考えるヒント(競馬ブログ)

今週は「 天皇賞春 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に10年目突入・livedoor競馬ブログアクセス数1万中1位など日本有数の閲覧者数・客観的な公開実績数字が何よりの証明の“ガチ業界トップクラス実績” ・競馬予想界の人間でも事実殆どは勝てないという世界で全年通算プラス回収率継続中≫

【ブログ更新スケジュール】
(平日分)月曜深夜0時→火曜昼or夕方→水曜昼12時→木曜昼12時
(週末分)金曜夜→土曜夜→日曜深夜0時

【考えるヒントブログ/キムラヨウヘイ】
2009mixiコミュ発→11~ブログ始動(livedoor競馬ブログアクセス数“約1万ブログ中1位”)→15~競馬誌[競馬王]→18夏~フジテレビONE[競馬予想TV!]→18.9単行本発売(http://ur2.link/OA5K)
(全戦全馬レース映像チェック×レースレベル判定×各馬固有の売り買いポイント設定が主軸の網羅型総合予想)

【ブログ予想の見方】
●印「◎[本命馬]→☆[特注馬]→△[相手推奨馬]→▽[相手押さえ馬]」
●勝負度「(★★★★[レア])→★★★→★★→★(実質3段階)」
●基準買い目について→http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2395305.html
※個人的な馬券購入は、買い目有り予想の場合には指定通りのみ、買い目無し予想の場合には「基準買い目(紐馬絡み厚め) or 本命馬単複と紐馬流し or その両方」の中から適宜選択としています

(質問等は https://twitter.com/jou_syou 又は sguw125@gmail.com までお寄せ下さい)

☆ダービーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土日共にイーブン/S
京都…土日共にイーブン/土はS、日はA
新潟…土日共に外有利/C

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…6週目/Cコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はS
京都…6週目/Dコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
4/27 A東京イ(A=S)  C京都イ(A)  B新潟イ=イ~3(DE=C)
5/4 A東京イ=イ~3(S=AS) C京都イ(A) B新潟3~イ=イ~3(C)
5/11 B東京イ(S)    D京都イ(S)    B新潟3~イ(C)
5/18 B東京イ(S)    D京都イ(S=A)  B新潟3(C)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
4/21 A東京イ(A)     C京都イ(A)    B福島イ(D)
4/28 A東京イ(A)    C京都イ~2=イ(B=A) B新潟イ(B)
5/5  A東京イ(A)     C京都イ=イ~3(A)  B新潟イ(C=B)
5/12 B東イ=イ~2(S=SA) D京イ=2(A=BF) B新イ=3~イ(C=CD)
5/19 B東京イ(A)     D京都イ(C=B) B新潟2イ=イ(F=D)
5/26 C東京2~イ=イ(S) D京都イ(B)
※表の見方&過去4年分データベースはコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル(暫定値)&発生バイアス
(R印3欄…C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

(本日夜までに更新しますm(__)m)
★次走激走馬は[Hレベル戦組]と[バイアス逆行馬(内有利戦での外回し馬・後有利戦での先行馬etc.)]に多数潜む→上記チェック戦を重点的に見直すのがオススメ(低レベル戦だと幾ら徹底分析したとしても、そもそも次走好走する馬は最初から一頭も含まれておらずというコトもザラです)

☆先週の平場レースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[日曜新潟12R(500万下)] 2着リープフラウミルヒ
まずは前走7人3着後の次走チェック馬見解(4/23当ブログ掲載内容)を参照↓
567o89
やはり生粋季節馬としてこの時期に調子を上げて連続でパフォーマンスを上げてくる性質の持ち主だろうというのと、やはりフロック視されて次走人気薄という目論みも当たって…今回は前走時同様の8番人気で前走時以上の2着という激走結果に。
上記の通り、コノ馬の激走パターンは明白ですので…流石に連続好走後の次走ともなれば、それなりに人気上昇するはずですが…もう一丁のチョイ穴好走の期待は可能でしょう。

