考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「キーンランドカップ 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2017年7月号「グラサン師匠の鉄板競馬に登場」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]→紐=△[相手推奨馬]→▽[押さえ馬]」として、基本的には[◎]と[紐(=△)]の2種の利用とします
●勝負度は「(A[稀]→)B[特上]→C[上=勝負予想]→CD[水準=準勝負予想]→D[水準未満]→E[下]」とします
●推奨馬丸乗りではなく、ご自身の予想と組み合わせる等での非単独馬券として活用して頂きたいと考えております。[当推奨馬の単複馬券]と[当推奨馬から適当な人気馬数頭に流した馬券]とでは、誰でも簡単に後者の戦略の方が高回収率を得られます。
その辺りの詳しい話や、設定している基準買い目など当方の買い目(馬券)ポリシーについては以下の記事をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2377284.html

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆小倉記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【小倉記念の有力馬診断(後篇)〜前年激走の最適重賞函館記念を10日競馬で叩き台利用→(今夏最後の小回り中距離ハンデ重賞)小倉記念メイチローテで勝負懸かりケイティープライド〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△ヴォージュ 牡4 松若  栗東 西村
3走前までは小回りコースで先行粘り好走を積み上げていた戦績で、逆に外回りコースとなるとキレ負けちがちで結果を残せずという傾向だった。
それが4走前と前々走で(それまで連対歴なかった)外回りコースでの連対と勝利を決めてきた辺りは確実に力を付けてきていると言えるか。
それでOP昇級初戦の重賞レースでもいきなり3人気に支持されたワケだが、条件戦時代には経験なかったような厳しいペースに対応できずに凡走を喫した形。それならば控える戦略もあった様に思えてしまうが、どうも揉まれ弱さもある様で積極策だけは譲れないという事情もあった模様。
その前走七夕賞はマルターズアポージーとフェイマスエンドの遣り合いがあったモノで、その次元の乱ペースの二の舞はほぼ無いのが今回…それで度外視級前走時よりも人気控え目で買えるならば妙味はアリと見られる。


★ケイティープライド 牡7 鮫島駿  栗東 角田
前走函館記念5着後の次走チェック馬見解を参照↓
『コノ馬が昨年シーズンで最も好成績を残したレースがこの函館記念だった。
だから本来は函館記念に狙い澄ましての本気勝負を仕掛けてきても良い場面だったとも思うのだが、それでも昨年と違って前哨戦巴賞も使わずに&いわゆる10日競馬での攻め不足・太目残りで出してきたというコトはそれなりの意図あってのコトだろう…つまりは、サマー2000シリーズ狙い(=初戦で勝負は懸けられない)なのか、大目標レースが次走(以降)にキッチリと決まっているのか。
そういうやや物足りない状態で、しかもそもそもが休み明け初戦は走らないと言われる叩き良化タイプで、それにも関わらず2着とタイム差無しでの走破は十分に健闘した結果だと言えるだろう。
今回は休み明け初戦ローテも理由で人気落ちしてた側面も強いので叩いた次走は穴人気必至でしょうが…引き続きハンデ斤量での得意小回り(特に内枠)条件ならば馬券内好走チャンスは十分と見る。』

・・・
前走回顧で次走展望をそのまま書いた様なモノなので…上記が全てです。
一つ話が違うとすれば、穴人気未満の人気になる可能性がある点。
あとは好走の前提条件とも言える内枠を引けるか否か…内枠でハンデ斤量ならばローカル重賞通用は何度も示している馬だけに当然狙えます。


▽ベルーフ 牡5 ホワイト  栗東 池江寿
5走前チャレンジカップ2着を最後にパフォーマンスを落とし続けている近況。
そのチャレンジカップは流石シュミノーJという騎乗で、これまでは調教師は大外追い込み策に拘っていたモノを、これまで見せたコトがないようなインを捌いて追い込んでくる形をとってしかも見事激走に導いた。
ただ、そんな強引に激走させた後遺症もあるのか、その後は気難しさをより拗らせて本領発揮できずになっている。

