考えるヒント(常勝競馬)〜9年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 マイルチャンピオンシップ 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】
≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫
この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動、15年には競馬誌【競馬王】登場(→現在連載中)
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした(…と書いて貰いました。。)

【メディア情報】
競馬王2015年5月号(http://qq1q.biz/nGsq)「毎年のようにプラス収支を叩き出す猛者達に聞いた[勝ち組への転機]」
競馬王テクニカル 儲けの法則編(http://qq1q.biz/nGss)「同上」
競馬大的中~2015秋GI前半号~(http://qq2q.biz/nRQk)「スター予想家に聞いた[俺の勝負レース](府中牝馬S)」
競馬大的中~2015秋GI後半号~(http://ur0.xyz/p853)「同上(エリ女)」
競馬王2016年1月号(http://www.amazon.co.jp/dp/B016YNYUTS)「<巻頭特集>逆転の有馬記念3つのシナリオ」
競馬王2017年7月号「グラサン師匠の鉄板競馬に登場」
競馬王2016年9月号以降「過去開催レース分析コーナー内で連載中」

【予想の見方】
●印は「◎[本命馬]→☆[相手推奨馬]→△[相手馬]→▽[押さえ馬]/〇[軸級推奨馬]→▲[特注推奨馬]」とします(基本的には平場予想は[◎本命馬1頭推奨]型の予想・重賞OP予想は[◎本命馬→☆相手推奨馬]型の絞り込んだ予想が主です。たまに手広く紐馬を指定したい予想時に[△〜▽]を、第二本命馬設定=その馬からの縦目買い目も本線に組み入れたい予想時に[〇or▲]を利用します)
●勝負度は「(★★★★[レア])→★★★[上]→★★[中]→★[下]」の実質3段階とします
●推奨馬丸乗りではなく、ご自身の予想と組み合わせる等での非単独馬券として活用して頂きたいと考えております。[当推奨馬の単複馬券]と[当推奨馬から適当な人気馬数頭に流した馬券]とでは、誰でも簡単に後者の戦略の方が高回収率を得られます。
その辺りの詳しい話や、設定している基準買い目など当方の買い目(馬券)ポリシーについては以下の記事をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2377284.html

(お問い合わせは sguw125@gmail.com まで)
人気ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログへ

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【菊花賞の有力馬診断(後篇)〜秋華賞は3歳牝馬Hレベルに基づく春実績馬重視予想⇔菊花賞は3歳牡馬低レベル(古馬相手の好走数が近年最悪)に基づく適性重視or上がり馬重視予想〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★アドマイヤウイナー 牡3 秋山 57 栗東 須貝尚
これまでの2勝は洋芝函館での上がり37秒級レースと、中京二二という3歳限定戦の中では屈指のスタミナレースで記録している。
その他にも持続戦青葉賞3着激走や、前々走は札幌二六で古馬混合1000万下3着健闘などキャラは明確。
前々走モレイラでも苦労していた通りの折り合い難馬だけに、前走神戸新聞杯では2走続けての大外枠で理想よりも位置取り下がる競馬も結果に悪影響を与えただろうし、それで自身最速の上がり脚を使っても前が止まらない流れが不運だったという話。
まずは抽選通過が難関になるが、その上で道悪且つ内枠条件を引ければ如何にもな一昔前の菊花賞激走馬の出来上がり…(本年は低レベル世代且つ道悪馬場により、近年傾向よりも一昔前傾向が通用するのではないかとの読み)。


▽ベストアプローチ 牡3 岩田 57 栗東 藤原英
神戸新聞杯5着アドマイヤウイナーと6着ベストアプローチは似た様な敗因。
共に持続戦青葉賞激走馬で、例年通りの同質神戸新聞杯ならば激走狙えたキャラだったはずだが…近年の中では最もスタミナ比重薄いレースになった分でキレずに位置取り守るだけの入線に。更には、これで一体何度目かというカンジですが、直線では狭い所に押し込められてコノ馬の真骨頂であるバテぬ脚すら最後まで繰り出すコトもできずの不完全燃焼敗戦だった。
そういう言葉を並べて見ると菊花賞での巻き返しありそうに聞こえるかも知れないが、近年傾向としては神戸新聞杯よりも菊花賞の方が立ち回りが問われ&持続力が問われずなので無暗に飛び付くワケには行かない。
それを覆す材料(後押しする材料)としての降雨があるが、だとしてもこの血統だと決してステイヤー方向の適性馬でもないだろうから…それなら条件好転幅が大きく見積もれるアドマイヤウイナーの方を選択したい。


