考えるヒント(常勝競馬)〜9年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 朝日杯フューチュリティステークス 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】
≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2017年7月号「グラサン師匠の鉄板競馬に登場」
競馬王2018年1月号(https://www.amazon.co.jp/dp/B076M4XM7P/)「<巻頭スペシャル企画>常勝競馬を叶えるための5つの秘策」
競馬王2016年9月号〜「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→☆[相手推奨馬]→△[相手馬]→▽[押さえ馬]/〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]」とします(基本的には平場予想は[◎本命馬1頭推奨]型の予想・重賞OP予想は[◎本命馬→☆相手推奨馬]型の絞り込んだ予想が主です。たまに手広く紐馬を指定したい予想時に[△〜▽]を、第二本命馬設定=その馬からの縦目買い目も本線に組み入れたい予想時に[〇or▲]を利用します)
●勝負度は「(★★★★[レア])→★★★[上]→★★[中]→★[下]」の実質3段階とします
●推奨馬丸乗りではなく、ご自身の予想と組み合わせる等での非単独馬券として活用して頂きたいと考えております。[当推奨馬の単複馬券]と[当推奨馬から適当な人気馬数頭に流した馬券]とでは、誰でも簡単に後者の戦略の方が高回収率を得られます。
その辺りの詳しい話や、設定している基準買い目など当方の買い目(馬券)ポリシーについては以下の記事をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2377284.html

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆朝日杯FSの危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------


☆馬場考察

[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

中山…土日共にイーブン/B
阪神…土はやや内有利、日はイーブン/A
中京…土日共にイーブン/B

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
阪神…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA〜B
中京…3週目/Aコース/伸び所はイーブン→やや外有利/馬場差はB

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題dtul

☆先週
のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)

(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[土曜阪神7R(500万下)] 4着ララベスラーナ
デュランダル牝駒なので中距離よりも短距離向きだろう。
前走は距離1700で見せ場無しだったが、距離1400では3走前は2着好走・2走前は外枠有利状況での不利最内枠と物理的不利での止む無し凡走・今回は馬群の外に持ち出すのが遅れた分だけ届かなかったという0.1秒差4着と本来クラス好走級の能力が窺える。


[リゲルS] 8着ダノンリバティ
京成杯AH3着後の回顧で『コノ馬自身も暖かい時季の方が良いという馬で、サマーマイルシリーズでは関屋記念メイチでの惰性3戦目まで頑張り通したという経緯…常識的にはこれ以上の続きについては懐疑的に見る必要があるだろう』と書きましたが、案の定と言うべきかその後の秋復帰後の2戦は共に残念な結果に。

またコレは本年だけの話ではなくて、一昨年も昨年も同様に夏場に連続で激走善戦した後の秋冬に不調に陥っており、特に1年前のこの時期と酷似する様な堅い走りと気難しさを出しての到底まともに走れていないというレース振りでもあった。

その昨秋シーズン後は春初戦で巻き返して夏場連続好走へと繋げました…今期もそれと同パターンを歩む可能性は大いに有り得るので、冬続戦ならば軽視-春初戦が狙い所と見たい。

--------------------
☆朝日杯FSの危険人気馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→人気上位馬4頭についてですが、純然だるマイラーは内1頭のみと見ます…1頭は距離マイル超適性馬で、残り2頭は距離マイル未満適性馬。
どちらかと言えば距離長め適性馬の方が克服し易い条件ですので、危険人気馬には距離マイル未満適性馬の〇〇〇〇〇〇を指名します。
前走が距離克服にメドの立つ内容だった様に見えるかも知れませんが、その2着馬も3着馬も短距離適性馬だったからこその相対的な結果でもありました。
体型的にも距離マイルは保たない形ですし、3走前のラスト急失速振りは距離マイルへの壁をモロに感じさせるモノでしたので、ココでは楽な戦いは望めない一頭と見ます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------