2年連続で激走中のレースでリピーター穴人気必至であるが、過去年については正に適性面での上げ幅によって激走果たしたモノであって、近走で適性云々の次元でない敗戦も出ている本年のケースでも例年通りを信じていいのかは怪しさも。


―シャドウパーティー セン8 浜中  美北 堀
OP昇級後は中山記念4着プチ激走と、残り2戦は二桁人気大敗という戦績。
その中山記念については、その前の12月OP特別ディセンバーS組の再戦ムード&上位独占となった通り、OP特別級のレベルでしかなかったのが真相。コノ馬の適性としても、上がりが掛かる決着になって直線の一足勝負なら浮上できるというキャラが嵌まるレース質でもあった分での好結果だったと言える。
まず重賞級の能力馬ではないのと、中山記念よりはスピード問われるはずの条件では苦しみそうで。


▽スピリッツミノル 牡5 幸  栗東 本田
鈍足の中長距離向きタイプ。理想としては先行粘り競馬なのだが、初速の無さと他馬を気にする癖から先行策を確実に履行するのも注文が付いてしまうという難儀な面も。

前々走鳴尾記念は距離不足ながらもスローペースだった分で序盤にそれなりの位置が取れたのは良かったが、終盤にかけては忙しい追走になり直線では一時詰まって勢い途切れたのは(キレる脚が無いだけに)痛恨だったはず。それでも5着という結果は十分健闘だったと言えて、もう少しスタミナ値求められるレースならばの可能性はある。

前走宝塚記念では強敵相手に7着は褒められる結果だが、渋化馬場と少頭数立てとバラける馬場で位置取りが取れたのと…コノ馬が中距離レースに臨むにあたっては存分に恵まれる競馬ができていた。

前走時よりも相手弱化だとは言えども、前走時よりも遥かに自分の競馬が望めない小回り良馬場中距離条件で劇的に着順を上げられる想像はし辛い。


★○○○○○○(←小倉記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
搭載しているエンジンは重賞級。
だからこそレースにて力を出し切らせるのが難しくて、最近の敗戦要因は操縦難か道悪の二択。
前走準OP勝ちにしてもトップジョッキーの腕を以てしてでも折り合い付けるのに相当苦労して、最大パフォーマンスの何分の一かの走りで勝ち切るという省エネ辛勝だった。
前走は左回り外回りコースだったが、乗り易さで言えば右回り小回りコース替わりはプラスに作用するはずで、まともならば即重賞で結果を出せても良い馬だ。
輸送競馬で結果出せていないのと、内弁慶でコース初騎乗となる〇〇Jの小倉場でのパフォーマンスに一抹の不安はありますが・・・。

--------------------
☆小倉記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


☆レパードSの穴◎候補馬&危険人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

新潟…土日共にイーブン/B
小倉…土日共にイーブン/B
札幌…土日共にやや内有利/S

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
新潟…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
小倉…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
札幌…2週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はA


[ピックアップ競馬場[小倉芝]の馬場考察]
一昨年の小倉夏開催の芝レースは(いきなり)差し有利が顕著という傾向があった。それは主にエアレーション馬場の影響として語られていたが、同じエアレーション馬場でも昨夏と今夏の開幕週(開催序盤)は当時に比べれば案外内前の粘りが利くというレースも割りと見受けられている。
その背景としては、一昨年に限っては馬場云々と同等以上に騎手技量(騎手意識)に大きな問題があったのではないかと思っている。

