考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 スプリンターズステークス 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2017年7月号「グラサン師匠の鉄板競馬に登場」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]→紐=△[相手推奨馬]→▽[押さえ馬]」として、基本的には[◎]と[紐(=△)]の2種の利用とします
●勝負度は「(A[稀]→)B[特上]→C[上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[水準未満]→E[下]」とします
●推奨馬丸乗りではなく、ご自身の予想と組み合わせる等での非単独馬券として活用して頂きたいと考えております。[当推奨馬の単複馬券]と[当推奨馬から適当な人気馬数頭に流した馬券]とでは、誰でも簡単に後者の戦略の方が高回収率を得られます。
その辺りの詳しい話や、設定している基準買い目など当方の買い目(馬券)ポリシーについては以下の記事をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2377284.html

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中山11Rセントライト記念(勝負度D)
[印]
◎スティッフェリオ

[見解]

日曜のローズSは層が厚いと思われた春実績馬が軒並み崩れて、前走1000万下好走馬3頭中3頭が掲示板入りするなど夏の古馬混合条件戦活躍馬に軍配が挙がるという波乱に。
それは一つ目にはあくまでも秋華賞を見据えた前哨戦として出走してくる前者の本気度・デキの面でのディスアドバンテージが大きかったという背景(ex,ファンディーナ・リスグラシュー)で、二つ目には前者では今回適性懐疑的だとしても適性云々よりも桜花賞&オークス好走の威光での人気票が強く入ってしまうという背景(ex,レーヌミノル・モズカッチャン)…と言った辺りか。

ローズSがどうだったから翌日セントライト記念がどうなるとか云う短絡的な予想もどうかですが、少なくともローズS(3歳牝馬)よりもセントライト記念(3歳牡馬)の方が明らかに上位層が薄いという戦前の下馬評で、つまりはポッと出の馬(上がり馬)の食い込みが起こり得る下地は間違いなくあるはずで。
その上で、道悪競馬でより適性値が問われてくる月曜状況というのも、それを後押しするはずなのでで。

また、3歳牡馬の三大競走[皐月賞・ダービー・NHKマイルC]の出走馬の中から、(そもそも出走母数は少ないのですが)夏競馬での活躍事例はほぼ見られなくて、より目線を下げて3歳春G2G3出走馬でも夏競馬以降に古馬混合1000万下勝利級が頂上=多くはそれに満たないレベルになっている。

サトノクロニクル・クリンチャー・アルアイン・プラチナヴォイスと言った3歳春活躍馬と、勢いある夏1000万下好走級馬とでは、に少なくとも妙味の面では後者にあると判断したい。
また、クリンチャーはダービーでそうであった様に内枠競馬では自分の競馬に持ち込めるか楽ではなさそうだし、アルアインはマイラーとして評価できる高速皐月賞好走馬だけに且つ夏休養を経てより母系が出てきている印象だけに道悪二二適性に懐疑的にならざるを得ない面もあって…これは上記の“二つ目”に該当する要素になってしまう。

結論としては、その夏1000万下好走級馬の中から、特に今が旬=伸び盛りに思える人気薄スティッフェリオを狙い撃ちたい。
(その前走条件戦組の中ではミッキースワローが抜けた人気になりそうだが、コレも京都新聞杯5着という春実績により引っ張られた上位人気というのはあまり評価したくないので。それよりは春までは駄目だったけど、この夏期間での伸びが大きくて、尚且つ今のタイミングでまだ伸びてきそうな馬という視点です。)
前々走勝利→前走1000万下戦では窮屈な形で不完全燃焼ながら水準級相手関係に好走で、6月7月のタイミングで馬が変わっているのは明らか…この父△△△の血統も牡駒なら3歳秋以降が本番という傾向ですし現にこのセントライト記念でも同パターン上がり馬での激走馬の輩出例もあります。
あとは、恐らく外差し馬に分がある馬場&風が吹きそうなので。
(1着よりも権利獲り目指した競馬をしてきそうな点で複系推奨とします。)

完売【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)】
【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定】

-------------------
☆セントライト記念の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を月曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
阪神11Rローズステークス(勝負度D)
[印]
◎サトノアリシア複系

[見解]

阪神芝での雨馬場と言えば外差しのイメージがあるかも知れないが、それは開催後半の話であって、開催前半ならば寧ろ外目からの差しが利かない馬場にもなちがち。
その例としては昨年のローズSデー(終日重馬場)で、当日の芝レースでは内前残りが多発。メインのローズSでも単勝1倍台シンハライトを除く人気差し勢(アドマイヤリード・レッドアヴァンセ)は不発で、2着3着には1枠逃げ馬と2枠先行馬が入線した。

