考えるヒント(常勝競馬)〜9年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「中山記念 阪急杯 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

2014年09月

☆スプリンターズSの穴◎有力馬は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------
【スプリンターズSの有力馬診断(前篇)〜直千コースで馬の気分のままにレースをした翌走という大きな壁〜】
※印は「★○(激走候補)〜△(人気よりも高評価)〜▼(人気よりも低評価)〜―(無印)」の意味です
―アフォード(蛯名J)
オープン昇級後の2度の好走歴は共に中山1200コース。またベスト舞台は過去3戦全勝している福島1200コースだ。
今回の新潟1200は初挑戦で未知とはいえども、中山福島系に良績多いコノ馬がいきなり飛び抜けた適性を見せるシーンは望み薄だろう。能力的にも足りない。無印。

―アースソニック(石橋脩J)
まずは前走アイビスSD◎推奨(3着)時の見解の一部抜粋を参照↓
『前走はJRA所属騎手で最も下手な部類に入る田中博Jに乗られて「折り合いも位置取りも中途半端+無駄に外々を回される」という如何にもチグハグな競馬で伸び切れず…見直し余地大ある内容だった。
肝心な直千適性についても、ハンデ戦でより斤量を背負わされていながらセイコーライコウ・フォーエバーマークら直千の強敵と接戦を演じた前々走で証明済み。』

上記の通り前々走は情状酌量余地ある内容だった。ただし今回もその前々走時と同じく「直千コース→1200コース」というパターン。
元から折り合い面など相当乗り難しさある当馬にとって、直千コースで馬の気分のままにレースをさせた翌走は更に難しいタイミングなのだ。しかも前々走の田中博Jよりは遥かにマシだとしても「岩田J→石橋脩J」への乗り下がりというマイナス要素もある。手を出し辛い。

○ハクサンムーン(戸崎J)
不振の春とは違う充実攻め過程からして春とは明らかにデキが違う。平坦コースは○。大きな展開不利なければ順当に上位入線は濃厚だと思う。

★○○○○○(←スプリンターズの穴◎有力馬)
の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
とにかく状態面で前走時から最も上積み見込める○○○○○に大注目だ!
前走時は実は大ケガを負うアクシデント明けで、大きく馬体を減らた状況からの立て直し途上での出走。当日も馬体を戻しきれず馬体減という本調子とは言えぬデキだったはずで、それにも関わらずの好走は高く評価すべきモノだ。
前走とは一転して順調な調整過程で雲泥のデキで出走することになるだろう今回は当然大いに期待できる番だと言えよう。
また純粋なスプリンターではないので中山1200ではなく新潟1200での開催というのも、過去の当レース参戦時よりもパフォーマンス上昇が見込める嬉しい材料。
詳細は後日に回すが○○○○○にとっては今回の臨戦過程的にも激走見込めるタイミングだと思う。
この後の適鞍よりも今回こそ狙い撃ってみたい一頭だ!

―ダッシャーゴーゴー(北村宏J)
高齢になって活躍できない傾向あるバクシンオー産駒だけにココからの復活は望み薄だと思う。

―エーシントップ
前走セントウルS(6人気15着)後の回顧を参照↓
『エーシントップは過去の戦績的にも今回の負け方的にも典型的なストームキャット系らしい好走と凡走の差が激しい馬だと考えられる。
この手の馬にとって序盤で揉まれて自分の競馬ができずに大敗はよくあるパターン。一方で真逆のストレス0の競馬が叶った時の激走(ex.高松宮記念4着)もあるクチ。如何にもいずれ大穴激走がありそうなタイプだ。 』
高松宮記念時とは異なるまともな馬場での開催&で同型馬も揃う今回…上記の激走パターンを望める番ではない。

▼ガルボ(津村J)
前走はスプリント戦としては緩い流れとなり、尚且つ差し追い込み勢の瞬発力が生きる展開。スプリンター(距離1200がベストの馬)ではない当馬にとっては願ったり叶ったりの状況での激走だった。
今回は逃げ馬もきちんと揃ったG1レース。少なくとも前走よりもスプリント適性問われるレースになるはずで、前走以上のパフォーマンスは無いと思うが…。

