考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 大阪杯 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタートし、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした。(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内でちょこっと連載中」

【予想印の見方】
●印は「◎(本命馬)→〇(軸推奨馬)→▲(穴推奨馬)→△(ヒモ推奨馬)→▽(押さえ馬)」を用います
●勝負度は「A→B(大勝負)→C(勝負)→CD(水準上)→D(水準下)→DE(低)→E」の全7段階(基本的にB〜DEの5段階)を用います
●“予想の意図”を端的に示す手段として参考買い目の掲載を行いますが、丸乗りを推奨する買い目ではありません。特に当予想の基本である“一定以上の人気薄馬の複勝馬券”は、現在の馬券の売れ方=オッズ構成に於いて(他券種と比較して)常に過剰人気=配当が大きく目減りする不利な馬券と化しています。ですので、ご自身の予想と組み合わせるなどして、連系馬券で活用して頂くコトをオススメします(大雑把に言えば…穴馬の複勝勝負と、穴馬から適当な数頭に流す連系馬券勝負とでは、最終的には後者の方が間違いなく高回収率が得られます)。

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

大西騎手』の大阪杯2017予想無料公開
大西直宏が払戻100万狙う【無料・大阪杯3点予想】は…無料コチラ!
ワールド:大阪杯490-160
------------------

☆大阪杯の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【大阪杯の有力馬診断(後篇)〜昨秋マイルCS浜中事件の後遺症に苦しむディサイファ、同型には絶対屈しない=常に暴走と紙一重の突進型逃げ馬マルターズアポジーなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―ディサイファ 牡8 ○○ 57 美北 小島太
例の事件が起きた前々走マイルCS。
武豊Jはメディアに対してはワーワー言わずに口を噤んで男を見せたが、関係者内にはまず『勝っていた』→『3着は完全にあった。あそこからジワジワと伸びてくる馬だから』と口にした模様。
武豊は感覚的には勝つ手応えだったが、ただよくよくVTRを見ると、物理的に勝ち負けには至らない位置だったが3着はあったとの理性的な解析か。
ただ何れにしても、仮に仮に上手く行っていたとしても、幸運の神騎乗による激走まであと一歩だったという話で絶対的なパフォーマンスは繰り出せていなかったのは事実で、それでも大阪杯で足りるパフォーマンスまでは遠かったはず。

また、マイルCSでの後遺症(精神的なダメージ)は重い模様で多頭数競馬への不安は大きいし、また後遺症の影響なのか別の問題があったのか再放牧で始動戦予定も飛んでおり、ぶっつけでの大阪杯参戦も順調さを欠いたローテである。


△キタサンブラック 牡5 武豊 57 栗東 清水久
操縦性の高い逃げ系馬と、(総合的には衰えつつあると言えども)ここぞの逃げを打った時のペース刻みという分野ではJRA騎手の中でズバ抜けている武豊Jのコンビ。それで他馬の邪魔なく逃げる形さえ取れれば、あとは武豊Jが作る雑味の無いラップを刻んで、自身に有利な競馬を終始実行するのは容易い…というコトでのこれまでのコンビでの快進撃。

前走有馬記念でも、眼中にないマルターズアポージーを前に行かせて、あとはそれを無視する策でいつも通りの名手武豊Jが刻む自身に有利なラップを刻むレースを実行(※JCにしても有馬にしても決して楽なラップだったワケではないですが、自身の支配下=有利に持ち込んだという意味で)。
武豊Jは「サトノノブレスのワンプレーがなければ…」とコメントしているが、もしもそれが無ければというのは少し虫が良過ぎるくらいに道中時点では想定されたパターンの中では十分に恵まれる競馬はしていた。
まあ、あのワンプレーで武豊Jの完璧なラップ刻みが一部崩された(一気にペースアップ)というのは小さな事象ではなくて、それで1着馬とクビ差なのだからそれも敗因と言えば正しいのだが。

その点で言えば、今回はキタサンブラックの距離適性の下限の距離2000で、この距離がベストという逃げ系馬が複数参戦という今回は(これまで続けてきた)楽な戦いは手放さなければならない場面になるか。

いざそうなった昨夏宝塚記念でも驚異の粘り腰で3着しているので崩れる想定は難しいと言えるのかも知れませんが、あれは渋化馬場でのHペース低速決着だったので、今回の高速馬場Hペース高速決着までとなるとスピード負けは有り得てくる。