△キセキ 牡3 Mデムー 57 栗東 角居
デムーロの春の相棒アドミラルとやや被る様な面がある馬。
それは同様に渋とさを活かしたいタイプというのと、ただし折り合い不安から後出し的なレース振りしかできないだろうというのと。
アドミラルの場合には青葉賞が正に上記適性合致のレースだったのでそこで激走となりましたが、キセキの神戸新聞杯は青葉賞よりもダービー寄りの適性レースになった分でアドミラルダービーのデジャヴの様な差し遅れ競馬に。

なので、その神戸新聞杯やダービーのデジャブが見える近年の高速菊花賞ならば二の舞結果が既定路線だったでしょうが、馬場が渋るという点では相対的には不利性質の軽減に作用するかも。

ただし、夏7月から[500万下→1000万下→神戸新聞杯]と連戦を続けて、必ずしも当初の予定ではなかった(空き巣相手関係を見て決めた?)菊花賞参戦というのはやや引っ掛かる…。
飛ぶ鳥を落とす勢いのデムーロJも長丁場では周囲の期待未満の結果になりがちで…。

△ポポカテペトル 牡3 和田竜 57 栗東 友道
★○○○○○○(←菊花賞の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
秋華賞予想ではローズSの上がり馬下克上結果を追い風参考記録の“まやかし”として、春実績馬重視を何よりの前提に据えた予想展開をしました。
その背景の一つとしては、桜花賞・オークスがレベルが低かったなんて有り得ないとの春実績馬への信頼からでした。

それが3歳牝馬路線に対する私の見解根幹ですが、3歳牡馬路線については全く反対の説をとります。
毎日王冠有力馬診断でも『9月終了時点での3歳古馬混合・上級条件戦に於ける3歳牡馬活躍数は近年最悪レベル(⇔3歳牝馬は水準超レベル)』を表題にした通りです。

つまり、3歳牡馬路線=ラスト一冠の秋G1菊花賞に於いては、そんな“ヤワ”だった春実績馬を上回る上がり馬の一頭や二頭は表れて然るべき土壌にあると考えます(大したコトがない春実績馬よりか、上がり馬狙いの有効性)。
または、ココは菊花賞=距離三千という特殊舞台条件で、それに雨という更に特殊さを強調する材料まであるのですから…近年菊花賞よりは適性が幅を利かすのではないでしょうか(大して強くない春実績馬よりか、適性偏重馬狙いの有効性)。

結論としては、近年では存在感が薄れている、前走古馬混合1000万下勝利馬にも目を向けるべき年だと思います。
その中でも中長距離路線を歩んできた適性的にも強みを見出せる上記2頭はどちらも捨てがたい存在。

ポポカテペトルは1000万下勝ち上がるまで3戦要しましたが、3走前木曽川特別も2走前シンガポールTC賞も考え得る最高レベルに近いHレベル戦での小差競馬なので実質的には3走前時点で勝ち上がれるパフォーマンスは示していました…それだけ強い相手に揉まれてきた経緯を強みにできれば侮れません。

そして大穴◎候補〇〇〇〇〇は初勝利を挙げるまでに苦労ありましたが、それは主に馬が本気で走らない・集中力を欠く精神面の問題でもありました…3走前勝利も前走勝利もクビ差の地味な内容でしたがそれは相手ナリにしか走らないからというだけ…少頭数戦からフルゲート多頭数戦に替わって相手強化された分だけパフォーマンスを上げてきても驚けない性質の馬であります。