--------------------
☆スプリンターズSの穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「スプリンターズSの危険人気馬&先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要チェック馬リスト)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------

☆スプリンターズSの軸◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------
☆神戸新聞杯回顧(クラシック路線から脱落も路線変更なら違う姿だろうアノ馬など注目馬3頭)
「新人松若Jの逃げを柴田大地Jがペースを落とさせぬ2番手でがっちり追走」
「マイル通過手前から柴田大地Jが先頭に立ってロングスパート」
「大本命ワンアンドオンリーが長い直線の前にして先行勢を掃除する形のコーナー捲り」
そもそも舞台はスタミナ問われる阪神2400。そこで上記のような早め早めで潰し合う展開となれば総じて前が潰れてしまって当然と言えよう。

,修涼罎巴綵腓粒笋蠅妨所ある競馬をしたのはサトノアラジン。距離延長で脚を溜められず、直線を迎えた地点で早くも先頭に。そんな早くから脚を使わされる厳しい競馬となってしまいながら4着までバテず粘り込んだ内容は決して悪いモノではない。また本質的にはもう少し短い距離でこその馬だろう…距離延長は厳しくとも距離短縮なら一級品の馬である可能性は高いと思う。
△海離據璽垢鮃佑┐譴佝崋蝓粗┐欧慮靴靴ぐ銘屬廼デ呂靴ウインフルブルームも情状酌量の余地アリ。
トーセンスターダムはクラシック路線から脱落の7着。ダービーだってアノ不利が無くても掲示板にはとても残れなかった凡走だった。王道G1でどうこう言えるレベルの馬ではなかったとの結論が妥当だろう。ただ路線を外れて本来の適性舞台(距離短縮1800以下や平坦コース)なら少しは違う姿を見せてくれると思うが。

--------------------

☆スプリンターズSの軸◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→今回の出走メンバーの中で最も総合能力が高い(好走確率が高い)のはコノ馬だと思う!
コノ馬の初G1挑戦時は特殊馬場での競馬だった。故にその特殊馬場の巧者や特殊馬場を利した馬ばかりが上位を占める状況だったのだが、コノ馬だけは高い能力だけで上位に食い込んだレースぶりだった…このレース内容は特に評価すべきモノだろう。
その後も勝ち星に恵まれていないものの、何れも明確な敗因アリで悲観する必要はナシ。
「今度こそまともな馬場」で「G1らしいまともなHペース」で行われるスプリンターの頂上決戦ならば…コノ馬が一番頂点に近い位置にいるはずだ!
この注目馬の馬名は
ココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「スプリンターズSの有力馬診断」を月曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガ
に是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要注目オススメ馬)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------

--------------------
「常勝競馬ブログは先週もローズS◎リラヴァティ(単勝46倍9人気3着)大穴ヒットで好調!夏競馬からの重賞穴◎的中率は驚異の44%マジ!」
直近1ヶ月(4週間)だけでも以下の通りの大穴的中実績
『4週前 小倉日経OP ◎スピリタス (12頭中複勝)
10人気2着! →3週前 札幌2歳S ◎マイネルシュバリエ (14頭中)11人気2着! →先週 ローズS ◎リラヴァティ (単勝46倍)9人気3着!
《※数打てば当たるカラクリではありません!1週あたりの予想数はたった3レース(更に大穴予想は2レース程度の母数)なのにこれだけの頻度で大穴当てているんです!ちなみに穴以外の予想でもキチンと期間内3戦全勝!》
これら自称業界随一の精度を誇る大穴予想を完全無料でアナタも…ブックマーク&毎日(最低でも毎週末)のブログ閲覧をくれぐれも宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

