考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「キーンランドカップ 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2017年7月号「グラサン師匠の鉄板競馬に登場」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]→紐=△[相手推奨馬]→▽[押さえ馬]」として、基本的には[◎]と[紐(=△)]の2種の利用とします
●勝負度は「(A[稀]→)B[特上]→C[上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[水準未満]→E[下]」とします
●推奨馬丸乗りではなく、ご自身の予想と組み合わせる等での非単独馬券として活用して頂きたいと考えております。[当推奨馬の単複馬券]と[当推奨馬から適当な人気馬数頭に流した馬券]とでは、誰でも簡単に後者の戦略の方が高回収率を得られます。
その辺りの詳しい話や、設定している基準買い目など当方の買い目(馬券)ポリシーについては以下の記事をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2377284.html

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆関屋記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【関屋記念の有力馬診断(後篇)〜本来ならマイル王者級の大器…でも4歳時以降は一度も満足状態で出走できず、十分に良化待った今回でも坂路オンリーで完全復活遠いノンプラチナ〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△ダノンプラチナ 牡5 蛯名 56 美北 国枝
まずは前走富士S3着後の回顧文を参照↓
『もし1年前ならば勝ち負けまであったはず…やっぱり復活は難しいのではないというのが第一感想。
今年は東京新聞杯(攻められずに重め残り)〜安田記念回避(蹄不安)〜京成杯AH(昨年も馬体減を起こした夏場で馬体減)でとことん順調さを欠いて、ようやく今回は「まとも」にレースに出られるという状況だった。
それでも、調教の動きも全盛期と違う姿(陣営曰く硬さが出てきた)だったり、現にTMSも△止まりだったりで、それは情状酌量できる材料になると共に、ここまでお膳立てしても順調に仕上がらないのは致命的な問題という解釈も必要。
3歳秋時点までは間違いなくトップマイラーを窺う一頭だったはずだが、ここまでのゴタゴタを見ると本物のパフォーマンスをする機会があるかどうか今後も疑問という結論を出したい。』

・・・
その後も順調に使えずに、過去の休養よりも長い約10か月振りの実戦となる今回。
これまでのコース調教だったのが、今回は坂路調教オンリーになっている時点で完全復活とは読めないし、1週前時点のTMSは△止まりで、この先も順調に使える保証はなく1戦1戦が勝負にも関わらず&帰厩後に長期スパンの調教過程を踏んでいるにも関わらず当日太目残りが濃厚という状況。
同じく問題を抱えて出走した近3走は4着3着3着で、1つ目4着は展開不利・2つ目3着はトップハンデ58キロ・3つ目3着はHレベル戦で、当時だけ走れれば全然好走圏内ではあるだけに切り辛いが…。
現時点では出走してこられる状態にさえあれば好走は望めるだけの元の地力高い馬というのと、ここまでの経緯からして完全復活というのは絶望的だろうというのと。


―オールザゴー 牡3 内田博 53 栗東 矢作
本年NHKマイルCというのは牝馬のワンツー決着となった通り、そして3着以下はそれに大きく離された通り、出走牡馬は二流馬ばかりだった。その傾向は近年も同じで、ごく一握りの馬を除いては後の重賞級未満馬というのが実情である。
そこで0.7秒差5着だったコノ馬は…現時点ではその後者の方に位置する馬。手薄なスプリント路線では3歳馬が即活躍事例が出ているが、それよりも何割か増しで分厚い相手関係揃っているマイル路線となれば即通用は容易い話でもない。


―ショウナンバッハ 牡6 柴田善 56 美北 上原
コノ馬の特徴としては、小回りコースで一瞬の脚で勝負したいといのと、道悪馬場はカラッキシというのがある。
OP昇級前は主に小回りコースで勝利を積み上げてきたのに、OP昇級後は主に外回りコースで凡走を積み上げているチグハグなレース選択振りが目立つ。その中でも上記の2要素が揃う場面では高確率で重賞OP善戦しているので今後も盲点で買える機会ある一頭だと睨んでいる(外回りマイル戦では×)。


