考えるヒント(常勝競馬)〜9年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 ダービー 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

2010年10月

【天皇賞秋】的中!
雨上がりの東京芝コースは排水溝の関係で内の方が早く乾く為に『内伸び』馬場になる定説
早いペースに持込む逃げ馬不在でM〜Sペース想定
それなら『先行馬and内を通る馬』が絶対的に有利、つまり内枠のブエナ・絶対先行馬のアーネストリーの宝塚記念の2、3着両馬から入れば間違いなしか
C◎ブエナビスタ
○アーネストリー
宝塚記念はペースだけ見れば先行馬が壊滅しておかしくないレース、それを先行して抜け出したアーネストリーの内容は本物で、まして『レース当日熱発・蹄不安』がありながらと考えるとアッパレの一言
今回東京コース・左回りが懸念されているが、宝塚記念時に抱えていた不安と比較すれば微々たるモノよ言え、素直に強い先行馬として信頼すべき
ブエナビスタも凄まじい馬、『蟻洞で完全に調整不足だった秋華賞・体調不良だった京都記念・遠征帰りで状態がイマイチだったVM・宝塚記念』こんな状態でも全てのレースで格好を付けた
そして今回は一切の状態不安情報無し、久し振りに強いブエナビスタが帰ってきた、誰もが認める現役最強馬、万全ならこける事なんて想像出来ない
道悪適性についてはアーネストリーについては蹄が『立ち蹄型』ならそう苦手ではあるまい、それに『ほぼ稍重=宝塚記念時と同程度』には回復するはずで懸念する必要は無いか
△ジャガーメイル
ブエナ・ドリジャと同じ競馬をした京都記念で開花、春天も展開不利を跳ね除けて差し切っており能力的には超一流で間違いない
『ピッチ走法・深い蹄・道悪好走実績』で道悪は歓迎のクチ
最後の最後で脚が鈍るケースが多く見受けられるように(ex.アル共・香港戦・京都記念)、基本的には使える脚は長くないと考えられ勝ち切れるかは疑問が付く
積極的な騎乗が目立つDホワイト騎手は怖い
△ペルーサ
青葉賞内容がグレート、見た目の派手さ云々だけでは無く時計的にも逸品で『同舞台のダービーにそのまま当てはめて例年の連対レベル』
道悪は蹄が浅く微妙かも、でも瞬発力勝負に秀でているワケでは無いので稍重くらいなら丁度イイか
他人気馬評価
●シンゲン
道悪種牡馬ホワイトマズル産駒である事からもにわかに脚光を浴びている当馬だが、当方が見るに『大跳びandベタ蹄鉄』で馬体的特徴からは特に道悪適性を感じられない
オールカマーもドリジャ以外の小粒メンバー相手での僅差戦で大した評価は出来ない
虚弱な面を見越して『余裕あるローテ=オールカマーをステップ』の参戦だが、やはり消耗は小さくなく反動で今回は満足な仕上げでの出走は叶わなかったとの見方が大勢
●スーパーホーネット
スパホについてはワカクサ氏(注.mixiで有名な裏情報業者)が安田記念予想時に『まだ脚は完治していない=消し』との筋情報を公開していた
結果2着に好走した事でその筋情報の真偽まで疑われいたが…事実はやはり安田記念時に脚部不安を抱えていたで間違い無い、それも軽微なモノでは無くて馬券常識的には『消し』が妥当な程の
それでも好走した事については偏にスーパーホーネットの能力が抜きん出ていたと解釈する他ないが…
そして今回、果たして脚部状態は春よりも良化したのか悪化したのかと言うと…この中間も春と同様の『特殊蹄鉄』を付けて調整されているようで、本番でも恐らく同じ装鉄=つまり『脚部は安田記念時と変わらず不安持ち』だ
本来ならこの時点で消しなのだが同条件で安田記念好走の実績があり…絶対的にこの脚部を評価すると『スピード競馬に不利な特殊蹄鉄』『捌きも堅くなる可能性』『不安の無い後ろ脚・トモは問題無し』、高速馬場よりは多少渋っている方がマシだが、やはり常識的には買える状況ではない
また、『距離延長で掛かるのを懸念した消極的な騎乗and外枠から外外を回す競馬』を想像するとさすがに厳しい気も
『馬券』
馬連◎―○
馬連◎―△△・三連複◎○―△△