☆オールカマーの◎(二桁人気!!爆穴本命馬)は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方から軌跡まで)からご覧下さい
☆毎週末の予想がブログ更新と同時に配信される『完全無料メルマガPC版携帯版)(メルマガ見本へ)』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
※今週から自信度の表記を「ABCの3段階+その他推奨馬の実質4段階」から「SABCDの5段階」に変更します。従来通り自信度C以上が勝負予想。自信度D=従来のヒラの推奨馬(過去の予想もそれに倣って統一して集計します)。自信度Sはほぼ無いモノとして考えて下さい。
---------
日曜予想
【重賞・OPレース詳細予想】
新潟11Rオールカマー(D)

[印]
◎(二桁人気!!爆穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへ人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
△サトノノブレス

[◎見解]
(※週中の本命候補アドマイヤギャランから更に人気薄の爆穴馬に本命変更しました)
コノ爆穴馬が大得意とする条件は「左回りの芝中長距離」だが、その条件に今年出走したのは1レースのみ。
その唯一の出走レースだった前々走の中身は「最内から内を通った馬ばかりが上位入線を占めるレースを大外枠発走から出走16頭中15頭目の大外から差してくる内容」は決して悪くないモノで、しかも「着順こそ振るわなかったものの勝ち馬との着差は僅か0.2秒差」であり、更に「勝ち馬とは斤量差3.5キロで他の上位入線馬とも平均2.5キロの斤量差」だったことも踏まえれば…やはりこの条件に限れば重賞で上位の能力は衰えず有しているとの評価を与えても良いはずだ。この晩成血統なのだから尚更そうだと思える。
今回は別定戦で前々走時のような不利な斤量差はない。また左回り中長距離の新潟2200コースも上記した通り大得意の条件。血統的に内回りコースも悪くないはずだ。
これが前日15番人気の超人気薄というのは完全に人気の盲点だと思う…複爆穴で注目だ!


阪神11R神戸新聞杯(C)
[印]
◎ヴォルシェーブ
△サトノアラジン
△ワンアンドオンリー

[見解]
一応は上がり馬の位置付けながらも、更に夏の間に上昇している可能性ある未知の魅力も大きいヴォルシェーブに最注目したい!
コノ馬は血統的に中山など小回りコースでこそ強い馬と思われるが、それだけに近2走の決して得意とは言えぬ東京コースでの連続激走は着順以上に価値が高いモノと言える。
しかも前走の1000万条件戦は「まだ春競馬の時期の古馬相手レース」で「もし定量戦だったら古馬より4キロ軽い斤量になる所を、ハンデ戦で他の古馬と差の無い斤量(つまり実質的には他馬より約4キロ重い斤量)」という常識的には苦しい状況を覆しての勝利なのだから尚更評価高まる。
一転して同世代相手に同斤量で挑める今回…「最大の惑星馬(未知の魅力MAX馬)」はコレに違いない!
阪神と距離2400に良績あるのも好材料。大外枠は残念だが鞍上岩田Jならの期待感もある。
対抗には単純に能力上位だろう2頭を挙げた。この2頭では鞍上と脚質の安心感でサトノアラジンを上に扱いたい。ウインフルブルームも能力面では上位だが状態面で一枚落ちる分で4番手評価までに。

--------------------
☆オールカマーの◎(二桁人気!!爆穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要注目オススメ馬)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------


☆土曜新潟11Rの爆穴◎馬&神戸新聞杯の穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方から軌跡まで)からご覧下さい
※土曜予想は重賞レースの施行がありませんので簡易予想で失礼します。日曜予想ではダブル重賞[穴]予想を公開予定ですのでお見逃しなく!
※今週から自信度の表記を「ABCの3段階+その他推奨馬の実質4段階」から「SABCDの5段階」に変更します。従来通り自信度C以上が勝負予想。自信度D=従来のヒラの推奨馬(過去の予想もそれに倣って統一して集計します)。自信度Sはほぼ無いモノとして考えて下さい。
--------------------
土曜予想
【平場・特別レース<穴>推奨馬】
新潟11RセプテンバーS(D)
◎(爆穴推奨馬)の馬名は人気ブログランキングへ人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
《→コノ馬は近2走連続で二桁着順を喫するなど凡走続きの現状だが、その近走のレースの中身はと言えば…
「2走前はスロー前残り決着で上がり3Fはメンバー中最速の32秒台を使っており見直せる内容」
「3走前も同じく上がり最速で3着まで0.1秒差という悪くない結果」
「前走は不得手な馬群の内に突っ込む競馬を選択して大敗なら情状酌量余地アリ」
…これならばまだ可能性は残されているはずだ。
今の荒れ馬場で直線長い新潟コースの舞台設定は悪くない。更に強力な逃げ先行馬が揃うメンバー構成戦のココならコノ馬の外差し勝負が嵌まる展開も有り得るはずと読む。
昨夏からずっと使い詰められていた前走までとは違って良績ある一息入れての臨戦過程も面白いタイミングで…複爆穴として要注目だ!》