その証左として以下のデータがある
2015年小倉夏開催1〜2週目
芝1200の逃げ馬複勝率44%・芝1800以上の逃げ馬複勝率7%

2016年小倉夏開催1〜2週目
芝1200の逃げ馬複勝率47%・芝1800以上の逃げ馬複勝率58%

芝短距離では一昨年も昨年も前残り(内残り)率は大差無いにも関わらず、芝中長距離では前残り(内残り)率に極端な差が出ている。
大雑把に言えば芝短距離はいつでもどこでも乗り方にそう差は出ないが、芝中長距離はそうではないというのは理解して頂けると思います。
その芝中距離での乗り方について2015年は正直酷かったです…具体的には逃げ馬番手馬が作るペースの拙さがありました。それで簡単に捲りや差しが入り込む展開になっての外差し有利事象だったという側面も否めないと思います。

1年前にも『最近の小倉芝は内外有利不利のバイアスはそこまで大きくは発生しないが、積極的な栗東の若手J主体の開催になるとペース傾向は大きなブレが生まれがちで…何よりも騎手意識を敏感に捉えたい開催(能力予想よりも展開を読んで決め打ちするのがベター)にもなっていた。それがどうも今夏の場合には、栗東ベテラン騎手の手中にあるというか、昨夏開催で(必要以上だったという点で良い意味ではなく)暴れまわっていた・荒ぶっていた・特に積極策時のペース判断が余りに未熟で捲り競馬ばかり誘発していた若手騎手も成長してきたというか、総じて大分「まとも」にレースが進んでいるという印象。』と書きましたが、今年も後者の方の開催になりそうなカンジは受けます。
とりあえず2週目まではエアレーションでも内前OKで、ただし3週目4週目にはエアレーション云々ではなく普通に内が荒れてきて全体が外差し寄りになりがち傾向の警戒が必要です。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題eu,l8

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[ティータン騎手騎乗馬]
初来日だった昨夏にも1週目騎乗を終えた時点で『ハッキリと言えば、ティータンJは上手い騎手ではなかった…』とバッサリ書きましたが、1年後の今夏も同じくの評価です。
自身でも日本競馬適応できずだった自覚はあるようで、今夏は「レース映像を見て研究してきたから今年は違う」と意気込んでいたのですが、やっぱり(ほぼ)香港でのキャリアしか無い騎手に日本競馬攻略は簡単な話ではないようで。
先週日曜なんか芝レースではほぼ全戦出遅れで、そのくせに位置取りに意識が高いのか道中は全く落ち着かない騎乗(追走)ばかりで、(それで結果が出ていれば異次元の騎乗との評価になるのですがそうでない以上は)騎乗馬の足を引っ張っている様に見えてならない。
香港若手有望株という肩書なので、そこらの日本人若手騎手よりも技量はなきゃおかしいと思うのですが、一言で言えば日本競馬での乗り方が全然分かっていないんだと思います…でも毎年夏場の僅かな週しか来日しないならば何年経っても改善できないのではないかと。
特にそれが問題になるのが中長距離戦の少頭数戦(今週札幌メインの札幌日経オープンとか)で、現時点では常に間違った方に自分の色を出して自滅と隣り合わせ…。
それでもエージェント絡みで馬質は揃う模様なので、騎乗馬は基本的には「危険人気馬=次走リターン馬」と見る戦略もアリかも知れない。特に両騎手の身元引受人である堀厩舎馬では、ティータンJ起用馬は次走モレイラJ起用時が本番との考えもありそう(当厩舎馬は一流騎手来日時に勝負仕上げで勝利量産傾向)。


--------------------
☆レパードSの穴◎候補馬&危険人気馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→レパードSというかこの段階の3歳ダート重賞レースの特徴として[荒れない=順当に能力順決着になる]というのと、新潟ダートの特徴として[内有利=前有利]というのは予想をする上での絶対前提条件になります。
つまり、当世代のダート戦の中で最もHレベルだったジャパンダートダービーで、最も厳しい前受け競馬でも健闘結果を残した〇〇〇〇〇は、順当に強い先行馬として当レースで輝ける存在だと見て穴◎候補とします。
逆に先行できない中程度の実力馬だと一気に一発の魅力薄れて、距離不安と折り合い不安あって、尚且つ乗り替わりと出遅れ懸念まで抱える△△△△△は位置を取りに行けないのが結果に響いてきそうな危険人気馬とします。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆小倉記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【小倉記念の有力馬診断(前篇)〜故障前の遥か昔3年半前のパフォーマンスの幻影での強い馬扱いは果たして正しいのかバンドワゴン〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽バンドワゴン 牡6 和田竜  栗東 石坂
昇級初戦の前走鳴尾記念では2番人気…そこで完敗を喫したにも関わらず今回七夕賞でも上位人気模様…これは2歳時のパフォーマンスの幻影でしかないだろう。それから3年半も経過しても尚、それを根拠に人気し過ぎる内には妙味の欠片もない。

