考えるヒント〜9年目の行列のできる競馬予想ブログ〜

今週は「 中京記念 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

2014年06月

☆ラジオNIKKEI賞の穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------
☆宝塚記念振り返りと常勝競馬ブログ復活1周年
宝塚記念は爆穴◎カレンミロティック激走(9人気2着)も紐は尽くダメで撃沈…
[所詮は穴馬を1頭だけ見抜いての複勝単勝勝負が自分の術であり領域であるのに(それ以外では結果を出せた試しがほぼないのに)、大一番だからって自分の領域以上の身の丈に合わないモノに手を出したらしっぺ返しを食らったワケです大いに反省]

上半期最後の大一番が残念な結果となったのは申し訳ないです…が、このリベンジを果たす為にも夏以降も「完全無料」「爆穴予想」を貫きつつ「私の本気の予想」をココで行っていく所存です

ちなみに常勝競馬ブログが1年半の休養から復活してから1周年(来週でちょうど2年目に突入)になります
そして夏競馬と言えば昨年は「ブログ復活初日からラジオNIKKEI賞◎カシノピカチュウ(14人気2着)爆穴的中」を皮切りに「初月から二桁人気の爆穴◎馬を4レースもピンポイント的中」など…そんな快進撃続きだった昨年の再現を目指してホント夏競馬でも心血を注いで取り組むことを約束します
どうか変わらずのご愛顧をいただければ幸いですm(__)m

あとカレンミロティックは今回こそ精神面を重視して◎狙いましたが、肉体的には(つまり本来的には)宝塚記念とは違う適性の持ち主です。当馬の次の狙い時はグランプリ(宝塚or有馬)ではなく…この件は明後日の回顧記事で詳しく書きます。
--------------------
☆ラジオNIKKEI賞の穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!

《→
この馬は500万勝ち以降は凡走続きだが、その殆どが位置取りも仕掛け所もチグハグ過ぎる騎乗面によるトコロが大きい凡走ばかりで…決して能力を出し切った上での近走不振結果ではない。
「中山巧者の子」という血統的にも「今回の福島1800での勝ち鞍を含む小回りで2勝&1800mで2勝」という実績的にも今回の福島1800コース適性は随一の存在だ。
また実際に前走のレース内容も、東京の長い直線の適性で劣る(長く良い脚は使えない)分で最後は失速したものの、直線で一旦は先頭に立つ勢いの際立つ伸びを見せるシーンもあり…絶対的に直線が短いコースに舞台替われば大きく前進必至と思わせる走りっぷりだった。
血統・実績・前走内容…全ての要素からして今回の舞台条件なら絶対注目の存在に浮かび上がる!

この注目馬の馬名は
ココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「CBC賞の有力馬診断」を月曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『重賞オープンの次走[穴]で狙えるだろう厳選オススメ馬』も配信!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録

--------------------

☆宝塚記念の○(対抗馬)&△(穴馬)は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方から軌跡まで)からご覧下さい
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
--------------------
日曜予想
【G1買い目付き詳細予想】
阪神11R宝塚記念(C)
[印]
◎カレンミロティック
○(対抗馬)の馬名
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
▲ウインバリアシオン
△(複穴馬)は後述

[見解〜総論〜]
ゴールドシップ、ジェンティルドンナ、ウインバリアシオンの3強が能力的には一歩抜けた存在であるのは言わずもがな。ただ3頭共が春の大目標は別にあって宝塚記念への本気度という点で疑問。
最も死角なさそうなウインバリアシオンでも前走の疲労は少なくなかったと言うし、ジェンティルドンナは当舞台適性で一枚落ちる。そしてゴールドシップは横山典J主導だろう「馬の気分を優先させた甘やかされた中間調教過程(新馬や未勝利馬の格下馬と併せ馬をしたりムチを一度も入れないetc.)」が大いに引っ掛かる…少信多疑。
この状況で順当に3強決着で磐石とは思えず…少なくとも1頭分は穴馬が圏内突入する枠があると考えるのが普通だろう。