▽サクラアンプルール 牡6 横山典 57 美北 金成
兄にはサクラメガワンダーがいる虚弱の晩成血統で、コノ馬も出世するのは時間を要して既に6歳馬であるが、寧ろこれからの活躍期は短くないだろう。

コノ馬は一瞬の末脚の爆発力が武器。
そういうタイプの馬だからこそ、少し前までは小回り(中山)に偏ったレース起用をしていたはずで、前々走白富士Sでは鬼門の東京コースでも2着好走したワケだが、そこから中山コース替わりした前走中山記念では更に高いレベルの一瞬脚を見せて激走を果たした。

その中山記念時の診断では『もしコレが同舞台でレベルの低いレースならば重い印を用意したいが、言うまでもなくココはHレベル戦。これまで近走のヌルいペースからの一瞬の脚勝負とは段違いに持続力が問われてくるレースになるはずで、その時にどの程度の脚が使えるかは全くの未知の世界で…』と書きましたが、結果的にはその前者のヌルヌルペースからの短い直線での一瞬の脚勝負で、それも横山典Jを背にした最内突きというドンピシャ=ベスト中のベストのシチュエーションであった。

なので、今後も中山記念と同質の条件ならば、前走見せた大物食いの末脚は決してフロックではなく何度も再現可能な代物だろうが、逆に言えば今度こそまともなG1ペースになった時に未知な面というか疑問は少なからず残している。
とりあえず外枠なら消し、極端内枠ならば押さえには加えたい。


★○○○○○○(←大阪杯の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
昨年終盤から馬体重増(500Kオーバー)と共にパフォーマンスも向上させてきた。昨シーズンも結果的には冬場の2走しか走れなかった馬なので、今期も馬体萎むか夏場に差し掛かっても今の充実度が維持できるのかは観察が必要だが、今のタイミングなら問題視にはならない。

筋肉量あるキンカメ産駒で距離は今回の2000前後がベスト。前々走G1は気持ち長い距離だったが、スローペースとイン突きであわやまで迫ったという内容。
距離長めだと戦法に注文が付きそうだが、この距離2000ならば瞬発戦でも外回りの持続戦でも対応して見せたというのが前走での収穫(以前は外回りコースでは不振戦績だった)。

モチロンそれ以上に走れるのが今回の舞台条件であるはずで、実際の前々走G1でのレース振り・3走前以前は内回りに良績集中だった通り、母系ロベルト系ピッチ走法で大阪杯の内回り二千条件への適性は随一。
この本番でも適性が求められる比重が小さくない勝負に持ち込めれば当然上位を窺えるはずの一頭だ。


▽ステファノス 牡6 川田 57 栗東 藤原英
今期始動戦の前走金鯱賞は、お馴染みの藤原英厩舎の前哨戦仕様での出走だろう…らしくない最終追い切りでのハード追いも仕上がり途上だったサインだ。
前哨戦が幾ら平凡でも、本番では全然違うというケースが現に起きているので、金鯱賞の結果はともかくとしてやはり大阪杯での完消しは難しい。
ただ、今回の同舞台の昨年鳴尾記念では、差し遅れる競馬になっていたし、急坂コースの内回り条件というのは、コノ馬にとってベストな条件ではないのは確かだろう。
これまで本気で仕上げたG1の場面でも散々勝ち切れていない馬で、それが6歳を迎えた今さら非ベスト条件で勝ち負けというのは少し想像し難くて…善戦はあっても激走(連対圏)までは難しそう。


▽ロードヴァンドール 牡4 太宰 57 栗東 昆
ロードヴァンドールは大トビでバテない逃げ系馬で、過去にも昇級戦で一度もコケていない様に強い相手・厳しいペースに相対してより強みを出せるタイプか。
前々走小倉大賞典はHペース番手の粘り込み、前走金鯱賞は非内有利馬場での決して楽なラップ刻みではない中での粘り込み。
未勝利勝ち以降で崩れたのは小回り1800で積極策を打てなかったラジオNIKKEI賞と距離2400の神戸新聞杯だけ。