前走時まで復帰後の芝レースでは4戦2勝2凡走だが、鳴尾記念ではその2凡走のパターンの競馬をしてしまったのが全てだろう。
具体的には好走した前々走なんかは出負けから最内で脚を溜める形で本領発揮に至ったモノだし、もう一つは逃げの手での同様のモノだった。その逆に好位で流れに乗せる競馬だと溜めが利かない走りで2凡走。鳴尾記念もその後者のデジャブだったモノ。
また前者の競馬ならばソコソコ走れてもおかしくないが…問題は適正オッズで買えるまではもう少し時間が必要だろう点。


―カフジプリンス 牡4 ○○  栗東 矢作
常にズブさ満点で差し遅れの競馬ばかりという鈍足スタミナ系馬。
近3走はそれがマシになるという左回り東京コースのレースを続けて使われた経緯。それも1戦目は距離3400のマラソンレースで、2戦目は距離2400でも消耗戦寄りのレースで、3戦目は東京2500というスタミナ条件で…それでももどかしい善戦止まりが続くというのは重傷で、この勝ち切れなさというのはコノ馬がこの先も一生付き合っていかなければならない性質だろう。

新馬戦以来となる距離2000以下レースで、しかも右回り条件となれば間に合わせてくるイメージはできない。


―クランモンタナ 牡8 熊沢  栗東 音無
まずは昨年小倉記念1着時の回顧文を参照↓
『最近の良績はバテ差し展開に乗じたレースのみと書いた。
それは前が潰れる様な消耗戦で体力の差で追い込んで来られるという趣旨だったが、それを和田Jの追い通し騎乗によってより理想の「前々で渋とく粘り込む」という競馬をしてきた。
モチロン、差すよりも先行する方が渋とい脚を発揮するにはベストなのは理論上はその通りで、ただ揉まれ弱さなどあってそれが中々できていなかった(それを望むのも少々難があった)ワケで、それを成し遂げた和田Jにはアッパレの一言。
じゃあ和田Jが乗れば今後もコレが叶うのかと言えば、そうとも言えない。
今回は12頭立て11番人気のノーマークの立場で、そして一見すると馬が一杯一杯だと見える道中のレース振りで更にマークされない立場で居られたワケで、それで激走してしまった以上は次走以降に同様が叶う可能性は一気に低くなる。
小回り2000条件の低速(2.00.0)決着というのも好都合で、今後こういう条件に巡り合うのも簡単ではない。』

・・・
結論から言えば昨年の再現での激走可能性は低いだろう。
まずコノ馬は調教時計と競走結果が連動する面があるのだが、今回の時計低調且つ併走遅れの過程からは好調さは読み取れない。そして昨年は馬場など外的要因が向いた側面も強い激走だったが、本年は昨年よりも高速時計が求められるはずで。その上に加齢による衰えとハンデ増まであっては難しいと言わざるを得ない。


―フェイマスエンド 牡6 松山  栗東 鮫島
前々走チャレンジCは大外枠からの果敢な積極策を打って返り討ちにあったという大敗で、前走七夕賞でも何らかの思惑もあったのか無謀な積極策での当たり前の逆噴射での大敗だった。
その前には昇級後にOP特別では4着4着ある馬で、条件が揃えば無きにしも非ずの成績は有している馬。
その条件というのは、[フレッシュな状態(休み明け初戦)]と[暑くない季節]というのが大きいと考えている。
昨夏にOP4着好走したというのは函館での話。この夏場に連戦ローテ且つ連続輸送ローテで、暑い暑い小倉というのは…コノ馬が頑張れない場面になると思う。