[見解〜◎本命馬〜]
宝塚記念は特殊な阪神2200が舞台だ。主流G1とは異なる「非根幹距離」「内回りコース」「荒れ馬場」という舞台…このレースの激走馬を見抜く一つの定石として「そういった特殊舞台に於けるパフォーマンス」を重視する手がある。
その視点で私が浮かんだのは、昨年末の有馬記念で前で競馬した馬が壊滅する乱ペースを2番手から競馬しながら上位に喰らい付く見所大のパフォーマンスをしたカレンミロティックだ。
昨年末有馬記念と今回宝塚記念…多々通じるモノがあるレースと言って差し支えないだろう。
始動戦の中山記念では14着とやや不振に陥った感もあったが、キチンと使う毎に確実に調子を上げてきつつあり、その最中の叩き4戦目というのは面白いタイミング。
そして今回は上記した有馬記念と類似条件レースで、また有馬記念でもそうだったようにペースが速くなってこそのタイプで「前走Sペース→宝塚記念らしいペース」にレース質が変われば…この半年間鳴りなりを潜めていた本領を発揮できるパターンと推測もできる。
これが狙い澄ました様に4走前の再現と言わんばかりにココ宝塚記念でガラリと変わる可能性も結構有り得るのでは?

[見解〜○対抗馬〜]
上位馬が軒並み次走激走を見せるなど間違いなくHレベルだった前走レース○○○○○を経て宝塚記念に挑むアノ馬が、盲点になっているが実は最も直近パフォーマンスでは評価できると考える。
この舞台でも不利な競馬しながら上位好走歴ある様に適性面でも悪くないし、4走前のレースぶりからもHペース消耗戦でも十分強い。今年の馬場と相手ならやれる。

[買い目]
馬単○→▲(25%)  馬連◎―○(3%)、◎―▲(3%)  ワイド◎―○(20%)、◎―▲(20%)、△―○(13%)、△―▲(13%)、◎―△(3%)
--------------------
☆宝塚記念の○(対抗馬)&△(穴馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)
《宝塚穴馬→当馬の前走は中間にもまともな調教を施されず完全な急仕上げの状態での出走。これで結果凡走は止む無しと言うべきだし、寧ろ上記した悪状況且つ不向き条件ながら見所十分の末脚は見せておりデキを取り戻せば…と思わせるのに十分な内容だった。
この状態面での伸びシロでは一番だろう当馬がキチンと叩き2戦目で上昇してくれるなら…そのアドバンテージ込みで春天など他の春G1を大目標にしてきた各人気馬に対して付け入る隙もあるはず。
能力的に一歩足りない感もあるが3着までの複穴ならコレ!
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------

☆宝塚記念◎候補&阪神8R◎(穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方から軌跡まで)からご覧下さい
☆毎週末の予想がブログ更新と同時に配信される『完全無料メルマガ
PC版携帯版)(メルマガ見本へ)』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
--------------------
土曜予想(※本日は重賞OPレースの施行がありませんので簡易予想で失礼します)
【平場・特別レース<穴>推奨馬】
阪神8R(C)
◎(穴本命馬)の馬名人気ブログランキングへ人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
《→競馬ブック紙では7番人気予測の馬。
近3走は全て格上条件で…「3走前:荒れた馬場を通らされたり掛かったり詰まったりと力出し切れないチグハグな競馬でも大きく負けず」「2走前:キチンと巻き返してのあわやの激走」「前走:大外枠から外々を回される致命的に不利な競馬ながら最後は最も伸びを見せて0.3秒差なら十分強い」…このクラスなら全然力が違うはず=最低限のデキにさえあれば勝てる計算。
もしこれがネームバリューある馬だったら1番人気になってもおかしくないパターンでしょう…これが人気しないなら能書きは置いておいて黙って買うべきだと思います期待値的に。妙味は複勝。
--------------------
☆宝塚記念◎候補&阪神8R◎(穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)
《宝塚記念◎候補→(穴狙いじゃなければ…)近走を総合的に判断して最も強い馬はコレだと思う。前走にしても前哨戦でのミスや中間の熱発など決して順調な過程を踏めたワケではない中での好結果は額面以上に評価したい。特殊な阪神2200コース適性についても過去走を見る限りはさほど問題ではない。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要注目オススメ馬)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------

☆宝塚記念の大穴◎候補馬は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------
宝塚記念の出走馬全頭の詳細診断(後篇)〜春天など他の春G1を大目標にしてきた各人気馬に対して…〜】
※印は「★(激走候補)〜○(軸候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
―カレンミロティック(池添J)
BlogPaint
競馬ラボさんのフォトパドックを見れば一目瞭然。昨年の好調期には見られなかった「両前蹄にエクイロックスの塗布(※黒ペンで囲った両前の黒い蹄の下部のクリーム色の箇所)」がハッキリと確認できる。1週前追い切りは軽めに終始。最終追い切りも軽めだと更に疑いたくなる状況だ。

