考えるヒント(競馬ブログ)

今週は「 2019 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に10年目突入・livedoor競馬ブログアクセス数1万中1位など日本有数の閲覧者数・客観的な公開実績数字が何よりの証明の“ガチ業界トップクラス実績” ・競馬予想界の人間でも事実殆どは勝てないという世界で全年通算プラス回収率継続中≫

2015年10月

☆スワンSの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました
--------------------
【土曜メインレース予想(A大勝負/B勝負/B´準勝負/C勝負未満)】
京都11RスワンS(自信度B´)
[印]
◎(穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
▲サトノルパン
△サンライズメジャー

注フィエロ
(消去法で4番手はコレ…内有利馬場でなければ押さえ必須の人気馬として。)

[見解]

馬場考察記事の通り、2週目3週目みたく内有利気味の馬場が見込める状況。
ハナが理想のエーシントップ、ハナが理想宣言のテイエムタイホー、1400で積極策で活路を見出したいコパノリチャード、そしてアルビアーノ…それなりに逃げ先行勢も混み合いそう。
そんなこんなで…イン差し勢を重視してコノ3妙味馬を推す。

◎(穴本命馬)の見解
約半年前に『予言をするなら…本年スワンSではかなり良い線をいくのではないだろうか』と書いた馬…初志貫徹でコレで穴を狙いに行く!

当馬はこの父の産駒らしく、マイルよりも1400向きで、一瞬の脚で勝負するタイプ。
上記のタイプ論を元にして言えば、前走は「距離不向き」「極端な外枠の枠順も不向き」「外回りの長い直線も不向き」で、それにも関わらず≪直線での一瞬の脚に関しては他のどの馬よりも光るモノがあった≫という点で、やはり持っているモノは確かなのだと再認識した。
その脚が結果的に着順に繋がらなかった(凡走に終わった)のは、適性の問題でしかないだろう。

コノ馬のベスト条件は「距離1400」「内回り」「内枠」「良馬場」。
それが3つも揃わなかった適性差で敗れたのが前走。
それが3つも揃って適性的にも力を出せる場面だと考えられるのが今回。
力関係やローテなどの不安要素も承知で、その今回こそ絶好の狙い時と見て本命に。
(ちなみに…開催月の関係(10月と11月で斤量が変わる)によって、昨年(11/1開催)よりも斤量が1キロ軽かったりもする。)

▲サトノルパンの見解
前走は後傾ラップの前残り展開を後方から一気の差し切りは力が違うという内容。
3走前京王杯(G2)は大渋滞に巻き込まれて最も割を食うドン詰まりの形で、まともなら・・・だった。
4走前や2走前は渋化馬場などで持ち味の瞬発力を生かせるシチュエーションではなかった。
適性高いはずのパンパンの良馬場での高速上がり勝負のココなら捌き一つで好勝負に。

△サンライズメジャーの見解
昨年の同レースでも5人気2着するなど、京都では「OPで3連続で人気を上回る好走」「過去9戦7好走(2凡走は距離1800と正月開催好例の内有利馬場を大外枠で無謀だった京都金杯)」という巧者。
前々走安田記念は「左にモタれながら走っていて追いづらかったです。追っての反応も右回りの時ほど良くなく…」という明確な敗因アリ(その前の東京出走も同様の敗因で1人気13着大敗している)で、
前走米子Sは斤量59キロだった。
休み明け初戦も過去6戦5好走でいきなり走れるタイプ…少々仕上がり不足だとしてもだ。

(推奨馬券組み合わせ例はトリセツの通りですが、▲―△1点も本線ですよ。逆に△―△は例には入れていません。そんな都合が良いような(手広い)買い目例にはしていませんので。)

--------------------
☆スワンSの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!


☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版
--------------------

☆天皇賞秋の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版』に是非とも登録を!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました
--------------------
【天皇賞秋の有力馬診断(後篇)〜昨年も秋天からダメになった前歴持ちディサイファ/3戦3凡走から8戦8好走に条件替わりする大穴馬〜】
※印は「★(激走候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
△ディサイファ(四位J)
コノ馬は実は昨年にも毎日王冠では紙一重の競馬をしたにも関わらず、その後の秋天以降は全く結果を出せなかった「前歴」も考える必要があると思う。
更には一昨年も11月から3月の時期に4連続凡走を喫するなど、コノ馬の過去の凡走は全て冬場である。
このタイミング辺りで下降という可能性も有り得るか。


―ダービーフィズ(CデムーロJ)
脚が短めだしピッチの速い走法だし、そして過去には確かに小回りコースの方に良績があったという馬。
前々走までは東京(外回り)コースばかりに出走してイマイチだったが、それがようやく適性舞台小回り2000に使われて本領発揮したというのが真相に近いと考える。
東京コースに戻ってしまう今回は?


★○○○○○○(←の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走はまともにスタミナが問われる流れになった長距離戦で、あれだけ道中にコントロール不能のロスある競馬をしてしまっては…大敗も致し方無しだろう。
それに加えて暑さも大敗の一因だったと後日発表があった。
(それだけが背景では決してないとしても)確かに過去走を振り返ると「涼しい時期は8戦8好走」・「暖かい時期は3戦3凡走」という両極端な戦績を残しているワケ。
それの8戦8好走の良績季節替わりの今回…激走可能性も見出せる大穴候補と見る!


△スピルバーグ(北村宏J)
コノ馬については直前追い切り等までチェックして取捨を判断したいが、それ次第では秋天で激走を秘める馬だと考えている。
3走前は不適舞台、2走前は特殊舞台で共に凡走も評価下がらず。
秋天への前哨戦だった前走は、展開が合わなかったのもそうだが、何よりも調教過程的にも当日雰囲気的にもまだ走れる状態ではなかったというのが最たる敗因に思える。
もし一叩きで変わるのであれば(変わり身を読み取れれば)その時には・・・。


△ラブリーデイ(浜中J)
叩き良化型で2戦目のローテは〇
あまり長い距離は向かない馬で距離短縮2000は〇
ただ…強いて言えば東京の長い直線で弾けるというタイプではない点でどうなのかという面はある


△ショウナンパンドラ(池添J)
ステイゴールドなど輩出の成長力溢れる一流の牝系。それらしい4歳になっての著しい本格化があったのが近2激走だろう。
前々走宝塚記念や前走中山2200よりも格段に牝馬の能力が通用するレースが天皇賞秋である。
…と思って★を用意していたのですが…今回はこれまでよりも調教で攻められていないのと、その上で馬体をスッキリと見せ過ぎている点で…期待した充実度とは少々違ったのが…。

△ラストインパクト(菱田J)
以下の前走札幌記念時の有力馬診断見解を参照↓
『近2走は長距離戦のそれもステイヤー質のレース。ココで必ずしも強くなくても、中距離馬ならば無問題というのが私の考え方。
その前シーズンには、G2を2勝&騎乗ミス(※)でも僅差入線した有馬記念7着で、やはり距離2000近辺での実力は疑いようがない評価をする。
(※スロー推移のまま動きも少なく、短い区間での瞬発力勝負となった有馬記念。結果的には最終コーナー時点でキチンと加速態勢に入っていたか否かが大きなポイントだった。そこでの踏み遅れは決定的なロスに繋がる状況だったワケだが、正に当馬は「前に壁がある形でコーナーを回ってきて、直線でも前の馬が邪魔でスムーズな追い出しが叶わず」という、完全に力を出し切れない形に嵌ってしまったのだ。
それで平凡な7着入線に終わったのだが、実は2着とは僅か0.1秒差・・・言うまでもなく乗り方一つで大きく順位を上げられたはずの惜しい一戦。)』

前走札幌記念だけは厳しい敗戦だったが、それさえ目を瞑れば圏内からは外れない一頭。

--------------------
☆天皇賞秋の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「土曜予想」を金曜昼過ぎに更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版
--------------------

