考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 ダービー 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想印の見方】
●印は「◎[本命馬]→〇[高確推奨馬]→▲[妙味推奨馬]→△[ヒモ推奨馬]→▽[押さえ馬]」を用います
●勝負度は「(A[稀]→)B[上]→C[やや上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[やや下]→E[下]」を用います
●“予想の意図”を端的に示す手段として参考買い目の掲載を行いますが、丸乗りを推奨する買い目ではありません。特に当予想の基本である“一定以上の人気薄馬の複勝馬券”は、現在の馬券の売れ方=オッズ構成に於いて(他券種と比較して)常に過剰人気=配当が大きく目減りする不利な馬券と化しています。ですので、ご自身の予想と組み合わせるなどして、連系馬券で活用して頂くコトをオススメします(大雑把に言えば…穴馬の複勝勝負と、穴馬から適当な数頭に流す連系馬券勝負とでは、最終的には後者の方が間違いなく高回収率が得られます)。

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
--------------------
【ブログ重賞OP予想】
京都11R平安ステークス(勝負度DE)
[印]
◎マイネルクロップ
[見解]
出走メンバーの顔触れを見渡すと次世代を担うだろう新星4歳馬が揃うなど総じて粒揃いの印象も受けるのだが、果たしてレベルが高いのかと言えば疑問符も付く。
このレース自体が4歳馬は不振である様に、ダート中距離路線ではこの4歳春の時点ではまだ[古馬>4歳馬]の構図というのが一般的。
にも関わらず、今年はこれだけ有力4歳馬が揃っている(出現している)というのは、4歳馬が強いというよりはそれらに立ちはだかるべき古馬主力世代(5歳6歳世代)がだらしなかったから相対的にというのが真相だと思う。
一応、相対的にそうなので人気馬がごまんと居る4歳馬による上位独占でも驚けないのですが、でも決してレベルの高い争いでは無いと思います。

5歳6歳世代をディスりましたが、近年のダート中長距離路線でレベルが一段と高かったのは現7歳世代なのです。
穴で激走するのも現7歳世代だし、人気馬でキチンと圏内に来るのも現7歳世代…当世代の当路線での好走数は他世代を圧倒しています。
昨年のチャンピオンズCもそれのワンツー、先日のかしわ記念もそれのワンツーでした。フェブラリーSでも連対の一角を。しかも、それらは全て別の馬によるモノで、この世代の層の厚さと、これ以下の世代の弱メン振りは明らかです。

だからと言って、森を見て木を見ない様な「7歳馬を買いましょう」的な馬鹿げた予想はしませんが、とりあえず新星どものレベルはそうではないだろうかという話です・・・つまりは、下からの突き上げがそこまでの脅威でないとすれば、昨年の当レースで大健闘をした〇〇〇〇〇がそれの1年後の今年でも全く足りないというコトもないと見ます。

3走前では勝ち馬も3着馬も決して弱い馬ではない中に割って入る激走。
その後の2走は高速決着と良績乏しい急坂コースと距離不足1800という苦手条件が重なっての凡走。もちろん、それにしても足りないレベルの走りなのですが、コノ馬は気で走る様な面があって、押さえ付けずに馬群内でレースを運ぶと別馬の様に走る傾向が認められます…3走前激走もそうでしたし昨年大健闘もそうでしたし重賞勝利時もそうでした。
この適性が物を言う京都1900という大得意舞台条件(平坦コース・距離1900以上)で、近2走では叶っていない得意戦法を取れれば…善戦以上は可能だと思うのでコレがビリ人気なら気軽に買ってOKというか…。
(という、極端な所で振り回す予想しかできない、拮抗のレースで…自信度低の爆穴予想でスミマセン。。)


【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定



【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
(本日分…京都1R勝負度CD、東京11R勝負度D)



-------------------

☆平安ステークスの爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

大西騎手』のオークス2017予想無料公開
大西直宏が払戻百万狙う【オークスの三連単1点予想】無料コチラ!
ワールド:オークス490-160
------------------

☆オークスの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【オークスの有力馬診断(後篇)〜期待外れ説もチラホラ聞かれるフランケル産駒…世界で只一頭の得体の知れぬ同産駒G1勝利馬ソウルスターリングが順風満帆な出世できる根拠は?〜】