★ダノンリバティ
関屋記念の特筆点としては、同じサマーシリーズに組み込まれている中京記念好走組の不振が挙げられ、逆に中京記念凡走組の一変例は頻繁に起きている。つまり、その要求適性異なる2レースの出し入れが大きなキーになるという歴史…それ(一変馬)にドンピシャ該当しそうなのがコノ馬。

昨年中京記念でも好走できずだったが、本年も当時と似たような差し遅れでの好走できず。
昨年はまだ特性が分かっていない中での武豊J騎乗だった分もあるが、本年の場合にはやはり先行できない不器用さが元凶での上記通り不利外差し競馬での必然の負け方。
昨年は次走関屋記念では2着巻き返ししたが、それだけに見え見えの人気するでしょうが本年も同様があって良さそう。
新潟外回りのテンスピードならば先行できるという馬で、先行さえすればその後のレース組み立ては全て改善して持ち味の持続力生かせる未来が容易に想像できる。
本当に先行策を目指すのかは陣営談話を要チェックだが、その意気込みさえあれば先行好走の可能性は十分に見出せる一頭。


★マルターズアポジー 牡5 武士沢 57 美南 堀井
前走七夕賞では予想にて『武士沢Jのコメント「レースでは抑えられるレベルじゃない・他の馬と並べばそれだけ行く・同型馬がいて競ったら共倒れになるくらい行く」がコノ馬の本質で、準OP時代には(逃げに持ち込むには相当押して出して行かなければならない)東京二千外枠条件のせいで暴走逃げを連発したコトもあったし、少しでも引き金があれば行きっぷり良過ぎる競馬に突入してくる。』と書いたが、正にその負の側面を前面に出すレース振りになってしまった。
その引き金は外目の枠順も要因の一つだろうし、あとはご覧の通りのフェイマスエンド石川裕Jの特攻があったのが全て。
普通の馬ならばフェイマスエンドに先に行かせれば良いだけの話になるが、マルターズアポージーの場合には上記の通り他馬競り掛けが即暴走へと直結するタイプだけに・・・。
敗因としては上記が全てだろうが、仮にフェイマスエンドが居なかったとしてどの程度の結果を残したのかは未知の領域ではある。
マイナー出自馬だけに前走同様の潰され策を受け易い立場でもあるのと、また血統的には危うさもあるので小倉大賞典で見せた走力と気力を現時点でも保持しているのかは必ずしも楽観的には見られない。
とは言えども、マルターズアポージーのコノ手の大敗からの一変劇は3歳時から幾度もあった話で、少なくとも完全度外視すべき前走よりも人気落ちで買えるというのはオイシイかも
距離短縮マイルは距離適性的にはプラスで、新潟コースというと差し有利のイメージあるだろうが逆に逃げの手に持ち込み易い利点はあるだろうし、一発あっても良いと見ます。

--------------------
☆関屋記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

新潟…土日共にイーブン/B
小倉…土日共にイーブン/B
札幌…土日共にイーブン/S

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
新潟…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB〜A
小倉…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB〜A
札幌…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題uj-

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[小倉記念] 13着ケイティープライド
過去には中外枠からでも内に潜り込んでの好走歴は何度かあるので期待したが、今回は完全に外枠が仇となったという大敗劇。
外枠からやや出して行く競馬をしたせいで、前半1000m位までずっと外目で掛かり気味の追走で、となれば後半の失速は当たり前と言うしかない。
前走は休み明け初戦での0.2秒差…前々走は馬場バイアス不利競馬での0.4秒差…この手の大敗からの一変歴も複数ある馬だけに次走以降も穴で注目し続けたい。