☆天皇賞秋の◎候補馬の馬名と買いパターン〇〇は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました
--------------------
☆馬場考察(京都篇)
(※完全無料メルマガで毎週木曜に配信している馬場考察のサンプル(1場分)です。全場の馬場考察は是非ともメルマガに登録してチェックして頂ければ幸いですm(__)m)
《先週の傾向=伸び所は土はイーブン、日は内有利/馬場差はA(高速)》
《今週の状況(見込み)=4週目・Aコース・馬場差A(高速)》

これまでは直近7連続で内有利だった京都の開幕日。
but.今回の開幕日はそれら最近の中では最もイーブンに近い馬場だった。
その一因として考えられるのは、そもそもそういう意図をJRA造園課が持っているというコトと、そして具体的には「よりクッション性を高めていこうとなったため、今年は初めてバーチドレン作業をしてみた(小島友実オフィシャルブログより引用)」という話だ。
実際に同様の作業が行われた先の9月中山開催も開幕週が最も差しが決まる馬場で、そしてその後に内の方が伸びる馬場が出現した。この京都開催もそれと全く同様の事象が起きているワケである。コレは後々にも気に留めて参考にしたい。
この先にも開幕日以上に差しが決まる馬場にはならなくて、先週みたくイーブン〜内有利の範囲内の推移が見込めると思う。

☆先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト
[日曜東京10R(1600万下)]  6着ネオリアリズム
これまでのレース振り&父ネオユニの血統的に中山系の小回り適性馬。
前回(4走前)の東京コースでは…大外8枠からの発走・口向きが悪くて無駄に外を回してコーナー突入するロスある序盤・道中もスムーズさを欠く追走・最後の直線で追わずとも早々と先頭に立ってしまい・長い直線を耐え切れず…という敗戦だった。
今回もレースが流れた近2連勝とは異なり、東京コースらしいスローペースが最大の敗因で力を出し切れなかった印象。
噛み合えばOPでもやれるだろう逸材だけに、舞台替わりなら改めて。

[ブラジルC] 7着カゼノコ
今回も単純に自身はハンデ58を背負って、斤量3キロ以上軽い4,5,6着馬まで0.1秒差内なのだから、そんな悪いパフォーマンスではない。
それにコノ馬の真骨頂は俊敏な脚。マイルG1のフェブラリーSでもコーナーでの加速力は他馬を上回るレベルだった。そのフェブラリーSでも今回でも、メンバーの中で最も軽馬体重で完歩も短い走法の馬でもある。
東京2100で連続凡走してしまったが、それよりも上記の脚を生かせるような小回り舞台で、より真価発揮の活躍が見込める一頭だと思う。

[ブラジルC] 12着マルカプレジオ
13年1月に勝利
→その後の春から秋は5連続凡走
→14年2月と3月に連続好走
→その後の春から秋は凡走
→12月と2月と3月に連続好走
→4月から凡走続き
当馬の過去戦績は冬馬のソレ…冬場の復活に要警戒。

--------------------
☆天皇賞秋の◎候補馬の馬名と買いパターン〇〇の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→過去10年の天皇賞秋で〇〇は16頭出走して[3-3-2-2-2-4]・複勝率5割・掲示板内率75%という好相性。
決してデータありきの予想ではなく、天皇賞秋で〇〇が活躍できるというのは至極当然のコト。
本年は宝塚記念ですら〇〇が活躍…その傾向は今の時代のトレンドとも言えるかも知れない。
何も考えずに(この舞台にまで出てくる)〇〇には印を打つべき…それの唯一該当馬であるコノ馬は本命候補。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「天皇賞秋の有力馬診断」を水曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『
メルマガPC版メルマガ携帯版


☆コチラにほんブログ村 競馬ブログへもたま〜に応援のクリックを宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

