、ハーツクライ産駒を動かせるのは双方で大きな差があるのではないでしょうか。

リスグラシューの今回の覚醒劇も、上記を踏まえればある程度納得できています。

次走以降については…上記説を採るならば、シュヴァルグランが典型的にそうなっている通り、騎手の名前が漢字かカタカナであるかに最注目しなければ…でしょう。

--------------------
☆ジャパンカップの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→18週前から始めたこの週初記事にて独自設定のパフォーマンスレベルが最上位馬として推した馬は、半数は1人気以外からで勝ち馬率5割超(9/17)という(唯一未掲載週も最終的にはPL最上位馬から◎トリオンフ&グリムで共に勝利)。
この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですし、私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでも少なくとも相手馬目線ではコレは素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきでしょう。
今回ジャパンカップに於いても、近走パフォーマンスレベル最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

-------------------

※完全版メルマガ配信の未着対策として、それと同時にブログ上(当パスワード記事/週毎に本文上書き更新)でも同内容を掲載致します。該当の方はお手数をお掛けしますが、コチラでの閲覧をお願い致します。
--------------------
[更新済み]
月曜:特集号(※パスワードは月曜配信します)

[更新予定]
水曜:平場回顧号
木曜:重賞回顧号
(金深夜(土予想号)・土深夜(日予想号)は各週末予想記事最下部での掲載とさせて頂きます)

--------------------
※本文は完全版読者様限定です/対象の方は記事最下部の[続きを読む]をクリック→[パスワード入力=ログイン]で本文をご覧下さい(ニックネームは何でも適当に入力して下さい)
--------------------
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
続きを読む

☆マイルCSの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
京都11RマイルCS(勝負度★★~★)
[印]
◎(本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
△8モズアスコット
△15アエロリット
△3アルアイン
▽1,2,6,13,14


[見解]

y13+653
今の競馬は外国人騎手を中心に回っていると言っても過言ではありません。
それは日本人が外国人よりも劣るというよりも、短期免許外国人騎手というのはつまりは来日資格が与えられている(遥かに広い裾野の中で主に実力によって一握りの存在にまで辿り着いて且つ現在進行形で君臨している)時点で…そりゃ競争原理のイマイチ働いていない日本JRA騎手とは次元が違う所に立つ騎手と言えるでしょう。

とはいえども、日本人騎手には特殊な日本競馬に於ける経験値の利があって、それに適合できない外国人騎手だと本来の能力を出してくれずに互角級というケースもありますが…その一点(適性)さえ除けば極々一部の日本人トップ騎手しか太刀打ちできないのは至極当然の話です。


その外国人騎手の腕がより生きるのは…「ダートよりも芝」「下級クラス戦よりも上級クラス戦(もっと言えばG1重賞戦)であるのは想像に難くないでしょう。
そして、それらは外見条件の話になりますが、もちろん内面条件たる馬タイプによっても同様のコトがあって然るべきでしょう。

例えば外国人騎手よりも日本人騎手が好ましいタイプとしては、「スンナリ系馬(砂を被るのを嫌がるや揉まれ弱いなど、スンナリとした競馬でしか力を発揮できない馬の総称)」が第一に挙がります。その代表例たるノンコノユメは、スタンドプレー外国人騎手を乗せると力を出せず続きだったのが、忠実に仕事を実行するウチパクJ起用で大変身した通りです。

逆に日本人騎手よりも外国人騎手の方が好ましいタイプとしては、ザックリと言えば「キレる馬よりも持続力の馬」は動かす騎乗ができる外国人騎手でこそとイメージして貰えるかと思います。

その上で、コチラのデータをご覧下さい↓

●芝重賞でのハーツクライ産駒の騎手国籍別成績
18:外国人騎手[5-3-1-3](複勝率75.0%)
18:日本人騎手[2-6-5-60](17.8%)

17:外国人騎手[6-3-4-6](68.4%)
17:日本人騎手[2-7-4-81](13.8%)