【関屋記念の有力馬診断(中篇)】
▽トーセンデューク 牡6 小崎 56 栗東 藤原英
3走前準OP戦は距離1400・Hペース・レコード決着で勝利。
2走前京王杯SCは一転してスローペースの低速決着という振り幅大きい一戦。それもコノ馬の場合には折り合いが何よりも鍵という馬なので、それが大いにマイナスに作用する立場だった。結果的にも内外バラける馬場だった分で折り合い重視の騎乗もし辛くて結構厳しいシーンもあったし、直線では一番伸びない馬場の最内を通らされたし…それで4着まで0.0秒差ならば大健闘と言えよう。
前走CBC賞は今度は距離短い1200・大外枠・不得手雨馬場と不向き条件揃い。折り合いが鍵である面で距離1400短縮で結果を出したが、決してスピードタイプではないディープ産駒なので距離1200の馬ではない。結果的には後方競馬に転化してソツない競馬にはなっていたが、折り合い不安馬だけに大外枠では戦法が限定されて勝負できず。また、過去に重い馬場では3走して、1走目はスタート直後に躓いて落馬競走中止、2走目は1人気5着凡走、3走目はデムーロヤラズで2人気11着大敗という散々な有り様。馬場の良い外目に持ち出しての着拾いの様な競馬で格好は付けた着順での入線となったが、コノ馬のポテンシャルはこんなモノではないはず。

条件好転ならば◎を用意しているのですが、今度は距離2F延長で前々走の二の舞の懸念となる場面。それでも例年通りのスピードレースになれば一縷の望みもあるのですが…鞍上小崎J起用は残念。これだけ乗り難しい馬でけに余計ですし、藤原英厩舎で重賞でこのランクの騎手起用は本気度薄の表れと読むしか…。


▽ロードクエスト 牡4 池添 56 美南 小島茂
蹄の不安が出て安田記念前哨戦に間に合わず…安田記念にも間に合わず…そして前走パラダイスSまで復帰戦がズレ込んだ経緯。
そのパラダイスS参戦時点から関屋記念叩き台を明言していたので、まだ復帰戦凡走時点では見限ってはならないか。

気になるのは3走前富士Sの敗因は一般的には展開不利が大部分に見えると思うが、陣営内では通常よりも出して行く競馬をした分でリズムを欠いて本来の脚すら使えなかったのが第一の問題であるとの認識という点。
陣営も鞍上も折り合い面での意識が強過ぎて、(2歳時のイメージもある)新潟外回りコースとなれば極端後方競馬は必至だろう(京成杯AHの捲り競馬にはならない)。
実際にそれで好結果を出せたのは一体どれだけ昔の話なのかという…現時点では「思いのほか」という馬に成り下がっていても全く驚けないので…。

★○○○○○○(←関屋記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬は不器用さと気難しさがあって、スンナリと先行する形が理想。
逆に言えば昨秋マイルCSがそうであった様に馬群内で揉まれる競馬では最悪だし、前走安田記念がそうであった様に先行する形でも急かして行かないといけない様なペースだとどうかという面もある。
関屋記念で見込まれる平均的なラップを刻むペース(自身前半3F35秒台追走)は得意領域としており、ココならば上位で走れる計算は成り立つ馬。
昨年の当レースでは大外枠と一流騎手騎乗も向いた激走だったが、本年は昨年以上に好位ポジションが忙しくなりそうな点で枠順が大きな鍵になりそう…首尾よく中外枠からの競馬が叶えばチャンスだろう。

--------------------
☆関屋記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆関屋記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【関屋記念の有力馬診断(前篇)〜中京記念デーの芝レース傾向[見た目内荒れ馬場]でも[実際内伸び有利]でも[右に倣えで日本人騎手の多くは安易に外を回しまくり]により紛れ多発〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―レッドレイヴン 牡7 北村宏 56 美北 藤沢和
前走中京記念8着健闘はコース取りの恩恵が多分に反映された結果だろうから特に評価はしない…主に日本人騎手騎乗で無駄に外を回す馬が続出した中で、それに与しなかったホワイトJの騎乗の分で相対的に上位の着順を得られたイメージ。