☆天皇賞秋の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガPC版携帯版』に是非とも登録を!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました
--------------------
【天皇賞秋の有力馬診断(前篇)〜意味ありげな出走ペルーサ…未だに逃げ馬にとって不利な機会には1度も遭っていないエイシンヒカリの幸運はG1一番人気でも?〜】
※印は「★(激走候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
△エイシンヒカリ(武豊J)
前走毎日王冠は[内有利馬場]と[この先の秋G1戦線を見据える出走馬ばかりで、ペースが速くなり様が無い状況(スローペース)]という状況で、確かに後から振り返るとそれなりの能力ある逃げ馬ならば逃げ切りは当然のシチュエーションだった。
能力云々はさて置き、今回は上記のシチュエーションとは全く違う。
例えばあのミッキーアイルが逃げ一辺倒を止めた一つの理由は逃げ馬という存在自体が不利だから( もしも他に本気で潰してくる馬が出てくるならば、その時にはそう難しくなく潰されてしまうというのが逃げ馬)。
未だにその不利な機会には1度も遭っていないエイシンヒカリであるが、G1で約1番人気ならばその懸念も重く考えないと…。


―ペルーサ(柴山J)
有力視されるスピルバーグと同厩で同馬主の馬。
勝負度外視で良いレベルの馬だし、前走では逃げて勝利という逃げたってOKという馬。
コノ馬がレースの鍵を握る可能性も少なからずあるはず。


―ヴァンセンヌ(横山典J)
前走毎日王冠は横山典Jのテン乗りで、見た目にはこれまではやりたくてもできなかった完璧に流れに乗る競馬…でも結果はサッパリという形。
競馬の仕方以前にデキに問題があったとの見解もなされているが、いずれにしてもあの体たらくから中2週では…。


△イスラボニータ(蛯名J)
前走毎日王冠では手応え良く直線に向いてから、一瞬は2着までは上がる様な勢いで伸びてきたものの、ラストには脚が鈍って3着止まりという結果。
3歳時にも同じようなシーンがあったし、どうも良い脚は一瞬という面がある。
それを蛯名Jは毎日王冠後のコメントでは「休み明けのせい」と解釈しており、また繰り返されるという懸念もアリ…。
基本的には東京の長い直線は簡単ではないし、距離延長もプラスにはならないだろう。


★○○○○○○(←天皇賞秋の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
本年天皇賞秋の激走馬は、馬場や展開に紛れ(バイアス)があって必ずしも実力が反映される入線順にはならず、尚且つ最もHレベルだった前哨戦〇〇〇の凡走組に潜んでいる可能性が高いと見ている。
その中でも一番に評価したいのは、凡走した〇〇〇レース以前の戦績は同世代G1でも通用間違いなしと言い切れるコノ馬。
「世代レベルがー」ってのはナンセンスだと思いますよ…この手の馬の取捨を考える時に世代レベルはあまり深く考える必要はないと思っています(テッペンなら3歳秋には古馬通用するのが当たり前ですから…)


―ダコール(三浦J)
前々走新潟大賞典こそ一瞬の脚勝負が嵌まったが、基本的にはその脚が嵌まり易い内回りコースでこその馬。
外回りで少しペースが流れると前走新潟記念みたく脚が止まりがちで、東京コースのG1なら買わない。


―ワンアンドオンリー(内田博J)
4走前有馬記念と2走前宝塚記念は、長手長脚の不器用さある当馬には厳しいという狭いコーナーから速い脚を使うコトが求められるレースで、共に情状酌量の余地大の敗戦。
ドバイSCは相手関係に、京都大賞典は究極の上がり勝負不向きという事情はあるものの、それなりにスムーズにできた他の3走でもダービー馬らしい結果を出せていないとなると…それプラス能力発揮の条件が限られる点を踏まえると扱い辛い馬。

--------------------
☆天皇賞秋の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版
--------------------