それに加えて(昨年と違って)本年で忘れてはならないのが台風による強風の影響で、ローズSの時刻では向正面向かい風の見込み…この場合だと逃げ馬不利となるのだが、少なくとも向かい風を真っ向から受ける馬には少々厳しい状況と言える。

そこで泣く泣く◎を取り下げたのが、大外枠の逃げ系馬カワキタエンカ
週中推奨見解→『コノ馬の今春クラシックシーズンは桜花賞トライアルのチューリップ賞で善戦止まりで、その後に自己条件で賞金積み上げてから桜花賞参戦という強行ローテ。
そのチューリップ賞でも馬場バイアス不利の内枠競馬での健闘着順だったが、桜花賞でも展開不利且つ馬場バイアス不利の逃げ競馬になって同じく健闘と言える一桁着順ならば地味に強いパフォーマンスだったと言える。
今期初戦の前走自己条件戦は良いペースで逃げたものの2着惜敗だったが、その勝ち馬が昨年秋華賞5着馬=牝馬OP級馬ならば相手が悪かっただけだろう。
春の一線級挑戦時には不完全燃焼に終わったが、当時のレース振りからは一転有利な競馬をさせて貰えれば世代牝馬重賞級でもやれておかしくない…春のリベンジとなるココでも展開次第での穴の魅力は十分アリだと見る。』

・・・人気になる春G1実績馬以外の中で最も能力的に買いたいのだが、上記の点から大外枠から掛かって行く馬なので壁(風除け)作れずに逃げ〜番手競馬濃厚とすると恵まれるのは難しそう。

差し展開を想定すれば即ち実績上位の人気馬決着を意味するので、やはり一発あるとすれば内目枠から逃げではなく先行できる馬に魅力を見出せる。
結論としては、そんな競馬をしてくれるだろう大穴サトノアリシアを狙います。
これまで芝千八では4戦4好走で、また父の名前やSSの血の薄さからも、今回の道悪レースで要求されそうなスタミナ面では上位評価できる馬。
芝千八以外では散々な戦績ですが…2歳時のワンターンマイル重賞2戦では折り合い難(不安)でまともなレースにならず、距離1400ではスピード不足露呈、ダートは不適性…と言った具合に敗因明確のレースのみ。
芝千八ならば無条件でOKでは決してナイですが、先導する馬が他に存在+内枠+道悪条件ならば、格上相手関係で好走した前走同様に折り合い欠かずに体力活かした先行競馬ならばココでも別路線組の未知の魅力十分=足りる結果あってもと思います。

【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定】
候補は少なからずあるのですが、だからこそ特殊な日曜当日の状況(雨・風)に応じて取捨していくのが最善かなと思いますので…twitter上で当日更新とさせて頂きます


【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
(提供予想…ラジオ日本賞+平場)


-------------------
☆ローズSの爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「月曜予想」を日曜16時と24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ予想】
阪神10R瀬戸内海特別(勝負度E)
[印]
◎ブリクスト

[見解]
土曜の阪神は台風の影響で朝から雨予報で、この10Rの時刻ならばまともな重馬場が想定される。
開催後半の雨ならば伸び所については外差し方向に作用で、開催前半だとマチマチで読み辛いのですが…道悪且つ外差し可の決め打ちで、それがピッタリという人気薄ブリクストを狙ってみたい。

コノ馬の父チチカステナンゴの産駒は総じて道悪得意傾向で、近年だと[良&稍重]と[重&不良]の好走率を比較すると後者の方が1.5〜2倍ほどの良績を残している。
コノ馬自身も例に漏れずその適性を受け継いでおり、道悪では1戦1勝(前回勝利レース)・稍重馬場ではOP2着の良績の持ち主。

雨馬場得意の他にコノ馬の重大な特徴としてはレースでの精神面の弱さがあって、それで馬群を割る競馬はできなくて外に持ち出してからでないと伸び脚を繰り出せない。
3走前はラスト1F地点で漸く外に持ち出してからは良く伸びて上がり最速も届かずの競馬、2走前は馬群に包まれて全くの不完全燃焼凡走、前走は外に持ち出すのが遅れた分だけ差し届かない競馬だった。
今回の手頃な13頭立て&バラける渋化馬場&前走の反省を踏まえて乗られるならばココは本領発揮の場面になりそう。
としても、今回の相手関係だと正直力量一枚劣ると思うのですが、それを馬場適性でカバーして複好走圏内までの食い込みはあっても。
(※もし重馬場以上・外差し可なら勝負度Dに近いですが、稍重以下・非外差し可もありそうなので低めに設定しました)