そのロードヴァンドールを同脚質馬としての格で上回ったというのが小倉大賞典でのマルターズアポージーで、マルターズアポージーの自滅が無い限りはこの2頭の序列は入れ替わらないだろう。
また、マルターズアポージーが生き残る展開ならば、それが1頭だけ前残った小倉大賞典や福島記念の時みたく、残りの馬券内には同脚質馬よりも差し馬の方を連れてきそうだ。


△マルターズアポジー 牡5 武士沢 57 美南 堀井
そのマルターズアポージーだが、武士沢Jの『レースでは抑えられるレベルじゃない・他の馬と並べばそれだけ行く・同型馬がいて競ったら共倒れになるくらい行く』とのコメント通り、逃げる競馬以外になった時には大きなリスクを抱えている馬。
逃げない競馬になる確率は相当低いはずだと言っても、前走小倉大賞典でのハチャメチャな超Hペース逃げを見ると…あれを強い競馬だと言うのは正しいですが、でもああいう極端な競馬は連続で嵌まるというか成功する代物ではないという経験則も…。
最近の中では最も間隔詰まったローテで…距離延長での距離適性上限付近2000で…超Hペース逃げを打った後の一戦で・・・少なくとも前走よりも抑えた逃げでないと残るのは難しいはずで、無駄に自信を持ち過ぎた逃げを打つ可能性がある(になる)とするとリスクの方も意識しないと…。

--------------------
☆大阪杯の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆大阪杯の危険穴人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

中山…土はイーブン、日はやや外有利〜イーブン/土はC、日はC→E
阪神…土日共にイーブン〜やや内有利/B
中京…土は内有利、日はイーブン/土はB、日はD

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…6週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はB〜C
阪神…6週目/Bコース替わり/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はB

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベル以上 CD=水準レベル =やや低レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題jqw5ry

【考えるヒント流レース分析レクチャー(馬場バイアス[内or外]×展開[前or後]×レースレベル×馬個体の適性=四位一体分析)】
今週は馬場考察のネタが特に無いので…完全版の特集号内で(最近は毎度ワンパターンで飽きさせる分析法よりも、恐らく需要があると見て第二重賞有力馬診断をメインにしていますが)不定期配信中の“レース分析レクチャー”を久しぶりに…。
(※あくまでもある一面での見方であり、それで全てを捉えられると考えるのも少し危険です。
例えば、先週高松宮記念では内を通った馬が軒並み上位入線となりましたが、その結果論からインを立ち回った馬が必ずしも恵まれたという見解ができるかは更なる精査が必要。私は…あれは力のある馬が挙ってそういう競馬をした末の結果という側面の方が強いはずで、そこまで強烈な内有利のバイアスがあったとは見ません。
昨秋有馬記念ならもっと分かり易いと思いますが、結果的には最終コーナーを内前のポジショニングで迎えた馬のワンツスリーとなりましたが、あれも上位3頭が強い馬だから残れたという内容でした。
その前置きの上で、本編へ・・・)
(※例えばトラックバイアス界の第一人者(?)の馬場虎太郎氏は、トラックバイアス判定を個別レースの結果毎 の判断をされています。個別のレースを回顧する場合には、それの方がストレートに正解に近付けられると思います。
ただ、私の場合には、その時のその場面の“純粋な馬場バイアス”がどうだったのかに重きを置いています。仮にスローペース内前残りが頻発した日があったとしても、それがスローペースが主因だと判断すれば“内有利ではなく内外イーブン”として馬場バイアスを発表する場合もあります。私は事態を難しくしているだけで、実態は馬場虎太郎氏理論の方がストレートで分かり易いのかも知れませんが…。
これも一度説明しなければと思った点でしたので、毎週発表している馬場バイアスはそういう理念であると念頭に置いて見て頂ければと思います。)


[日曜中山10R常総ステークス]
http://db.netkeiba.com/race/201706030210/
●私の中で競馬のレース映像からの分析はパズルみたいなモノ
マトリックス状の平面として把握します

小回りコースでの捲り競馬などの直線を迎えるまでに各馬の位置取りが入り乱れる様なレースは別の検討が必要ですが、直線を迎えてからの攻防の比重が高い様なる多くのレースでは基本的に以下の様な「各馬の位置取り×コース取り」のイメージが成り立つと思います