その中京記念デーの馬場云々については当時の回顧文を参照↓
『先週中京芝なんかが典型ですが、大方の騎手はどうしても見た目優先のジャッジをしている印象です。見た目と実際の馬場差が絶対的な相関関係がないのはレース映像を詳しく分析していれば明らかな話ですし、それなら当事者騎手よりも外野からレース映像だけ見ている方がどこが伸びるか伸びないのか全然読み取れる…と思ってしまいます。

少なくともあの中京記念の後の12レースですら多くの馬(騎手)が外に広がる競馬をして、結果的に内に拘った3頭のワンツースリーなんか見せられたら、そりゃ前者の多くの騎手は実際の馬場差が全く読めていないと思って当然だと思います(遠慮なく言えば)。

騎手を庇うとすれば、先週中京芝みたいな場面でも(実際の好走馬の進路はともかくとして)「内が悪い」という情報が支配的で、やっぱり外を回る方が常識的な騎乗であり、あそこで内を突く騎乗には相当勇気が要るみたいで(解説者からも陣営からも、見た目が良い所を通ってくれば悪くは言われないという話も)。
日本人騎手の多くはリスクを取れずに周りに合わせての騎乗になりがちで・・・(これ以下の福永Jの平凡戦術批判&差し技術称賛は関係無いので略)』


▽ウインガニオン 牡5 津村 57 栗東 西園
まずは前走中京記念時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬は一昨年も昨年も夏場だけ連続激走している生粋の夏馬。
昨年夏以降は4連続凡走していたのが、今期初戦の季節替わりのタイミングで文字通り一変して見せた。
前走は最終週馬場で寧ろ逃げ馬残り傾向顕著な日になっていたので、そこでの有利な競馬をしての好走はややフロック視される面もあるだろう…但し、コノ馬の場合には過去年でも恵まれたと思われつつも夏場はパフォーマンスを上げ続けて結局連続激走し続けてきた経緯で…その今の時季にはレースを走る度に(ファンの予想を上回る)伸びシロを見せてくれるという上昇余地を踏まえればココでも決して侮れぬ一頭と見る。』

・・・
その中京記念では見解通り更にパフォーマンスを伸ばしたという完勝劇で、上記の通りであればまだ世間人気が馬の上昇度を上回らないと思われる今回もまだ妙味ある馬にもなり得る存在だったが…。
ただし、前走については左回りラチ沿い競馬が理想だった馬の特性に、レッドレイヴンの欄で書いた通りの完全にマッチする外的要素があったコトも勝因として見逃せない。やや癖が強い面もあるだけに、幾ら調子が良くても(同型多数の中での)レースの形次第ではドボンもあり得る点では注意が必要。
また状態面についても、そんなどこ迄も上昇するワケではなくて、まだ1週前も時計になる調教をしていない通り状態維持で御の字という様で、特に相性悪の中京記念激走後ローテであるコトからも首尾良く「今回も」とはなってくれない可能性も少なからずありそうで…。


―ロサギガンティア 牡6 大野 57 美北 藤沢和
最近の4度の好走歴は全て距離1400で、重賞レースだけではなくOPレースにも出走しているにも関わらず距離1600以上では近6連続凡走中・4歳時以降は距離マイル以上実績は皆無と言って良い戦績の持ち主。この距離適性が短めにシフトしているのは主に気性面の問題で、それが進行しているという近況。

昨年関屋記念はデムーロJらしく前で追っ放して暴走気味の競馬。4走前毎日王冠は逆に好位で我慢させる競馬を目指されたが、終始掛かり通しでそれは無理な話だったという結論。