休載【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)】
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
17:40完売ありがとうございましたm(__)m(提供予想…中山12R)


-------------------

☆阪神10R瀬戸内海特別の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)



続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【セントライト記念の有力馬診断(後篇)〜ティータンリターンで見直しストロングレヴィル/エアレーション中山芝での田辺名人芸による全2勝で過信禁物チャロネグロなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽アルアイン 牡3 ルメール 56 栗東 池江寿
本年皐月賞は予告通りの超高速馬場での高速決着…となるとマイラー志向馬の活躍の場となるという傾向が認められる(=ダービー・菊花賞への直結度は決して高いとは言えない)。
正にそれを追い風に皐月賞馬になったのがアルアインで、実際に[シンザン記念→毎日杯]という裏ローテを歩んでいた通りに当の池江師にとっても想定外のマイラー予定馬のクラシック激走だったとのコト。
やはり血統的にも体型的にも春時点でも距離2000未満が良さそうで、この夏休養を経てより母系(母ドバイマジェスティは米ダ短G1馬)の血統が出た成長を遂げている感も。
それでもギリギリ能力で克服できるのが阪神二四ではなく中山二二の方との意図もあってのセントライト記念参戦なのだろうが、決して春G1馬の満を持しての前哨戦参戦ではなく試金石的な側面も大きい印象で信頼できるとまでは…?


―サーレンブラント 牡3 岩田 56 美南 戸田
これまでの3好走は東京新潟の広いコースで、中山では3戦3凡走というハッキリした凹凸戦績を残している。
本質的な不器用さと成長途上分もあって、長い直線でジックリと末脚を伸ばす以外の形はできないという現状。
前々走までのレースでも大抵で道中地点よりも直線地点で位置取りを下げている様な馬で、中山コースで始動(展開)が早まるトライアルレースでは尚更そうなりそう…余程の外差し決着が嵌まらない限りはノーチャンスの競馬が濃厚で。


△ストロングレヴィル 牡3 石橋脩 56 美北 堀
先週もご紹介した前走ティータンJ騎乗馬=ティータンリターン候補馬
(※8月&9月の前走騎手別成績では前走ティータンJ騎乗馬が連対率トップ級)無題aertj
別に字面だけで言っているのではなくて、コノ馬の前走の横津岳特別でのティータンJの騎乗振りは結構酷いモノがありましたので…当時に自己条件で並騎手ならば巻き返し候補と次走チェック馬とした通りです。

3走前には今回印が回るサーレンブラントと0.1秒差の2着好走していて、その時にはコノ馬の方が反応が良過ぎた分で最後差される様な形になっていた。
対サーレンブラントで言えば、サーレンブラントに死角生じる中山コース替わりならばコチラの方に分があってもと思わせられる。


―チャロネグロ 牡3 ○○ 56 美北 大和田
コノ馬の2勝は何れも中山芝で鞍上田辺とのコンビで挙げたモノだった。
先週京成杯AHでもお見事だったが、エアレーション中山芝の差し馬場での田辺Jは達人的な領域にあると言っても過言ではなくて、コノ馬の2勝は半分は田辺Jの十八番騎乗で=田辺Jの腕で持ってきたと言っても過言ではなくて…。
このケースでは田辺騎乗分を差し引いて考える必要性もあって、となると馬自身は当地での見た目の勝ちっぷり程の馬でも無いだろうと…その上で今回鞍上が田辺J以外なのであれば少なからず割り引かなくてはならない。


★○○○○○○(←セントライト記念の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬はこの父の産駒としてはスラッとしており四駆も長いタイプで、5走前京都2歳Sでも小回り二千コースで不利を受けて挽回できなかったが、前々走皐月賞でも同様に直線進入部で不利があって持ち味である持続的な脚を発揮しきれなかった感もあった。
前走NHKマイルCでは距離マイルが距離不足だったのが主な敗因だろう。
小回りコースよりも外回りコースの方に適性あるはずで、当コース条件では3戦2勝で唯一敗戦も道悪とまともにモタれていたのが響いていたワケ有り敗戦。
元から重賞戦線でも注目できる様な素材だったし、幼さ抜けなかった春当時から馬体的に少なからず成長窺える今回(今秋)には上級路線での食い込みを今一度期待して見たいが…。