☆天皇賞秋の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版)』に是非とも登録を!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました
※作業逼迫中につき、週末(&月曜)記事ではコメント欄を閉じています。レースについての質問など私からの回答も求めるコメントは金曜夜〜月曜の間は避けて頂けると助かります。
--------------------
☆3週前の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト(※3日間開催後で掲載できなかった3週前分です)
[月曜京都2R(未勝利)] 7着フライングレディ&9着シンシアズブレス&17着ショウナンマシェリ
・11番人気→8番人気→15番人気→13番人気→10番人気→7番人気という大荒れ決着
・掲示板5頭中4頭が二桁通過順位馬
・前走3着内馬が6頭など水準級のメンバー構成
上記のコトから全く実力通りに決まっていない紛れが大き過ぎるレースだったと判断できて、更にはそれなりのレベルのメンバーが揃った一戦だっただけに下位勢の中から巻き返せる馬も多く潜むレースだったと判断できる
(上位入線馬の人気を見るだけでも、そのレースが実力の反映される結果だったのか、又は実力以外の要素が大きく問われるレースだったのか判断できる。その上で、前者ならば(他の上位人気の上位馬に混じって)人気薄好走した馬は評価したいし、後者ならば人気を背負ってワケ有り凡走した馬を評価しようとする目線で臨むのも有効な手だと考える)

今回のレースで言えば、オーバーペースの先行の位置取りだった馬の中では上位入線の2頭(1人気7着フライングレディ2人気9着シンシアズブレス)の評価は全く下げるべきではない
揉まれ弱さを露呈して初戦9着、揉まれない為に逃げの手に出た前走2着、再び揉まれる競馬且つ不利な先行の位置取りの競馬で17着まで沈んだショウナンマシェリも大巻き返しを秘める一頭と言える

[グリーンチャンネルC] 4着キクノストーム
揉まれ弱いスタチューオブリバティ産駒で、極端な外枠巧者という側面の持ち主。
今回こそ3枠から外に持ち出す策で善戦叶ったが、前々走は大外枠で好走・前走は内枠で凡走など…過去を振り返ると外枠では4戦連続4着内好走する一方で、極端な内枠(3番枠内)では過去7走全て8着以下大敗という戦績になっている。
実際に前走のレースに於いても道中のスムーズさを欠く追走で、内枠(馬群の中での競馬を強いられた)分でパフォーマンスを下げたのは確か。今回も外枠からスムーズに外に持ち出せる形ならもうワンランク上だった可能性もある。
外枠替わりの機会に狙いを定めたい一頭だ。

--------------------
☆天皇賞秋の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬については直前追い切り等までチェックして取捨を判断したいが、それ次第では秋天で激走を秘める馬だと考えている。
3走前は不適舞台、2走前は特殊舞台で共に凡走も評価下がらず。
秋天への前哨戦だった前走は、展開が合わなかったのもそうだが、何よりも調教過程的にも当日雰囲気的にもまだ走れる状態ではなかったというのが最たる敗因に思える。
もし一叩きで変わるのであれば(変わり身を読み取れれば)…その時には即ココでの最有力馬にもなり得る一頭であろう!
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「天皇賞秋の有力馬診断」を火曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!
登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版
--------------------

☆菊花賞の爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガPC版携帯版』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました
--------------------
【日曜メインレース予想(A大勝負/B勝負/B´準勝負/C勝負未満)】
京都11R菊花賞(自信度C)
[印]

◎(爆穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
△レッドソロモン
△リアファル


[見解]
◎(爆穴本命馬)の見解
コノ馬の父の産駒は、ダートでは距離が延びれば延びるほど好成績でダート戦の事実上の最長距離の2400では4戦3好走、芝でも同様で長距離2500以上では8戦4好走。
上記は極端にサンプル数が少ないという理由でもあるが、少なくとも鈍足であるが故に距離が延びれば延びるほどにパフォーマンスを上げられる可能性が高い馬も輩出していると言える。

それはその産駒であるコノ馬に於いても当てはまる話で、実際に距離を延ばしてから才能を開花させた経緯がそれを裏付ける。
その距離を延ばして…という要素だけでなく、過去の好走歴の条件を振り返ると「上がり38秒台」・「道悪」・「スタミナコース中京の荒れ馬場を逃げ切り」などで、やはりスタミナという面については秀でたモノを持っているという見方をしたい。