【ダービーの有力馬診断(中篇)】
―エメラルファイト牡3石川裕57相沢(美浦)
スプリングS1着の後、一頓挫あり皐月賞回避してのダービー直行ローテ。
そのスプリングS組のその後はボロボロで、当時イレ込みあってまともに走れなかったロジャーバローズこそ次走巻き返し激走を果たしたが、それを除けば好走馬0頭という体たらく。
前残り展開を機動力生かして勝ち切ったエメラルファイトも奥を感じさせる方の馬ではなく・・・。


―ナイママ牡3柴田大57武藤(美浦)
前走京都新聞杯は中央転厩2戦目で変わり身を見せた形(地方所属と中央所属とでは鍛錬に大きな差があって当然ですので…)。そうは言っても、その京都新聞杯は皐月賞やら皐月賞前哨戦の凡走馬同士の争いという体たらく戦でしたので…さすがにダービーでどうこう言えるレベルではない。


―シュヴァルツリーゼ牡3石橋脩57堀(美浦)
口向きの問題もあって肉体的にも雑な走り方しかできない馬で、また精神的にも窮屈な競馬はできない模様。
2走前弥生賞ではそんな粗削り大外回し競馬が寧ろ有利という外差し競馬での激走。
前走皐月賞は馬群内を狙う騎乗も馬がイヤイヤしてまともに走り切れずの敗戦。
広い東京コース替わりはプラスとはいえども、ダービーに於ける伏兵馬激走パターンは好位立ち回り競馬であり、それと対極に位置する馬という点で無謀か。

★○○○○○○(←ダービーの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!

前走は鞍上も“安全運転”を明言していた通り、大目標ダービーに向けて最悪取りこぼしも許されたというぶっつけG1挑戦でした。その分もあっての微妙な結果でしたが、諸々の面で好転あるダービーではその前走以上に力を出せる状況にはあります…ライバルも強力なので勝ち負けまでは枠順等の僅かな差に左右されるかも知れませんが、軸としては信頼に足る一頭と見ます。

--------------------
☆ダービーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中


☆ダービーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【[第2重賞]目黒記念の有力馬診断(1頭分)】

※の有力馬診断全篇(頭分)は完全版メルマガ&競馬予想GPで配信済み

【ダービーの有力馬診断(前篇)〜[リオンリオン]“大レースだから頑張る”ではなく“いつ何時も馬本位騎乗”の横山典J→その前哨戦青葉賞で完全燃焼高負荷逃げ後のダービーでは…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
tyi;uoi
▽ランフォザローゼス牡3福永57藤沢和(美浦)
2走前京成杯回顧では『今回中山二千舞台条件では前者に譲る結果となりましたが、距離延長や広いコース替わりの日本競馬に於いて王道とされる舞台条件ならばコチラの方が有望馬であるはずです。マーフィーJも距離がもっと欲しいとのジャッジ…藤沢厩舎お得意の東京コース・東京二四コースではもう少しやれるでしょう。』と書きましたが、前走青葉賞ではその京成杯と着順は同じでもパフォーマンスは伸ばしてきました。
ただし、青葉賞御用達の藤沢和雄厩舎の青葉賞激走馬の次走ダービーは人気よりも走れないことが多く…またこのくらいのパフォーマンスだと皐月賞組に対して劣勢は明白で…。


▽リオンリオン牡3横山典→横山武57松永幹(栗東)
まずは青葉賞後の回顧文を参照↓

『私は横山典JのことをG2マイスターとも呼んで重宝していますが、多くの上位騎手はG1を大目標に据えて前哨戦では次に繋がるレースというのを考えるのが一般的と思いますが、世俗に捉われない横山典JはG1云々よりも馬本位で勝負してくる騎手です。
例えばミスパンテールでは前哨戦阪神牝馬Sで逃げて激走させて次走G1ではそれが仇となり自滅、アエロリットでも前哨戦クイーンSで馬鹿逃げさせて次走G1ではそれが仇となり自滅、ロードヴァンドールでも前哨戦阪神大賞典で高負荷逃げさせて次走G1では疲労残って何もできず大敗。