--------------------
☆土曜新潟11Rの爆穴◎馬&神戸新聞杯の穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)
《神戸新聞杯穴◎→先のセントライト記念では皐月賞5着ステファノスとダービー4着タガノグランパがタイム差なしの入線。これだけを根拠にして言うワケではないが、今(秋)になってからメンバーを見直しても今年は例年以上に皐月賞がHレベルだったと思う。それにレース内容的にはタフな流れになった皐月賞の方がより能力の差が反映されるレースだったはず。
ズバリ穴は「ダービー組」よりも世間の記憶から消えつつある「皐月賞で地味に好走を果たした○○○○」だ!
○○○○は世間では「距離不安あるレースぶり」や「地味なプロフィール」からして「如何にも皐月賞だけ激走するフロック馬のイメージ」があって皐月賞で残した結果以上に菊花賞路線では人気薄になると思われるが…、しかし「皐月賞では小回り中山コースで多少強引な急かす競馬で結果を残したが、それよりも本質的には阪神外回りでゆったり走れた方がパフォーマンス上がる可能性大」&「血統的にも体型的にも走法的にも距離の融通利くタイプで2400で割引が必要なタイプではない」なのでは?
純粋に今回の神戸新聞杯を春の上位勢力による阪神2400舞台での再戦と考えるならば、世代屈指のHレベル戦だった皐月賞と同等以上のパフォーマンスと妙味が見込める当馬こそ最も買うべき存在と言えよう!
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要注目オススメ馬)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------

☆神戸新聞杯の穴◎有力馬(前走は実は実質他馬より3キロ重い斤量を背負いながら勝ち上がってきた注目上がり馬)は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------
【オールカマーの有力馬診断(後篇)〜ローウィラーJによる最大被害馬〜】
※印は「★○(激走候補)〜△(人気よりも高評価)〜▼(人気よりも低評価)〜危(危険人気)」の意味です
▼クリールカイザー(吉田豊J)
毎年夏場は休養。休養の前後の晩春から初秋の時期の良績はゼロ。寒い時期に良績が集中。
前走札幌日経OPでの4着という物足りない結果は時期適性も一因だったかも。
上記に則れば今回の9月はまだ本調子ではない時期で…今回はまだ静観妥当だろう。この先の冬場での中長距離戦での巻き返しに今から期待したい。

△ニューダイナスティ(吉田豊J)

以下の前走新潟記念時の診断見解を参照↓
『昨年に準オープンを連勝した時のパフォーマンスと相手関係からして重賞でも十分通用するだろうと思われた馬。
それ以降の不振戦績は「5走前は完全に前崩れ展開で止む無し」「6走前と4走前は差し馬場且つスタミナ問われる展開」など展開不利も小さくなかった状況での凡走で情状酌量の余地アリで、また3走前の敗戦については「全く違う土俵でのモノ」で度外視可能。
そして何よりもこの馬はモノホンの夏馬であることも見逃せぬ材料だ!
過去の戦績を辿って見れば「夏場に向けてパフォーマンスを上げて→真夏にピークを迎えて年で一番のパフォーマンスを発揮→夏場を過ぎてパフォーマンス落とす」という毎年の流れがハッキリと見て取れるはず。
上記に照らし合わせれば、上記した不振戦績(秋〜春の凡走続き)は更に情状酌量して考えるべきだし、それで人気落ちで迎えた今夏シーズン初戦の「一変劇」は必然だったと解釈すべき。
まだ暑い新潟の9月1週目までなら「旬のタイミング」と考えて良いはずで、まだまだ復活が半信半疑されて人気薄必至のコノ馬の再激走に要警戒=コレを狙い撃つ価値大とみる』
…前走新潟記念はローウィラーJの斜行による著しい不利を受けての僅か0.2秒差。まともなら結構違う着順になっていた可能性が高い一戦だった。
さすがに夏から使い詰めて4戦目となると近3走以上を見込めるタイミングではないが、前走の訳アリ敗戦での人気落ちを考えれば紐穴では押さえたい一頭。