距離1400路線ならば可能性残している馬だが、懲りずに距離マイル起用で本気度の低さが窺い知れる珍しい弱化鞍上起用では買う気にはなれぬ。

―ウキヨノカゼ 牝7 吉田隼 55 美南 菊沢
気性的に枯れてきた分で(一時のスプリント路線馬から)距離長め馬にシフトしてきている現状で、横山典Jからも距離1800向きの進言がされた位で、この近況の戦績は“スロ専の追い込み馬”だろう。
新潟マイル戦というとスローペースからの上がり勝負のイメージあるかも知れないが、関屋記念は頭数揃うと前半3F34秒台で流れるのが常で、強力先行勢揃う本年のケースでもそうなるだろう。
この手の前半速いペースからの高速時計決着だと、勝負にならない位置から上がり最速級競馬をするも全く届かずというのがコノ馬のパターンなので…軽視。

▽クラリティスカイ 牡5 横山典 56 美南 斎藤誠
3走前小倉大賞典では、鞍上田辺Jはペースが速かったコトで理想の競馬ができなかったコトを敗因に挙げている。
かと言って、それ以上に楽なラップ戦になると4走前AJCCや前走エプソムCがそうであった通り折り合い面の難しさが出て大きく沈む形になっている。
距離1800付近で上手く流れに乗る形が理想だ。
今回は距離短縮1600で折り合い面は楽になるだろうが、恐らく近走とは異なる追走ペースで置かれる形になる可能性が高い…中団以降から速い上がりを使って差してくる脚には決して秀でていないタイプだけに、ココで好走する競馬というのは少し想像し難いが…。

★○○○○○○(←関屋記念の穴◎候補馬)の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走の大敗によって世間の目も半信半疑になり少なからず人気落ちしそうなコノ馬であるが、結論から言えば完全度外視できる大敗によっての人気落ちはオイシイと見るべきとも。
コノ馬の大敗からの一変劇=展開一つでの一変劇は過去に幾度となくある話である。
新潟マイルコースのイメージは持てない馬かも知れないが、距離適性的には距離二千路線よりも距離マイルの方が合いそうな非中距離適性馬で、新潟コースであれば前走の二の舞ではなく自分の競馬に持ち込み易いコース形態だと言える…ズバリ本領発揮の一発あって良い一頭と見ます。

--------------------
☆関屋記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


【エルムSの有力馬診断】
▽クリノスターオー 牡7 幸 56 栗東 高橋忠

海外遠征の反動と脚元の問題と体調の問題と…そんなこんなで昨秋コリアCから今春平安Sまで空白期間が長くなった経緯。その平安Sは長欠明け初戦だった分と、Hペース先行と、揉まれる形も苦にした大敗。
ようやく順調に使えた前走マーキュリーCは、平安Sの3つの敗因が全て消えた分での3着好走だった。
今回は前走を以て復活の期待と昨年好走馬の側面からも大人気となる模様だが、適性については疑いようが無いが前走だけでは完全復調かは心許ない。
昨年の当レースは大外枠で、前走は地方交流レースでそれぞれスンナリの形叶ったのが好走の大きなキーポイントになっており、内枠不利コースで内枠引いてしまえば一気に雲行きが怪しくなりそう。
また間隔を空けたローテに良績あり、中3週での[盛岡→栗東→札幌]の半ば強行軍は爆弾にも。

--------------------
※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
-------------------
続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【予想印と勝負度の変更&買い目についてのお知らせ(再)】
●予想印と勝負度は以下の通りに微妙に表現を改めます
・印は「◎[本命馬]→〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]→紐=△[相手推奨馬]→▽[押さえ馬]」を用います
・勝負度は「(A[稀]→)B[特上]→C[上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[水準未満]→E[下]」を用います
・印については基本的には[◎本命馬]と[紐=△相手推奨馬]の2種の利用で、[〇][▲]は特別に該当する推奨馬が存在する場合のみ、[▽]は単独買い目提供時など特別に指定する必要ある場合のみの予定です
・紐と△は同じ意味の印としますが、[〇][▲][▽]を利用しない場合には[△]ではなく[紐]と表記します