ダービーに向けては相性良くない青葉賞勝利馬(勝利戦績)ですが、それはやはり短期間に東京二四コース連戦の負荷&関西馬だと二度の長距離遠征の負荷により“お釣り”の観点でのディスアドバンテージ発生が最大背景とされています。

並の青葉賞勝利競馬ですが上記の通りなのに、リオンリオンの今回青葉賞Hラップ逃げ切りというのはそれにも増してこの後の回復に時間を要すだろうレース内容で・・・。

ダービーでも青葉賞みたくの神逃げ騎乗が期待(想定)されるでしょうが、横山典Jは「ダービーだから頑張ります」という普通の騎手ではなく、「馬が心身充実だからそれに応える勝負騎乗をする」という独特の騎手ですので・・・。』
・・・
横山典J騎乗停止で上記見解の半分は崩れましたが、それでももう半分は生きています…やはり青葉賞での高負荷レース馬はダービーでは日の目を見ないといのが定説で・・・。


―アドマイヤジャスタ牡3Mデムー57須貝尚(栗東)
ホープフルSは当初からG1昇格に大きな疑惑が持たれていたが、実際にG1昇格後もG1としての格あるレースにはなっていない。

ホープフルS2着が過去ベスト戦績のアドマイヤジャスタだが、当時は馬群内で窮屈な競馬を強いられたサートゥルナーリア&ニシノデイジーや直線で再三不利受けたヴァンドギャルドを尻目に、スローペース2番手からの完璧競馬ができたのがコノ馬だった…逃げて4着のコスモカレンドゥラのその後を物差しにしてもやはり本来的にはG1でどうこう言える馬ではないでしょう。


―クラージュゲリエ牡3三浦57池江寿(栗東)
2走前共同通信杯前の池江師のレース前のコメントは「ダービーまで賞金的には足りているので、今回はいろいろな経験を積ませたいですね」というモノでした。結果的には完敗の3着でしたが、初東京で常識的な競馬ができた辺りでは、それなりに意味のあるレースにはなったのではないでしょうか。ただし、その共同通信杯での距離千八は距離不足感もありましたし、また東京での瞬発力不足も明らかになりました。
前走皐月賞では横山典Jの手腕と中山特注血統の血もあってか掲示板に食い込ませましたが、東京コース瞬発力重要レースでの浮上は見込み辛いです。


―サトノルークス牡3池添57池江寿(栗東)
全姉タッチングスピーチは良馬場二千秋華賞2人気6着後の渋化馬場エリ女3着が生涯ベストパフォ
全兄ムーヴザワールドは稍重馬場東スポ杯2歳S3着が生涯ベストパフォ(近況も渋化馬場で連勝中)
全兄リンフォルツァンドは稍重馬場での勝利が唯一の勝利
母父サドラー馬らしく馬場悪化などタフな条件になってパフォを上げるという血筋…サトノルークスも前々走阪神2200勝利後に前走中山高速二千大敗を喫しました。
余程の道悪にでもならない限りは食指は動かない。


―ダノンチェイサー牡3アヴドゥ57池江寿(栗東)
まずは2走前きさらぎ賞時の有力馬診断見解抜粋を参照↓
『・・・距離を縮めて連続好走中…前々走きんもくせい特別はレコード決着をHペース先行競馬からの粘り込みの秀逸内容で、前走こうやまき特別では一転して末脚勝負での辛勝結果でした。それらレース振りを見る限りでは、前々走の方が大分強い競馬でしたので、キレよりは先行力と渋とさを生かしてこその馬だと見られます。〇評価2頭の末脚は強力ですが、先行馬が残れる競馬となるならば一番怖いのはコレ。』
・・・
ダノンチェイサーのきさらぎ賞戦前での懸念点は折り合い面とキレ負け懸念。
きさらぎ賞は一昔前までは末脚勝負の様相が強かったですが、近年は教育騎乗馬を差し置いてのノーマーク先行勢がそのまま流れ込むレース傾向が強くなっています。本年はレース直前の降雨もあって、また逃げ馬が8頭立て7人気馬だったこともあって後者の様相に…となるとダノンチェイサーの先行力というのは大いに有利に働きました。尚且つリラックスできる位置取りで、上がりの掛かる競馬での瞬発力勝負回避で…今回は走るべくして走った結果との見方で、それ以上でもそれ以下でもなく・・・。