★トリコロールブルー 牡3 戸崎 57 栗東 友道
そして、前走古馬混合1000万勝ち上がり馬で大将格に位置付けなければならないのがコノ馬。

まずは青葉賞2人7着後の次走チェック馬見解を参照↓
『初戦から3戦目までは全て間隔を空けたローテで使われていた馬。
今期はクラシック権利獲得の為に春3戦のローテで、レースを使う度に馬体重を落として、権利獲りメイチ且つ3連続長距離輸送の今回は精神的に限界値に達してしまっていた印象。
イレ込みもキツかったし、長距離輸送での馬体重二桁減でノーチャンスの馬体シルエットにも見えた…それでレースでの踏ん張り利かずの結果は完全に度外視で良いと思う。
ここまで煮詰まってしまっては少し時間が要りそうだが、そもそもが晩成のステゴ牡駒…夏秋の再上昇に期待したい。』

・・・
それからジックリと4ヶ月空けての復帰戦となった前走日高特別…馬体減に悩まされていた春シーズンとはまるで別馬の馬体重32キロ増でレース本番でも一発回答パフォーマンスというのは高く評価したい…春の件もあるのでゆったり中6週ローテも好感度高い…素質ステゴ産駒の急上昇は侮るべからずで順張りで買うべき。
--------------------
☆菊花賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土はイーブン、日は外有利→イーブン/土はC、日はD
京都…土はやや内有利、日は内有利/土はB、日はB→D
新潟…土は内有利、日はイーブン/B

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…3週目/Aコース/伸び所はやや外有利〜イーブン/馬場差は雨量次第でC付近
京都…3週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差は雨量次第でC付近
新潟…2週目/Aコース/伸び所はイーブン(〜やや外有利)/馬場差はB

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
greerg

【菊花賞の有力馬診断(中篇)】
▽アルアイン 牡3 ルメール 57 栗東 池江寿
マイラー志向の証左とも言える高速皐月賞激走馬で、池江師の見立てもマイラー(師にとっても予定外の皐月賞出走且つ激走)で、更にはこの夏休養を経てより母系(母ドバイマジェスティは米ダ短G1馬)の血統が出た成長を遂げている感も。
前走セントライト記念ではスピード溢れるタイプだけに距離2200のスローペースだとややスピード過多の追走になっており、そしてラストでは極端に速い脚を繰り出してきた一頭にしてやられるという2着…自身も十分に強い競馬をしているが、この領域ではこれが限界であるとも言えると思う。
クラシック重視の池江師だから菊花賞路線に乗せているだけで、そうでなければ別のマイラー方向の路線に向かって然るべき一頭だろう…つまりは菊花賞の距離三千に勝算あるから向かう背景でもなさそうで、激走までは無いはず。

―ブレスジャーニー 牡3 柴田善 57 栗東 佐々晶
当時回避してお蔵入りとなった弥生賞時の有力馬診断見解を参照↓
『父バトルプランと見ると二流三流馬に見えるが、実は母母母はダイナカールという母系の血筋はシッカリとしている出自。
母系を見ると将来性有りだが、ただ父の名前&エスティFの早期育成馬だと見ると…今以上の伸びシロについてはやや懐疑的。
前走東スポ杯でも返し馬で気持ちが入り過ぎていたとのコトで折り合い面の課題と、(四位Jもブレイブスマッシュは直線進入時点で伸びないと見てマークを外した様に)トモ甘くて大トビで加速遅い長い直線で漸く間に合う末脚馬という点で弱点は見せた。
だからこそ、スワーヴリチャードが先に抜け出して気を抜いた所を差し切れたという怪我の功名の勝利でもあった。
ゴチャゴチャ言うとしても、スワーヴリチャードを下している東スポ杯2歳S時点での強さは当世代では確実に上位だが、ただし上記した通り晩成キャラを早熟タイプが上回ったというモノでもあるので、果たして3歳春になってどこまでやれるのかは繰り返しになるが疑問も。
柴田善臣J騎乗と上記の弱点から競馬のやり方も従来通りの一辺倒だろうし、つまりは広いコースから中山コース替わりは確実に条件悪化だし、更には右回りにも不安あって、その上で成長力疑問と調整遅れ・・・能力上位という要素さえ除けば、ブッ飛んでも驚けないネガティブ材料揃いまくり。
…というか、ポリトラック追いしかできていない状況で、回避の公算が高まっていますし、調整遅れ過ぎのせいで仮に出走しても人気を全く吸ってくれなさそう…。』