各馬の直線入口での通過場所を、前中後×内中外に9等分した〇の箇所に当て嵌めていくイメージです
G←前―中―後
 内〇―〇―〇
 |
 中〇―〇―〇
 |
 外〇―〇―〇
(最後の直線を上空から見たイメージ/右回りで左がゴール方向)


●今回の題材は常総ステークス
実際に当レースでの好走馬を〇に当て嵌めた時の出現率は以下の通りです

前× 中△ 後◎

内× 中△ 外◎

G←前―中―後
 内×―×―△
 |
 中−―〇―〇
 |
 外−―〇―◎
(好走馬の出現率が多い順に◎→〇→△→×)

出現率が多い=バイアス有利な場所
⇒出現数が多い箇所から上位入線した馬は、少なからず恵まれた面があると指摘できる
⇒逆に出現数が少ない箇所から上位入線した馬は、上記の逆の可能性が指摘できる

何故このレースを取り上げたのかと言えば・・・先週開催の中で最も馬場バイアスが大きかった場面が、日曜後半の中山芝で(やや)外有利でした

つまりは、着順に与える馬の実力以外の要素の影響が大きかったレース(タイミング)だったワケで、そこに実力よりも過剰や過小な着順で入線した馬が発生していると考えられるのです

また、(当レース単体以外の)当レース前後の中山芝レースの決着の仕方の傾向からも、このレースで起こった外決着には確度の高い相応の背景(確かなバイアスの下地)があったと読み取れます
(逆にそれが読み取れない場合には、上記で例に挙げた有馬記念や高松宮記念みたく“ただ単に強い馬がそういうレースをしただけ”という可能性を考える必要が出てきます)


今回の場合には「後方から中段までの位置取り(後〜中)」で「外寄りのコース取り(外〜中)」を通った馬に圧倒的に有利なシチュエーションだったと読み取れます
つまり上記の対極に位置する「前〜中の位置取り」で「内〜中のコース取り」を通った馬には相当不利なシチュエーションだったとも言えます

今回のレースで評価すべきは「前〜中」で「内〜中」を通りながらも着順がマシな馬…最もマシだったのは『9着ジョルジュサンク』ですが、妙味とその他のファクターも加味してココでは『10着ゲッカコウ』をピックアップします

ゲッカコウのレース内容は…極端内枠2枠から先行の位置取りで、最内のコース取りで、そして同様の競馬をした馬の括りでは上位入線というモノでした

ココまでが“馬場バイアス[内or外]×展開[前or後]”の考察です


●その次に、もしもコレが最低レベルレースだったとしたら、仮にどんなに強い競馬をしても-どんなに負けて強しの競馬をしても、あんまり意味が無かったりもします。
その点、この常総SはレースレベルCDという水準以上のレベル判定をしていますので、次走以降レースレベルの壁に阻まれる可能性はそこまで高くないです=基本的には相手関係不問で妙味ある馬だとして見られると思います
(レース回顧に割ける時間次第では…レースレベルDE以下のレースは、上記の点からあんまり緻密なレース単体分析も結果として意味を為さない…というメリハリもあって良いのではないかなと思います)


●で、レース分析的にはココまでで終わりなのですが、ゲッカコウが次走本当に買いであるのかの分析はまだ必要です
上記の分析はあくまでも客観的な評価で、その上での“個体の適性評価”も大事な要素です

レースでの分析×個体の分析
この両立(すり合わせ)が、当予想で重きを置いているポイントです

もしもゲッカコウが上記の様な厳しいレース内容が大得意な性質の持ち主だったとしたら、そりゃ話は違ってきますので
結論から言うと、ゲッカコウの場合にはその逆で大の苦手というクチでした
実はコノ馬の過去7好走は全てスローペース
スローペースで序盤はゆったり運ぶ形でこそ力を発揮できるというタイプで、少しでも厳しい流れに放り込まれると逆噴射するという過去です

よって・・・レース分析(馬場バイアス不利×展開・位置取り不利×レースレベルの担保)と、個体分析(今回の競馬内容は不得意)の両面から、ゲッカコウは次走注目の一頭と言える…コレが結論です
(というのが、(基本中の基本の当たり前過ぎる話なので、その過程を主に書き連ねるという形式は取っていませんが)ウチの芝予想の根底にある予想法ですので、それも頭の片隅に入れて今後の予想閲覧や又は予想手法の参考にして頂ければ幸いです。。)