※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△アドマイヤミヤビ
一部の例を持ち出してオークスに距離適性は関係ない・力で適性をカバーできるという説も言われているが、馬場考察で書いた通り大勢は距離適性で上回る馬に軍配が上がるというのが正しいはず…実際に近4年のレース結果では「危険人気馬=距離適性不安馬」⇔「人気薄激走馬=距離適性上位馬」の傾向が強くなっているワケ。
その距離適性上位での巻き返し高確馬としてはコノ馬を挙げたい…常におっとりとし過ぎた気性が指摘されているが、正にそれが短所として出たのが前走であり、そしてそれが一転して長所として出るべきがオークスのレース質である。
前走はワケ有って何もしていないレースでしたので…完全度外視OK→当初からの触れ込み通りオークス最有力という見方で問題はないと思っています。



―ディーパワンサ 牝3 内田博 55 栗東 松下
ディープブリランテ産駒はマイラー志向が強くて、特に牝駒では距離1800以上での勝利数は僅か1勝のみ。
コノ馬にしてもそのマイラー血統のマイラー体型でもあるので、危険人気評価した前走フローラSよりも距離延びる今回条件では無謀だろう。


△ソウルスターリング 牝3 ルメール 55 美北 藤沢和
まずは以下の阪神JF回顧文(抜粋)を参照↓
『父フランケルの産駒は、欧州ではG1レースでは凡走ばかりで一部ではやや期待外れという見方もあるようだが、大物候補の多くはまだデビューしておらず、日本に於けるディープインパクト産駒もそうであったように初年度産駒が3歳を迎えた時に期待通りの評価を受けるコトになるのではないか。・・・問題としては、父フランケルも未知は未知だし、母父モンズーンというのはあんまり信頼できる血統ではない点。
コノ馬も「いかにも牝馬らしく、敏感なところがある馬。6週の間隔があったのでソフトな調整をしてきた。」とのコトで今回は結果を出せたが、藤沢流の調教パターンやローテがプラスになるかも知れないが、少し歯車が狂えば…という懸念は無きにしも非ずだ。
父モンズーンの日本代表産駒のピュアブリーゼもオークスでの激走を最後にパッタリでした。』

・・・
前走桜花賞では、今までワンサイドゲームの楽な競馬しかしていなかったのが本番G1・道悪という苦しい条件で欠点として表出した様な…ルメールJは「きょうはたくさん手前を変えている」とコメントしていたが、直線でも手前を変えつつ内にモタれつつで見ている側からは相当じれったい走りをしていた。
それはモチロン道悪を苦にしたというのもあるだろうし、これまでは楽走だった分で内ラチを頼るレース振りばかりだったのが今回は馬場の外目で一人で差さなければならない形に耐えられない弱さもあったのかも知れないし、または上記したフランケル産駒の“陰り”だったとしてもおかしくない。
現時点ではフランケル産駒のG1馬は日本ソウルスターリングのみで、他国でも候補馬は出てきていますが頂上まで届いた馬はゼロ(まだ3歳G1の本格シーズン突入前なので全く悲観する時期でもないのですが、恐らく大本命級の馬も出てないはずなので)。
得体の知れない外国産馬の初年度産駒を、そのままストレートに成長させるのは決して容易ではないでしょう…桜花賞は単純に道悪だけに敗因を押し付けて良いのか…もっと深い闇に入りつつあるとしても全く驚けないトコロだが。

アルメリアブルーム 牝3 ○○ 55 栗東 高橋康
まずは前走忘れな草賞での◎推奨文を参照↓
『ここは距離2000適性も、タフ馬場適性も示しているアルメリアブルームが最も無難な選択。尚且つ強いのだから、文句ナシに本命で良いのではないか。
近3走は(牝馬ながらも)全て牡馬混合の距離2000レースで連続好走は高い価値ある戦績で、特に前々走はHレベル戦勝ちでしたし、それ以上に前走もHレベル戦で12月阪神最終週のタフな馬場で強豪牡馬と僅差の競馬。
さすがドリームジャーニー産駒と言ったカンジで、小柄でも長い距離と内回りとタフ馬場と根性が据わっている馬。
休み明け初戦になりますが、ここに賞金不足で休み明け初戦で挑む馬はココに勝負を賭けていますから…ココで負ければオークス挑戦が閉ざされる可能性が極めて高くなるので(つまり本気度ある休み明け初戦ローテです)。』