・・・
そんな状況でも弥生賞orスプリングS出走ならそれなりに人気になる模様でしたが、流石に東スポ杯1着の威光が薄れる今となっては状態云々を抜きにしても馬本体としても大して評価もされないか。
恐らく大して評価する必要無いというのが正解で、本年の低レベル牡馬世代では初期の段階での実績馬こそ大したコト無い馬ばかりだったというのが真相…春実績馬についてディスっていますが、つまりは昨秋実績馬についても同様(以上)のコトが言えますので。
その上で、状態面も甚だ怪しいですし、右回りコーナーグルグル競馬もマズい気がします…。

★○○○○○○(←菊花賞の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
秋華賞予想ではローズSの上がり馬下克上結果を追い風参考記録の“まやかし”として、春実績馬重視を何よりの前提に据えた予想展開をしました。
その背景の一つとしては、桜花賞・オークスがレベルが低かったなんて有り得ないとの春実績馬への信頼からでした。

それが3歳牝馬路線に対する私の見解根幹ですが、3歳牡馬路線については全く反対の説をとります。
毎日王冠有力馬診断でも『9月終了時点での3歳古馬混合・上級条件戦に於ける3歳牡馬活躍数は近年最悪レベル(⇔3歳牝馬は水準超レベル)』を表題にした通りです。

つまり、3歳牡馬路線=ラスト一冠の秋G1菊花賞に於いては、そんな“ヤワ”だった春実績馬を上回る上がり馬の一頭や二頭は表れて然るべき土壌にあると考えます(大したコトがない春実績馬よりか、上がり馬狙いの有効性)。
または、ココは菊花賞=距離三千という特殊舞台条件で、それに雨という更に特殊さを強調する材料まであるのですから…近年菊花賞よりは適性が幅を利かすのではないでしょうか(大して強くない春実績馬よりか、適性偏重馬狙いの有効性)。

結論としては菊花賞参戦馬の中で最大の上がり馬と言えるコノ馬をプッシュしたいです…本格化前の春シーズンは芽が出なかったですが例えば前々走凡走時なんかは3連続関東輸送で馬がレース前に終わっていましたので…それから約4ヶ月を経て別馬の姿での戦列復帰→古馬混合1000万下一発回答した今となればG1下克上の期待まで。


-------------------
☆菊花賞の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------

☆菊花賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【菊花賞の有力馬診断(前篇)〜関西主場では開業以来45戦0連対の菊沢厩舎…先週秋華賞では“攻め過ぎ”のアエロリット1人気惨敗→“守り過ぎ”のミッキースワローは果たして…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ミッキースワロー 牡3 横山典 57 美南 菊沢
先週秋華賞ではアエロリットで1人気を裏切った美浦菊沢厩舎×横山典J…それと同じコンビで、同じ様に大人気に推される模様のコノ馬。

アエロリットについては、まず前走クイーンSでの気ままの一本調子逃げ戦法が秋華賞に臨むに当たって明らかにマイナスの過程だったのと、更には1週前追い切りでも同様に半ば暴走の猛時計という調教過程が果たしてどうだったのか…(と、有力馬診断で軽視方向の見解を書きました)。

対してミッキースワローについてだが、そのアエロリットとは異なり前哨戦セントライト記念では初タッグ横山典Jと息合う好感度高いレース振りだった点ではマルだが、調教過程についてはアエロリットが“攻め”過ぎならばミッキースワローは“守り”過ぎの様な…。
1週前の調教時計は軽いモノだったし、その上で日曜に時計を出さず、更には最終追い切りは単走を示唆…どれを取っても過去の調整過程とは異なる=守りに入り過ぎている印象です。
コレが一流厩舎ならばそれが最善だと見るべきかも知れませんが、何と言っても関西主場(京都阪神)の平地競走では開業以来45戦0連対(上位人気馬含む)の菊沢厩舎…まして関東馬にとって鬼門とも言える菊花賞ですから尚更疑って掛かるべきかなと。

一定の水準に達していない菊沢Jから一流横山典Jでまるで別馬へと化した馬は相当の評価をしたいですが、それを引き出せる状況でゲートラインに立てるかについては信任票は入れられません。
(菊沢厩舎・関西主場・平地・単勝20倍以下の全出走歴)
無題hert

