考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 大阪杯 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】
≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタートし、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした。(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内でちょこっと連載中」

【予想印の見方】
●印は「◎(本命馬)→〇(軸推奨馬)→▲(穴推奨馬)→△(ヒモ推奨馬)→▽(押さえ馬)」を用います
●勝負度は「A→B(大勝負)→C(勝負)→CD(水準上)→D(水準下)→DE(低)→E」の全7段階(基本的にB〜DEの5段階)を用います
●“予想の意図”を端的に示す手段として参考買い目の掲載を行いますが、丸乗りを推奨する買い目ではありません。特に当予想の基本である“一定以上の人気薄馬の複勝馬券”は、現在の馬券の売れ方=オッズ構成に於いて(他券種と比較して)常に過剰人気=配当が大きく目減りする不利な馬券と化しています。ですので、ご自身の予想と組み合わせるなどして、連系馬券で活用して頂くコトをオススメします(大雑把に言えば…穴馬の複勝勝負と、穴馬から適当な数頭に流す連系馬券勝負とでは、最終的には後者の方が間違いなく高回収率が得られます)。

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆金鯱賞の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【金鯱賞の有力馬診断(後篇)〜ココへの捨てレース(叩き台)を使って金鯱賞本番のローテを組んで挑んでくる本気度随一のアノ穴馬など〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
─ヌーヴォレコルト(岩田)
昨秋は海外遠征して「BCフィリーアンドメア(G1)11着→レッドカーペットH(米G3)1着→香港ヴァーズ(G1)4着」という戦績。
BCフィリーアンドメアを好走していたならば少し違った評価ができたが肝心のそこでは完敗で、その後の好走2戦は共に称賛はできないレベルのレースだった。

前々走香港ヴァーズはハイランドリール1頭を除けば大したコトないメンバー構成戦。現代の世界競馬の主流距離とは言えない同距離2400のG1レースとしての比較では、香港ヴァーズよりも我がジャパンCに来日する外国馬の方が総じて粒揃いですから。
だから、ジャパンCの来日外国馬の質が小粒だとケチを付けるのは、そもそも(日本馬以外の世界競馬での)大粒の存在の数少なさの現状認識が欠けている面もあるのでしょう。ですからそもそも論としても、距離2400条件の世界のレースを好走したトコロでも、それを元に国内競馬でも高い評価するというコトはやや難しくなってきています。
そこで5着したスマートレイアーは国内G2に戻って力を見せましたが、ソレはソレ・コレはコレで、ヌーヴォレコルトの4着という結果が優れているだとは決して言えないはずです。

前走中山記念は(さっそく中1週で出てきている通り)その後の予定の使い詰めローテの余裕残しでの一叩きのレースなので凡走結果は責められないが、ただ直線では鞍上の追いに対してクビを堅くして反抗するような気難しさも見せていたのは今後の危険信号であるし、何だかんだ結局は昨年1年間走り続けて圧倒的格下レース一つでしか3着内に入れなかった馬にもう一花を期待するのは常識的には難しそうで・・・。


故障回避リアファル(武豊)
腱鞘炎からの復帰初戦だった昨秋金鯱賞は5着とマズマズの結果で、叩き2戦目で更に注目を集めた前走AJCCは13着大敗。
そのAJCC大敗については、音無調教師はレース前には「いろいろあったのはあったが問題ないと思う」とお茶を濁していたが、「太目残り」「引き続きプール調教併用」「水曜追いを木曜追いに変更」「蹄のアクシデント発生で接着蹄鉄使用」「回避説」などなど…そして師が分析するには「有馬記念でのトラウマでの、当日のテンション高の異変」まで…とにかく思い当たる敗因が多過ぎた必然の大敗だったという感すら。
逆に言えばそれだけ一変余地ある状況とも言えるのですが、そもそも金鯱賞5着の内容的な価値はかなり薄いですし、それを含めて何だかんだ3走連続で明らかに足りない走りをしている腱鞘炎復帰馬…再び上のステージに戻れる馬なのか半信半疑は否めません。