△ストロングタイタン 牡4 川田  栗東 池江寿
まずは前々走小倉大賞典5着時の回顧文を参照↓
『前走中山金杯の敗因は冬場で毛艶も良化しないなど状態面の可能性もあった。
今回は当時よりも調教良化など上昇ありそうな過程だったが、それでも昨夏ほどの活気は見せないモッサリとした当日の状態で、本領発揮はもっと暖かくなってからというカンジも受けた。
また、レース振りについても中山金杯と似通った負け方だった。当時は早めに仕掛けて来られて窮屈になり力を出し切れなかったモノだが、今回も最内枠からコーナーで窮屈な形を強いられた。または、それは右回りにも問題があって、右にモタれ気味の追走になっていたのもパフォーマンスを下げた一因の模様。
大トビ馬だけにもっと外目でスンナリとした形の方が力を出せるだろうし、左回りならよりスムーズな追走ができる可能性もある。
敗因は色々と詮索できるが、総じて次は敗因を潰した出走となりそうなので、今回の1人気には参ったがもし手頃な人気で買えるならば重い印を用意したい一頭。』

・・・
その後は(池江厩舎2軍馬らしく)夏場まで休養して、夏初戦の降級戦で一発回答をした。それは季節面での好転もあったし、左回り大箱少頭数で何ら敗因ケチが付かないレースができての本領発揮だったという側面も。ただし、それでも直線ではモタれ気味のシーンもあって、隙の無いレース振りというワケではなかった。
今回は今冬に苦労した右回り小回り条件が一つの課題になる。とは言えども、鞍上川田Jはそれは百も承知だろうし、非多頭数立てで決して内を立ち回らなければ不利が発生するレースでもない。中外枠でも引いてスムーズな形ならば好勝負にはなるはず。

★○○○○○○(←小倉記念の穴◎候補馬)の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬の前走はいわゆる10日競馬での攻め不足・太目残りでの出走だったが、元来は叩き良化タイプだけに、それは2戦目小倉記念への本気度の表れとも言えないだろうか。
その前走は善戦止まりの結果だったが、そういう本来あまり走れない臨戦過程にも関わらず、2着とタイム差無しでの走破ならば十分に健闘した結果だと言えるだろう。
重賞プチ激走歴もある小倉コースは文句無しの舞台で、目論見通りに本気度に比例した状態上昇で出てこられるのであれば十分に好走計算ができる穴期待馬になってくる。

--------------------
☆小倉記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
札幌11Rクイーンステークス(勝負度D)
[印]
◎クロコスミア

[見解]

2人気アエロリットは・・・
桜花賞5着以外は5戦オール連対という戦績のイメージ以上にムラがある馬であり、そしてムラの塊である鞍上横山典であり…特に目標レースが遠く先にある見え見えの調整レースでの信頼度はどうだろうか。
前走NHKマイルCは幸運とも言える好発からの完勝劇だったが、その前の東京マイルのクイーンC2着で[スタート出遅れ]→[道中はまともに引っ掛かる所も]→[逆手前の若さ溢れる走り]→[直線でソラ使い]など結構メチャクチャな競馬で、そのクイーンCよりも右回りで更に条件良くなかった桜花賞ではご覧の通りの半分以上は試し乗り(ソースは菊沢調教師談)での残念な結果だった。
今回は秋華賞に向けての初の右回り小回り条件での試走という意味合いも強い一戦で…常識的には勝ち馬として買うべき場面ではないだろう。