・・・
その忘れな草賞では福永Jはほぼ完璧な競馬をするも、小回り中距離追い込みでの名人騎乗を習得している田辺Jが導くハローユニコーンの最後方捲り差しにしてやられた2着…ハローユニコーンが田辺Jでなければコチラが勝っていたワケですね。


▽ハローユニコーン 牝3 田辺 55 栗東 鮫島
忘れな草賞での勝利については、上のアルメリアブルームの欄で書いた通り。
その前の黄梅賞でも、これも中山マイル(外差し馬場)での名人芸を習得している田辺Jだからこそ勝った様な競馬でした。
そして今回は田辺Jの特殊能力が通用しない=騎乗馬能力底上げはない東京コースでの一戦…前々走前走の田辺Jを評価するからこそ、それとの落差が小さくない今回は評価しない方向です。


★モズカッチャン 牝3 和田竜 55 栗東 鮫島
前走フローラS激走は如何にも内有利の結果に恵まれた激走だとしてフロック視されそうですが、一方でその日の芝レースは決して絶対的に内有利優勢の日というワケではありませんでした。
当該レースに於いても他の内で残った馬(下の2頭)は先行の展開利が大きかったとの解釈が妥当でも、果たして〇〇〇〇〇が敢行したイン差しが絶対的に有利だったのかと言えばそこまで極端でもなかったはず…逆に内枠のせいで窮屈・不利事象もありましたし…。
だから、コノ馬が世間様が言う程に恵まれた激走だったのかには疑問を投げかけたい…イコール妙味アリの一頭と考えています。

—ヤマカツグレース 牝3 横山典 55 栗東 池添兼
▽フローレスマジック 牝3 戸崎 55 美北 木村

同じフローラS組では、何だかんだ差す脚は見せて勝利したモズカッチャンよりも、ただの展開利の前残りの2頭は下の評価をします。
ヤマカツグレースはとても中長距離をこなせる馬には見えなくて…あのペースだからこそ距離2000克服できたワケで、更に距離延びるのはシンドイと見ます。
フローレスマジックは周囲の期待に比して案外な内容でした…現時点ではまだ完成は遠いという雰囲気で、血統的には晩成だし、馬体的にもまだ華奢な印象はぬぐえない…頂点を狙うなら3歳秋以降になりそうで3歳春時点でのG1ではまだ遠い位置にあると思います。

--------------------
☆オークスの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→今年のオークス各前哨戦レースでは、桜花賞ではマイル志向馬が好走して、フローラSではスロー前残り展開で非スタミナ馬が好走して、つまりは(好走馬について)最もスタミナ面での担保あると言える前哨戦レースは〇〇〇〇賞だと言えるのではないでしょうか。
そこでは騎手の差で惜敗を喫したコノ馬ですが、その前には京都新聞杯3着馬や青葉賞2着と差の無いレースをしている隠れ上物の過去走歴からも、あとはスタートラインにさえ立てればなのですが…決して無視はできない能力通用可能性且つ距離適性上位でのオークスで最も買いたい馬です。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土はやや外有利→外有利、日は外有利→やや外有利/土はD→E、日はC
京都…土は超内有利、日は内有利/土はF、日はD→C
新潟…土はやや外有利、日は外有利/土はD、日はC

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…5週目/Bコース/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はB〜A
京都…5週目/Dコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はB〜A
新潟…3週目/Bコース/伸び所は外有利〜やや外有利/馬場差はC


[ピックアップ競馬場[東京芝(オークス)]の馬場考察]
よく「3歳牝馬にとって距離2400は過酷」と言われるが、そもそも3歳馬ではなく古馬だとしても距離2400以上で適性を見せる牝馬なんぞはほぼ存在しないワケ。
それが更に東京という底力が問われるコースで、更にスローペース形成がままならない馬同士による争いである為に平均に近いペースでの競馬が行われるとなれば…それは脱落戦=純粋に求められるスタミナ値が高い力勝負に繋がる。
それが展開利だけでは浮上できない、昨今よく見られる単調な内前有利の競馬にはならない傾向の近年オークスの背景である。
これがコース替わりもあるダービー週となると馬場補正も入るのと、そもそもの牡馬と牝馬の差と、レースペースの違いで別の傾向になるワケだが…。
当日の馬場が仮に内有利になろうとも、その馬場バイアスや前目展開利想定が持つ意味は小さいとして、「純粋な力比べ」を予想の根底に据えるべきレースだ。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題g0