--------------------
☆大阪杯の危険穴人気馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→ココが見え見えの本番レースだけに、前走の結果がどうであれそれなりの人気になるだろうコノ馬だが、仮にメイチの挑戦だとしても今の能力で今回の舞台条件ではG1級とまではどうだろうか。
昨夏の同舞台重賞では必然の差し遅れ競馬になっていたし、急坂コースの内回り条件というのはコノ馬の本領ではないのは確かだ。
これまで本気で仕上げたG1の場面でも散々勝ち切れていない馬で、それが6歳を迎えた今さら非ベスト条件で勝ち負けというのは少し想像し難くて…それなりに善戦はしてくるだろうが激走までは難しいと思う。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

大西騎手』の大阪杯2017予想無料公開
大西直宏が払戻100万狙う【無料・大阪杯3点予想】は…無料コチラ!
ワールド:大阪杯490-160
------------------

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【大阪杯の有力馬診断(前篇)〜悪影響が広まりつつある成長途上の3歳馬時点での欧州遠征(凱旋門賞挑戦)…マカヒキはジンクスを乗り越えられるか?〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△マカヒキ 牡4 ルメール 57 栗東 友道
近年の3歳馬の凱旋門賞挑戦はキズナとハープスターの2頭だが、ハープスターは不調に陥っていつの間にか引退で、キズナも成長案外で早々に引退してしまった。

3歳時の凱旋門賞遠征については、『例えば並のダービー馬が居たとして、その馬がダービーを制した3歳春時点でとっても強い馬に見えるかも知れませんが、実はその時点でも古馬に混じればせいぜいG2級なのです。2歳G1馬なら、その時点では古馬の1000万下〜せいぜい準OP級なのです。それを見ても、古馬になって以降も活躍する為には誰しもが“大きく成長しなければならない”』ワケなので、もしも凱旋門賞遠征による成長の阻害があるとすれば、やはりその影響は小さくは見積もれない代物である。

杓子定規に測れるモノではないですが、一番の成長期を別の身を削るコトに費やすワケですから…それの影響が確実にあるだろうというのは、現に素質馬こそ無理をしないでジックリと育てるというのが競馬界の常識として以上は事実として横たわっている話だと思います。

前走京都記念3着という結果については、仮に実力をメキメキと付けて尚且つ本調子だとしても、負けても驚けない様なマカヒキの本質的な適性とは異なる「タフ馬場」「持続力勝負」なので、この一戦を以てして斬り捨てるコトはできないですが、ただ可能性としては成長問題が槍玉に挙げるのは当然。

元の3歳4強の中で最もキレる脚を使えたのがコノ馬で、異次元の消耗戦になった凱旋門賞・実質重馬場の京都記念は共に持ち味を生かせなかったレースなのは確かで、果たして元ダービー馬の実力が今となってはどうなのか…凱旋門賞挑戦3歳馬の苦境傾向をコノ馬がブチ破れるのか…それには[距離2000][内回り][良馬場(の季節)]の大阪杯は言い訳のできない=全てが判明するシチュエーションだと言えそうです(…という曖昧な結論で申し訳ないですが…)。


★アンビシャス 牡5 福永 57 栗東 音無
前走Hペース逃げで結果を出したマルターズアポージー&横綱として挑むキタサンブラックの存在によって、まともにペースが流れるG1になるのであればソロソロ一発があって良いのが大器アンビシャスだ。
コノ馬の過去一番のパフォーマンスは前受けしてキタサンブラックを交わした昨春の一戦で、また過去の追い込みでの激走歴もスロー瞬発戦よりも寧ろ平均ペース以上で流れた時の方に多い。
確かに溜めれば素晴らしい一瞬の脚を使える馬だが、だからと言って溜めなければ脚が使えないのではなくて、その時には寧ろ母父エルコンドルパサーらしいスタミナの良さも見せているワケ。
ベスト条件と言える内回り二千条件で、真っ当にG1級の底力が問われる一戦となった暁には…(あとは無駄な折り合い重視の後方策への拘りを捨てれば)コノ馬は中団追走からブッコ抜きするコトができるくらいのポテンシャルの持ち主だ。