☆朝日杯FSの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆先週収支報告
1週間前に『(本年の開催日別の通算回収率)開催1〜4日目は全てマイナス収支⇔開催5〜12日目は母数少ない10日目以外は全てプラス収支」という露骨な数字』と書きましたが、鬼門の開催前半(3日目4日目)をダート戦略で成果を出せました。
残る日程は本年は全て(結構)プラス収支となっている5〜9日目…本年全配信予想プラス収支は事実上確定できましたが、あとは良い終わり方をできる様にもう1回歓喜の週を作れる様に全力を尽くします。
そして…またかよって言うカンジなので証拠画像も添付しておきますが、日曜朝[中京2R]の頭的中予想を買い逃してしまいました(金曜&土曜をブッ通しでやって基本日曜朝は起きない生活なので…)…その分が算入されていないので本当はもっとまともに勝ってるはずでしたが。。
無題rtjsry
無題tjrs
--------------------
で、決して煽るワケではないですが、完全版の入会案内は現在2週に1回のペースでお送りしていますので、年内配信の入会受付は今週が最後になる可能性の方が高いです(来週△・再来週は開催日の間隔的に×・年末年始〇)。

最近はしょっちゅう勝ってる報告ばかりになっているので釘も差しておきますが、競馬予想で勝つのは本当に本当に難しいコトです…プロ予想家(?)が集結しているnetkeibaのウマい馬券でも“本年回収率100%超なのは中央地方合わせてのべ91人中4人”“半数以上が控除率割れ”という事実が何よりの証です…それはウマい馬券に参加されている方のレベルが低いのではなく、それが業界の相場だというコトです。

丸乗りで儲けようと思って、ウチでも他所でも入会しようとしたら9割方お金が出て行くだけの結果になるはずですし、残り1割を探そうとしても万年勝っている様なトコロはほぼほぼ存在しません(ウチだって完全版始動後4年やって負け年はありましたし、それなりに競馬予想に詳しいと自負する私でも本当に一つも知りません)。
無題g@un
正直、私の1月2月までの不調期を抜けた後の3月以降の結果推移は自画自賛できる水準ですが、それでも今月勝てるか・来年勝てるかは、確証がある・自信があるとはとても言えません…努力して努力して五分五分以上の戦いができる状態にあるというのが正直なトコロです。

(ぶっちゃけ言いますと、約半数の控除率割れの方に対しては、ほぼ間違いなく回収率向上・収益改善(≠回収率100%超)に貢献できる予想等の配信内容だと思いますので…現状そういう方ならば、1週間500円台が賭け金に対して重荷でなければ購読されて損にはならないはずです。
始動後4年通算&本年とその結果が出ているとしても…回収率100%超という意味での元が取れるというのはとても安易には言えませんが、例えば1日1万円馬券購入される方で現状回収率控除率程度ならばそれで回収率3%向上(収支3万改善)できれば元が取れるという意味では貢献できる可能性が相当高いとは言って良いと思います。


なので、購読の判断材料は“内容”で見て貰いたいです…結果の数字は水物ですが、内容の良し悪しは一朝一夕にできるモノではありませんので…それが本当に納得できる・自分の身になる・共感できるモノであるかを第一として頂きたいです(そうでないと、仮にですが結果が悪かった時に、騙されたと思ってしまうのではないでしょうか?)。

そして、そのウチの内容(一言で言えば無料ブログの延長線上です)の価値の有無についてはココをご覧頂いている皆様ならば判断はできると思います…それに1週500円台の金額を天秤に掛けて判断して頂ければ幸いであります。
(私だってお金・会員人数が欲しければ儲かるとか前面に出してやりますよ…けれど、それで会員にならせてしまうのは相互にとって不幸を生むコトにもなりかねませんので、なので現継続会員様以外からは超不人気の有料予想で上等・相当ウケが悪いコトは百も承知でもこういうコトを書いています…もっと言うと(レジマグ単体予想は即完売するのに)それよりも約半値の完全版が私の想定以上に不人気だからこう宣伝しているワケですが。)
☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから

【朝日杯フューチュリティSの有力馬診断(前篇)〜実は短距離千二以下では現時点で好走数0の本格派ロードカナロア牡駒(短距離ダノンスマッシュよりも中距離馬ステルヴィオの方が主流馬)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ダノンスマッシュ 牡2 福永 55 栗東 安田隆
ロードカナロア牡駒は、父のイメージの短距離タイプというよりも、寧ろ中距離まで保つ馬の方が主流とも言える位(実は距離千二では好走数0⇔距離千四から二千までほぼ均一の好走率)。
なのだが、コノ馬については母父ハードスパンの血もあるのか、距離マイルよりもそれ以下の方に適性がありそうな。
この時期のOP特別は大抵そうなのだが、前走もみじSはレースレベルE〜DEの超低レベル戦で、並の500万下を勝った以上の評価は禁物。また0.5秒差圧勝については渋った馬場がプラスに働いた面も否めない。
距離延長マイル良馬場でも良さが出せるかは結構微妙。


★ダノンプレミアム 牡2 川田 55 栗東 中内田
本年のサウジアラビアロイヤルC(旧いちょうS)は、異例とも言える多頭数揃う一戦でした。
それによって従来のレース傾向は引き継がれずに、それよりも同舞台の2歳牝馬重賞アルテミスSや3歳牝馬重賞クイーンCと毛色が似ていた印象です。

その両レース共にデビュー間もない牝馬にはタフな東京マイル戦というコトで少しでもペースが流れると差し決着へと傾くのだが、本年サウジアラビアRCでもよりペース耐性ある牡馬とは言えども前半3F34秒台前半はオーバーペースに近いモノで。
その上で、馬場は稍重で非高速水準であったし、また馬場も強いて言えば外目の方が伸びる状態だったので、1着馬を除けば主に外枠差し馬が上位に走った。

そんな中で“除けば”という例外的な走りをしたのがダノンプレミアム。
例えるならばメジャーエンブレムのクイーンCのパフォーマンス…あれも先行勢を潰しての完勝でしたが、正にそれと被る様な力強い番手抜け出し競馬。
そのメジャーエンブレムも消極策に転じた桜花賞で唯一不覚を取ったが、その敗因の轍を踏むコトさえ無ければ同格ダノンプレミアムも横綱競馬を見せられるだけの馬だと見ます。


▽ステルヴィオ 牡2 Cデムー 55 美北 木村
そんなダノンプレミアムとは対照的な大外枠追い込み競馬で2着したステルヴィオも、これはこれで展開は向いた方としても十分強い競馬をしていると評価すべきか。
ただし、サウジアラビアRCのレース全体が差し決着でなければ届かなくてもおかしくない序盤でのレース振りであったし、東京だからマイルに対応できたものの本質的にはもっと距離を延ばしてこその馬に見えます…それこそダノンスマッシュよりもステルヴィオの距離適性の方が主流ロードカナロア牡駒なのだと。

2歳戦で言えば東京マイルと相関関係ある阪神マイルなのでココならば同様に距離マイルこなせる可能性もありますが、あくまでも守備範囲という話であって高い次元の話で言えばココで激走する生粋マイラーは別に居ると思います。

―アイアンクロー 牡2 ○○ 55 栗東 斉藤崇
ここまでの良績は距離1200という馬。
前々走小倉2歳S(1200)ですら折り合い難しかった馬で、初距離1400挑戦の前走ききょうSでは展開も厳しかったが距離の壁があったという直線失速の敗戦内容だった。
更なる距離延長マイルでの浮上は考え辛い。


―ナムラアッパレ 牡2 ○○ 55 栗東 目野
好走歴は芝短距離とダート短距離…にも関わらず近2走は得意条件レースではなく芝中距離重賞に出走しているのは、少頭数重賞戦での着賞金目当てとしか考えられず。
本来の路線に戻せばそこまで無下にできない馬と思いますが、ここまでの本気で好走狙っていない経緯ではとても買える馬にはできません。


★○○○○○○(←朝日杯FSの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
3走前には相手との距離適性の差だったとは言えども、後の重賞激走馬を下す激走を果たしている馬。

前々走は相手関係が軽かったとは言えども、距離延長と小回りコースでの一団隊列で、折り合い気にして無茶な後方大外ブン回し競馬を強いられながらも好走。

前走は(それ以前のレースでもイレ込み目立っていましたが)そこから東京への長距離輸送もあってか通常以上のイレ込み状態でした。
更にはレース本番では一旦落ち着きかけた所でボウルズからの接触不利を受けて、その後は終始掛かり気味の追走となったのは地味に響いたはず。
そんな苦しい過程で、厳しいペースで、決して良いとは言えない内目のコース取りで3着まで0.1秒差の走りは負けて強しとも言えるだろう。