参考:同ディープ産駒成績
17~18外国人騎手[10-12-7-39](42.6%)
17~18日本人騎手[31-30-33-281](25.1%)

●芝重賞でのハーツクライ産駒の騎手別回収率(17年以降)
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------
中谷雄太  0- 0- 1- 1/ 2    0.0%   0.0%  50.0%      0    355
モレイラ  1- 0- 0- 0/ 1  100.0% 100.0% 100.0%    470    170
ボウマン  1- 2- 1- 0/ 4   25.0%  75.0% 100.0%    332    157
C.デム  1- 1- 0- 0/ 2   50.0% 100.0% 100.0%    210    135
丸山元気  0- 0- 1- 7/ 8    0.0%   0.0%  12.5%      0    127
ルメール  4- 1- 0- 4/ 9   44.4%  55.6%  55.6%    324    123
浜中俊    0- 1- 1- 1/ 3    0.0%  33.3%  66.7%      0    123
武豊      2- 3- 3- 4/12   16.7%  41.7%  66.7%     85    115
M.デム  4- 2- 4- 4/14   28.6%  42.9%  71.4%     75    103
(騎乗数1Rのみのシュタルケを除く外国人騎手は全て複勝回収率100%超!)
------------------------------------------------

つまりは“ハーツクライ産駒は外国人騎手で買い”と言いたいのです…いや、それだと生温くて“ハーツクライ産駒は日本人騎手では動かし切れずに、外国人騎手で覚醒する”位のコトを言いたいです。

近2年のハーツクライ産駒の古馬混合重賞勝利馬は以下の7頭です
リスグラシュー(モレイラで初G1勝利)
〇〇〇〇〇(ルメールで復活重賞勝利)
スワーヴリチャード(デムーロで初G1勝利)
フェイムゲーム(ルメールで一変重賞勝利)
サトノクロニクル(デムーロで初重賞勝利)
マジックタイム(シュタルケで初重賞勝利)
シュヴァルグラン(ボウマンで初G1勝利(外国人騎手好走⇔日本人騎手凡走の近況))

ディープ産駒の場合にはそこまで顕著な傾向はありませんが、ハーツクライ産駒の場合には外国人騎手か日本人騎手か否かで競走パフォーマンスに顕著な変化が認められるというコトです。

今回本命馬の〇〇〇〇〇は、昨年ジャパンCを制したシュヴァルグランのマイラー版と言えば分かり易いでしょうか…それと同様に持続力の馬で、前々走では「一言で言えば中山不得手△△騎手のボーンヘッド…Hペース先行競馬で強い競馬をしているキャラなのに、それとは逆に瞬発力勝負に付き合う競馬をしてしまった時点で厳しかった」という敗戦など、OPクラス昇級後には日本人騎手が3連続騎乗して煮え切らない結果…そこから未勝利戦1着ムーアJ以来の外国人騎手起用した前走(大箱コースHペース先行)で正に一変パフォーマンスを見せました。

要は日本人騎手だから煮え切らなかったのであって、外国人騎手ならば前走くらい走れる馬である可能性も見出せます…今回も敏腕外国人騎手起用ならば大駆け候補(但し馬のタイプ的に単よりも複での期待)と見たいです。


相手筆頭2頭はパフォーマンスレベル上位2頭のアエロリットとモズアスコット
前者は「菊沢厩舎の関西遠征(全52戦1連対/上位人気馬8戦1連対/アエロリット2戦2凡走)」の懸念ありますが、昨年秋華賞時なんかは見るからに怪しい調教過程だったワケですが、そういう経験の蓄積でソロソロ何とかできる頃合いとも思いますので。


あとは、VMでキレ負けして、安田記念では相手強化にもかかわらずHペース替わりでパフォーマンスを上げてきて激走に至った経緯から、果たしてマイルCS適性の面でどうかという点。
これもVMの敗因はレース質と共に戸崎騎手の消極騎乗でもありますから…やはりムーア騎手ならばレース質を乗り越える騎乗も全然有り得るというか恐らくそうしてくるはずですので。