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜京都12R(1000万下)] 12着ペプチドアルマ
コノ馬は畑端騎手が主戦であるせいか、走っても人気しないし、走らないとすぐに人気落ちするみたい。
ただ、2走前はHレベル戦で1000万下でも即2着好走するクールゼファーを千切る勝利でしたし、昇級初戦の前走もHレベル戦の前残り競馬を大外追い込みで4着まで来ている様な普通に通用レベルある馬だ。
今回は一頓挫明けで状態不出来と、最内枠を引いて不慣れな中団策で脚溜まらなかった分で案の定の敗走となったワケだが、ココを叩いて状態取り戻して本来の待機策ならば展開一つで好走する未来は近いはずで…このまま畑端騎手継続騎乗で人気にならないコトを願いたい。


--------------------
☆オークスの◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→少し前の一部の例を持ち出してオークスに距離適性は関係ない・力で適性をカバーできるという説も言われているが、馬場考察で書いた通り大勢は距離適性で上回る馬に軍配が上がるというのが正しいはず…実際に近4年のレース結果では「危険人気馬=距離適性不安馬」⇔「人気薄激走馬=距離適性上位馬」の傾向が年々強くなっている。
距離適性上位での妙味馬は明日紹介するが、距離適性上位での巻き返し高確馬としては〇〇〇〇〇を挙げたい…コノ馬はおっとりとし過ぎた気性が指摘されているが、正にそれが短所として出たのが前走であり、そしてそれが一転して長所として出るべきがオークスのレース質である。
前走はワケ有って何もしていないレースでしたので…完全度外視OKで当初からの触れ込み通りオークス最有力という見方はしなければならないと思っています。
あとは…オマケでダービーの◎有力馬の馬名だけ置いておきます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆オークスの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【オークスの有力馬診断(前篇)〜ミスパンテール[桜花賞では鉄唇1つの通常装蹄→今回フォトパドックでは鉄唇3つの特殊装蹄(サトノダイヤモンドと同じ)]から読み取れるコトは?〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
?ミスパンテール 牝3 四位 55 栗東 昆
今回のフォトパドックの蹄を見ると、通常の装蹄ではないのが分かります。
他馬の通常やミスパンテールの桜花賞時は鉄唇が1つだったのが、今回は鉄唇が3つある蹄鉄を装着している。
こんな細かいコトはマスターベーションじゃないかと言われるのですが、実際にコレが馬券に直結する情報になる可能性は高くないのはその通り…でも、ウチの有力馬診断はそんな無駄に見える雑学情報の需要の場とも思ってるので(違ったらスミマセン)。
鉄唇(てっしん)とは蹄鉄のズレを防ぐ為の突起部です。ミスパンテールの脚元を見ると、横からの写真なのにそれが見えていると思います…つまり前方(1つ)だけではなく横方向(計3つor2つ)にも鉄唇があるのだと。
それが一体何なのかですが、サトノダイヤモンドはダービーで同形状の蹄鉄を履いて落鉄していました…。つまり、落鉄し易いからその防止というのが一般的ですし、もしかしたら公になっていないとしても前走桜花賞では落鉄も敗因の一つでその対策(としたらプラス要素)なのかも知れません。
image114無題gw

―カリビアンゴールド 牝3 田中勝 55 美北 小島太
まずは前走スイートピーSでの◎推奨文を参照↓
『まず前々走で水準レベルの500万下勝ち(それも前残り展開を抜けた上がり最速での差し切り)を決めている時点でここでは能力上位です。
これまでは馬を上手くコントロールできないレースが多かった分で馬柱が汚れていて、前走ニュージーランドTも外枠先行で掛かり気味で脚を残せずのワケ有り凡走で、3走前も後方ポツンからドン詰まりで完全に脚を余していますし、4走前も外差し決着にやられた凡走。
2歳10月サフラン賞以来の内枠で我慢を利かすコトができれば(1番は逃げ・2番と3番は出遅れ・4番は後方馬で嵌まり得るポジショニングも可能)…それで前々走だけ走れればチャンス十分ですので一発ならコレ。』

・・・
そのスイートピーSでは田中勝Jは決して上手く乗ったとは言えない進路取りでしたが、ただしニュージーランドTとは違って道中溜めを利かすコトができていたので十分合格点…それが成功した時点で後はどんなに下手でも外に持ち出せさえすれば来る確信はできたレースでした。
その前走は内枠馬群競馬で成功…イレ込み課題の馬だけに果たして距離延長・ハードローテ・馬体減り続けと苦しみを背負う今回もう一丁が臨めるかと言えば疑問の方が大きいです。