○ホッコーブレーヴ(戸崎J)
以下の前々走日経賞◎推奨(10人気2着)時の見解を参照↓
『ホッコーブレーヴはオープン昇級後も東京にのみ使われているが、実は未勝利勝ち以降の4着以下6度は全て東京コースでのモノで、対して内回りコースでは[2-1-1-0]のパーフェクト実績。レース振りを見る限りでも東京の長い直線を乗り切る(脚を持続させる)のに注文が付く印象で、本来は内回りコースでこそ本領発揮のタイプに思える。その東京コースでも「前々走は大外枠から大外差しのロス大きい競馬で5着」「前走はG1で0.6秒差」などソコソコ健闘できているように持っている能力は確か。オープン昇級後初の内回り中山コースに使われる今回は近2走前以上にやれる算段で穴の魅力十分!』
前走天皇賞春で京都外回りで激走したのは溜めて溜めて後出し的にラスト2Fで一気に脚を使う形になったからこそ。本質的には内回り向きの脚の持ち主であることには変わりない。
阪神内回り2200なら面白い存在だ!

○ウインバリアシオン(岩田J)
屈腱炎から復帰後4戦連続好走且つパフォーマンスを上げ続けている。
普通に考えれば最も死角なくて最も好走に近い存在だろう。
大目標だった天皇賞春からの続戦で疲労と反動面がどうかだけ。

★○○○○○○(←宝塚記念の馬体ガラリ一変の急上昇穴馬の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
写真の「写り」もあるかも知れませんが、コノ馬が最も宝塚記念を急上昇の状態で挑めると思います
前走時0007d

今回0007a

○ジェンティルドンナ(川田J)
今回騎乗の川田騎手の騎乗術は個人的には(同程度に位置する騎手の中で言えば)浜中騎手と対極のイメージ。川田騎手は強い馬に乗ってこそ良さが出るタイプだろう…今回に於いては「買えるコンビ」と思う。

△メイショウマンボ(武幸J)
秋華賞はスマートレイアー…エリ女はラキシス…前走はヴィルシーナに敵わず…これら冷静に相手関係(過去に下してきた馬)を考えれば牡馬混合G1で通用する能力の持ち主であるかは大きな疑問が…。
--------------------
☆宝塚記念の馬体ガラリ一変の急上昇穴馬&大穴◎候補馬は人気ブログランキングへ(現在6位)
《大穴◎候補→当馬の前走は中間にもまともな調教を施されず完全な急仕上げの状態での出走。これで結果凡走は止む無しと言うべきだし、寧ろ上記した悪状況且つ不向き条件ながら見所十分の末脚は見せておりデキを取り戻せば・・・と思わせるのに十分な内容だった。
この状態面での伸びシロでは一番だろう当馬がキチンと叩き2戦目で上昇してくれるなら…そのアドバンテージ込みで春天など他の春G1を大目標にしてきた各人気馬に対して一泡吹かせるシーンも十分有り得るはず=大穴一発の魅力ならコレ!
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「土曜予想」を金曜昼過ぎに更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要チェック馬リスト)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------

☆宝塚記念の脚部?馬&交流G1帝王賞の本命馬は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------

☆先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト
(※完全無料メルマガでのみ配信している次走[穴激走]要チェック馬リストのサンプル(一部抜粋)です。このリスト完全版を配信する完全無料メルマガの詳細は当記事最下部をご覧下さい。)
[日曜東京10R芦ノ湖特別(1000万下)] 1着ヴォルシェーブ
ネオユニ産駒で恐らく中山など小回りコースでこそ強い馬だと思う。それだけに近2走の東京での連勝は価値が高い。また今回はハンデ戦で古馬と同等の斤量を背負わされた中での快勝…尚更評価高まる。次走昇級でも穴にはならないかも知れないが将来有望という意味で取り上げる。

[函館スプリントS] 6着アースソニック&10着ハノハノ
アースソニックは田中博Jがちょっと下手だからしょうがないが、折り合いも位置取りも中途半端だし無駄に外々を回してチグハグの競馬で伸び切れず…鞍上替われば見直せる。
ハノハノは今回も昨年の同レースでも必要以上にからっきしの内容で…時計の掛かる芝自体は間違いなく得意としているだけに当コース適性に何か欠陥があると解釈すべきなのだろう。昨年は当レース10着から次走2着に大幅巻き返しを見せた…今年も同様の巻き返しの期待をしても損はないのでは?
--------------------
☆宝塚記念の脚部?馬&帝王賞の本命人気ブログランキングへ(現在6位)
BlogPaint
《脚部?馬→競馬ラボさんのフォトパドックを見れば一目瞭然。昨年の好調期には見られなかった「両前蹄にエクイロックスの塗布(※黒ペンで囲った両前の黒い蹄の下部のクリーム色の箇所)」がハッキリと確認できる。1週前追い切りは軽めに終始。最終追い切りも軽めだと更に疑いたくなる状況だ。

《交流G1帝王賞本命→
右回りの距離2000の舞台でなら適性の差で人気のコパノリッキーを逆転可能だろう古豪○○○○○を最上位評価する。前走は疑問符が付く追い切りなど敗因アリで…攻め良化の今回は変わり身有望で本命に!