▼ムスカテール(北村友J)
最適舞台の東京2500でも2連続凡走中。劣化は否めない。

▼フラガラッハ(高倉J)
鈍足追い込み馬。最適舞台中京マイルにも関わらず末脚を伸ばせなかった前走は痛恨の結果。
平坦コースで追い込み間に合うかは懐疑的で…。

▼ナカヤマナイト(善臣J)
前々走までのレース内容…「7走前6走前のG1善戦は相手関係と着差を考えれば今回メンバー中でも決して無視できないパフォーマンス」・「5走前は完全前崩れ展開で情状酌量余地大」・「3走前も全く違う土俵でのレースで度外視すべき」・「前々走は最後の直線で詰まり通しでまともに追われることなく入線という不完全燃焼」…ここまでなら巻き返し期待可だったが、前走札幌記念の言い訳できぬ失速&完敗は頂けない結果。加齢による大きな衰えを認めるしかない状況か。

○マイネルラクリマ(戸崎J)
以下の4走前中山記念◎推奨(11人気4着)時の見解を参照↓
『内回りコースで連続好走していた3走前までのパフォーマンスは本物で、近2走の失速は外回りの舞台条件やイマイチな騎乗ぶりも響いてのモノで情状酌量できる。
今回は「内回り替わり&距離延長&斤量減」など条件好転…そして何よりも大得意とするタフな渋化馬場の舞台は極めて大きな買い材料…これらの状況的にかなりパフォーマンス向上が見込めるココは穴一発の魅力大だ!』
…今回の「内回り」「平坦」「2200」という舞台条件は向く。好勝負になるはず。

△ラキシス(川田J)
不向きな距離マイルの高速決着に対応できずの前走結果は情状酌量できる。それ以前の「G1二着→強敵相手のG2京都記念4着→実は超HレベルだったG3中日新聞敗2着」の一連の成績は文句付けられぬモノ。デキさえまともなら有力候補。

--------------------
☆神戸新聞杯の穴◎有力馬(注目上がり馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→言うまでもなく春実績馬なら1人気ワンアンドオンリー、夏の上がり馬なら2人気サトノアラジンが最右翼だと思う。
それらに次ぐ馬として「一応は上がり馬の位置付けながらも、更に夏の間に上昇している可能性ある未知の魅力も大きい○○○○○」に最注目したい!
コノ馬は血統的に中山など小回りコースでこそ強い馬と思われるが、それだけに近2走の決して得意とは言えぬ△△コースでの連続激走は着順以上に価値が高いモノと言える。
しかも前走は「まだ春競馬の時期の古馬相手レース」で「しかもハンデ戦で古馬と同斤量(つまり実は実質的に他馬より平均3キロ重い斤量)」という常識的には苦しい状況を覆しての勝利なのだから尚更評価高まる。
一転して同世代相手に同斤量で挑める今回…「最大の惑星馬(未知の魅力MAX馬)」はコレに違いない!
この注目馬の馬名は
ココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「土曜予想」を金曜昼過ぎに更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要チェック馬リスト)』も特別配信中!
登録は⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版空メ登録
--------------------

☆今回の紹介馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は常勝競馬とは?トリセツ記事からご覧下さい
--------------------

☆先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト
(※完全無料メルマガでのみ配信している次走[穴激走]要チェック馬リストのサンプル(一部抜粋)です。このリスト完全版を配信する完全無料メルマガの詳細は当記事最下部をご覧下さい。)
[ローズS] 3着リラヴァティ
平日記事から5度も推奨したローズS本命馬(9人気3着激走)!
とにかく3走前500万下での「小柄な3歳牝馬には過酷だっただろう極悪馬場で、道中もノメッてノメッての苦しい追走ながらも、最後突き抜けて完勝」が印象的な内容だった=この雨馬場での強さは魅力的。
本番秋華賞(適性微妙な京都コース)が良馬場となると流石に今回ローズS(適性高い阪神コース)以上の着順を望むのは常識的には難しいと思うが…ただ当時みたく雨馬場の舞台条件になれば再度激走可能性アリとみた!