―ブラックスビーチ 牝3 北村宏 55 栗東 角居
まずは前走スイートピーSでの予想見解を参照↓
『前々走未勝利戦2着はHレベル戦。今年最も内有利だった日の馬場で外枠7枠から外々の競馬でダノンオブザイヤーに0.1秒差は強い内容。
前走はタフな阪神千八での平均ペース好位抜け出し競馬で、2着以下は軒並み差し追い込み馬だったコトからも負荷掛かる競馬ながらの勝ち切りで価値が高い。そして2着以下馬の各馬は軒並み土曜未勝利戦で好結果を出した…やはりレベルもそれなり以上にあったというコトも裏付けられた。』

・・・
そのスイートピーSでは、2着馬はカリビアンゴールドは上記の通りで、3着馬ムーンザムーンは距離不足だったし、4着馬5着馬の人気2頭は大外枠分のロスあったし…その上での繰り上がり的な1着だった感も否めない。
また、その前走時点でもテンションがギリギリだったとの話で、そこから短期間再度輸送競馬となるココでは厳しくなりそう。

△リスグラシュー 牝3 武豊 55 栗東 矢作
確かに『父ハーツクライ×母系スタミナ系統で、その血統イメージ通りにマイルのペースで追走して反応に渋い所を見せて、その分だけ捉えきれずという内容』からして、馬タイプ的には桜花賞組の中からオークスで最も無難に買えそうなのはコノ馬になります。
ただ、あのギリギリまで研ぎ澄まされた馬体を見ても、そして実際に調教師本人もそう明言していたので間違いないだろうが、桜花賞で最もメイチ勝負を仕掛けていたのはコノ馬だったのも事実。
そこまでマイル仕様調整をさせた後の距離二四でどうなのかと、もちろんここまで仕上げてしまってオークスでどこまでのデキで出せるのかという問題は慎重に見極めないと…。
現時点で聞こえてくる談話と言えば騎手も厩舎陣営からも「状態は悪くない」という歯切れが良いとは言えないモノで・・・。

▽レーヌミノル 牝3 池添 55 栗東 本田
かなり久々の雨の桜花賞というコトもあって、やはり例年とは少し毛色の異なる決着に…通常ならば桜花賞はディープの庭=外差し瞬発馬が絶対的優位なのだが、今年の場合にはそれと対極に位置するダイワメジャースピード持続力馬が凌ぎ切るという結果に。
基本的には桜花賞連対級馬ならば力の違いでオークスでも乗り越えられるモノですが、例年と毛色異なる適性勝負ではなかった今年の場合にはそうとも言い切れない。
上記した例年のレース質ならばそのままオークスに直結するのですが、そうではない場合には逆にオークス不適正を示す高パフォーマンスだったとも。

オークスと言えばペース的にも各馬の距離適性の面からも、中団以降のポジションで我慢できる馬に有利=先行馬受難のレースなのですが、コノ馬はそこでスピードの違いでほぼ確実に前目での競馬になる馬…前走の競馬だけでは能力絶対上とも言い切れない上にレース振り不利も目に見えている今回は苦しんでも…。

一応、厩舎陣営や前主戦の浜中Jは2歳時の時点からオークスでもと自信を見せていたくらいで、案外距離は保つ馬だとは思いますよ…でもオークスでの先行粘り込みは通常ペースでは見込み辛いです。

★○○○○○○(←オークスの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走はキャリアの浅さ故だけで片付けて良いのかは分からないが、他に決定的な問題があったのかは断定できないのですが、大外に居ただけで何もせずの大敗でした。
でも、コノ馬の能力がそんなモノではないのは、前々走を見れば誰でも分かる話。
父ダイワメジャー産駒ですが馬体的には中長距離馬の造りで、現に陣営も桜花賞前からオークスの方がチャンスあるとの見解でした…前走で膿を出し切ったとすれば何事も無かったかの様にオークス激走あっても・・・。