―タッチングスピーチ(ルメール)
馬体の後ろの造りが貧弱で自分のリズムでゆっくり追走してこそ脚を使えるタイプで、更には一昨年のエリ女でも見せた通り馬群は嫌いで外に持ち出さないと伸びない馬。
前走エリ女は勝気に勝るムーアJ起用は仇というかミスマッチだった印象で、道中も馬は行きたがらないのにムーアは常に促す騎乗は失敗だった気が…。そういう鈍いタイプだけに調教時計低調の休み明け初戦は走れる番でもなかったか。
結局OP級で間に合ったのは渋化馬場の京都での2戦で、鈍足だけに時計掛かる馬場ベターで、下り坂を外回しで勢い付ける戦法がベターなのだろう。
少なくとも良馬場+内有利想定馬場バイアスの条件では相当難しいと言わざるを得ない。


★○○○○○○(←金鯱賞の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走小倉大賞典は、当初からの目標レースだったココへの叩き台の位置付けでの参戦。
それにしても負け過ぎなのだが、コノ馬は昔は好走歴は全て差し追い込みで、前目の位置取り(前半脚を使う)だと凡走ばかりという戦績の持ち主。そういう前半ゆったりした追走から脚を伸ばすのが理想形で、それが良績を残す中京コースだと全体の展開的に自ずとスローの入りでも先行できるというのが巧者たる所以の一つであろう。
前走は上記の逆で、小回り小倉でのHペース先行の競馬をしてしまった分の逆噴射で、それに加えて叩き台の中身ができていなかった仕上げで余計に負けた形だった。
今回は見え見えの適性レースなので穴人気必至なのでどの程度の印を打つかは人気と相談してになりますが、適性論から言えば上記のキチンとした根拠から前走とは真逆の一変まで有り得て良い場面だと見ます。


―ルミナスウォリアー(柴山)
4走前七夕賞では追走力不足を露呈の内容で、本質的には流れに乗り易い外回りコースがベターという馬。
前々走ディセンバーSでは小回り克服で2着好走しているが、勝ち馬ツクバアズマオーの進路も辿れて内からロスなく外に持ち出す完璧な立ち回りができた好走。
前走AJCCは外回りコース替わりだったが、完璧な立ち回りのディセンバーSとは対照的に、相当距離ロスある超大外を回されてしまう下手な競馬で間に合わず4着という結果。
今回は引き続き外回りコース条件なのは良くて、少なくとも前走(4着)ほどの下手な競馬になる確率は低くて、ただし前々走(2着)ほどの完璧な騎乗ができる確率も低くて…突き抜ける何かを持っている馬ではなくて騎手の誘導次第で届くか届かないかのレベル…取りあえず押さても損は無いくらいの評価。


―ヒストリカル(高倉)
コノ馬は毎日王冠然り小倉大賞典然り、外差しが決まる展開なら確実に上位に食い込んでくるし、その逆ならやはり好走できないという近況。その後者が近走多かったので馬柱が汚れているが、常に一定以上のパフォーマンスを自身は続けていた。
その脚質イメージ故に外回りコースへの出走が多くなっているが、実は寧ろ小回りの方に良績。小回りだったりタフ馬場だったり急坂コースだったり、上がり掛かる(体力勝負)場面の方が浮上傾向あるタイプである。
今回は開幕週馬場で、特に内有利傾向ある春開幕日の中京芝というシチュエーション…他力本願型のコノ馬が散々適性負け=凡走を積み重ねてきた方の条件に近い場面である…となれば、今回は“後者”の方に転ぶ可能性が高いと読むが…。

あとは、調教時計とレース結果の直結傾向もあるのだが、前走時はここ1年の中では最も優秀時計の最終追い切りを披露していた…今回も最終追い切り時計に注目して押さえに加えるかどうか。