1人気アドマイヤリードは・・・
前々走阪神牝馬Sも前走ヴィクトリアマイルも共に外の方が伸びる馬場で、だからこそ得意とする一瞬の脚を生かしたインを突く競馬を高確率でできてしまう条件であり、尚且つこういう内不利馬場でも他の馬と比べて影響を受ける所が小さいという適性の持ち主であった分での激走。
スムーズに行くならば小回り1800条件で生きる一瞬の脚に秀でた馬ですが、そのスムーズに行くかどうかの確率が(近2走と比較して)小回り多頭数良馬場条件替わりの今回は少なからず低下するはず。
1人気を背負って堂々と勝ち切る系の馬ではないはずで、1人気信頼度という点でのリスキーさは否めない。


上記G1馬2頭を筆頭に例年を超越する好メンバーが揃った本年クイーンSですが、一角崩しがあるとすれば動けない大本命馬に対して少々ペース速くても前に行き切った馬の残り目が一番高確率に思う。

それを阻止する存在として3人気マキシマムドパリ(先行捲り)に期待する向きもあるが…有力馬診断でも書いた通り[フレグモーネで4日間お休み→調教施設整う栗東ではなく函館滞在なので余計に響くはず]・[馬体重増えてこない→遅れ取り戻す攻めの調教できず]・[函館から札幌の中距離輸送控えて調教軽めと課題の輸送減り懸念]などの状態面の不安と、距離短縮1800となっては前走マーメイドS程の横綱競馬は望めないと思う。


前置きが長くなりましたが、というワケで狙いたい穴目馬はクロコスミアだ。
本年の3走は何れも高評価できるパフォーマンス続き。
1走目は馬券外という結果だったが、先着を許した相手は今春のG1激走馬のみ。決して楽なペースでも楽な馬場(バイアス)でも無かった中なので、やはり素直に強さを認めたい所だ。
2走目はその激走後の過酷中1週ローテでの馬体減と、相当厳しい展開に巻き込まれた分での凡走…その割には十分粘りを見せたという健闘だった。
そして3走目は順当な結果なのですが、見た目には決して状態が良さそうには見えなかった中でのモノだった。
今回は2走前と違って余裕ある間隔での叩き2戦目ローテと、何よりも札幌滞在が水に合う様で状態上昇気配が窺える。
レース振り次第では十分に一角崩しできる能力と状態にあると見て狙い撃ちたい。

【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
0:40完売ありがとうございましたm(__)m(提供予想…札幌7(D)・アイビスSD(D))


-------------------

☆クイーンSの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆完全版/複数月コースの次回募集(近々1年振り予定)の案内送付予約を受付中
完全版=有料メルマガでは無料ブログの2倍以上の情報量・予想量を、業界的には割安な実質1週500円台で配信しています(週末予想だけの活用でも予想1日コースの約半額の料金です)
具体的な配信内容は「週末予想号2通(ブログ予想以外に1週4〜5レース前後)+回顧号2通(平場回顧&重賞回顧)+特集号1通(主に第二重賞の有力馬診断)」で週5長文配信です
前回募集は昨年6月でした…1年間も新規者がほぼゼロという一方で、高い継続率により現会員様の約9割が会員期間2年以上という(他に例が無い様な新規募集のレア具合でも運営できているのが証拠)…合わない人や一見さんには取っ付き辛いかも知れませんが、逆に合う人には相当嵌まって貰えるという…その為にも多くの皆さまに一生に一度は見て貰いたいのです。。

↓↓↓
少しでも興味がおありの方は、以下フォームからとりあえずの「案内送付予約」を是非…
※私からの配信は「keiba@dream.jp」&「sguw125@gmail.com」から行います。PCメール受信許可など受信設定の確認をお願いします。docomoメールアドレスですと配信エラー確率が高いので、別アドレスでの登録か複数アドレス登録をオススメします。
※配信するのは「ご案内」とお待たせしますので数ヶ月に1回「サービス配信」も行いますので登録して損は無いはず(それ以外の広告メール配信等は一切無し)。下記フォームから登録できない場合など問い合わせはsguw125@gmail.comまで