今回は長距離輸送もなく、近2走が下手な競馬が主な敗因だったならば鞍上強化も大きなプラス材料と見られます…夏場激走時からの成長力が鍵になりますが十分に魅力秘めている一頭と見ます。

--------------------
☆朝日杯FSの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆朝日杯フューチュリティーSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆的中報告庫は記事最下部/先週収支報告は次回更新記事にて…


☆先々週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※掲載できなかった1つ前の週分/
完全版で配信中の全リスト内からのサンプル(抜粋)です)

[土曜阪神10R(1600万下)] 6着メイショウアイアン
まずは昨年11月貴船S8着後の次走チェック馬見解を参照↓
『過去の好走歴は冬場に集中という冬馬。
昨年シーズンから本年夏シーズンに於いても「昨年1月好走→春から秋まで振るわず→冬初戦で4着と変わり身→その後は季節進行に連れてパフォーマンス低下」という経緯だった。
それでも夏の前走はHレベル戦で上がり最速8着、春の前々走でも上がり最速8着など、もう一押しあればクラス圏内望めそうな結果は残している。
今回は休み明け初戦と、不得手とする馬群を突く形で本来の脚が出せなかった印象。
叩き2戦目以降で冬場突入、そして得意戦法の外差しが嵌まる場面となれば侮れないだろう今シーズン注目馬。』

・・・
昨年冬季シーズンは「休み明け初戦貴船S8着(1.0秒差)→妙見山S7着(0.4秒差)→三河S3着→羅生門S5着(Hレベル戦)」と言った具合に、季節が深まるに連れてパフォーマンスを上げて行って、その後の春夏シーズンは不振戻りという戦績を歩んでいた。
本年冬季シーズンも1年前と実質同ローテを組んで「貴船S8着(1.2秒差)→御影S6着(0.5秒差)」という、前年よりも僅かに劣化しているもののほぼ似た様な戦績を辿っている…過去5年連続で冬場激走している生粋冬馬として、例年通りの冬季上昇を見込むとすれば“5年連続”の人気薄激走が生まれても驚けない(タイミング的には次or次の次)。


[土曜阪神8R(1000万下)] 9着スリーマキシマム
大体いつもの休み明け初戦時だと帰厩後1ヶ月程乗り込んでの復帰戦なのだが、今回に関しては明らかに乗り込み不足且つ時計不足での復帰戦となっていた。
このペースで逃げてビリ負けというのは、調教不足で中身が出来上がっていなかった以外に考えられない。
前走は逃げない競馬で自滅、前々走は展開不利5着、3走前はHレベル戦4着、4走前はバイアス不利7着…昇級後は恵まれない競馬ばかりながら連続で僅差入線しており、(仕上がり途上を叩いて良化ならば)少しでも逃げ恵まれるシチュエーションに出くわせばいつ激走あっても。

[日曜阪神2R(未勝利)] 7着バーニングガール
3走前2走前は(低レベル戦ですが)スンナリ2番手から連続2着好走という一定の戦績の持ち主。
前走と今回は内枠を引いて前に行けずに砂を被って不完全燃焼…今回にしても直線で一度下がった後に砂被らなくなってからは伸び脚再点火している通りです。
過去の連続好走も展開と相手関係に恵まれている分で再現は簡単ではないかも知れませんが、距離延長で中外枠引いて前に行けそうな場面ならばその期待も可能で。
--------------------
☆朝日杯FSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→現時点で今回の出走メンバーの中で一番手評価をしたいのは〇〇〇〇〇一択。
コノ馬の出走した前走△△△カップは当レースとしては異例の多頭数揃う一戦に…それによって従来のレース傾向は引き継がれずに、結構ガチな勝負になっていた。
そこで前半3F34秒台前半はオーバーペースに近い水準で、その上で馬場は稍重で非高速水準であったし、また馬場も強いて言えば外目の方が伸びる状態だったので、1着馬を除けば主に外枠差し馬が上位に走った…そんな中で例外的な走りで激走したのが〇〇〇〇〇で、当時の回顧ではメジャーエンブレムに例えました。
そのメジャーエンブレムの桜花賞の過ちの轍を踏まない限りは…コノ馬が一番強い競馬をする可能性が高いと見ます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆的中報告庫
いつも報告メール感謝です…全ての掲載はできず申し訳ないですが一部紹介させて頂きます(今回は適正賭け金額で基準買い目重視で購入された方のを…)
(土曜中京3R◎オールドベイリー単勝14.4倍1着)
5ad7865543d7a9058a5dfd56d0dd3bbaIMG_5050無題artj
IMG_2646Screenshot_20171210-200703