★サトノノブレス(秋山)
前走有馬記念はラビットだけが目的だった様にも見える、出遅れながらも一番外々を回って仕掛け(突き)所を探るような競馬で、また仕掛けた際にもサトノダイヤモンドの進路を空ける様に1頭分外を回る競馬で、もう自分の好走の為の競馬は何一つしてない=当然の大敗と言える内容。
また、コノ馬についてもこれまで馬体重に拘った考察をしてきたが、有馬記念でも(陣営も絞る必要性を口にしながらも、本気度が無い為なのか)結局僅か2キロ減止まりの太目残りだったのも問題の一つだった。

距離2000付近で先行策時には、流石に荷が重かった宝塚記念を除けば間違いなく安定の粘り好走を実現している信頼できる馬。
3歳時の菊花賞こそ好走しているが、今の筋肉質になってきた馬体からもそれ以降は距離が長くなればなる程に振るわないという戦績にもなっている。

今回の先行激化しない=先行競馬をやり易い中京コースの適距離2000は最も無難に買い易い条件の一つで、あとは上記の馬体重がマイナスで出てきてほしいのと、鞍上シュミノーだったせいもあるが連続失敗しているスタートだけ上手くこなせれば当然好走できるはずの今回狙い時の一頭と見る。

--------------------
☆金鯱賞の穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向]
中山…土はイーブン、日はイーブン〜やや外有利/土はC、日はB
阪神…土はイーブン、日はやや外有利〜イーブン/B
小倉…土は外有利気味、日はイーブン〜やや外有利/C

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…3週目/Aコース/伸び所はイーブン(〜やや外有利/馬場差はB
阪神…3週目/Aコース/伸び所はイーブン(〜やや外有利)/馬場差はB
中京…1週目/Aコース/伸び所は内有利気味/馬場差はB


[ピックアップ競馬場[中京芝]の馬場考察]
1月開催でBコースが使い込まれた後のAコース替わりで、一昨年も昨年もこの春開催の開幕日は内有利傾向だった。
ただし、雨に祟られるコトが多いのと、3週間の短期ローカル開催であまり馬場補正に熱心でないのもあるかも知れないが、一昨年も昨年も開幕2日目中には早くも内有利消滅=イーブンに、過去3年中2年では開催2週目から外の方が有利な状況も一部発生していた。
この開催は[午前→午後]・[土曜→日曜]・[1週目→2週目]の短いスパンでも、すぐに伸び所が推移し得るという点で要観察・要警戒する必要がある。
(ただし、最終週(高松宮記念週)は一気に馬場高速化の傾向がある…昨年巻き起こった大バッシングのせいで抑制する可能性もありますが、別に昨年だけでなく一昨年も他開催の最終週でも同様の事例は多々で寧ろ一般的であるとすら言える…一昨年にはその上に降雨の影響があったので結果的に超高速馬場にならずに目立たなかっただけで、もし降雨が無ければ一昨年の時点で騒がれていたはずです。)

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベル以上 CD=水準レベル =やや低レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題jrfy

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜小倉11R(1000万下)] 6着ザイディックメア
前走は距離不足1400起用で間に合わずの競馬。
前々走と今回は適距離だったが多頭数戦の内枠で、不得手とする砂を被る形で本領発揮とならなかった敗戦。
その前の昇級後の3戦は6着4着4着で、6着は極端なスローペース前残り展開を後方から差す止む無しの凡走。
ダート中距離戦で得意の外差し戦法ならば、まともに崩れたコトはない馬として巻き返し注目馬。

[ポラリスS] 6着オメガヴェンデッタ
5走前UHB賞では外を回った分のロスも響いた4着善戦で、それ以降は4走連続で掲示板外す案外な結果が続いているが、その最初の2つは詰まる不利あったワケ有り凡走で、前走は太目残りで、今回は展開的に厳しい2番手追走だった分で残せず。
それでも最近は常に太目残りだったのが馬体重マイナス10キロでの出走ができたのは一定の収穫…次走も馬体を増やすコトなく、この適距離1400のレースに起用ならば芝でもダートでもソロソロ馬券内突入あっても。