〜〜日曜〜〜
京都11R
注トゥザグローリー
怖いのはNクレセントとSライジンくらい、複堅軸、断然人気馬だけに注まで
京都12R
注8ファンドリカップ
抜群の安定感を誇る当馬、他全馬が『休み明けor昇級戦』の難解なメンバー構成だが信頼の複軸に据えられる
ただし、500万条件で8戦連続2or3着などの過去の戦績が示す通り勝ち切れるかまでは微妙と言わざるを得ず、単複収支計算の◎推奨には及ばない
東京12R
D◎8フィールドジュエル
追い込み不可能なペースで一番大外を回した前走は悲観する必要は無い
前回休養時でも2戦目で鬼脚を繰り出す変わり身を見せた、展開さえ向けばだが今回この人気なら妙味大


〜月曜〜
東京6R
D◎カズノロマン
△8、10、5、11、1
前走は『3着馬を0.4秒千切る・僅差の勝ち馬は次走の昇級戦で3着・文句なしの好時計』の好内容、渋化ダートも得意で信頼の軸
相手で穴目で面白いのは『シルクエンデバー』か、『休み明け・芝戦の凡走』でかなり人気を落としているが、仕上がり早のスウェプト産駒でダートでの実績はこのクラスでは上、押さえるべき


東京11R
D◎フリソ
今期前半は脚部を気にしての調整で結果も物足りないモノだったが、前走で完全復調か
4走前の準OPフェアウェルSでインバルコと同じ競馬もするなど能力はここでは抜けているはず
ちなみに当馬は昨年3走連続A◎推奨もした当方超期待馬、必ず近い将来には重賞馬
Gアリュール産駒で大得意の渋化ダートも後押し

京都11RスワンS
D◎マイネルフォーグ(良馬場or稍重馬場なら推奨取消)
道悪経験ナシなので盲点になっているが、当馬は道悪の鬼の可能性高し
稍重ではG1以外だと『6人気2着・14人気6着・11人気2着・3人気2着・5人気4着・12人気3着』の超好成績、また血統的にも道悪大得意スターオブコジーン産駒だ
またこの産駒は基本鉄砲駆けする傾向アリ、距離1400も3着内率5割で得意中の得意
道悪◎・鉄砲◎・距離◎のコイツ、シンガリ人気だろうともかなりの馬場悪化が想定されるなら爆複穴


【メルマガ】
完全無料メルマガの方にも購読ければより便利に常勝競馬をお楽しみ頂けるはずですので、是非ご登録下さいませ
登録は・・・
携帯アドレスの場合は以下まで空メールを送って頂くことで登録完了になります
a0001127672@mobile.mag2.com
PCアドレスの場合は以下から登録をお願い致します
http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
又は
http://mobile.mag2.com/mm/0001127672.html

【ブラジルC】
D◎インバルコ
東京D2100と言えば後方勢有利のイメージがあるかも知れないが、実は『スロー地獄』で『逃げ先行馬ばかりの決着で波乱』ケースが多々あり、馬券的に狙うべきはソレを想定してだ
そして今回も例に漏れず『スロー濃厚のメンバー構成』となれば狙うはソレで先行馬…しかしどの馬もイマイチ能力面で推せず…
ならば一歩戻り『先行転換』してくれる馬を探すと『インバルコ!』、コイツは案外前々で競馬してくれるのではないか?
過去にOP2着した時は中段前目での競馬だし、前々走ホワイトJの先行策好騎乗1着・前走は後方策で断然人気を裏切った、ならば今回は『前々で運びたいor前々で運んでくれ』、そう騎手が判断してor陣営が指示して至極自然だ
まして距離延長and緩い流れの東京D2100、先行しようと思えば行けないはずがない
OPで『上がり最速4着・2着・酷量58.5を背負って4着・3着』の実績&圧倒的なパフォーマンスを見せた準OP2戦、ここでも地力上位は紛れもない
後方策でもがく他人気馬、それを簡単に出し抜く姿を期待したい