▽サトノクラウン 牡5 Mデムー 57 美北 堀
これまで古馬になってから強さを見せたのは、昨年は極悪馬場と海外競馬の非主流と言うべき2戦で、そこに今年は京都記念で1年前の類似条件と言える実質重馬場が加わった形。

強烈な直飛節と非SSの欧州血統背景で、そもそも日本競馬で言う強い馬とは趣が異なる馬。いわゆる欧州チックな競馬か、それは日本に於ける渋化馬場での持続戦に当たるのだが、前走京都記念はその条件であった上にデムーロJに手による残り3F手前から追い出すような真っ当な持続力勝負を仕掛けてきた…それは日本競馬の王道とはズレるワケで、その適性に秀でている分の勝利だと言うべきだろう。

(良馬場になれば)今回は日本競馬のレギュラー条件でとなるのだが、大阪杯の内回り二千条件では前走の様な形の競馬はできないワケだし、そこでどの程度やれるかの疑問はどうしても残る。


―スズカデヴィアス 牡6 藤岡佑 57 栗東 橋田
前々走白富士S1着後には『昨秋金鯱賞から横山典の後方ポツンなど脚質転換3戦目で実を結んだ形。今回はまだ然程評価には及ばないパフォーマンスだったが、逃げ脚質時代にはG2路線を歩んできた馬なので、脚質転換成功で再上昇のノビシロを思えば引き続き警戒したい一頭。』と書いたが、どんどん差し馬としてのセンスと戦闘能力が向上している印象。

それでオーナー地元開催の勝負仕上げとも相俟ってここまでの健闘を果たしたのが前走金鯱賞だが、それで僅差で下したのは金鯱賞が始動戦や前哨戦だったという面々。
相対的な大阪杯への本気度や、過去の好走善戦歴が全て冬場という戦績からも、もう一歩進んだココでの再激走まではどうだろうか。


―アングライフェン 牡5 岩田 57 栗東 安田隆
今期は初戦ニューイヤーSと3戦目金鯱賞では見せ場なく沈んだが、2戦目の京都記念では強敵相手に2着まで僅差5着というプチ激走を果たした。
その背景として、稍重発表以上に悪化していた馬場状態で道悪馬場の巧拙が問われた一戦で、コノ馬の無類の道悪適性が大いに反映された結果(尚且つ他馬の自滅)だと解釈するのが妥当だろう。
コノ馬はベスト条件は渋化馬場×小回りコースだろうステゴ産駒で、もしも今回が京都記念時以上に馬場悪化ならば尚且つ小回りコースというコトで願ったり叶ったりの条件となり一考すべきかも知れないし、逆に言えば良馬場でさえあれば用無しだと言えよう。

★サクラアンプルール

マルターズアポージーは大阪杯が有力視されるも、現時点では土曜のダービー卿CTとの両睨み…そのマルターズアポージーが大阪杯回避ならばの条件付きで大穴で一考したいのがコノ馬。
コノ馬は一瞬の末脚の爆発力が武器。そういうタイプの馬だからこそ、少し前までは小回り(中山)に偏ったレース起用をしていたはずで、前々走では鬼門の東京コースでも好走したワケだが、そこから中山コース替わりした前走では更に高いレベルの一瞬脚を見せて激走を果たした…それはフロック視すべきモノではなく、同質のレースならばいつでも再現可能な代物だと見るべきだろう。
もしマルターズアポージー参戦で刺激的な流れになれば持ち味発揮できずに苦戦と見ますが、それが回避となれば操縦性の高い且つ春3戦を見据えて無理はしたくないキタサンブラックの単騎逃げ主導で単調なスロー展開にもなり得るはず…その時の激走候補には短い直線での一瞬の脚の質だけならば一級品というコノ馬の出番。

--------------------

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


【ダービー卿CTの有力馬診断】
―ショウナンアデラ(蛯名)
昨春の長欠明け初戦のヴィクトリアマイル時は、坂路主体の調教過程で、結果見せ場なく大敗
そして2走目の福島TVOP時には、今度はコース追い主体の調教過程で、結果9頭立て6着で少し前進を見せた。

そこから再び順調に使えずに大きな休養を挟んだ今回だが、またも前々走VM当時と同じく坂路オンリー調教に逆戻り。また、VM時には1週前調教で計測不能ながらも実は隠れ坂路1番時計を叩き出すくらいの負荷だったのが、今回は1週前でも遅い時計しか計時できていないのもどうだろうか。