--------------------
☆セントライト記念の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆セントライト記念の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

中山…土はやや内有利、日はイーブン/A
阪神…土日共にイーブン/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…2週目/Bコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA
阪神…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA

[ピックアップ競馬場[中山芝]の馬場考察]
開幕日の中山芝全6戦に於いて、逃げ馬は6頭中4頭が好走・2番手馬は6頭中3~4頭が好走。
その背景としては、単純に馬場が内有利だったというよりも、やっぱりエアレーション導入後の前2年からの年を跨ぐ流れも大きいと思います。

実際の馬場傾向に騎手が適応してくるのは正直ツーテンポ遅れです…一昨年は騎手意識に差し馬場が浸透した2週目になって極端Sペース前残り傾向に。昨年は同警戒によってか開幕週から同傾向が、そして本年も同様…というか現実無視の誤りだったとも言える少々行き過ぎの全戦ほぼSペースでした。

日曜メイン京成杯AHで1.31.6という前2年とは異なる高速馬場にも関わらず、現実の馬場よりも前2年の馬場の残像での騎乗(実際には高速馬場なのに、非高速馬場且つ差し馬場だとの誤った読みに基づく重心が後ろに偏った騎乗)を丸1日延々とやっていたというコトですね(先週記事でも指摘した通り、それがデフォルトというのが今の競馬のレベルでもあります)。

恐らく映像やラップ情報豊富な外野より、当事者の方が実際の所を把握し辛いと思うんですよ…こう書くと騎手をリスペクト不足批判されるのですが、でもね中京記念デーみたいに大半の騎手が右へ倣えで外回し過ぎの中で内を通った馬が上位独占レースが連続したり、そういう不正解なレースは多々です…。
そういった騎乗ミスや適性違いや調教失敗などの“当事者の不正解”こそが予想の素になるワケで(逆に全部正解なら競馬は恐ろしくつまらないモノに)、だからそれが競馬の一興なのは間違いなく…別に批判意図ではないですが、私の立場ならば失礼承知・偉そうにズバッと言ってナンボでしょう…というつもりです。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題stkul

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜中山8R(500万下)] 7着スズカゴーディー
2走前は小回り1700で砂被りつつで不完全燃焼、前走は距離不足1000で間に合わずの競馬。
今回は良績舞台条件に戻ってきたが、極端内枠を引いた分で砂被りつつで追走忙しく、直線で外に持ち出して伸びかけたかと思えば他馬接触を受けて勢い遮られたのが痛かった。
中山千二ならば展開左右されそうだが、東京千四ならば好走圏内まで差せそうなイメージは持てる。

[日曜中山12R(1000万下)] 11着メイショウタラチネ
前走は最内枠から最内追い込みで0.1秒差4着好走、今回も内枠引いて同策を狙ってきたがまともに詰まって全く追えずの11着となった…捌けていれば掲示板内はある脚色だった。
それ以前の当クラスでの中央戦績は[3着・3着・4着・7着(Hレベル戦)]で、どうも舐められがちの様だが決して格下戦績馬ではないというのが実際の所である。
これで(更に)人気落ちするならば絶好の買い時を迎えそう。


--------------------
☆セントライト記念の大穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(6位)で公開中!
コノ馬の前走は例のティータンJによるグチャグチャな騎乗が敗因だと言っても過言ではないモノでした。
その前も連続で2着2着と勝ち切れぬ結果でしたが、共に負けて強しの2着で、例えば3走前2着も今回穴人気サーレンブラントと0.1秒差でしたがコチラの方が反応が良過ぎた分で最後差される様な形でしたので評価すべきはコチラでしょう。
東京→中山がマイナスになるサーレンブラントに対して、コチラの方は中山長丁場が合いそうなタイプ。
将来性は確かな馬だと思うので、やや先物買いになりますが春実績馬が手薄なココならば食い込み可能性を拾いたい。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆セントライト記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【セントライト記念の有力馬診断(前篇)〜凡戦ダービー藤岡佑介J戦犯説…あれは鞍上の限界であるよりも、寧ろクリンチャー自身の問題=弱点露呈であるとも…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽クリンチャー 牡3 藤岡佑 56 栗東 宮本
前々走皐月賞では先行策から早め先頭の積極策で13人気4着激走。
それに対して前走ダービーでは位置を取れずに何もできずに13着凡走。
そのダービーではあたかもレース自体(凡戦)の戦犯として鞍上藤岡佑介Jが槍玉に挙がっていたが、大元としては馬自身がそんな確実性ある競馬をできる馬ではないという点に元凶があったと思います。
前々走皐月賞でも急かした追走をするとフォームを崩していたり、初戦新馬戦では左回りで何もできずだったりでした。
前走での批判を受けて藤岡佑Jとしては何が何でも積極的に行きたい心境でしょうが、それが前走と同じく多頭数激戦の内枠からとなると履行できるかは結構怪しさもあります…それでも無理してやるならば逆効果になるでしょう。
特に死枠でもある極端内枠を引けば消し、内枠なら懐疑的、まず中外枠を引いてから初めて検討できる馬だと思います。