【菊花賞】
D◎トレイルブレイザー
トレイルブレイザーの前走時計『中山2500mを重2.34.1(上がり35.1)』、本命抜擢根拠は一点『これは凄まじい時計ではないか』との判断だ
『ダート&短距離レース』で特に有効である『スピード指数なり時計判断』、これを芝長距離で算出する(独力でやっています)のはとても難しい・・・でも大丈夫、いつにも増してサンプル数を増やして詳しく精査しての判断だから、大丈夫
説明するのが結構大変なので普段は『スピード指数が断然』だとかで済ませているが、今回は少し(本当に少しでごめんなさい)サンプルを挙げるが
≪以下は中山2500でトレイルブレイザーとほぼ同じ競馬した馬/レース≫
日経賞『マイネルキッツ稍2.34.1(34.7)』
サンシャインS『トリビュートソング良2.34.0(35.0)』
2004同レース『デルタブルース良2.34.7(34.6)』
これらの3レースはいずれもトレイルブレイザー出走時よりも『(単純に良馬場・道悪では無くて、きちんと同日芝タイムなどから算出した馬場差から判断して)時計が出やすい馬場で残された記録』
これらを上回ると判断したらトレイルブレイザーを並の馬だとは思えるワケが無く、世代間G1なら堂々本命だ
その他推せる要素を挙げると…『長距離をこなせる十分な本数の乗り込み・前走ゴール前でもまだ余裕あったとの騎手談・スタミナ抜群の評判・長距離血統・不利で無い枠順・長距離の勝ち方を知っている鞍上和田J』

○ローズキングダム
朝日杯馬&キンカメ産駒などマイラーと目される事も多い当馬、しかし馬体からは逆にマイル適性の方が疑われる王道馬体、この距離もこなせると見た
確実に不適条件である中山マイルでのG1勝ち・回避を匂わせながらオーナー要請で微妙なデキでの出走だった皐月賞4着・直前アクシデントがありながらのダービー2着・橋口師辛口コメもあった前哨戦仕上げでダービー馬を下した前走、今思えばあっぱれの一言だ
今まで順調に調整された今回は更なるパフォーマンスが見込め、さすがに軽い印というワケには行かない

▲トウカイメロディ
連勝したOP2戦のレベルが疑問視される当馬であるが、その2戦に関しては昨年同レースより評価出来る時計レベルはあり決して低レベルでは無いと言える
チーフベアハート産駒だけに洋芝巧者の面はあったのだろうが

△レーヴドリアン
スぺ産駒だし馬体的にもステイヤーの資質が垣間見れる
超大跳びで京都新聞杯のように最後まで全く衰えない末脚が身上の馬、瞬発力のみ問われたダービー・神戸新聞杯は展開不適で参考外、最適条件京都外回りに一変余地を残す
春と比べると歴然と前向きさが出たようで(前走内容&福永J談)ある程度の位置取りを自然と獲得出来る可能性もあり、そうなるとあとはこの馬の長い長い末脚が活きる展開になるかどうかだけ

△ヒルノダムール
一瞬の脚が身上で京都外回りの長い直線では脚の使い処が難しいはずだが平坦京都なら東京よりはマシか…それでも勝ち切るまでは想像出来ない、複圏内までの押さえ
×ゲシュタルト
長距離向きの馬体で状態さえ整えば重い印まで予定していたが…軽い調教が敗因と言われる前走から『中4週で追い切り2本の急仕上げ&調教後馬体重+2kg』では長丁場を乗り切れる状態まで無いと見るべきか
×クォークスター
タキオン産駒である事&馬体的に長距離は不適
×ビッグウィーク
キレないバゴ産駒、それを考えると前走展開ではあれが限界、消耗戦なら浮上有り得る
×アロマカフェ
馬体的&情報的に完全な中距離馬、この距離は不適
消シルクオールディー
札幌2600の2戦は馬場差・ペース差を加味するとTメロディよりも遥かに劣る時計、さすがに足りないはず

『個人的馬券』
馬連は金額に強弱をつけて手広く手広く押さえる、×馬は押さえの押さえの気持ち
単複◎
馬連◎―○▲△△××××(8点)

【メルマガ】
完全無料メルマガの方にも購読ければより便利に常勝競馬をお楽しみ頂けるはずですので、是非ご登録下さいませ
登録は・・・
携帯アドレスの場合は以下まで空メールを送って頂くことで登録完了になります
a0001127672@mobile.mag2.com
PCアドレスの場合は以下から登録をお願い致します
http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
又は
http://mobile.mag2.com/mm/0001127672.html



謝ったり、すぐ反省したり、そんな人間味ある優等生ワカクサ氏みたいな愛される人気者予想家もイイけど、結局は当たらないと意味無い=当てる為に生きないと
ちょうど先々週で丸1年、常勝の名で予想を行ってきたプライド・プロセス・スタンス・スタイル・ヒール役、これを貫き通してこそ『1年365日8760時間438レース予想してきて残した常勝競馬コミュ業界最強実績予想』の真骨頂=信じて付いて来れば最後は必ず大幅プラス収支、それに向かって邁進するのみ

的中数ナンボの予想業の世界でも『当てに行くツマラナイ予想』なんてするつもり毛頭無いいつもの常勝競馬、今週こそ特大的中を夢に『当コミュ飛躍のキッカケにもなった昨年◎スリーロールス』以上の超大穴馬で!いざ富士S&菊花賞!!