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


-------------------

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
札幌11R TVh賞(勝負度CD)
[印]
◎ゲッカコウ

[見解]

・札幌開幕週の芝1800コース条件で、基本的には内有利想定
・少頭数且つ強力先行勢手薄で、基本的にはペースも流れずで前有利想定

上記のシチュエーションがドンピシャで向きそうなのがゲッカコウと見る。
コノ馬の好走(得意)条件を列挙すると…「(テンはゆっくり追走したいタイプだけに)全8好走は全てスローペース」「近4好走は全て極端内枠」「3歳時以降は距離1800ではオール掲示板内好走善戦」…で、正にそれらが全て揃いそうなのが今回になる。
再昇級戦になるのと何となく地味な印象からか人気は控え目の模様だが、準OPクラスでも実はスローペースならば[3着→5着→4着→3着]と健闘続きで、その中で最も着順が悪い5着のレースはまともなHレベル戦だった分の補正が必要でつまりは水準以上の結果を必ず残していると言える(逆にミドルペース以上だと凡走どころか大敗続きで、それの前々走大敗は展開バイアス不利もあっただけに完全度外視できる)。
読み通り平均以下のペースでのレースになれば、地味に人気以上の上位好走は窺える一頭と見る。

【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)】
休載m(__)m


【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
完売ありがとうございますm(__)m/提供予想…札幌6(CD)・札幌9(D)


-------------------
☆(土曜札幌メイン)TVh賞の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「済み」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆クイーンSの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【クイーンSの有力馬診断(後篇)〜近2走は外有利馬場だからこそのローリスクイン突き勝利→開幕週小回り多頭数で渋滞リスク数倍でどうかアドマイヤリード〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽アドマイヤリード 牝4 ルメール 55 栗東 須貝尚
まずは前々走阪神牝馬S回顧文を参照↓
『小柄ステゴ牝駒で強烈なピッチ走法が特徴的。
それだけに前走阪神牝馬Sでは外回りコースで大外枠を引いて外々をグルっと回ってくる競馬になるとどうかと思ったが、ルメールJは外差し馬場でガラッと空いたインを立ち回る頭脳プレー(?)。
基本的には外が伸びる馬場でしたが、かと言って内を通った馬が全滅する様な馬場ではなかったので、つまりはその馬の荒れ馬場適性次第の面もあった。それにピッタリだったのがコノ馬で、前走も重馬場での圧勝劇だった通りステゴ産駒ピッチ走法馬でこの手の馬場の巧者だった側面は確実にある。』

・・・
前走ヴィクトリアMも外の方が伸びる馬場でしたが、だからこそ得意とする一瞬の脚を生かしたインを突く競馬を高確率でできてしまう条件であり、尚且つこういう内不利馬場でも他の馬と比べて影響を受ける所が小さいという適性の持ち主であった分での激走。

ルメールJも「彼女の瞬発力は、強いけど短い。ラスト100メートルまで我慢して、最後だけ追った」とレース後にコメントしていましたが、その通りでその競馬ができるかどうかに懸っている馬です。
その意味では阪神牝馬SもヴィクトリアMも上手く行く可能性が高いシチュエーションでした…スムーズに行くならば小回り1800条件なんかはドンピシャだと思いますが、そのスムーズに行くかどうかの確率が小回り多頭数良馬場条件替わりの今回は大きく低下するはずでリスキーさは否めない(1番人気なら失敗する方に賭けるべきかと)。