●買い目についての
保存版記事を現在作成中です。現在は完全版会員様のみに暫定公開中で、来週中には決定版として全体公開予定です。そこでは基準買い目設定も一つの主題であり、全公開前の今週予想から裏ではそうなってるというコトになりますが悪しからず。。
ちなみに、昨日土曜メイン札幌日経オープン予想では、基準買い目設定の初日というコトでtwitter上で事前に買い目(購入馬券)を公開しました(→4券種中3券種的中(ワイド1点/馬連5点/三連複10点))。
ただ、そこでも書きましたが、ある程度オッズが出揃わないと馬券購入が結構大変なコトもあるので毎回公開や前日公開は無いというのと、公開する場合にも(基本的には予告しますが)突発公開が有り得る点だけご承知置き下さい。

(追記→要望が多いので、来週以降は日曜重賞予想など一部予想で早めの事前公開とする予定です)

【ブログ重賞OP予想】
小倉11R小倉記念(勝負度D)
[印]
◎ヴォージュ
紐11ケイティープライド

[見解]

まず紐推奨馬としてケイティープライドを挙げる。
前走函館記念5着後に今回(次走)予想文を書いた様なモノなので…まずは当時次走チェック馬見解を参照↓
『コノ馬が昨年シーズンで最も好成績を残したレースがこの函館記念だった。
だから本来は函館記念に狙い澄ましての本気勝負を仕掛けてきても良い場面だったとも思うのだが、それでも昨年と違って前哨戦巴賞も使わずに&いわゆる10日競馬での攻め不足・太目残りで出してきたというコトはそれなりの意図あってのコトだろう…つまりは、サマー2000シリーズ狙い(=初戦で勝負は懸けられない)なのか、大目標レースが次走(以降)にキッチリと決まっているのか。
そういうやや物足りない状態で、しかもそもそもが休み明け初戦は走らないと言われる叩き良化タイプで、それにも関わらず2着とタイム差無しでの走破は十分に健闘した結果だと言えるだろう。
今回は休み明け初戦ローテも理由で人気落ちしてた側面も強いので叩いた次走は穴人気必至でしょうが…引き続きハンデ斤量での得意小回り(特に内枠)条件ならば馬券内好走チャンスは十分と見る。』

・・・
当時の想定よりもプラス材料を言うとすれば穴人気の気配が無い点、マイナス材料を言うとすれば外枠配置となった点。
4走前小倉大賞典みたく外目枠から済し崩し的に脚を使わされると厳しいだろうし、この外枠からでも上手く内で脚を溜める形ができれば善戦以上を見えてくるし…但し後者の場合でも過去はかなり嵌まって3着あるかないかのレベルなので、決して確率が高いとは言えない分で◎には至りませんでした。


その代わりに◎穴本命馬に抜擢するのは〇〇〇〇〇です。
今回は前走準オープン勝ち馬や準オープンクラス在籍馬が上位人気を占める様相だが、そのストロングタイタン・サンマルティンは突出した上がり馬というワケではないし、タツゴウゲキにしても人気の最大根拠である前走七夕賞で強かったワケではないし、いずれにしても初物としての期待先行感が否めない。
それらの準オープン時代のパフォーマンスが基準ならば、逆に前走時に期待先行でそれが萎んだ今回人気急落という〇〇〇〇〇も遜色無いレベル=地味に強い走りを見せていた。
前走凡走については[序盤はHペースで→中盤は外から交わされ→終盤は他馬からアタック]など全く落ち着く所がないレース振り。それはコノ馬の性格的にも不向きなモノだったし、条件戦時代とはまるで違う初競馬だった点で情状酌量の余地は大アリだろう。
その前走を除けばパーフェクト戦績の距離二千条件なら、そして非乱ペース見込みで自分の競馬叶うならば通用して良いはずの妙味馬と見て推奨します。

【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定


【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
完売ありがとうございましたm(__)m(提供予想…レパードS(D)、新潟3(D))