--------------------
☆オークスの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

--------------------


☆オークスの穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで) からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
予想終えるのに朝5時までコースだった状態から“予想仕分け”したコトで、個人的な感触=予想コンディションは最高潮に近付いているのは本当…でも現にその感触の半分の結果しか出ていないのも事実…。
昨年足を引っ張った重賞OP予想では、多くの読者様から頂いたアドバイスも元に年始から予想一新の成果で「的中率3分の1超」「単複共に回収率100%超」できている点では有言実行ですが、逆に平場予想では当人としては信じられないレベルのコトが起こっており…本予想回収率は87%です(※twitter予想は含まない数字です・旧オプション予想は有でも無でも数字同一)
宣伝というよりも周知なのですが(初月無料=実質半額の上に手数料が約4割ボラれるので)…その初月無料の月間コース(月2498円)は今週木曜日に廃刊=新規受付終了します(配信は来月一杯まで続きます・その後は独自配信での継続案内をします)。
もしも既にレジマグポイント有している等で月間コース希望の方は木曜日中までにお願い致します…できればそうしてもらいたいのですが特別急がないという普通の方は
独自配信の複数月コース(1週500円台〜)の案内送付予約[メールアドレスのみ入力]をしてもう少しお待ち頂ければと思います(昨年9月以来行えていませんが極力早期に…)。

週中の内容(重賞有力馬診断&重賞OP回顧&平場次走[激走]要チェック馬リスト)は個人的には秀逸だと思っていますし、私自身は私の完全版こそが世の中の有料競馬情報で一番価値があるモノだとの自負はあります…先週は週中コンテンツで17000文字超でしたので競馬を本気で勉強したい方には持って来いでしょう…けれども肝心の予想の面では“回収率100%未達”・先週のtwitter予想が典型で“無料よりも有料で当てられない予想家”ですからね…結果当たらないけど内容オススメ…それはおかしいだろって話なんですけど、それに現状理解・価値を見出して下さる方に長期互恵のお付き合いをしてもらえるコンテンツにすべく・・・です。

あと、私のtwitterのフォロワーさんの4割以上が10代〜20代前半の様で…なので読者層が結構違うはずのブログからtwitterへの誘導は少し不親切でした。
今後はtwitterでの予想情報はブログにも以下の様に転載するコトにしますので、twitter登録・閲覧が必須という形にはしない様にします。

(東京11Rヴィクトリアマイルの申し訳ない不的中馬券と、東京10Rの的中馬券自慢が一緒という不謹慎な状態ですが…購入馬券公開は事前公開でないと、購入馬券の一部だけ都合良く公開できる(都合よく公開していると見られてしまう)ので…両レース共に自信あったので事前セット買い見せした顛末がこうなりました。。
その◎サンライズソアの予想見解は、今後の予想のヒントにもなると思うので、是非とも一読して頂ければと思います。)

無題gf89

--------------------
☆オークスの穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→前走の権利獲得走は如何にも内有利に恵まれた激走とフロック視されそうですが、その日の芝レースは決して内有利優勢の日ではありませんでした。
このレースの他の好走馬は内先行での展開利との解釈ができますが、果たしてコノ馬が敢行したイン差しが絶対的に有利だったのかと言えば必ずしもそうではないと思う(逆にイン競馬が故に窮屈・不利事象を受けていた)。
だから、コノ馬が世間様が言う程に恵まれた激走だったのかには疑問を投げかけたい…ズバリ妙味アリの一頭と見ます。
この注目馬の馬名は
ココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を月曜深夜24時に更新します!

--------------------

【平安Sの有力馬診断】
▽クリソライト 牡7 武豊 58 栗東 音無
砂被りや揉まれる競馬を嫌うスンナリ系馬。
昨年平安Sでは「溜める競馬に手応えを持った」という川田Jの継続騎乗で「前」よりも「外」を目指した騎乗での「外目スンナリの競馬で3着」というモノ。
結果的にはその川田J時代では勝利を挙げるコトができておらず、「外」よりも「前」の志向の武豊Jとのコンビでは5戦3勝4連対と好相性になっている。
今回もモチロンその競馬が理想だろうが、武豊Jとのコンビ5戦は何れも容易に自分の競馬ができる地方交流レースで、今回はそれとはレースの厳しさの次元が違うフルゲート同型多数の中央重賞である。

川田Jでの昨年アンタレスS4着・平安S3着時の能力を維持できていれば別の競馬でも力で持ってくるコトは可能だろうが、それを維持できているかには疑問も少なからず。

その後の勝利は低レベル韓国重賞と地方交流で地方馬が主な相手だったダイオライト記念だけ…豊マジックの怖さはあるが、単純に能力が通用するかどうか怪しさが・・・。

--------------------
※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

--------------------

続きを読む

↑このページのトップヘ