勝負はコース追いを取り入れられる様になった後だろうから、まずは様子見感ある初戦では静観妥当だ。

--------------------
※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

--------------------

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中京11R高松宮記念(勝負度CD)

[印]
◎ソルヴェイグ
▲シュウジ

△レッドファルクス、メラグラーナ
▽ティーハーフ

[見解]
●今年の高松宮記念は屈指の低レベルG1レースと言われるが、それが何故かと言えば端的にはそれまで(比較)強かった古馬勢が消え去った&没落があったからである。
そして、その背景の一つには[昨夏〜昨秋にスプリント界の古馬上位勢を飲み込む勢いを見せた旧3世代の台頭]があったものの、年が明けて見ればそれらの勢力の急速な失速というか低迷によって、結果的にココ高松宮記念に歩を進める馬がどれもこれも見劣りする印象に繋がったから。

今回のメンバー中で前走パフォーマンスが最も高かったのはレッツゴードンキとフィエロだと見ているが、その両頭が共に前走非スプリント路線の非スプリンターだったりもする。

他に前走スプリント戦での好走馬は少なからず存在するが、どれもこれもレベルが下がっていた本年1月2月3月のスプリント重賞での好結果だけに、評価できる代物だとは言い難い。

とってもシンプルな話…ここまでレベル低くなかったタイミングのレースで頂点を窺おうとしていた、旧3歳世代の見直しこそが最善手ではないだろうか。


●つまり、シュウジソルヴェイグです。
3歳時点のスプリンターズSで通用を見せるのは近年では少し珍しい話で、(それにはスプリンターズSのレベルの問題はあるとしても)普通の成長過程を見せてくれれば&スプリンターズSより骨のあるメンバー構成ではないココならば、そりゃ4歳春には年長馬を上回って行って当然とも言える立ち位置だった馬達である。

共に今期初戦で崩れているが、それも相当に情状酌量できる内容だけに、普通に巻き返しあって良いはずで。

シュウジは正直パドック判断したいですが…前走敗因の大元にはそれまで数走とは異なるパドック段階からのイレ込みがあったか。それも引き金に無謀ペースを掛かって行ってしまえば凡走は当然の話。
前走の敗因さえ解消できれば、その時には当然G1好走できるだけの戦績を有している馬。

ソルヴェイグは前々走スプリンターズSでは輸送減りでの過去最低馬体重だったし、レース振りもスムーズには行かなかった中でのシュウジに先着の3着。
前走シルクロードSの敗因処理はシュウジよりも確定的な要素は指摘できないが、馬体を併せてからが真骨頂だけに逃げ戦法も合わなかった感もあるし、京都特有の軽い流れ向きでもないのだろう。
その一叩きした効果はかなり大きそうで、調教でも前走とは時計面でもヤル気の面でも上昇が窺えるし、馬体の印象も前走時や3歳時よりも相当充実を見せておりまともならば昨秋G1時よりも走れるはずと思わせられる。


●2頭以外で爆穴で一枚買いたいのはティーハーフ
昨年高松宮記念はやや外有利馬場をイン突き。その上、詰まってブレーキを掛ける不利あって、その割には十分に力を見せる内容だった。
一昨年は高松宮記念同日の同コースの条件戦に出走しており、そこで完全外有利馬場を[内枠3枠からインを通る競馬]+[重ハンデ57.5]という厳しいシチュエーションならがも2着に激走。1着はビッグアーサー、3着以下には0.6秒差の大差、高松宮記念と遜色ないタイムで走破などかなりの高評価できるパフォーマンスであった。
この高松宮記念の舞台条件、特に一昨年の競馬を見る限りでは当地で渋った馬場になった時には一番の適性を持っているのはコノ馬である可能性も大。
昨秋スプリンターズSでは外から差す競馬で0.2秒差の善戦しており、その他のレースではドン詰まりやノーチャンスの位置取りばかりで、前走京成杯も度を超えた極悪馬場で外追い込みは不可だったモノ。
…イン突き(最内枠)と渋化馬場可能性の一発前提条件を引いた今回は、余程嵌まらないと難しい馬なのは承知ですが一枚押さえる価値はある爆穴馬と見ます。