▽サトノアーサー 牡3 川田 57 栗東 池江寿
まだまだ本格化前だったという春は後方折り合い専念競馬に徹せられていたが、(この手の馬は時間が経過しても固定観念から同脚質競馬に拘られるケースは多々あると思うが)コノ馬の場合には一流池江厩舎所属馬だけあって秋初戦のタイミングで果敢にモデルチェンジを仕掛けてきた。
毎年の様な素質若駒が最も揃うと言っても過言ではない厩舎だけあって、行き当たりばったりではなく点と点が線で繋がる様な育成方針は褒められるモノだろう。
もちろんそれは一発満点回答までは求められない話だと思うので、距離2400スローペースという難しい状況の中で多少折り合いを欠くシーンはあったものの、十分許容内で3着好走結果を掴み取ったならばやはり順調な成長過程を歩んでいると見做すコトができるか。
そういう意味では将来的な期待は懸けたい一頭ではあるが、それより手前の目先菊花賞については流石に条件悪化(距離3F延長)分が上回りそうなカンジは否めない。

それに追い打ちをかけるのが雨予報…(人気薄ならば)14年◎サトノアラジンのイメージで激走の線も描ける馬ではあるのですが、これまで散々苦にしていた雨馬場ではその薄い線も消えてしまいそうです。

▽ダンビュライト 牡3 武豊 57 栗東 音無
神戸新聞杯レース前からダンビュライトの賞金(1050万)ならばセーフと見られていたが、陣営は危うしと見て何が何でも権利獲得の意図でいて「1着じゃなくて3着内狙い」という際どいコメントも発せられていた通り…それでの正攻法騎乗で上位馬の末脚に屈した形の痛恨4着止まりはハッキリと言えば力負けだ。

ただし、この菊花賞は(特に雨馬場によって)決して能力云々が勝ち負けを左右する最重要要素にはならないだろうという点で活路は見出せるか。
その一つ目としては、例えば最有力前哨戦神戸新聞杯上位入線馬からの菊花賞出走有力馬キセキ・サトノアーサー・アドマイヤウイナーは全て折り合い不安馬で、そこで名人鞍上込みで上手い競馬が期待できそうなのはコノ馬だろうという点。
そして二つ目としては、神戸新聞杯で最もスタミナを示した馬、安易に言えば最も前で粘る競馬で好走した馬が菊花賞で穴をあけるという歴史から…その論理は今年のヌルいペースの神戸新聞杯ではそう通用しない可能性が高いですが…。

―マイスタイル 牡3 四位 57 栗東 昆
春シーズンでは弥生賞で◎を打って、その他は全て無印評価をしました。
その弥生賞の◎の根拠はほぼ騎手(横山典)でした…当時の中山芝戦はそれだけ騎手勝負の側面が強かったので…結果的にはそれが全てという2着激走。

そして誰もが驚いたダービー4着激走…コレも騎手が全てと言って良いでしょう。
私は芝レースでは走破時計でレースレベルを判断するコトはほぼしませんが、でも本年ダービーなんかは誰でも走れる様な走破時計だったが故に力が劣る馬でも上位入線が許されるレースになったとは言えます。それで逃げたからの一点で4着まで粘れたマイスタイルであり、マイスタイルに付いて行くだけの騎乗で横山典ペースに乗って8着まで粘れたトラストであり(余談ですがトラストは何で中長距離路線に行っちゃったんですかね…無駄にダービー8着したせいでマイラーとしての素質の芽が摘まれているのだとしたらとても残念)。
まとめると弥生賞もダービーもほぼ横山典Jが激走したというレース…それの再現というのはナイ話でしょう。

★○○○○○○(←菊花賞の大穴◎候補馬)の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
これまでの2勝は洋芝函館での上がり37秒級レースと、中京二二という3歳限定戦の中では屈指のスタミナレースで記録している。
その他にも持続戦青葉賞激走や、前々走は札幌二六で古馬混合1000万下3着健闘などキャラは明確。
前々走モレイラでも苦労していた通りの折り合い難馬だけに、前走トライアルレースでは2走続けての大外枠で理想よりも位置取り下がる競馬も結果に悪影響を与えただろうし、それで自身最速の上がり脚を使っても前が止まらない流れが不運だったという話。
まずは抽選通過が難関になるが、その上で道悪且つ内枠条件を引ければ如何にもな一昔前の菊花賞激走馬の出来上がり…(本年は低レベル世代且つ道悪馬場により、近年傾向よりも一昔前傾向が通用するのではないかとの読み…その辺りは次回中篇で詳しく)。