前走NHKマイルCは不利あったとはいえども力負け要素もある4着止まりで、そこから距離延長やSペース替わりなどなどマイナス材料ばかりのココではさすがに・・・。

★○○○○○○(←ダービーの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
ダービートライアル組からの次走ダービー好走パターンは割とハッキリしていて、そこで「先行競馬」をして権利獲得した馬が本番でも恵まれてアッと驚く激走を生み出すという歴史となっています。
キズナ・アドミラブルは違うじゃないかと思われるかも知れませんが、それは共にダービーでも1番人気に推される程の馬でしたので、それを論じてもしょうがありません。
それ以外の穴激走馬は全てがソレで、近年で言えば「マイネルフロスト12人気3着」「アポロソニック8人気3着」「ペプチドアマゾン13人気4着」「トーセンホマレボシ7人気3着」「コズミックフォース16人3着」は全てそのパターンで、3年前はHレベル皐月賞組決着で出番無かったが、4年前はTR組の中でそれに最も近かったサトノラーゼンが5人気2着でした。
本年ダービーに於いて、それらの激走馬に重ねられる存在になる〇〇〇〇〇の激走の目は一考したいトコロです。

--------------------
☆ダービーの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

☆ダービーの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆先週の“全提供”予想の結果報告
重賞OP予想:全3R中0的中「エールヴォア8人11着、ベルC3人12着、サンライズソア2人5着」
平場予想:(土)9頭中4好走+(日)10頭中5好走「日曜新潟12R推奨馬2頭ワンツー(ルナステラ1人1着&リープフラウミルヒ8人2着[読者様馬券])、土曜京都12R同ワンツー、他人気馬好走5頭」
(平場は相変わらず人気馬的中の数を重ねですが単純回収率少々プラスに持ち込みも、肝心な重賞撃沈で申し訳ございません…このダービー“週”には目黒記念やら安土城Sやら割かし良い思い出がありますので、正直ダービーは現時点では攻め様が無いレースとの見立てですが、それ以外で過去年みたく配当妙味ある予想をお届けすべく頑張ります。)
〜〜〜〜〜
先週の一枚(オークス◎エールヴォア惨敗)


☆ダービーのMY馬柱
ookk

☆先週重賞[ヴィクトリアマイル]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
12着デンコウアンジュ
コノ馬はスローペースの追い込み馬…つまりはHペースで展開利を得たいタイプではなく、スローペースで脚を溜められた方が相対的にパフォーマンスを上げられる馬です。
17年ヴィクトリアマイル激走後には『「ベストパフォーマンスはスロー瞬発戦でのアルテミスS→距離マイルの平均ペースでは忙しくて脚が使えない」と何とも狙いを定めてきましたが、その理想競馬(スローペースだからこそ追い込めた内容)が4歳春にして2歳秋以来ようやく叶った』『今後もモタれない左回りのスローペース戦でキチンと脚が溜まる展開ならば…激走をもう一丁はどこかであるはず』と書きましたが、やはりその後のパフォーマンスを上げているレースというのはスロー直線末脚勝負が主です。
今回はそれとは対極に位置するHペース且つ超時計勝負での適性負けの格好…上記の狭いストライクゾーンが明確な馬だけに、そこから一歩でもズレれば怪しめるし、その条件ならば激走候補に。

--------------------
☆ダービーの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(6位)で公開中!
《→この週初記事にて独自設定パフォーマンスレベル(PL)最上位馬として推奨した馬は、18年は勝ち馬率45%・馬券内率80%・単複回収率100%超を記録しました(この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですが、それでも並の1人気よりも優秀な数字というのは価値があると思います)。
私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでもコレは少なくとも相手馬目線では素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきだろうとも。
今回レースに於いても、近走PL最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を火曜昼~夕方に更新します!

