考えるヒント(常勝競馬)〜9年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 天皇賞春 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

2015年12月

☆東西金杯の危険人気馬(2頭)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
--------------------
☆ピックアップ競馬場[京都芝]の馬場考察
《今週の予想
=開幕週/Aコース/伸び所は内有利/馬場差はA〜B(高速〜やや高速)》
前年秋にBコース&Cコース開催があった後のAコース開催戻りで、同じ開催パターンの過去数年ともに京都芝の正月開幕週はかなりの内有利な馬場になっている。
過去3年を振り返っても、2013年の開幕週2日間は超内有利、2014年の開幕週幕2日間は内有利、2015年の開幕日は超内有利。
この開幕週が2日間3日間開催ならば別途考察が必要になるが(案外荒れるのが早い)、2016年は1日間開催。
1年の中でも最も馬場読みがし易い=内有利での決め打ちが有効な1日になる可能性濃厚。

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜阪神7R(500万下)] 6着メイケイレジェンド
珍しいステゴ牡駒の新馬勝ち馬で、父ステゴ×母父メジロマックイーンの黄金血統で、母系は姉フーラブライド・兄エーティータラントのスタミナ強調の血。
どう考えても晩成の背景で、今回は2戦目でスローペース前残り展開を上がり2位の脚で6着なら決して悪い内容ではなく、ジックリと育てられれば将来楽しみに…。


[師走S] 2着モズライジン
ダート1800で前半3F34.8という猛ペース…それにも関わらず道中大捲りを打ってくる中谷J…コレが中谷Jの下手さであり、でも勝てる所以。
少々ド下手でも、とにもかくにもメリハリ付けて積極的に乗れば、勝ちは転がってくるモノ(と思う)。
今回はかなり無理ある距離ロス著しい捲り策…コノ馬が強いのはそうだが、それよりもコノ馬に中谷Jならば今回みたいな積極捲り策でズブズブ(前崩れ展開)を引き起こし得る存在としてマークしたい。

--------------------
☆東西金杯の危険人気馬(2頭)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《中山金杯の危険人気→
コノ馬はあまり使い込んで良いタイプではなく、激走後は大敗しがちだし、力が余っている大敗後は激走しがちという傾向。
4走前と前走の激走の前後も、見事に大敗していた。
その前走での道悪激走から連戦という今回のタイミングは怪しむべき番だ。
&
《京都金杯の危険人気→
京都マイル重賞では2戦して1着と5着。
前者1着は浜中J騎乗でイン突きで突き抜ける形、後者5着は福永J騎乗で外差しで鋭さ発揮できずの形。
使える脚が長くないタイプで、それが距離1400以下路線に転向して結果を出してきた背景でもある。
ココも決死の最内突きなら可能性出てくるだろうが、基本的には距離延長と外回り替わりで良さが出るタイプではないので軽視。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「京都金杯の有力馬診断の後篇」を木曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『
メルマガPC版メルマガ携帯版


☆コチラにほんブログ村 競馬ブログへもたま〜に応援のクリックを宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

☆京都金杯の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガPC版携帯版』に是非とも登録を!
--------------------
【京都金杯の有力馬診断(前篇)〜社台から干され気味の岩田J…お得意先の冠名オメガ原禮子オーナー馬で力が入る場面〜】
※印は「★(激走候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
★重要ポイント
例年、馬場が極端に内有利になる京都の正月開幕週。
最内(内)を通れる馬が圧倒的に有利で、それができる[内枠勢]・[逃げ馬]・[一流騎手]という要素にも注目したい。
現段階で付ける評価から、最終的には枠順が内か否かでワンランク以上は変動する。


―オメダヴェンデッタ(岩田)
前述の点から、京都金杯で買いたい・京都金杯に良績ある一流騎手と言えばまず岩田騎手。
(大きなレースでは)社台からは干され気味で個人オーナーの馬をラインアップの中心としている岩田騎手。特に冠名オメガの原禮子オーナーは岩田騎手が大のお気に入りという裏話も…。
(※朝日杯FSで仮にシュウジの先約云々がなくとも、社台の一流馬リオンディーズに岩田Jが乗るコトができたのかは・・・?)
そんな騎手にとっては気合の入る見せ場だと思うが、オメガヴェンデッタについては距離マイル未満の馬と見ている。


―ケイティープライド(秋山)
前走チャレンジCと3走前京成杯AHは不利な状況で言い訳できる敗戦だが、前々走ポートアイランドS4着も弱メン相手にやっとの善戦で…重賞ではまだ足りない。