(日曜中京2R◎ワキノアタリ単勝9.5倍1着)
IMG_5057Screenshot_20171210-200615
20171210CK02IMG_2656

【ターコイズSの有力馬診断】
▽サザナミ 牝5 ○○  美北 堀
まずは3走前春雷S時の有力馬診断見解を参照↓
『ディープインパクト産駒という時点で本質的なスプリンターだとは見られない。実際にも馬体重420キロ程度の小柄な馬体で、勝利した前走の様な距離1400付近での瞬発力勝負の方に適性ありそうで、この馬力問われる最終週荒れ馬場・フルゲート多頭数戦・中山・距離1200という条件での昇級戦一発回答は期待薄と見るべきだろう。』
・・・
その春雷Sに騎乗したデムーロJのレース後コメントは「1200のスピードはない」というモノだった。
前々走朱鷺Sでは距離延長1400替わりは条件好転と見たがレースでは折り合い欠き気味で4着止まり。そして前走ラピスラズリSでは距離1200戻りだったが、春雷Sが最終週馬場だったのに対して開幕週馬場がベターに働いたのと、例の内枠超有利バイアス(最近の中山芝千二の上級戦は内枠馬が必ず複数馬券に絡む)に乗じる形での最内枠3着健闘。

前走は距離1200をこなしたもののやはり距離適性的には1400がベストで、但し折り合い次第になるというのが現時点でのコノ馬に対する見解。
今回は守備範囲だろう距離マイルですが、やはりこれまで経験無い様な連戦ローテでの距離2F延長は決して良い臨戦過程とは言えなくて…ココも内枠を引いてジッとしている競馬での嵌まり待ち以外では上位までは厳しそうだ。

--------------------
※続きは完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------

☆完全版の購読(詳細案内送付予約)を随時受付中
●完全版[有料メルマガ複数月コース]では無料ブログの2倍以上の情報量・予想量を、業界的には割安な実質1週500円台で配信しています(週末予想だけの活用でも予想1日単位(レジマグ販売)の約半額の料金です)

●具体的な配信内容は「週末予想号2通(ブログ予想以外に1週4〜5レース前後)+平日回顧号2通(平場回顧号&重賞回顧号)+平日特集号1通(主に第二重賞の有力馬診断)」で週5長文配信です

●配信サンプル1[週末予想号(11/19配信号)から抜粋]
無題rtjrzt
(◎ラインフェルス10人気1着(単43倍)…複系推奨馬ですので基準買い目上では馬連・ワイド・三連複的中で、芯(頭)から捉えられなかったのは痛恨でした…)


●配信サンプル2[平場回顧号(10月4週目後配信号)から抜粋]
無題xfjkg
(B評価アンノートル次走5人1着(単11倍)・B評価ラインフェルス次走10人1着(単43倍))

●前回募集は昨年6月でした…1年間も新規者がほぼゼロという一方で、高い継続率により現会員様の約9割が会員期間2年以上という(他に例が無い様な新規募集のレア具合でも運営できているのが証拠)…合わない人や一見さんには取っ付き辛いかも知れませんが、逆に合う人には相当嵌まって貰えるという…その為にも多くの皆さまに一生に一度は見て貰いたいのです
●17年秋から時受付に改めます…以下フォームに新規アドレス登録(or登録済の場合などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.com宛に「詳細希望」とメール送信)して頂ければ、遅くとも2週間後までにご案内を差し上げます(※登録後2週間を過ぎても未着の場合にはメールで問い合わせ下さいませ)
↓↓↓
少しでも興味がおありの方は、以下フォームから「詳細案内送付予約」を是非…
※私からの配信は「keiba@dream.jp」&「sguw125@gmail.com」から行います。PCメール受信許可など受信設定の確認をお願いします。docomoメールアドレスですと配信エラー確率が高いので、別アドレスでの登録か複数アドレス登録をオススメします。
※配信するのは「ご案内」と、仮に申込まれない場合にも3ヶ月に1回程度の「サービス配信」も行いますので登録して損は無いはず(それ以外の広告メール配信等は一切無し)。