後者は安田記念回顧で『あとは左回り替わりも大きかったです…前走安土城Sでは坂井瑠星Jの騎乗に批判も集まりましたが、そんな坂井瑠星Jに限らずルメールでもCデムでも騎乗ミス否めない騎乗での取りこぼしの連続だったのが真相で、それの一つの背景には右回りがありましたので。この先は左回りのビッグレースに出る機会からは遠ざかりそうですが…そこでは再び取りこぼしの方に警戒すべきかも知れません』と指摘した通り、右回りに懸念が少々。
前走スワンSもやや外有利馬場の少頭数立てなので直線を広く使えた分で致命的にはなりませんでしたが、それでも内へ内へと切り込みながらの末脚でした。
左回り安田記念では、スワンSよりも相当厳しい競馬だったはずですがそれでも直線では真っ直ぐ走れていましたので。やはり右回りだと末脚威力軽減は認められます。
(右[2-4-0-4]⇔左[3-0-0-0])

ただ、軽減であって致命的な程ではありませんから…取りこぼし結果はあっても、それだけで能力最上位級馬の評価を過度に落とすコトはできません。
何なら4走前マイラーズCみたく積極策ならより懸念は軽減されますし、それが有り得るのがルメールJでしょう。

《馬連◎-△(3点)、三連複◎-△-△▽(18点)》

休載【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★~★以上])
深夜更新(本日の提供予想…平場(レジマグ非対象)+東京メイン)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R250円前後)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆マイルCSの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

〜日曜予想[日曜重賞穴予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]マイルCSの危険穴人気馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→コノ馬が名を上げた前走重賞勝利の日の施行環境は直線追い風強風で、それを味方に付けられる外差し馬に分がある状況でした。コノ馬は正にその外差し馬/追い込み馬で、それに対してメリット薄い内で脚をためる形から外差し馬の勢いに抵抗し切れなかったのが3着馬4着馬という構図でした…つまりは前者の競馬をした分で上回れた様な結果でしたので過信禁物評価をします。
馬に加えて騎手もココでは明らかに期待値低ですので…。
---------------------------------------------------------------------------


☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)
●解説レース
今週休載

●東京後半分
76y849506-
495+6p
545
erht1y45
erty542356
--------------------
※京都福島東京前半分は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
福島8R(勝負度★★~★)
[印]
◎ブリリアントリリー

[見解]
(※土曜の東西メインはお手上げなので…平場レースの掲載とさせて頂きますm(__)m)

tfkyguli
穴本命馬〇〇〇〇〇は展開利あったとはいえども、前々走でHレベル戦好走歴が光る一頭です。当時の4着馬5着馬はその後にすぐに勝ち上がりで、2着馬は次走格上挑戦の重賞レースで4番人気に推される様な馬でした。
前走大敗で人気急落模様ですが、調教師も『正直言って今回は参考外のレースです』と苦言を呈している通り、全くチグハグなレース振りでの敗戦で情状酌量できるモノです。
前走は逃げた後の一戦というのも競馬を難しくさせたのかも知れませんが、今回は距離短縮でレース振り改善が期待できます。距離適性的にもこの位がベストの印象ですし、3走前にも福島で内枠を生かした競馬で好走している通りこの枠順にも良いイメージが持てます。
内枠有利競馬にさえなれば、流れ込み穴好走が見込める馬として推奨します。

休載【エキストラtwitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★~★以上])
(本日の提供予想…平場(レジマグ非対象))
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R250円前後)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆福島8Rの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む


☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)
●解説レース
今週休載

●東京後半分
6rnt7io
t7hy8j90
6h78j90
7n890
--------------------
※福島京都東京前半分は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから

続きを読む

↑このページのトップヘ