【富士S】
D◎テイエムアタック
良績コースは長い直線の東京・新潟に集中&好走経験距離は1400〜1600だけ、今年のそれに該するレースを振り返ると『関屋記念』上がり最速32.0で4着・『京王杯』過剰に大外ぶん回しながら上がり最速で6着・『谷川岳S』上がり最速で6着・1600万条件戦で1着と4着
また放馬の前走・中山開幕週の前々走は度外視可能
これらの上がりの早い競馬に集中する良績&常に大外ぶん回しの末脚一本勝負キャラ・エンジンの掛かりが遅いタイプである事からも今回想定される東京の長い直線でのSペースからの上がり勝負は望む処
関屋記念で競った馬が人気になる中でまさにこの馬だけ人気の盲点だ

『その他3着までならの視点で押さえたい馬は…』
●マイネルファルケ
完全に仕上がり途上の状態だった京都金杯での5着好走歴&【1-1-0-0】の鉄砲実績を有しており、休み明けで状態不安視される今回でも狙えるタイプの馬だ
また今回はいつも緩い調教で出走してくる当馬にしては十分乗り込んでおり好走態勢は万全と言える
能力面でも昨年富士S以降は安定した着順を残しており地力上位は明白、ただし常にキレ負けする馬で買うなら2、3着を想定して買うべきか
●スピリタス
使える脚が長く無く、前々に出すと掛かる面がある不器用な馬
それでも湘南Sのラップ&時計は出色でOPが壁になる馬では無いはず

『他人気馬短評』
●リルダヴァル
今回は前走と比較すると『2000⇒1600・道悪⇒良馬場・少頭数⇒多頭数・中枠⇒内枠・Mペース⇒団子Sペース』となれば前走時より確実に揉まれる競馬になるのが明白&中一週出走で猛時計の追い切り
Aタキオン産駒の大特徴『揉まれ弱い・虚弱(疲労に弱い)』を踏まえると今回は静観したい


秋華賞は昼頃〜13時までに更新致します、ちなみに◎ショウリュウ予定
記事下部に案内を載せましたが、メルマガにご登録頂ければブログを常にチェックしてなくてもメールで即秋華賞予想が届くのでお薦めです

【日曜予想】
東京11R府中牝馬S
C◎ニシノブルームーン
▲ブロードストリート
△セラフィックロンプ
ヴィクトリアマイルでも◎にした当常連推奨馬、その時の推奨文を抜粋したのが以下
『父タニノギムレットなら生粋の東京巧者でいい、事実乱ペースに巻き込まれた昨年府中牝馬の着外はあるが『1-1-1-1』で得意としている&前走はギムレット産駒が大の苦手とする中山での重賞勝利でこの価値は大きい&乱ペース府中牝馬での先行粘り・ロスの多かった愛知杯で前残りを追い込み5着は評価に値する』
上記の通り東京コースは合うはずだし、鉄砲実績も抜群
またそのVMを展開不利の後方からの競馬ながら3着まで押し上げた事はかなりの能力の裏付け、エリザベスでも狙いたい能力馬だけに1番人気でも自信の◎を打つ
単複◎・馬連◎−▲・(ワイド◎−△)

京都2R
注ミライポケット
四位エージェント-小原◎、広いコースで更にやれそう
大物感ある初戦内容だった断然人気のヴィジャイだが、安藤勝エージェント井上▲と強気では無い=まだ初戦で見せた『未熟さ』が治まるかは微妙で信頼の置ける馬ではまだない

京都5R
注ジュモー
近走4走連続3着でこんな低人気とは!?
1000万下でも好走歴あり、勿論500万下では能力断然
馬体減りの激しい馬で殆ど調教されずにレース出走のパターンが多いが、今回は 中間きちんと5本も乗り込まれており好感が持てる臨戦過程
馬体重二桁減でさえ無ければ

京都6R
危ヒラボクキング
大久龍師番記者-小原ポツン無印

京都12R
注ドスライス
自身から外枠3頭は追い込み馬で案外スムーズに先行可能な枠
スムーズに行った前々走OP3着・前走OP5着の戦績が示す通りここでは抜け た実績の持ち主、仕上がり途上だとしても侮れない