[セントライト記念] 5着ラングレー & 11着クラリティシチー
ラングレーはこの不得手と思われた小回り舞台で「最内枠から最内回って最内突く」窮屈な競馬で5着は新境地を示すモノだろう。良血らしい一夏を越しての確かな成長を感じさせるレースぶりだった。この分なら広いコースに替わっての本領発揮が楽しみ。
クラリティシチーは「不利8枠発走から終始外を回る」且つ「先行勢に苦しい展開を早目に動く損な競馬内容」を考えれば決して悪くないパフォーマンスだったと思う。距離ももう少し短い方が良い。平凡な調教過程だった点から状態面での上昇余地も大きいはず。

--------------------
☆神戸新聞杯の危険人気馬&穴◎有力馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!

《危険人気→コノ馬は超一流の背景から実力以上に強いイメージがされているが、実は過去戦績を振り返ると過去最高パフォーマンスだった3走前の重賞勝ちにしても条件が揃いに揃ってやっと辛勝…イメージに引きずられずに純粋に馬のパフォーマンスだけを見れば当馬を世代トップクラスに通用する馬だと考えるのは無理がある…。
前走にしてもまともなら完全に力負けの内容だったはず。にも関わらず「本来の力を見せず=底を露呈せず」の敗戦だったと世間からは捉えられているせいで相変わらず人気落ちせず今回も上位人気必至…ならば尚更評価下げるべき番だと言えよう。
今回も人気だけして見かけ倒しに終わる可能性が高いと思う…軽視妥当だ!

《穴◎→
先のセントライト記念では皐月賞5着ステファノスとダービー4着タガノグランパがタイム差なしの入線。これだけを根拠にして言うワケではないが、今(秋)になってからメンバーを見直しても今年は例年以上に皐月賞がHレベルだったと思う。それにレース内容的にはタフな流れになった皐月賞の方がより能力の差が反映されるレースだったはず。
ズバリ穴は「ダービー組」よりも世間の記憶から消えつつある「皐月賞で地味に好走を果たした○○○○」だ!
○○○○は世間では「距離不安あるレースぶり」や「地味なプロフィール」からして「如何にも皐月賞だけ激走するフロック馬のイメージ」があって皐月賞で残した結果以上に菊花賞路線では人気薄になると思われるが…、しかし「皐月賞では小回り中山コースで多少強引な急かす競馬で結果を残したが、それよりも本質的には阪神外回りでゆったり走れた方がパフォーマンス上がる可能性大」&「血統的にも体型的にも走法的にも距離の融通利くタイプで2400で割引が必要なタイプではない」なのでは?
純粋に今回の神戸新聞杯を春の上位勢力による阪神2400舞台での再戦と考えるならば、世代屈指のHレベル戦だった皐月賞と同等以上のパフォーマンスと妙味が見込める当馬こそ最も買うべき存在と言えよう!

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「オールカマーの有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

常勝競馬の完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは毎週末の中央競馬予想をブログ更新と同時に配信します。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!モチロン完全無料で!」
当予想をゲットできるので絶対オススメです!
更に※メルマガ限定※『常勝競馬の真髄=前週の重賞OPレース等の回顧(次走[穴激走]要チェック馬リスト)』も特別配信しています!
登録は→『完全無料メルマガ(
メルマガPC版メルマガ携帯版)(メルマガ見本へ)』

☆コチラにほんブログ村 競馬ブログへもたま〜に応援のクリックを宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

↑このページのトップヘ