この注目馬の馬名は
ココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「宝塚記念の全頭詳細診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

常勝競馬の完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」
当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『常勝競馬の真髄=前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要チェック馬リスト)』も特別配信しています!
登録は→『完全無料メルマガ(
メルマガPC版メルマガ携帯版)(メルマガ見本へ)』
--------------------

☆宝塚記念の危険3強人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在8位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------
【宝塚記念の出走馬全頭の詳細診断(前篇)〜ぬるい調教過程の危険3強人気馬は?〜】
※印は「★(激走候補)〜○(軸候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
―ヴィルシーナ(福永J)
前走復活Vのヴィクトリアマイル以前は一見不振に陥っていた戦績。
ただ昨秋(京都大賞典〜エリ女〜JC)についてはG1や牡馬混合G2など高い格のレースで力を出し切れなかいレース内容だった点や僅差の着差を考えればそう悪いモノではない。特に6走前京都大賞典は牡馬スタミナ勝負の厳しい展開を前で粘り一桁着順に残しただけでも水準以上の評価が与えられるモノだった。
春先についても負け過ぎな感はあるものの、狂った調整過程や不適距離使いを考えればワケ有りの敗戦だったとの解釈(参考外)まではできる。
そうなると前走で仮に復活叶ったとして今回足りる能力の持ち主か否かが論点だが。過去の牡馬混合重賞の最高成績6着…前走VMも単騎逃げで最大限恵まれる状況でのやっとの勝利…ちょっと迫力不足は否めないか。
また前走VMでの復活に全てを懸けていた経緯からも、ある意味でオマケで出走する今回の期待度は微妙か。

―ヴェルデグリーン(田辺J)
中山2200重賞オールカマーとアメリカJCCの覇者。
ただそれ以外の戦績(中山2500で展開向いたはずの有馬記念で伸び切れず10着凡走→中山1800でイン有利の向く状況だった中山記念でも5着止まり)を見る限りでは、同じ中山コースだとしても外回り2200程のパフォーマンスを他コースでは全然発揮できておらず…やはり2200重賞2連勝はコース巧者ぶりが最たる勝因だったのだろう。
中山2200以外では並のG3級馬そのものという現状では強調できぬ。

―トーセンジョーダン(内田博J)
もし馬がG1でいきなり復活するとしても、それを予想するのは困難。
3走前のジャパンC激走3着の前科は気になるが…前走から大きく変わり身見せる根拠は示せないので…。

―ヒットザターゲット(武豊J)
不得手な雨馬場ながら強豪馬相手に上がり最速の善戦した3走前は多少見所はあったが、以降2戦は共に1秒差以上の差を付けられる完敗。
この相手だと100歩譲って京都のパンパンの良馬場なら一考まで…今回の決して得意とは言えぬ舞台条件では絶対的に単純に足りないはず。

?○○○○○○(←宝塚記念の危険3強人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走で負った怪我が尾を引いてるのか…精神的に難しい状況なのか…理由は定かではないが、何れにしても今回の中間の調教過程は一言「ぬるい」です
過去にも調教で負荷を掛けられなかった時や調教で動けなかった時にレース成績も振るわない傾向もあるだけに…
最終追い切りまで見て判断したいが現時点では相当疑いたい状況だ

△マイネルラクリマ(ウィリアムズJ?)
以下の3走前中山記念◎推奨(11人気4着)時の見解を参照↓
『内回りコースで連続好走していた3走前までのパフォーマンスは本物で、近2走の失速は外回りの舞台条件やイマイチな騎乗ぶりも響いてのモノで情状酌量できる。
今回は「内回り替わり&距離延長&斤量減」など条件好転…そして何よりも大得意とするタフな渋化馬場の舞台は極めて大きな買い材料…これらの状況的にかなりパフォーマンス向上が見込めるココは穴一発の魅力大だ!』
上記の通りで、今回の梅雨時の阪神2200という舞台状況は面白いと言えば面白い。これ以上の取捨は出否確定後に熟考する…。
--------------------
☆宝塚記念の危険3強人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在8位)で見られます!

☆次回は
「先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します!
--------------------

↑このページのトップヘ