―トーセンビクトリー 牝5 福永 55 栗東 角居
トゥザグローリー・トゥザワールドの下という中山巧者を多数輩出の血筋。この血統らしく小回り中山コースでパワーと機動力を存分に生かしたのが今春中山牝馬Sでの好走だった。
(この晩成血統だけに)それを以て本格化と思いきや、その後は意外な程に伸び悩む戦績になっている。
例えば4走前アンドロメダSでも1人気裏切る8着凡走している通り気性面の若さによるポカは昔から多い馬で、直近3度の好走歴は全て休み明け初戦で、以前から結果出せていない続戦ローテも伸び悩み戦績の戦犯なのかも知れない。
前走マーメイドSは精神的な難しさも露呈した様なレース内容だっただけに、まだ続けて使い続ける内の期待度はどうだろうか。


―ノットフォーマル 牝5 江田照 55 美北 中野栄
4走前までは何故だか距離1600以上路線ばかり使われて芽が出ずも、スピード生かせる距離1400起用とブリンカー着用で本来の逃げ手に拘れるようになった3走前から変わり身を見せて前々走で2年振りの勝利を手に入れた経緯。
前走パラダイスSでは同型ウインガニオンに恐れを為して行き切らずの凡走。
今回も展開の鍵を握る存在として動向には要注目だが、仮にコノ馬の最善手を打てたとしても今更距離1800では…という気がする。


回避ハッピーユニバンス 牝5 ○○ 55 栗東 平田
コノ馬の前回勝利は新潟外回り2000コースで上がり3F32.8というズバ抜けた末脚による現級勝ちだった。それ以前の戦績も小回りや渋化馬場だと末脚が生かせない凡走傾向で、外回りの長い直線の瞬発力勝負だと浮上傾向という戦績。
唯一の小回り勝利歴も思いっ切り中弛み展開だった。
それなりにペース流れるだろう小回り条件でという馬ではない。


▽クインズミラーグロ 牝5 藤岡康 55 美北 和田道
これまで小回り内枠に良績が集中している様に、ピッチ気味の走法で使える脚はそこまで長くない馬。
前々走福島牝馬Sでは1番人気という立場もあってか、内枠も引けず出遅れ後方から外目進出の力任せの競馬になってしまった…結果的にはその判断の分だけ隙ができて2頭に先着を許した形に。
それみたく外を回す形だと使える脚の短さで及ばずで、逆に内枠イン立ち回りだと他馬を気にする癖でのロス分で惜しい競馬になっている印象…つまりは必然の惜敗続き戦績にも思える。
前走比距離短縮1800の引き続き小回り条件は向いていて好走未満〜善戦以上ができる力は当然あるが、ただしこれまでの使い詰めローテが祟っているのか中6週空いた今回調教過程がやけに軽くなっているのは気掛かり…北海道輸送後の最終追い切りで負荷掛けてくるコトもないだろうから調整疑問という結論になりそう。


▽マキシマムドパリ 牝5 藤岡佑 55 栗東 松元茂
本年重賞2勝でプチブレイク中の当馬であるが、それは年に2つしかない特殊な牝馬芝距離2000重賞への適性での勝利だったとも言える。層の薄い路線なので主流の1800路線でも通用はするでしょうが、それでもドンピシャだったマーメイドS&愛知杯の様なスタミナ決着にはならない分で快進撃が続く未来にはならないはずで。
そんな能力的には△〜▽の中間評価ですが、今回はそれ以外に以下の小さくない状態面マイナス材料があるので軽視よりの評価します。
・[フレグモーネで4日間お休み]→[調教施設整う栗東ではなく函館滞在なので余計に響くはず]
・[馬体重増えてこない]→[遅れ取り戻す攻めの調教できず]+[函館→札幌の中距離輸送控えて課題の輸送減り懸念]

--------------------
☆クイーンSの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
《→
ご覧の通り今回は△評価以上馬が全然居ない通りどれもこれも辛口評価になるメンバー構成戦…アエロリットを筆頭に格上馬は秋を見据えた戦いをしたい馬が多くて、その中でアドバンテージを得られる〇〇〇〇〇は適性も能力も状態も本気度もどれも水準以上で…逆に格下馬による邪魔(展開不利)さえ受けなければココでチャンス大きく見積もれる一頭と見ます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


↑このページのトップヘ