△ウインプリメーラ(川田)
今夏のマーメイドS4着・小倉記念3着は非常に強い内容。
前者は外差し馬場による差し決着を、2番手から4着まで粘り通す内容。
後者はHペースによる完全前崩れ展開を、3番手から競馬して3着まで粘り通す内容。そこで1番手から11着まで沈んだノボリディアーナは[次走OP2着好走]・[次々走重賞1着激走]しているし、2番手から16着まで沈んだバッドボーイも[次走OP3着好走]しているし、その比較からも3番手から3着まで残したウインプリメーラの強さが際立つ。

ただ、休養を挟んでの今秋2戦はピリッとしない内容。
前々走は良績乏しい休み明け初戦、前走はこちらも非良績の阪神という情状酌量材料はあるが、それにしても今夏の2戦とは落差がある。

ベスト条件替わりで注目される今回だが、それよりも全盛期が過ぎた懸念の方が大きい。


★○○○○○○(←京都金杯の爆穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
4走前・前々走・前走は、全て前崩れ展開巻き込まれとHペース逃げという止む無しの大敗。
その他のフツーの逃げを打てた3走前は8人気3着激走。
とにかく脆い逃げタイプ馬だが、もしもコレが内有利馬場且つ同型不在での単騎逃げ濃厚となれば…ノーマークは禁物の爆穴期待馬!


―エイシンブルズアイ
体型的にはスプリンターというよりも距離保ちそうなカンジ。短距離路線転向前には毎日杯(1800)2着の実績も有している。
ただし、少々気難しいタイプで、距離1200を使い続けた後の距離2F延長マイル戦というのは感心はしない。


△エキストラエンド(吉田隼)
京都金杯は2年連続連対中。
ただ、一昨年は最内枠からルメールJを背に最内突き、去年も最内枠から福永Jを背に最内枠突き。
今回の鞍上は2015年京都での騎乗ゼロ・京都芝では過去63戦1勝の吉田隼J。そういう今回の特殊なシチュエーションならではの「巧い」騎乗はあまり期待できない…。
衰えを見せ始めている近況であるし、マイルCSを外傷で回避しての順調さ欠いた臨戦過程で、本調子で挑めるかどうかは微妙。

--------------------
☆京都金杯の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト」を水曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版


--------------------

☆東京大賞典の三連単2点買い目は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版)』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
☆次回は「金杯の有力馬診断」を火曜深夜24時に更新します!

----------------------------------------
【交流G1予想】
大井10R東京大賞典
[印]
◎サウンドトゥルー
〇ホッコータルマエ
▲コパノリッキー

[見解]
キチンと前に行けるのは、コパノリッキー・ホッコータルマエ・ハッピースプリント・サミットストーンの4頭くらい。

たった4頭では、チャンピオンズCみたいな変な展開(逃げ先行勢に厳しい展開)にはならないだろうが、ただし・・・
------------------
・ハッピースプリントの宮崎光Jは『GIとなると勝ちに行くレースというよりも、強いメンバー相手にどれだけやれるかみたいなレースをして来ました。それで、3着に入ったり掲示板に載ったりしてたわけですけど。でも浦和記念を勝ち切れたことで、精神的に吹っ切れたというか、「GIでも勝ちに行くレースを」という気持ちになりました。だから東京大賞典では、これまでになかったくらい積極的なレースをしたいと思っています。』というコメントもしていた。
・チャンピオンズCでは結果的にそれが仇となったとは言え、ホッコータルマエは前(コパノリッキー)を甘やかさないだろうし、再度マークして潰しに行く競馬が念頭にあるはず。
・4頭の中で力量が劣るサミットストーン・ハッピースプリントは自身の残り目はなくとも、前を潰す作用はできるだけの馬。
------------------
・・・これまでも全体の中でマークが薄い状況で大きなパフォーマンスで、逆の状況ならばそこまでのパフォーマンスは見せていないコパノリッキーは、まともな状態のホッコータルマエで幸Jが本気でかかれば勝ち目は乏しい一頭と見る。
まず「ホッコータルマエ→コパノリッキー」の並びを予想する。

そして、もう一頭気になるのがサウンドトゥルー
------------------
・前々走JBCクラシックでは、内有利の馬場状態&平均ペースの状況を、最内の好位で立ち回った他の上位馬に対して、馬場の中程から差して2着入線。
・前走チャンピオンズCは、中央の多頭数戦の最内枠で極端な位置取りから、展開が向いた面はあるとは言えども、大外まで持ち出すまで手間取っての3着入線。
------------------
JBCクラシックでの内容からして、ペース一つで2強に詰め寄るコトは可能。
チャンピオンズCでの内容からして、実質少頭数戦の今回の交流G1なら、位置取り改善とコース取りのロス縮小は必至で、やはりパフォーマンスを上げられる場面だろう。
最も妙味はコレの頭と読んで二重丸を献上する。


