現在当方の予想は、
ブログは休止中
メルマガ(http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
mixiコミュ上(http://mixi.jp/view_community.pl?id=5049238
で行っています。(※変わらず完全無料です。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一競馬ファンとして悔しさや色々な思いが込み上げてくる2012凱旋門賞オルフェーヴル…2着…

====================
◆オルフェーヴル陣営は日本ダービー制覇後から早くも翌凱旋門賞を大目標に据えて、「凱旋門賞を勝てる馬(仕様)」に教育(矯正)してきた。
その分かり易い一大テーマは先行脚質の習得。
凱旋門賞は基本的に後方から追い込んで勝てるレースでは無いとの事からだ。

◆だが、その目論見は阪神大賞典で崩れた。
やはり馬は繊細な生き物で、その中でもステイゴールドの血を引くオルフェーヴルは極めて繊細、または狂気に満ちていると言うべき馬。
狂気を爆発させた阪神大賞典の例の事は、そのレースの場のみならず、当馬にとって「馬生」の後々にも癖として尾を引くものなのだ。

◆同じ過ちは許されない。
暴走阪神大賞典の次走の天皇賞春と、惨敗天皇賞春の次走の宝塚記念は共に「目の前のレースを勝つ」事を第一に考えざるを得なかった状況だった。
つまりは、阪神大賞典で見せた先行策とは打って変わった「その場しのぎ」とも言える後方で抑える競馬で、教育的試みはほぼ出来なかった。

◆結果、阪神大賞典での失敗の因を根本的に修正する時間の余裕や、阪神大賞典以前の「教育」が崩れた状況が完治に至らないのまま臨んだのが…今回の本番凱旋門賞だった。
結局の作戦は後方で脚を溜める追い込み策(池江師レース後談)。
池江師は昨年から一貫して凱旋門賞での後方策を否定しているし、これはオルフェーヴルの馬側の状況が整わなかった故の策なのだろう。

◆それでも一瞬、いや贔屓目もあるかも知れないが・・・
直線に向いた時の手応えから抜け出してゴール突入の瞬間まで「勝てる、勝てる、勝つ、勝つ・・・」と凱旋門賞優勝の夢を直線600mもの間で見せてくれたオルフェーヴル・・・

オルフェーヴルが凱旋門出走馬の中で最も強い競馬をしたとの大勢の評価はそうなのだろう。
もしももう一度レースをやり直せるとしたら勝つのはキット・・・
====================

オルフェーヴルの身体能力が日本でも世界でもトップ級に強いのは、もう全競馬ファンの知る話。

だが、その一方で内面での弱さを根本的に抱えていて、それを克服し切れていないのが今の4歳秋オルフェーヴル。

完璧な身体能力と未熟な内面を持つオルフェーヴル。
この馬にはまだ奥があるはずだし、池江師の技量をもってすればまだまだオルフェーヴルは完成に近づく進化する余地は十二分にあると思う。

もしオルフェーヴルに1年後があるならば間違いなく今日以上のオルフェーヴルであるはず。

正直レース終わったばかりの今から来年の期待をするのは悪い気はするけど、、でもまだまだ強くなれるはずのオルフェーヴルの今後を一ファンとして更に期待する以外に、凱旋門賞制覇の夢をあと一歩で逃した今回の悔しさは拭えない。
===========================================================
mixiコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=5049238
メルマガ http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
ツイッター https://twitter.com/jou_syou
ご意見・ご感想・質問等はメールsguw@livedoor.com、又は出来ればtwitter上でお気軽にどうぞ
===========================================================