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


-------------------
※登録できない場合や不明点等はsguw125@gmail.comまでご連絡下さいませ

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------



【ブログ重賞OP予想】
阪神11R阪神ジュベナイルフィリーズ(勝負度★★)
[印]
◎リリーノーブル
△13トーセンアンバー

[見解]

ブエナビスタの仔として注目を集める1戦1勝馬ソシアルクラブは、全姉コロナシオン同様の“新馬戦詐欺”疑惑はどうしても拭えない…というか、現時点で血統以外にココまで大人気する理由が無く、その血統でも全姉がコケているという前例があるというコト。

ラッキーライラックはこれまた良血で注目されたラルクの半妹。そのラルクは気性面が災いして新馬戦圧勝以降はパッとせず今に至る。コノ馬もそれと同様に怖がりな面があるという話があって、またまた外枠を引いたのでカバーできそうですが、そこまで安泰な馬ではないというコト。

ロックディスタウンは2週連続併せ馬一杯追い…そんな見え見えの二ノ宮厩舎解散前メイチ仕上げがどう転ぶか。
前走札幌2歳S勝利後に『オルフェーヴルの父ステイゴールドの牝駒と言えば、こういう2歳早期に大きな期待を見せてその後に尻すぼむというのがあるあるで、それを孫世代でも受け継いでいて何らおかしくない・・・父系だけでなく、コノ馬の場合には姉に早熟ステゴ牝駒の代表例であるキャットコインもいる血筋で、まあ間違いなく2歳早期にこそ活躍できる馬だと見做して良いと思う。』と書きましたが、つまりは或る意味ではこの阪神JFに於いて頼りになる血統馬であり、また別の側面では常に信頼してはならない血統馬であるとも。
その後者の側面を強調する可能性もあるメイチ仕上げで、その調教の様子を見てもやはりそんな簡単な馬では無さそうな印象は受ける…そこから陣営も課題として捉えている輸送後のコンディション次第では良くも悪くもどんな着順になっても驚けないが…。

この時期の2歳世代戦はウチの領域ではないという予告通り(?)ツマラナイ結論になってしまいますが、リリーノーブルで仕方が無いと思います。
初戦も2戦目も純粋に力の違いというパフォーマンス。
前走2戦目にしても条件不足の短い直線でも、一瞬で抜け出せる位の他馬との走力差を見せて、そして力が違うからこそ末脚をコントロールして勝ち過ぎないという余裕ありありの競馬でした。
初戦を見る限りではやはり長い直線向きで急坂も難なくこなせて、また揉まれる競馬や右回りなど注文が付かないのも強みである。
万が一ソルシアクラブが本物だった場合や、ロックディスタウンが難なく輸送こなして参戦した場合には頭争いは混戦になるでしょうが…馬券の軸としてはコレが最も信頼できる一頭と見る。

最も人気薄で僅かながら魅力秘めているのがトーセンアンバー
2走前サフラン賞は内有利馬場のスローペース前残り展開で、それを最後方追い込み上がり最速好走結果はそれなりに評価できるモノ。当時も若手騎手騎乗で外枠スローペースで折り合い難の競馬で、それ以前の戦績も若手騎手と教育重視騎手起用で本領発揮とは言い難い面もあった中での好走続きは評価できる。
前走京王杯2歳SではCデムーロ確保もあっての急遽の参戦で、本来は距離マイル以上路線を予定されていた経緯。結局距離1400でも折り合えないのならば距離短縮の意味は無くて、上がりは使えていたものの距離不足もあってどうにもならずの競馬。
割と素質ある方なので距離マイル超路線ならば面白いと思うのですが、(この厩舎で本気ならば横山典Jを配してもおかしくないトコロを)横山和J起用ではミラクルも期待薄で、あと陣営の『もっと後ろから終いを生かす競馬になると思う』というコメントは勝負に行っていないカンジで期待萎むのですが…その着拾い競馬での嵌まりの可能性も一枚は押さえたい。