●最終的には3歳2頭の内、一発の魅力が大きい〇〇〇〇〇を本命馬に、もう一頭を対抗馬に。
そして、休み明けがどうかもまともなら当地では一番強いレッドファルクスと、好枠引いて展開一つでは飲み込む末脚繰り出しが怖いメラグラーナまでの4頭で連対圏を形成すると見た馬券構成に。

《馬単◎▲△△4頭BOXから△△の組み合わせを除いた10点×9.6%=96%、ワイド◎▲-▽(2点×2%=4%)/※丸乗りして下さい用の買い目ではありませんし、金額表示なら容易でも%表示で端数を解消する方が歪を生みますので、(毎回怒られるのですが)この端数に対するクレームはナシでお願いします…
-------------------
☆高松宮記念の◎本命馬&▲対抗馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の日曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
阪神11R毎日杯(勝負度CD)
[印]
◎プラチナムバレット
△サトノアーサー
▽クリアザトラック、トラスト


[見解]
サトノアーサーは、新馬戦でも稍重馬場を苦にしてモタついて辛勝止まりだったが、前走きさらぎ賞はその比ではないまともな道悪馬場で更に苦しいレース振りになっていた。それでも格好を付けた2着ならば元の素質上位は明らか。
前走後には『小回りコースで良さを出すのは難しい馬で皐月賞ではどうかだし、距離的にも器用さが求められるという最近傾向的にも現代ダービーでもピンとは来ない。大物感はある馬なのですが、競走結果を出し易い馬ではなさそうで、少なくとも成長途上感が否めない3歳春の段階では過信禁物の一頭に。』と書きましたが、今回は直線だけの競馬をすれば十分の少頭数立て・良馬場・外回りの条件。
取りこぼしはあっても、凡走というのは想像し辛い場面。

テイエムヒッタマゲは芝適性も中距離適性も疑問。

クリアザトラック・プラチナムバレットの前走500万下はHレベル戦。しかも今回と同コースで、同じく少頭数立てで、それなりに直結する面が多いレースだっただろう。
クリアザトラックは外先行の難しいポジショニングながらも何とか我慢利いたのは収穫…それが今回テン乗り騎手に乗り替わりでどうなのか…。
プラチナムバレットは内枠から窮屈なポジショニングの競馬で、初めて馬群内での競馬となった点でもモタつく面があった印象。それでもクリアザトラックとタイム差ナシに迫った価値は大きい。
前々走福寿草Sは内回りコースで超内有利馬場を外々回す競馬だった。
本質的には外回り向きで、スンナリとした競馬で前走よりも持続戦になればソコソコやれる手応えは持てる。

アルアインは前走の致命的な不利がフィーチャーされていますが、逆に“不利が無かった場合よりも、不利を受けた場合の方が次走人気を集める”のではないかと思わせられる様な、目立ち過ぎる事象だったが故に今回過剰反応人気という印象。
前々走と不利込みでも前走での実パフォーマンスを見る限りでは、そこまでの馬ではない感も。
キレるディープ産駒ではないので、良馬場替わりでの上げ幅もどこ迄だろうか。

トラストは能力的には評価している一頭なのですが、理想は距離マイル以下の短足馬で、ラストに脚が鈍っての3着候補までが現実的か。

キセキは如何にもなルーラーシップ産駒の新馬勝ちで素質を評価されての結果過大評価馬で、その後の2走では完成度不足を露呈する内容。
ルーラーシップ産駒自体が上級戦で案外な結果になっていますし、コノ馬も現時点での上のクラス到達にはまだ遠い印象。

ガンサリュートは前走京成杯は北村友Jの好騎乗だったし、これまでも上がり掛かるレースに良績・前走は小回りコースでロベルト系らしい好内容競馬だけに、この見え見えの外回りスロー戦での力量はどうだろうか。

・・・
よって、連対最有力候補にはサトノアーサー、3着内期待馬には人気所ではクリアザトラック・チョイ穴目ではトラスト、そしてプラチナムバレットを最も人気薄で3着有りそうな妙味馬と見て本命印を打つ。
《ワイド◎△>馬連◎△、三連複◎△-▽(2点)》
-------------------
☆毎日杯のチョイ穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

↑このページのトップヘ