--------------------
☆菊花賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


【富士Sの有力馬診断】
▽ロードクエスト 牡4 池添 56 美南 小島茂

本年は蹄の不安が出て安田記念前哨戦に間に合わず…安田記念にも間に合わず…そしてパラダイスSまで復帰戦がズレ込んだ経緯。
そのパラダイスSは叩き台明言での次に望みを繋ぐ5着は悪くなくて、本番宣言していた関屋記念では勝負の中団競馬で掛かりつつ展開向かずで6着ならばやはり悪くはない。

今回はそこから特別登録までした京成杯AHを飛ばして、在厩調整を続けて富士Sに歩を進めて来た経緯。
その舞台裏については明かされていないが、最終的に回避となった京成杯AHの中間過程に撮られた写真からは(今春復帰が遅れた原因である蹄部位に)エクイロックス塗布が認められて、それと同時期に近走と異なるプール併用調教がされていたというのは何か良からぬ背景があった様な気も…。
それでも10/6以降はプールに入っていないので、この十分な間隔を取った過程で解消されたと読むべきでしょうが。

また、東京新潟向きの馬として扱われているが、3歳以降でそこで結果を出したのは最後方競馬が嵌まったNHKマイルCのみで、実は中山系のコースの方が安定して結果を出せている現実。2歳時の新潟2歳Sのパフォーマンスはあまり信頼ならないのは半ば常識で、それに捉われて[溜め-斬れ]の形に固執し過ぎているような…中団競馬で結果出せなかったた前走によって、中団策クビ→再び極端後方競馬に方針転換という今回は決して期待値高い馬だとは言えない。

--------------------
※続きは完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」をして本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
--------------------

☆完全版の購読(詳細案内送付予約)を随時受付中
完全版[有料メルマガ複数月コース]では無料ブログの2倍以上の情報量・予想量を、業界的には割安な実質1週500円台で配信しています(週末予想だけの活用でも予想1日単位(レジマグ販売)の約半額の料金です)

具体的な配信内容は「週末予想号2通(ブログ予想以外に1週4〜5レース前後)+回顧号2通(平場回顧&重賞回顧)+特集号1通(主に第二重賞の有力馬診断)」で週5長文配信です

前回募集は昨年6月でした…1年間も新規者がほぼゼロという一方で、高い継続率により現会員様の約9割が会員期間2年以上という(他に例が無い様な新規募集のレア具合でも運営できているのが証拠)…合わない人や一見さんには取っ付き辛いかも知れませんが、逆に合う人には相当嵌まって貰えるという…その為にも多くの皆さまに一生に一度は見て貰いたいのです

17年秋から随時受付に改めます…以下フォームに新規アドレス登録(or登録済の場合などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.com宛に「詳細希望」とメール送信)して頂ければ、遅くとも2週間後までにご案内を差し上げます(※登録後2週間を過ぎても未着という場合にはメールで問い合わせ下さいませ)

↓↓↓

少しでも興味がおありの方は、以下フォームから「詳細案内送付予約」を是非…
※私からの配信は「keiba@dream.jp」&「sguw125@gmail.com」から行います。PCメール受信許可など受信設定の確認をお願いします。docomoメールアドレスですと配信エラー確率が高いので、別アドレスでの登録か複数アドレス登録をオススメします。
※配信するのは「ご案内」と、仮に申込まれない場合にも3ヶ月に1回程度の「サービス配信」も行いますので登録して損は無いはず(それ以外の広告メール配信等は一切無し)。

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


-------------------
※登録できない場合や不明点等はsguw125@gmail.comまでご連絡下さいませ

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
(※先週収支は記事最下部にて…)