東京1R
注グリーンファイヤー
適性ありそうなダで一変余地あり

東京5R
注エルサフィーレ
前々走以前の戦績は一つ上のモノで、スピード指数的にも他馬より0.5秒程早く走って当然の指数があり能力断然
長期休養明けが嫌われて人気落ちしているが、それにしても人気落ちし過ぎ
またこの馬は単勝100倍以上時に2度2着した過去を持つ『実績』馬でもある=つまり調教・厩舎コメントなど紙面上情報で全く目立たなくても好走出来る馬という事

東京6R
注アースリヴィング
△ディアブロスト・リキサンヒーロー
注は人気でもスピード指数断然で逆らえない

東京7R
注セイウンジャガーズ
素質断然

東京10R
注ワルキューレ
△デリキットピース
ワルキューレは前々走最内から大外まで持ち出すロスの多い競馬、前走強敵相手に僅差ならこのクラスで十分やれる、このオッズは美味しい

☆メルマガ発行☆
【メルマガ内容は以下の通りです】
1.レース前日までに発行:『激選した重賞レース』の詳細分析予想
2.レース当日午前中に発行:『勝負レース』の予想(1日0〜2レース程度です・ブログでは公開していない推奨買い目も出来る限り考えます)
3.レース直前(稀):直前気配まで加味した最終予想(配信する場合は事前予告します)
4.その他トラックバイアスなど不定期に役立つ情報を発行予定

登録は・・・
携帯アドレスの場合は以下まで空メールを送って頂くことで登録完了になります
a0001127672@mobile.mag2.com

PCアドレスの場合は以下から登録をお願い致します
http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
又は
http://mobile.mag2.com/mm/0001127672.html

完全無料ですので是非ご購読して頂ければと思います

ご質問はコメント、又はsguw@livedoor.comまで




【秋華賞1&土曜予想】
〜3歳G1予想の前提〜
桜花賞予想ではチューリップ賞(チューリップ賞組4着まで独占)・オークス予想ではフローラS(フローラS組1・3着)を超ハイレベル前哨戦として抜粋、特に桜花賞に於いてはチューリップ賞組だけで決着するのではとも言い切った当方(結果◎ショウリュウで不的中だったが…)

前哨戦間でレースレベル格差が著しい為に、同じステップレース組で決着する事はありふれた話だ
世代限定戦に於いては各ステップレースのレースレベルを把握する事が何よりも重要であると言っても過言ではない

以下は春に作成したものに秋前哨戦を追加したバージョン
3歳牝馬戦レースレベル〜常勝競馬オリジナル〜
(※同レース例年レベルをCとして、A〜Eで格付け)
チューリップ…A
FR…D
桜花賞…C
フローラ…A〜B
ローズ…D
クイーン…B〜C
紫苑…サンプル少の為?

ローズSは春実績最上位馬とそれに迫る上がり馬が同居したレースとしては平凡レベル

〜土曜予想〜
秋華賞の続きは明日に回して、この流れで土曜日推奨馬にいかせてもらうが・・・
実は当方がチューリップ賞ともう一つだけAランクを付けたレースがある、それはニュージーランドT、驚異の勝ち時計1.32.9のレースだ
もちろん高速馬場である事も全て踏まえてAランクにしたワケで、後のDバーバリアン(G12着)・キョウエイアシュラ(古馬重賞4着3着)の活躍を考えてもAランク評価は間違いでは無かったはず
その2頭の間の3着馬であるレトがまさか1000万下のレベルではあるとは考えられない、1000万なら楽に勝てる能力はあるはずと判断して◎を打つ
調教最悪の前々走3着→調教抜群の前走凡走、それなら前走は反動か2走ボケと考えてイイはず
番記者林◎も後押し
東京8R
D◎レト

京都10R
注メイショウイチバン
3走前は6着も2着とは0.1差、また上位3頭とは約1.5秒早い上がり3Fの大外一気の脚
休み明けにも実績ありこの人気なら押さえて面白い

☆秋華賞☆
【前提】
桜花賞予想ではチューリップ賞(チューリップ賞組4着まで独占)・オークス予想ではフローラS(フローラS組1・3着)を超ハイレベル前哨戦として抜粋、特に桜花賞に於いてはチューリップ賞組だけで決着するのではとも言い切った当方(結果◎ショウリュウで不的中だったが…)

前哨戦間でレースレベル格差が著しい為に、同じステップレース組で決着する事はありふれた話だ
世代限定戦に於いては各ステップレースのレースレベルを把握する事が何よりも重要であると言っても過言ではない

以下は春に作成したものに秋前哨戦を追加したバージョン
3歳牝馬戦レースレベル〜常勝競馬オリジナル〜
(※同レース例年レベルをCとして、A〜Eで格付け)
チューリップ…A
FR…D
桜花賞…C
フローラ…A〜B
ローズ…D
クイーン…B〜C
紫苑…サンプル少の為?