《単勝◎(29%)、複勝◎(70%)、ワイド◎△(1%)》

twitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中

(※ウインテンダネスの結果次第で中京12追加配信可能性有)

【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…中京2)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1Rあたり250円弱)→
1:17販売開始→1:19完売ありがとうございますm(__)m


-------------------
☆阪神ジュベナイルフィリーズの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
中京11R中日新聞杯(勝負度★★)
[印]
◎ロードヴァンドール

[見解]

マウントロブソンの石橋脩Jは重賞で堀厩舎馬に騎乗する機会は少なくないのだが、ナント最近の5年半(約30騎乗)で好走したのはドゥラメンテ共同通信杯2着のみ…それも取りこぼしの2着でその後鞍上クビになっている通りですので、つまりは5年半も全く結果を出せていないと言えます。
それは堀厩舎の高額賞金レースでの石橋脩J起用から窺える本気度の低さ(ex,今秋シーズンのアルバート)、そして石橋脩Jとしても一番結果を出したい厩舎馬が故に力が入り過ぎるのでしょうか。

(人気馬の中では)それよりは人馬共に当地実績あるスズカデヴィアス、人は絶好調と馬は左回りで前進見込めるミッキロケットーの方を重視したいです。


週初時点での◎候補馬(有力馬診断★評価馬)はヴォージュとストーンウェア。
ヴォージュについては馬体が絞れてから急に活躍できる様になった経緯があるだけに、休み明け前走での二桁馬体重増が解消されるならば大穴候補にしようと考えていましたが…どうも冬場で絞れないらしく、となると復調はまだ先とジャッジしたい。

ストーンウェアは有力馬診断では以下の通り書きました
『これまで左回りでは[4-2-1-1]という超安定上位戦績で、近走も右回り戦だと善戦止まり⇔左回り戦だと好走続きというモノである。
また、準OP昇級後の左回り中距離戦起用は3走前中京二千2着と前走東京二千1着だけで、前者ではストロングタイタンと0.0秒差・後者では5着馬6着馬が次走即勝ち上がりなどのHレベル戦での勝ち切りであった。
その比較で言えば、引き続き左回り中距離条件ならば昇級OPクラスでも上位に走れて然るべき一頭で、重賞でもハンデ戦ならば結構面白そうだ。』
・・・
この条件ならばOP級以上の走りはできるはずです…但しその準OP激走の3走前もストロングタイタンとは0.0秒差でも力差ある内容・前走も鞍上Cデムーロの腕もあっての勝利でもありましたので…テン乗り丸山Jというのと重賞のペースで後方からの競馬になりそうな点を踏まえると…◎までは打てないかなと。


結論としては連続凡走後でやや妙味有りそうなロードヴァンドールを狙います
春の同舞台重賞=金鯱賞にて、当時決して内有利ではない馬場状況で逃げて健闘結果を残した馬です…当時よりも相手関係が軽い今回なら、当時だけ走ればと言える場面になります。
前々走については放牧先から馬体を減らしての帰厩で、レース時にも大幅馬体減…それでいてこの日も有利ではない馬場傾向で楽ではない競馬を強いられながらも掲示板級ならば悪くない結果と見るべきです。
前走は大外を逃げるという、展開と当日の馬場傾向的に最悪と言っても過言ではない形…それでの大敗は度外視できます。
鞍上の名前を見てもココは勝負気配が窺えますし、展開一つでの巻き返しは大いに有り得るはずです。

休載【twitter予想(平場厳選漏れ推奨馬[★])※期間限定提供中】
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…師走S、リゲルS、中京3)
1完全版複数月コース→☆完全版《1週500円台で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1Rあたり250円弱)→完売ありがとうございますm(__)m


-------------------
☆中日新聞杯の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!


☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

↑このページのトップヘ