--------------------
☆金鯱賞の穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は距離2000付近で先行策をとった時には、流石に荷が重かったG1宝塚記念を除けば間違いなく安定の粘り好走を実現している信頼できる馬。
3歳時の菊花賞こそ好走しているが、それ以降は今の筋肉質になってきた馬体からしても距離が長くなればなる程に振るわないという戦績にもなっている。

今回の先行激化しない=先行競馬をやり易い中京コースの適距離2000は最も無難に買い易い条件の一つで、あとは近2走の敗因の一つである馬体重目が解消してほしいのと、鞍上シュミノーだったせいもあるが連続失敗しているスタートだけ上手くこなせれば当然好走できるはずの今回狙い時の一頭と見る。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆金鯱賞の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【金鯱賞の有力馬診断(前篇)〜昨年春シーズンは当初新潟記念始動予定で宝塚記念メイチ説は?…対して今年は金鯱賞は例の戦略的叩き台→大阪杯メイチ明白の藤原英ステファノス〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ステファノス(川田)
一昨年秋の初戦毎日王冠は不発も、本番秋天では2着好走。
昨年秋の初戦毎日王冠は不利もあって不発も、本番秋天では3着好走。

昨年春の宝塚記念(凡走)-鳴尾記念(好走)では逆の傾向だったと思われるかも知れないが、当時は当初は新潟記念での復帰戦がズレ込んでおり、鳴尾記念の時点で約2ヶ月の乗り込みという入念過ぎる調整過程だったし、新潟記念に参戦する様な馬が宝塚記念メイチの調整をされるのもおかしな話で…。

逆に本年の場合には、金鯱賞からの始動戦というのは、モチロンすぐ先のG1大阪杯を睨んだローテであるのは確実な話である。

[前哨戦凡走→本番G1激走]を積み重ねている信頼と実績の超G1仕上げ厩舎である藤原英厩舎の、見え見えの前哨戦仕様での出走回となれば、やはり大枚を叩く場面ではないのは確か。


△ルージュバック(戸崎)
コノ馬は馬群の中での競馬を不得手にしている。
4走前エプソムCと3走前毎日王冠の連続激走は、非多頭数だったり外差し有利馬場だったりで、外追い込み策での本領発揮が容易だったという場面だった。
逆に前々走天皇賞秋と前走JCでは、続けてデムーロJに徹底マークを受けて馬群に閉じ込められる形で連続凡走。
G1ではないのでそこまでの執拗なマークを受けない可能性が高いが、あくまでも他馬からしたら潰せる隙がある馬・・・仮に上手く外差し競馬できたとしても、外有利目の馬場だったエプソムCや毎日王冠とは逆のバイアスの馬場である可能性が高い・・・絶対的な信頼を置ける馬ではない。


△ヤマカツエース(池添)
前々走金鯱賞は大外枠からの大外一気で1着。
前走有馬記念は逆に内枠からインの競馬で、もし内をもっと上手く捌けていれば3着まで肉薄できただろうラストの脚色もあった。最終コーナーでは内を突けずに外を回って、そこから内に切り返したロスが少し残念だった。

池添騎手なので外枠だとアウトの競馬になりがちだし、内枠だとインの競馬をしてくれる(池添Jは内枠で高回収率=外枠だとその逆)。

能力は間違いないと思いますが、前々走は少頭数立てと結果的に相手が手頃だったからこそ一気の追い込みが嵌まったワケで…もし今回の馬場と頭数と相手関係で当時と同じ競馬だと厳しいはずです…その当時の成功体験で同戦法をされると怖いので外枠を引くと少し心配。