-------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

※完全版メルマガ配信の未着対策として、それと同時にブログ上(当パスワード記事/週毎に本文上書き更新)でも同内容を掲載致します。該当の方はお手数をお掛けしますが、コチラでの閲覧をお願い致します。
--------------------
[更新済み]
特集号

[更新予定]
平場回顧号
重賞回顧号
プレ予想
(金深夜(土予想号)・土深夜(日予想号)は各週末予想記事最下部での掲載とさせて頂きます)

--------------------
※本文は完全版読者様限定です/対象の方は記事最下部の[続きを読む]をクリック→[パスワード入力=ログイン]で本文をご覧下さい(ニックネームは何でも適当に入力して下さい)
--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]ナシ/[2]全10頭見込み)
[1重賞OP]note(1R325円前後)>レジマグ(同左)>競馬予想GP(1日980円)noteはコチラ

[2平場]note(1日750円前後※期間限定提供中※)noteはコチラ

[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信
--------------------


【ブログ重賞OP予想】
東京11Rオークス(勝負度★★)
[印]
◎エールヴォア
△2クロノジェネシス
△16ビーチサンバ


[見解]

jioi
桜花賞上位入線馬はオークスでもそのまま好走できるのが大半ですが、例外としては単純に距離適性(肉体的&精神的)の著しい不一致があったケースではそりゃ飛んでくれます。
本年の桜花賞上位組は例年以上にその気配が強い馬が多くて…その筆頭は桜花賞で1番人気馬として折り合いに不安を抱えながらも外枠から正攻法競馬(目先優先競馬)をして現に失敗したダノンファンタジーでしょうし、気性に問題ありそうなダイワメジャー牝駒のシゲルピンクダイヤでしょうし。
それらよりは一貫して控える競馬を続けている中距離血統馬クロスジェネシス、折り合い不安少で中長距離適性高い友道厩舎育成のビーチサンバの方に魅力を感じます。


となると別路線組に活路を見出したくなりますが、その2強格でありラヴズオンリーユーとコントラチェックはそれぞれ有力馬診断で以下の見解をした通り、

ラヴズオンリーユー
『つい先々週NHKマイルCアドマイヤマーズで久々G1勝利に至ったデムーロ騎手ですが、その騎乗は確かにデムーロ騎手だからこそ勝てた騎乗・デムーロ騎手らしい好騎乗だったと思いますが、あれで「復活だ!」とは思えないです。
色々な噂も飛び交ってメンタルが云々という指摘もされていますが、一つ事実としては以前とは騎乗フォームも違いますし、乗り難しい馬での失敗(自滅)は特に目立ちます。
そのアドマイヤマーズは詳しくは回顧の通りですが、条件好転や枠順や距離設定や陣営指示など諸々のお膳立てもあっての結果でした。
今回ラブズオンリーユーは…初多頭数・折り合い問題馬・距離延長・長距離などなど、上位人気馬ではありますが激走に導くには高難易度局面であるのは確かなので…逆にココでそれができるのならば「復活だ!」と思えてきますが。』

コントラチェック
『これまで控えた競馬では2戦2敗、逃げた競馬では3戦3圧勝…折り合いに難しい所がある馬で、とにかくぶっ放して行けば圧倒的な性能の高さで激走するが、我慢させる競馬はできていないという現状。
前走フラワーCではノーザンF天栄サイド主導での丸山騎手ワンポイント起用でしたが、そこでは次走云々は考えずに目先勝利優先騎乗をという指示だったとの話。
今回は牝馬限定最長距離戦のオークスで、まず控える競馬ではまた失敗が目に見えているというのと、今までは逃げれば勝って当然というレース続きでしたが同型も居るは距離も長いはのココは何か失敗すれば逆噴射も有り得る場面というのが常識的な見方と思いますが・・・。』