ローズSは春実績最上位馬とそれに迫る上がり馬が同居したレースとしては平凡レベル

【他馬短評】
サンテミリオン…軽い走り・大跳びで、オークス時よりも今回の良馬場はプラス・小回り内枠はマイナス、ここ目標の仕上げでは無く
アプリコットフィズ…ここに来てかなりテンション上がり過ぎ報道もある通り落ち着きが鍵、小回りはイイ
アグネスワルツ…道悪・長距離・Hペースで逃げを打ったオークスの消耗はかなりのモノで、この先立ち直る事が出来るかも微妙だと思う、まだまだ本来のデキに無い。そもそも全く道悪はダメなタイプで、厳しい流れで逃げ粘ったオークスの内容はこの馬の底知れぬ能力=3歳牝馬No.1かとも思わせただけに残念だが
アニメイトバイオ…前走メイチ、大跳びで小回りがどうか
エーシンリターンズ…小原◎、能力は少し足りないと思うが
ディアアレトゥーレ…トーセンダンス産駒なら早い上がりの競馬に適性疑問
クラックシード…器用な馬だが早い上がりが出せるタイプではなさそう
ワイルドラズベリー…1Fでも距離延長はマイナス

【結論】
D◎ショウリュウムーン
ショウリュウムーンについては春から散々述べてきた通り、小脚使えない・手前替えられないタイプで器用さ求められる内回り・短い直線・内枠の今回は条件的には最悪と言ってイイ
そんな馬を能力上位だからと推奨するとは常勝競馬も進歩しない愚かな者だと思われるだろう
その通りだ、高松宮◎アルティマトゥーレ・桜花賞◎ショウリュウムーン・ダービー◎ルーラーシップと同じ系統、『スムーズ』ならが好走の大前提となり実際上記◎3頭は出遅れ・前詰まりなど不完全燃焼で惜敗
不完全燃焼とは止むを得ないようにも聞こえるが、やはりそれは馬の性によるモノであり、ハズレは後から思えば必然=◎を打ったのは明らかに常勝競馬の実力不足だったのだ
ただし今回同じショウリュウムーンでも桜花賞時と秋華賞時は別馬だ、何が別かと言えば一言『人気』が決定的に違う
人気の一角となった春と違い、今回の人気ならばスムーズに競馬出来る可能性に賭けてもお釣りあるはず
それに安全運転四位Jならなんとか捌いてくれるのではないか、場合によっては何よりもスムーズに競馬する為に思い切った先行策まで有り得る
スムーズなら桜花賞馬だったのは誰の目にも明らか、能力面もアパパネと同等のはず
急ぎ書いたので乱文となりましたがご了承下さいませ




☆メルマガ発行☆
【メルマガ内容は以下の通りです】
1.レース前日までに発行:『激選した重賞レース』の詳細分析予想
2.レース当日午前中に発行:『勝負レース』の予想(1日0〜2レース程度です・ブログでは公開していない推奨買い目も出来る限り考えます)
3.レース直前(稀):直前気配まで加味した最終予想(配信する場合は事前予告します)
4.その他トラックバイアスなど不定期に役立つ情報を発行予定

登録は・・・
携帯アドレスの場合は以下まで空メールを送って頂くことで登録完了になります
a0001127672@mobile.mag2.com

PCアドレスの場合は以下から登録をお願い致します
http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
又は
http://mobile.mag2.com/mm/0001127672.html