★○○○○○○(←金鯱賞の爆穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬はイン追走で集中力を喚起して、直線まで脚を溜めての一瞬の脚で勝負したいという馬。
3走前以外の近走はそれが叶わらない枠順や道悪になるなど不運続き。その3走前では物理的に差せない位置取りで、そこから一応は本来の末脚は見せた掲示板内善戦していので、まだ条件が整えば重賞級で走れる能力は維持している。
また、コノ馬はG2番長の戦績通りG2G3の軽い流れが理想で、G1でまともに底力を問われると一気に脆くなるという過去…前走G1有馬記念で負け過ぎているとしても、格下げG2に入ればパフォーマンス自体も大きく向上可能というタイプである。
1年前シーズンも秋G1連続13着からの春初戦G2で3着激走だった…内枠良馬場が絶対の前提条件になるが一変を秘めている一頭だと見る。


―スズカデヴィアス(藤岡佑)
前走白富士Sでは、翌走に中山記念2着激走するサクラアンプルールを下す勝利。
ただ、大外枠から外回しで一気に抜け出す競馬をしたサクラアンプルールに対して、コチラは戸崎J騎乗で最内枠からロスなく立ち回ってサクラアンプルールが抜け出し過ぎた所を一差しという完璧な競馬をしていたのが大きかった勝利でもある。
ただ、それはフロック視すべきなのかと言えばそうでもなさそうで、昨秋金鯱賞から横山典の後方ポツンなど脚質転換3戦目で実を結んだ形になったのがその前走で、まだ差し初心者とも言える。逃げ脚質時代にはG2路線を歩んできた馬なので、脚質転換成功で再上昇のノビシロを思えばココも引き続き警戒したい一頭…冠名スズカの中京競馬場見参なので勝負度も低くないはずですし。


―アングライフェン(藤岡康)
昨春のOP昇級後の重賞2戦は二桁着順負けだが、共に決して得意ではないだろう外回りでの瞬発力勝負で、特に中日新聞杯は12着とはいえども6着までタイム差ナシ・2着まで0.2秒差という小差の入線だった。
準OPに降級後の5走前4走前の2戦も地味なパフォーマンス止まりだったが、共に輸送で10キロ以上の馬体減あって本調子とまでは言えぬ状態での走りと思えば悪くないモノ。
3走前小倉記念は、上記の馬体重減後のローテで、2週連続で15-15程度の調教のみという問題ありそうな調教過程だった点で情状酌量できる敗戦。
今期復帰初戦では見所なく沈んだが、2戦目の前走京都記念では強敵相手に2着まで僅差5着というプチ激走を果たした。ただしそれは稍重発表以上に悪化していた馬場状態で、道悪馬場の巧拙が問われた一戦で、コノ馬の無類の道悪適性が大いに反映された結果(尚且つ他馬の自滅)だと解釈するのが妥当だろう。
ベスト条件は渋化馬場×小回りコースだろうステゴ産駒で、モチロン今回が馬場悪化ならば必ず印を打たなければならない一頭になるが、普通の開幕週の良馬場条件では重賞OP通用級のパフォーマンスを一度も見せていない馬である。


―ナスノセイカン(丸山)
僅か8か月の間に6戦4勝して一気に駆け上がってきたという、成長力溢れるハーツクライ産駒。
それは東京など左回り大箱コースでの追って追ってギアが掛かる様な直線勝負での好走続きだったが、重賞初挑戦の前走AJCCでは小回りコースも右回りコースも結構久しぶりで、その両方にやや問題があるのかコーナー部分での脚の速さで見劣って&走りがブレて後手を踏んでしまった。結果的にはそれは前掛かりの展開的には悪くなかったはずなので、鞍上が言うように「〇〇が無ければ3着(0.4秒差)までは際どかった」というのは眉唾だが…。
とりあえずは左回り大箱コース替わりはプラス材料で、ただし内有利傾向ある春開幕日の中京芝では前走時よりも外差しが辛いマイナス条件になりそうで、普通に考えれば如何にも差し遅れそう。