最近は不振の近況であるが…4走前は極端にスピードが求められる不向きな流れを思えば十分な善戦だし、2走前はスタート直後の不利からチグハグな競馬だった上、その次に巻き返し激走するミュゼエイリアンやキタサンブラックだって大敗という比較からも悲観し過ぎる程ではないだろう。
前走にしても、叩き良化型が全く仕上がり不足で全くまともに走っていないのだから、それで終わったとの評価を下してしまうのも早計だと思う。
その前走を叩いて2戦目で、調教後の馬体重時点でも絞れている状態からしても、今度は違うデキを見込めるとも読める。
展開の助けなども欲しいギリギリの馬だと思うが…一番穴を狙うならばコレの真価発揮の激走に賭けたい!

△レッドソロモン等の見解
菊花賞というレースは、王道ローテの神戸新聞杯orセントライト記念好走を経てきた人気の能力上位馬が約2頭、神戸新聞杯凡走or他の距離長めの条件戦を経てきた人気薄の長距離適性馬が約1頭馬券に絡むというのが最もベタな決着の仕方。
<前者>は能力を以てして長距離も克服して好走というモノ、《後者》は長距離適性を以てして能力をカバーして激走というモノである。

穴狙い予想で狙うべきはモチロン《後者》。
特に今年は逃げ馬各々の出方次第では、大いにスタミナが問われる流れになる可能性も見込めそう。
京都というイメージではないものの距離適性だけなら強調できそうな格上挑戦のハービンジャー産駒2騎、ワンダアツレッタもその候補で迷ったが…
結論としては「前走は極端な瞬発戦になった神戸新聞杯でキレ負けの形」・「2走前・3走前は例年の菊花賞では足りる戦績」・「長距離適性ありそうな血統背景と、スタミナ面に秀でて良そうな近走戦績」であるコノ馬に、《後者》に期待を懸けたい!

そして、<前者>の方にも合致する上、スタミナ面でも強調できるというリアファルを人気馬の中では一番手に挙げる。

[買い目]
(※消している馬番が本命馬です。春G1はパーセント表記でやりましたが、秋G1では馬券画像で買い目を示してみます(成績は金額ではなく全G1均等買いとして回収率パーセントで集計します)。)
(※オッズは前日23時半時点。ご自身で考える参考にしてほしいとの意図で公開していますので、丸乗りは歓迎しません。)
単勝◎(600)、複勝◎下限21倍(5500)、ワイド◎―レッド480倍(100)、◎―リアファル115倍(500)、△―△40倍(300)

IMG_0015
(※追記:高配当馬券「ワイド◎―レッド480倍」のオッズが半減するのは物理的にしょうがないとしても…◎馬も他の連系・複系の券種ではビリ人気(=実質的ビリ人気)なのに複勝だけは15人気(複勝はオッズが20%目減りしている損な馬券)になっているなど、日曜午前時点で当該の買い目のオッズが軒並み極端に下がってしまっていますので…それでしたら今後公開できなくなります。外れる確率の方が圧倒的に高い予想(当たる確率は5%少々)というコトも踏まえて参考にして下さい。)
--------------------
☆菊花賞の爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!


☆有料メルマガ(1週500円チョイ・週5長文配信)の募集について
前回の9月の新規会員募集では、会員数制限を行っている関係上、事前に予約についてなど全く告知できずに、突発的に[既に予約して下さった方のみで募集打ち切り]となってしまい申し訳ございませんでした。
早めに予約して下さった方には、ブログ上での募集よりも先行して有利な募集を行う機会もあるはずですし、次回12月募集時にも今回みたく予告無しで募集打ち切りになる可能性も無きにしも非ずですので…もし僅かでも興味を持って頂けるのでしたら是非とも今の内に案内送付予約をオススメ致しますm(__)m
コチラの記事に有料メルマガ=特別版の詳細&案内送付予約フォームを設置しています)
--------------------

↑このページのトップヘ