-------------------
☆小倉記念の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の日曜予想号の配信は「済」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【予想印と勝負度の変更&買い目についてのお知らせ】
●予想印と勝負度は以下の通りに微妙に表現を改めます
・印は「◎[本命馬]→〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]→紐=△[相手推奨馬]→▽[押さえ馬]」を用います

・勝負度は「(A[稀]→)B[特上]→C[上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[水準未満]→E[下]」を用います

・印については基本的には[◎本命馬]と[紐=△相手推奨馬]の2種の利用で、[〇][▲]は特別に該当する推奨馬が存在する場合のみ、[▽]は単独買い目提供時など特別に指定する必要ある場合のみの予定です
・紐と△は同じ意味の印としますが、[〇][▲][▽]を利用しない場合には[△]ではなく[紐]と表記します

●買い目についての保存版記事を現在作成中です。現在は完全版会員様のみに暫定公開中で、来週中には決定版として全体公開予定です。そこでは基準買い目設定も一つの主題であり、全公開前の今週予想から裏ではそうなってるというコトになりますが悪しからず。。

【ブログ重賞OP予想】
札幌11R札幌日経オープン(勝負度CD)
[印]
◎シルクドリーマー
紐8モンドインテロ

[見解]
断然1人気モンドインテロについては、とりあえず置きに行く評価未満にはならない。

まずは前走目黒記念8着後の次走チェック馬見解を参照↓
『前走大阪杯でもそうだったのだが、今回はより厳しい最内枠という条件を引いて、直線でも内から外からプレッシャー掛けられる形になり、それで他馬を気にする面から力を出せなかった印象。
前走大阪杯は距離不足で同じく。
その前は中長距離でストレス軽いレース振りで連続好走。
距離2400以上で上記の条件が付くとなると適鞍はあまり多くないのだが、今後その特徴次第で好走凡走が行ったり来たりも有り得そう。』

・・・
今回は少頭数の長丁場レースで、前2走の敗因の二の舞可能性は相当低く抑えられる場面。
その上で平坦小回り右回りという得意条件も揃うココでは、そして札幌芝中長距離では昨年本年勝率5割で鬼に金棒と言えるルメールJ起用となれば、ここでは素直に能力上位を出してくれる場面だと見て。


逆にモンドインテロの下の人気馬は混戦模様だが、その中で一頭選ぶならば本命馬シルクドリーマーに白羽の矢を立てたい。
逆に選ばなかった人気馬に一言ずつ触れると…
プレストウィックは2つ前の記事で長々書いた通りティータンJ起用が最大の爆弾にもなり得るか。彼にとって少頭数・中長距離というのはリスク拡大の条件で、その上で騎乗馬もかなり乗り難しいという…。
トゥインクルは屈腱炎明け1年振りは当然リスク大の場面で、ラブラドライトは1月2月の連続好走は斤量51と展開利が利いたモノで能力半信半疑。

本命馬シルクドリーマーは転厩後に路線転向して急上昇。転厩後も『上の意向』だろうが適性外のレースを使われるケースもあって少し馬柱が汚れているが、芝中長距離路線に限れば連続で強さを示している。
4走前は不利受けて一時後退させられたものの、そこからは伸び続けるというレース振りで4着まで0.1秒差の健闘。
2走前は勝ち馬に対してドン詰まった分だけ着差を付けられたというレース振りで、馬群の外に持ち出せてからは併せ馬で一歩も譲らぬ脚で伸び続ける健闘。
前走でも馬場の悪い内目を通りながらも4着まで0.1秒差の健闘。
1頭になると気を抜く面があって併せ馬ならば伸び負けない性格だが、その3戦では不利等あってそれを生かせないレース続きになっている。
上記の限りでは地力上位と認められる一頭で、あとは少頭数小回り条件でも追い比べに持ち込めれば勝機が。

【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定


【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
完売ありがとうございましたm(__)m(提供予想…小倉6(D)・小倉9R(D))


-------------------
☆札幌日経オープンの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「済み」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

↑このページのトップヘ