--------------------
☆金鯱賞の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


【中山牝馬Sの有力馬診断】
▲デニムアンドルビー(シュタルケ)
前走フェブラリーSについては、厩舎陣営も騎手も総じて勝算はゼロという雰囲気で、オーナー主導の強行ダート挑戦…これでの大敗は既定路線。
ただ、復帰初戦から2戦目までは如何にも休み明けで萎んだ馬体での出走だったのが、そのフェブラリーSでは以前の馬体の充実度を取り戻してきている感が窺えた。
その初戦金鯱賞では詰まった分、2戦目有馬記念では外々を回された分でノーチャンスの競馬を強いられたが、この復調気配で適鞍に条件替わりの今回はソロソロやれても良い条件整う回…これの復活走の警戒も少々は…。

--------------------
※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

--------------------

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中山11R弥生賞(勝負度D)

[印]
◎マイスタイル

△ダイワキャグニー
▽ベストアプローチ

[見解]
世間的にも確定的に言われているが、この世代の牡馬路線の低レベルは間違いなさそう。
それを馬券に役立てる術についてだが、京成杯回顧で『王道路線がここまで低レベルが続出だと先が思いやられるが、馬券的にはホープフルSでも前走重賞条件戦好走馬が振るわずに前走初勝利馬が2〜4着だった様にポッと出の馬にチャンスが転がっているという視点で穴馬が拾えそう。』と書いたが、その京成杯では未勝利戦で強敵に揉まれてきた前走初勝利馬が2着に食い込んだのですが、ココも上記のチャンスが転がっているレースだと見たい。
具体的に言うと、共同通信杯を除くこれまでの世代別・中距離の重賞レースは基本低レベルで、今回の上位人気馬にも言えるコトだが、その重賞戦線を歩んできている馬は一見見栄えはするも実は大したレベルじゃない馬がゴロゴロと混ざっているワケ。
少々思い切った形になるが、前走500万下出走の3頭狙いという戦略でいきたい。

また、もう一つのポイントとしては…先週中山記念を思い出してもらいたいが、田辺Jらしいスローペース逃げの先導で、好メンバーが揃っていたにも関わらず馬の能力よりも騎手が上手く乗った順の入線になっていた。中山マイスターの田辺・横山典と、絶好調デムーロをそれぞれ陣営が配したコトが勝因だと言えるくらいに。
ココも前哨戦らしくスローペースが濃厚で、重賞実績の人気馬が揃って差し脚質であるので・・・。


まず、Hレベル500万下レースだったセントポーリア賞で1着したダイワキャグニーと、不向きな流れでも2着までは0.1秒差した6着ベストアプローチを拾い上げたい。
ダイワキャグニーはその前走でも次走共同通信杯2着のエトルディーニュ以下に力の違いを見せる大きな0.3秒差を付ける勝利で、これは重賞でも当然通用するパフォーマンスであるし、まして重賞と500万下の逆転現象もある今年ならば一番に評価できるパフォーマンスにもならないか。
ベストアプローチは能力的には足りない可能性も全然あるが、それでも前走の東京1800スローから今回の急坂中山2000への条件好転は大きいはず。そして、上記した通り「上手く乗った順」のファクターを想像する上では、ハイリスクハイリターンの最内枠でリーディングジョッキー戸崎というので可能性ある馬だと考える。


そして、本命馬は大穴マイスタイルにする。
一つ言えるのは、当世代牡馬は中距離よりもマイル路線の方がレベルがマシな可能性があるコト…当時は酷評されていた朝日杯FS組が3歳になって案外やれているのもその証左の一つ。
コノ馬は前々走はマイル重賞に挑戦して、かなり厳しいラップを踏みながらも朝日杯FS5着馬と同タイム入線というのは一定の能力の裏付け。
その前々走にしても前走にしてもコノ馬の適距離ではなかったワケで、今回は本質的な適距離替わりでの伸びしろもあるはず。
何よりも…上記した通り「上手く乗った順」のアドバンテージが大きそうなココで、中山マイスターの鞍上を迎えて奇襲戦法が見込まれるというのは大きな一発逆転要素である…鞍上期待込みで狙う価値ある一頭と見る。