―クレッシェンドラヴ 牡3 ○○ 56 美北 二ノ宮
父ステイゴールド×母父サドラーの重厚血統で、距離二千では芽が出ずに距離を延ばして延ばして素質開花しつつある近況。
3走連続好走中だが全て中長距離条件の非高速決着で、一昔前の菊花賞ならばこの手のスタミナ特化馬が穴パターンにもなっていたが、今のスタミナ要求要素薄まった菊花賞ならば足りないだろうしその前哨戦セントライト記念では当然全然間に合わない馬。


△サトノクロニクル 牡3 Mデムー 56 栗東 池江寿
前走ラジオNIKKEI賞は秋以降でローテを組み易くする為に少しでも多くの賞金を積み上げたとの意図での欲張りローテでの参戦となったワケだが、本来的には春はダービーを大目標に考えられていた(除外を受けて代わりに出走した白百合Sで勝利)であって、目標後の余計な一戦且つ必要以上にハンデを背負わされる近況成績になっていた(如何にもラジオNIKKEI賞で飛ぶパターンの上位人気馬だった)。
馬のタイプ的にも小回り千八条件も忙しいモノであったし、それ以上に馬が道中から難しい面を見せていたのはハードローテが祟った分でもありそう。

その前走ラジオNIKKEI賞をワケ有り敗戦と見做せば、それ以前は5戦5連対の魅力的戦績の持ち主。
裏街道での戦績のみという点で未知な面も大きいのだが、陣営(スター馬を数多く扱う池江厩舎)の見立てではハーツクライ産駒の本丸という程の超高評価馬…そうでなければ今回も鞍上デムーロという話にはならないだろうし、この手のブラックボックス期待馬には順張りした方がベターなので…。


△セダブリランテス 牡3 戸崎 56 美北 手塚
ラジオNIKKEI賞1着馬。
そのラジオNIKKEI賞は少々難があると言わざるを得ない3歳夏ハンデ重賞で、コノ馬の場合には当時2戦2勝の最小限実績ローテで(実力の割に)有利なハンデに収まった出走ができたのも見逃せぬ勝因の一つだろう(その逆が同じく2勝馬ながらも無駄に戦績重ねていたせいで酷量57背負わされたサトノクロニクル)。

とは言えども、レース振りを見る限りでも小回り千八条件では鈍くてどうかなと思うシーンもありつつ、人気馬の自滅と外枠先行で長く脚を使える競馬振りと、そして何よりも能力で勝ち切ったというパフォーマンスは無下にはできないが。

成長力ある母系血統で、前走を見る限りでは距離延長も外回りコース替わりもプラスで、これまでの芝2勝が何れも相手関係(実質的に下した相手)的には評価できない分をどこまでスケール高評価を与えて良いのかという話になってくる。


★○○○○○○(←セントライト記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
これまで5戦全て若手騎手騎乗で、全て馬の力任せの競馬をさせている、
3走前500万勝ちまでは馬の力の違いがあったのでそれでも良かったが、前々走重賞戦ではそうもいかずにお粗末な騎乗振りだった分だけ届かずだったと言っても過言ではない0.1秒差(5着)となってしまった。前走自己条件戦でも超スローペースを最後方からの追い込み一気で脚余して0.0秒差(3着)は勿体無いの一言。
前々走は掛かって自滅…前走は掛かり不安で最後方競馬…大事なトライアルレースで鞍上一流騎手起用は至極当然の話で、そりゃ若手騎手と大ベテラン一流騎手の目に見えない腕の差は相当あるはずで…その一点で大きな期待を懸けても良いのではないだろうか。
コノ騎手もコノ親戚厩舎馬にはヤル気を見せる傾向あり、菊花賞出走が懸かったトライアルレースとなれば桜花賞アエロリット(後に実質的な捨てレースだったとのニュアンスのコメント有り)も無いだろうから…。

--------------------
☆セントライト記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


↑このページのトップヘ