完全無料ですので是非ご購読して頂ければと思います

ご質問はコメント、又はsguw@livedoor.comまで

【日曜日】
毎日王冠
注Mスターリー
スターオブコジーン産駒なら道悪大得意の可能性高し
少頭数の今回はスムーズに自分の形で競馬できるはず、それなら2走前の再現だ

京都大賞典
D◎メイショウベルーガ
フレンチデピュティの血統・道悪得意の蹄鉄・坂路での好時計実績、から不良馬場も望むところのはず
揉まれ強いタイプではないので少頭数・バラける展開想定も好都合だ
能力最上位の根拠については宝塚記念出走時の推奨文を参照
『まず特筆すべきは日経新春杯、このレースでの勝ち時計は数年前の全盛期シルクフェイマス(後春天3着など)が記録した時計と同一レベル、この時点で今年のG1(混合)戦線での活躍は約束されたようなもの
その次走阪神大賞典3000mを生粋のスタミナ馬2騎とステイヤー質レースで接戦までしたのはやはり本質的能力の証明
多少パフォが落ちた大賞典よりも京都新春以前の距離が最適なのは明白
疲労が残りやすいデピュティ産駒でタフな大賞典後の春天はさすがに無理があった、この中間は意欲的に追われておりその不安は少し払拭
阪神に勝ち鞍がなく平坦巧者と巷で言われているが、デピュティ産駒である事やその他独自ファクターから類推するに重めのレース質は得意なタイプに思える』

東京12R
注トムアウトランダー
とにもかくにも揉まれ弱い馬、その一点さえ不安なければこのクラスでやれる能力・時計の裏付けはある
ある程度外枠の今回、超超人気薄なら揉まれないレース展開を想定して押さえても期待値的にはお釣りがありそう

東京10R
フィールドジュエル
鉄砲実績抜群

【土曜日】
京都11R
注ショウナンカザン(良馬場に近ければ)
注ヤマカツマリリン(重馬場に近ければ)

ショウナンカザンの前走は前が塞がって最後の50mしか追えなかった、それさえ無いければ5着はあった
前々走も内容は悪くなく苦手の重馬場でさえなければ
ヤマカツマリリンの前走は枠・展開・当方の読み通りの道悪適性など多々恵まれての勝利だが、今回もパワーが求められる馬場ならば開幕週の展開利も見込んで3着粘り込みを期待したい

●アイアムカミノマゴ考察
カミノマゴはオーロC・阪神牝馬Sでは自信アリ◎も打った言わば当方お手馬である
スプリンターズSでもまともな状態で出走してきたならば◎まで考えていた、それ程に当方はこの馬の実力を評価している
前走VMは当方予想でも危険馬扱いしたが、阪神牝馬Sの反動がもろにあったかなり不調状態での凡走で全く評価を下げる必要は無い
ここまで来たら当然今回も本命視と言いたいところだが、今回ばかりは少し裏読みしたい
カミノマゴは元々スプリンターズS出走を予定していたものを断念、そしてたった1週スライドさせた今回のレース
ここまでなら名よりも実を取る為に自重したとも言えるが、カミノマゴの背景を考えるとその線は薄いのではないか
アイアム冠の堀紘一馬主は中山馬主会所属、そのお膝元である中山競馬場G1に自馬を出走させるだけでも栄誉ある事であるし、まして世間的にもある程度勝負になるとされる実力馬ならば出走させてくるのが当然だ
何故わざわざ僅か1週後の今週出走してくるのか、スプリンターズSに出走させても明らかに凡走する事が分かっていたからではないか、それだけマズい状態なのではないかと
ちなみに上記当方説の前例を挙げると…宝塚記念に登録していたアドマイヤオーラ(アドマイヤ冠の近藤利一氏は阪神馬主会所属)が同週の福島OP競争に回ったケースがあり、結果は圧倒的1番人気に推されるも大差を付けられ3着、宝塚記念出走ならほぼ二桁着順だっただろう
母系が短距離血統とは1200の距離は短距離適性微妙のタキオン産駒である事、揉まれる事が予想される今回枠順はイマイチ
一番人気まで予想された一週前ブック・ギャロップだったが、状態不安が公然化し各専門紙の印はズッコケで案外人気しない今回…この人気なら買いたくはなるが…
いずれにせよ次走の1400戦は絶対に買いたい馬

中山11R
注クイックリープ
揉まれて良くないサウスヴィグラス産駒
8枠3着→1枠7着→7枠1着→2枠6着の臨戦も顕著
7枠の今回はマークしたい馬

【スプリンターズS予想1〜香港馬〜】

D◎キンシャサノキセキ
○ワンカラット
▲ウルトラファンタジー
△ローレルゲレイロ


●キンシャサノキセキ
順調さを欠いた事により人気が急落している当馬であるが、それさえ無ければ今回も1番人気を争うべき実力馬である事は言うまでもない
よって状態面に絞って評するが、結論は状態面に不安を残しての出走どころか寧ろ完調と判断する
TMインサイダー的には堀師番記者ヒロシ○・吉岡▲とマイナス要素があるとは思えない
調教過程も完全に仕上がった馬を維持するかのような調教、馬体も100%の仕上がりに映る