結論としてはオークス前哨戦の中では当然抜けてレベルが高かった桜花賞組から、この距離4F延長で浮上してくるだろう当時凡走馬の逆襲を狙い打ちたいです。

シェーングランツは当初から目に付けていたその筆頭候補でしたが…『仕上げ云々とは別の所でそのソウルスターリング同様に気難しい所が見られるようになってきたのが結構気掛かりな材料で…信頼は置けぬという見方』という、距離適性やら能力やら以前の問題として、内面的に復調できるのかは怪しい面が出てきてしまった点で・・・。

本命馬〇〇〇〇〇もオークス路線で注目として挙げていた一頭。
前走桜花賞時には『競馬王誌2月発売号ではコノ馬をオークス路線の注目馬として挙げましたが、それの通り前走桜花賞前哨戦では距離長め適性も示す重賞好走を果たしました。その前に遡っても秀逸だったのが阪神千八での未勝利戦1.0秒差圧勝で、その一方で距離マイル以下だとそこまでではないという戦績になっています。できればオークス直行で見たかった馬…距離マイルだとスピード不足・瞬発力不足で微妙』と書きましたが、その桜花賞では出負けから内枠で終始窮屈な競馬を強いられて、まともに競馬をしたのは最後の直線だけ。それを思えば健闘評価は与えられるパフォーマンスでした。

大トビ中距離馬で、外回りコースでスムーズに走れた5走前が圧巻勝利で、それ以降は小回りコースや外回りコースでもスムーズさを欠く競馬ばかり…この距離延長の広いコースという最高舞台条件でキチンと自身の脚を使い切る競馬ができれば好走圏内も狙える一頭と見て推奨します。

《複勝◎>>ワイド◎-△△>>単勝◎・馬連◎-△△》

-------------------
☆オークスの穴◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

〜日曜予想[日曜重賞穴予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]オークスの穴推奨馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→阪神JF&桜花賞上位勢の中では最も影が薄くなりそうな〇〇〇〇〇ですが、ダノンやシゲルやクロノなどの気性難を秘める馬たちよりは、コチラの方が無難な存在とも言えそう。
中長距離適性高い△△厩舎でもあり、この中間もそれら3頭とは対照的に気を遣わねばならない点が少ない分で充実の攻め過程を詰めているのも大いに好感が持てます。
左回り替わりもプラスで、乗り続けている鞍上も良しで…最も無難な妙味馬はコレかも知れません。
---------------------------------------------------------------------------

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表&平場推奨馬一覧《一部無料公開分》
1列目(注列)…「B2=バツ2馬」「CU=チェック馬」「Hレ=Hレベルレース馬」/「BC=バツ2馬兼チェック馬」「HC=Hレベル馬兼チェック馬」
●バツ2馬=直近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。
ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は提供除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長のケースなど)・1つのレースに少なからずの該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則提供除外・今回メンバーレベルD以上で前走レースレベルDE馬は足切りなど能力不足判断馬は提供除外。
●チェック馬=平場回顧号での次走[激走]要チェック馬リスト馬。ただし、今回レース条件が指定時の想定と違う場合には提供除外(例えば前走芝で次走注目とした馬が今回ダート出走の場合etc.)・能力不足判断馬は提供除外。
●Hレベルレース馬=直近走レースレベルCD以上のHレベル戦で最低限中身ある走りをしていたレースレベル観点からの浮上馬で、尚且つそれが今回レースに於いて“希少(出走馬の中で約1頭)”な存在である場合に指定。

休載m(__)m

--------------------
※全場分&全推奨馬は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

↑このページのトップヘ