☆先々週
のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※掲載できなかった1つ前の週分/
完全版で配信中の全リスト内からのサンプル(抜粋)です)
[土曜東京8R(500万下)] 9着ハシカミ
これまでの良績は東京コースに集中で、その上で良馬場ならほぼ好走(低速決着ならオール好走)・渋化馬場ならオール凡走という分かり易い戦績の馬。
広いコースで外目からスムーズに差す形が本領発揮の形で、中山コースだと容易には間に合わないし、渋化馬場だと尚更間に合わないというワケ。
前走は中山不良馬場という逆条件で、尚且つ不振内田博Jの誘導で内目の立ち回りでスムーズに脚を伸ばす形すら作れなかったら凡走は当然とも言える。
今回は東京コース替わりだったが、過去全滅の雨馬場で自己ベストに近い上がり脚繰り出しながらも届かないのは適性負けの一言だろう(内田博Jの出遅れ掛かり気味追走大外ブン回しも褒められたモノではなかった)。
東京良馬場(理想は時計掛かる冬場)なら◎打つ。

[月曜京都9R(1000万下)] 10着メイショウユメゴゼ
コノ馬は馬群内(内目)での競馬をしないと集中力を欠いててんで駄目というタイプ。
3走前までは全てその形で4走連続で好走善戦。
前走は7枠8枠決着だった通り内不利状況での2枠発走から3着まで0.1秒差6着ならば負けて強しの内容。
今回は非内枠と出遅れで外を回す形を強いられて良い脚続かずの内面起因による大敗。
非外有利状況且つ内枠条件ならば一変秘める。

[グリーンチャンネルC] 16着キタサンサジン
直近3度の休み明けローテ時で[初戦凡走→2戦目一変]を見せている分かり易い馬。
陣営もそれは百も承知しているだけに、更に休み明け初戦は本気度はサラサラないという局面にもなりがち。
今回はそのローテ面が全ての凡走で、前走はHペース逃げでの5着で、得意の2戦目ローテでは展開一つでの粘り込みも描ける馬。

--------------------
☆菊花賞の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は2走前までのレースを見る限りでは菊花賞=距離三千級では買い辛い馬でした…具体的には不器用さあったり、折り合い難しかったり、ズブかったりで…でも前走ではまるで別馬の姿を見せてきましたので。
そこから導けるのは、その前々走までの姿はコノ馬の真の姿というよりは未熟鞍上が乗っていたせいという側面が相当あって、鞍上が一流ならば何も問題ない馬だと解釈すべきかも知れない…前走レース後時点では菊花賞鞍上は未定でしたが、その鞍上が主戦を務めていたダービー健闘馬が西のトライアルレースで凡走したコトで同騎手を菊花賞でも引き留め起用できるのは何よりの強調材料に。
距離不安ある馬やレース振りに注文が付く馬ばかりという中で、そのどちらにも目途が立っているトライアルレース激走馬のコノ馬の上位進出は有望だろう。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「今週末注目重賞の有力馬診断」を月曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※G1指定買い目結果については秋華賞予想記事内に追記しています。
土3の0も、日4の3で最後にそのG1的中が効いてギリギリの結果に。。
IMG_1200

☆G1買い目結果
結果的にはオークス2着馬4着馬5着馬(1着3着は不出走)の春実績馬での決着で、データの数字の上では優位だとしても本年の場合には“まやかし(追い風参考記録)”だったローズS激走の新勢力は軒並み足りず
ローズS凡走馬からの馬券内は◎モズカッチャンのみで決して褒められたモノでない一部的中止まりでしたが、全体像の読みが大きく外れていなかった分で最低限の的中結果は引っ掛けられました。。
(※ワイド1つ的中なら回収率220%→ワイド2つ的中or馬連も的中なら回収率440%→ワイド2つ+馬連も的中なら回収率660%→単勝も的中なら更に回収率上積み・・・そういう戦略的な買い目なので、結果的には予想があまり当たらなくて最低限的中なので安くなりましたが、そんなにツマラナイ買い目だとは思っていません(的中がド真ん中になればなる程に回収額が増える))
無題gert
-------------------
人気ブログランキングへ
☆当ブログに初めてお越しになった方は
考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
京都11R秋華賞(勝負度D)
[印]
◎モズカッチャン
△12レーヌミノル、16ファンディーナ
▽7リスグラシュー、15ヴゼットジョリー