●ワンカラット
走法的に中山がマイナスになるとは思えない、まもなら勝ち切りまでと思わせる前2走の内容は圧巻

●ローレルゲレイロ
昆師番記者小原◎、先手を取った時のしぶとさは侮れない、行った行ったの展開も想定して押さえる

●香港馬の前提
香港馬にとっては日本の高速馬場に対応出来るかが鬼門と良く言われるが、これは完全に迷信・誤認識と思っていい
安田記念予想の際に詳説したので割愛するが、一言で言えば…
見た目の時計差は計測方法の違いによる所以、実は香港は日本と差のない高速馬場である

●グリーンバディー
追ってからの反応の鈍さがあるような気がする
中山コース・内枠・追い込み脚質だけに多少ゴチャつく中での競馬になるのは想定出来るし、当方の読み通りズブさがあるのであれば短い直線で一気に立ち遅れる懸念がある
最後の最後の末脚だけは本物だが、一番人気なら上記の弱点の方が気になる

●ウルトラファンタジー
今年5走中2走の大敗はあるが、以下のとおり情状酌量の余地ありと判断する
3走前は斤量60.5を背負っての直線競馬で最初からずっと追い通し、早々に追走が苦しくなりレース半分で脱落しその後は無理せず手綱を緩めての大敗
日本競馬の感覚なら60.5の酷量の一言で敗因を済ませられるし、追い通しで追走不可なら常識的に能力自体以外の部分に敗因を求めてイイはず
前走は最内枠で出遅れて先手を奪う為に相当脚使う、一言キツ過ぎる展開
その度外視2走以外は、恵まれつつも安定成績を残しているし、今の地盤沈下日本馬とは対等以上に渡り合える能力はあるはず
また、ここ2年20戦の内に最終コーナー先頭通過は3回あり、その際には1着2回・2着1回のパーフェクト成績
今回も無理なく先手さえ取れればしぶとく粘れる可能性は十分考えられる
逃げ馬のヘッドライナー・ローレルゲレイロの内とは枠運が悪いが


阪神12R
注ファンドリカップ


土曜日
【勝負レース】
札幌12R
D◎コハクジョー
3走前は新聞上だと2着と僅差の辛勝に見えるが実は3着馬には0.7差をつけたモノで実質500万圧勝のレースをしたと言ってもイイ
1000万条件戦の2走前はかなりチグハグに乗られながらも好メンバー相手に僅差、十分このクラスで通用する力はあると見た
前走同舞台札幌2000レースでのスピード指数は1000万入着級、まだ余裕残しでの走破時計である事と叩いた上積みを考えれば今回馬券内と考えて相当なはず


【おまけの参考レース】
かなり推奨馬が人気馬に偏ってしまいました・・・
中山1R
注コスモハンサム
調教過程からダ適性高そうで一変は必然だったか、今回も当然同じ位は走れる

中山2R
注ハッピーティア
前走見所あり、番記者◎、ホワイトマズル産駒で重馬場もイイ

中山3R
注ウインクロニクル
前走優秀な内容で時計も上々、Gアリュール産駒で渋化大歓迎のクチで

中山6R
注ヤマニンパソドブル
注トレノローザ
人気でもこの2頭のスピード指数が抜けている

中山8R
注カズノロマン
注ケイアイマーズ
注ドラゴンアルテマ
人気でもこの3頭のスピード指数が抜けている

中山11R
注ミクロコスモス
不向きな府中マイルのVMで0.1差6着の戦績なら上手く調整すれば今後幾らでも重賞を勝てる器はあるはず
一瞬の脚が身上の馬で中山コースはイイし、最終追い切り[前走芝⇒今回CW]と通常パターンに戻してきたことは好感、まだ危そうな状態だがまともならここでは断然の存在
Aベガ産駒の強敵リビアーモは渋ると良くないタイプのはず

阪神10RシリウスS
4走前・3走前は気の悪さを見せ直線でまともに追えなかったサクラロミオだが、ここ2走はそれが解消しての好走、『原因があっての凡走⇒原因を克服しての好走』のパターンなら一気に地力強化していきなりでも案外通用するパターンか
松岡Jがかなりイイ状態と言うMアワグラスも買い

阪神11R
注リーチコンセンサス
ここでは大分格上能力、最内枠がどうか…

↑このページのトップヘ