《ワイド◎△、単複◎>ワイド◎▽、ワイド△▽、馬連◎△》

-------------------
☆弥生賞の大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の日曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
阪神11Rチューリップ賞(勝負度D)
[印]
◎カワキタエンカ
△アンバーミニー、ソウルスターリング、リスグラシュー

[見解]
2歳G1阪神JFでは、ソウルスターリング&リスグラシューが、何度レースをやり直しても着順は揺るがないだろう、つまりは世代内でその時点では抜きん出た能力を持っていたコトを証明するワンツー決着。
最近の重賞レースでは前期実績馬のアッサリ凡走例が目立っていますが、そうだとしても阪神JFの完全1着馬&完全2着馬という能力2強馬を、同舞台で強い馬がキチンと結果を出せる傾向のチューリップ賞で嫌うのは常識ではなく…長々と語るまでもなく、普通に考えればコノ2頭の上位入線は当たり前の話です。


残り馬券内1席だが、コレについては大混戦。
チューリップ賞への有力ステップレースは紅梅SとエルフィンSだが…
紅梅Sのレベルは高くなくて1着馬アロンザモナは急坂適性疑問、同2着馬エントリーチケットは診断見解『距離1400向きの前向きな馬。やや臆病な面がある馬で、頭数が一気に増えて、逃げの手以外では密集競馬を強いられる可能性がある点はリスク。仮に逃げた所でも、距離延長ローテと本質的な距離適性の部分でも楽な競馬にはならないか』。
エルフィンSで力を見せたミリッサも診断見解『初戦も2戦目も半ば異次元の競馬での好走…但しそれは裏面ではルメールを配してでもそういう普通では無い競馬に陥るという馬自身の気性の極端な難しさを示すモノでもある。そういう超癖馬に病み上がり福永Jでどこまで勝負できるかという不安もあるし、やはり馬体重410キロ少々の小柄牝馬で中間にまともに調教を積めていない辺りもまだまだの馬だと思わせられる』で、ミリッサは2強以外1人気と考えれば逆の怖さがあるタイプだし、紅梅S2頭も実績よりは下の馬である。


2強以外のOP実績はアテにならないと見て、それより下の500万下・新馬で見所あった以下2頭の出番も考えられないだろうか。

1頭目は本命カワキタエンカ
初年度産駒からの出走6年連続で馬券内に突入&その間に非上位人気で好走した馬の7頭中4頭を占めているディープインパクト産駒を重視する戦略は理に適っているはず。
その該当馬の中でも、前走が最終週の渋化馬場の極めてタフなシチュエーションで、そういう馬場向きのOP級牡馬に対してディープインパクト牝馬ながらも差なく入線したというコノ馬はまだ見せぬ奥を秘めている魅力もある。

2頭目は大穴推奨馬アンバーミニー
初戦は昨年宝塚記念当日の水気を含んだタフな馬場で、しかもタフなコースとして知られる阪神1800コースが舞台。そこで牝馬の身ながらも力強い脚で後続を突き放す勝利の質は今回出走メンバーでも確実に上だった。
その後の戦績は振るわないが、前々走は出遅れデムーロ暴走騎乗で当然の大敗&で、前走はレース中の故障もあったワケ有り敗戦。
間隔を空けて立て直して、この摩擦ない競馬ができる枠順と少頭数戦で初戦みたく出遅れずスンナリ先行の落ち着いたレースできればそれなりにやれても驚けない一頭。

≪ワイドや馬連も選択肢ですが、本線は[三連複流し軸2頭[ソウルスターリング・リスグラシュー]→相手2頭[穴◎・大穴△]の2点≫

-------------------
☆チューリップ賞の穴◎本命馬&大穴△推奨馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

↑このページのトップヘ