[見解]

秋華賞とは基本的にはローズS上位好走馬を買っていれば大体(3分の2)は何とかなるというレース。
それは紫苑Sが重賞昇格元年だった昨年は傾向崩れてローズS組劣勢となったが、2年目の本年は(昇格前と比べれば紫苑S組も侮れなくなっているとは言えども)再びローズSに重心が戻ったと見做して良いだろう…基本的には当組から好走馬が多数輩出されるべき最大勢力としての厚みある唯一無二の王道ルートであったのは間違いなく。

ただし、だからと言ってローズSの着順が秋華賞に直結するという単純な話でもないはずで、特に本年の場合には掲示板内5頭中4頭が夏稼働の上がり馬という偏った決着だっただけに。
これが低レベル世代ならば一夏を超えて上がり馬に分がある状況と読むべきだろうが、本年の春実績馬が低レベルであるはずがなく…現に春の牝馬二大レース桜花賞&オークス出走馬のその後の戦績については過去年と比較しても“優良”ですので。

いや、新陳代謝の早い牝馬戦線ですので、3歳秋G1秋華賞とは基本的には春実績よりも直近激走馬を重視すべきレースです…でも敢えて直近激走馬の価値に疑問を投げかけたいです。
今年以上に夏場稼働の上がり馬が、その次のステップである世代重賞戦(ローズS・紫苑S)で軒並み通用する年はありませんでした。
それはローズSの前後で“春実績馬”と“上がり馬”の能力逆転現象があったからというのが一般論になると思いますが、そんなヤワな春実績馬ではないはずですし、ローズSだけの結果を論拠に上記結論というのはやや雑という気もします。
極端に“夏稼働の上がり馬が軒並み通用”の現象が起きているので、そんな本当に強い馬がボンボン出ているとしたら異常ですし、その結果については何かウラがあるのではないかと思うのです。

本年のローズSはラップ表示の通りHペースでしたし、その上で向正面が強い向かい風(逆風)でしたので額面以上にそうだったというコトになります…そして当ケースでは直線外差し馬に有利が発生します…本年ローズS掲示板内馬は大凡はそれに乗じる形での激走でした。
(逃げ馬は例外として)逆に逆風に立ち向かう不利な競馬をして上位に届かなかった馬…ファンディーナ・モズカッチャン・レーヌミノル…見事に春実績馬ばかりです…コレらが逆に軒並み巻き返し事象があっても驚けませんというのが結論です。

ファンディーナはまだ本調子ではないだろうとしてもローズSからの上積みはありそうな方で、モズカッチャンはローズSではイレ込みでレースどころでは無かったという話も、そしてレーヌミノルも前々走オークスは距離長過ぎとしてローズSでは池添Jらしい前哨戦での雑な捨て競馬でしたので内回り二千コースならば守備範囲での巻き返しあっても良いはず。

それらローズS凡走した春実績馬3頭と、当世代の安定勢力リスグラシューと、有力馬診断内で力説した通り[(昨秋〜今春シーズンとは違って)ようやく馬体回復で状態良化]+[距離適性長めでマイル時代よりも前進可能性]+[前走古馬OP健闘で能力見劣らない]の18番人気ヴゼットジョリー…この5頭を推奨馬とします。
その中でまともならば最も強いだろうアノ馬を本命馬とします。
(結構シンドイ論理であるのは承知ですし正直見当外れかも知れませんが、一言で言えば春実績馬の沈没というのは中々解せないという出発点からの決して気を衒った予想のつもりではありません。。)

[買い目]
単勝◎(20%)
ワイド◎→▽リスグラ(28%)・△レーヌ(6%)・▽ヴゼット(1%)・△ファンディーナ(17%)、△レーヌ→△ファンディーナ(6%)
馬連◎→▽リスグラ(11%)・△レーヌ(2%)・△ファンディーナ(7%)、△レーヌ→△ファンディーナ(2%)

twitter予想(平場厳選漏れ推奨馬)※期間限定提供中


【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※1レース200~250円×予想提供数
夜遅くまでお待たせして申し訳ございませんでした…完売ありがとうございますm(__)m(提供予想…信越S・京都8)


-------------------
☆秋華賞の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

↑このページのトップヘ