[買い目]
東京大賞典の三連単2点買い目(1点目60%・2点目40%)は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
手広く行くなら◎が頭なら配当が上がる三連単◎〇▲3頭BOXだが…
今回はより収益を求めて絞りに絞った三連単2点(1点目60%・2点目40%)で、少額でチョイ高配当を狙いに行く。

[結果]
東京大賞典

----------------------------------------
☆再掲:2015年の中央競馬・オーラス有馬記念を終えて…
2015年の予想成績

特別版の全予想…◎373戦120的中で回収率117%
ブログ予想(G1以外)…◎77戦22的中で回収率116%
ブログG1予想…上半期11戦2勝で買い目回収率156%、下半期11戦4勝で買い目回収率160%(通年158%)
(※もし推奨馬券組み合わせの◎―印などではもっと数字が跳ね上がりますが…そういう終わった後から都合良くプラス回収率の項目を切り抜った数字ではなく、全て事前に示している集計方法での全ての項目の回収率です。この数字が本年の当予想の全てです。
オーラス有馬記念は◎ワンアンドオンリー惨敗
ワンアンドオンリーについては、スタート出遅れ…道中はインで動けず…直線では終始窮屈で不利も…そんな結果的には最悪の競馬
ただ、そもそも上手く行く可能性の方が高くない、どころか低いと言うべき大穴馬ですから…
ただ、誰が何と言おうと、今回ならワンアンドオンリーを推すのが私の予想だと思っていますので。今回有馬記念の結果については表では申し訳ないのみですが、裏では何苦楚という気持ちしかありません。

もちろん、有馬記念以外にも、終盤の大失速がありました。
ブログ・特別版共に、終盤以外での貯金により昨年に続き本年も公開予想完全プラス収支で終えられましたが、「終わりダメなら全てダメ」で情けない気持ちしかありません。

今、色々と示しても全く説得力が無いと思いますが…一言で言えば「私には分不相応なインテリチックで自己満足の予想ではなく、原点回帰で泥臭い予想」の方針で、必ずや…それをできる年末年始にします。

またも過去の栄光のお話ですが、本年の中央競馬開幕週は・・・
「[ブログ勝負予想]中山金杯◎ラブリーデイ 4人気1着」
「[特別版勝負予想]京都金杯◎マイネルメリエンダ7人気3着」
「万葉S◎シャンパーニュ6人気2着」
・・・などパーフェクト発進。

来年の中央競馬開幕日(1月5日)は、上記の3重賞OPが1日で施行されますが、まずはこの勝負所で・・・。
----------------------------------------
☆東京大賞典の三連単2点買い目は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆次回は「金杯の有力馬診断」を火曜深夜24時に更新します!

☆今週火曜の交流G1東京大賞典の◎予定馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
--------------------
☆2015年の中央競馬・オーラス有馬記念を終えて…
2015年の予想成績

特別版の全予想…◎373戦120的中で回収率117%
ブログ予想(G1以外)…◎77戦22的中で回収率116%
ブログG1予想…上半期11戦2勝で買い目回収率156%、下半期11戦4勝で買い目回収率160%(通年158%)
(※もし推奨馬券組み合わせの◎―印などではもっと数字が跳ね上がりますが…そういう終わった後から都合良くプラス回収率の項目を切り抜った数字ではなく、全て事前に示している集計方法での全ての項目の回収率です。この数字が本年の当予想の全てです。


オーラス有馬記念は◎ワンアンドオンリー惨敗
ワンアンドオンリーについては、スタート出遅れ…道中はインで動けず…直線では終始窮屈で不利も…そんな結果的には最悪の競馬
ただ、そもそも上手く行く可能性の方が高くない、どころか低いと言うべき大穴馬ですから…
ただ、誰が何と言おうと、今回ならワンアンドオンリーを推すのが私の予想だと思っていますので。今回有馬記念の結果については表では申し訳ないのみですが、裏では何苦楚という気持ちしかありません。

もちろん、有馬記念以外にも、終盤の大失速がありました。
ブログ・特別版共に、終盤以外での貯金により昨年に続き本年も公開予想完全プラス収支で終えられましたが、「終わりダメなら全てダメ」で情けない気持ちしかありません。

今、色々と示しても全く説得力が無いと思いますが…一言で言えば「私には分不相応なインテリチックで自己満足の予想ではなく、原点回帰で泥臭い予想」の方針で、必ずや…それをできる年末年始にします。

またも過去の栄光のお話ですが、本年の中央競馬開幕週は・・・
「[ブログ勝負予想]中山金杯◎ラブリーデイ 4人気1着」
「[特別版勝負予想]京都金杯◎マイネルメリエンダ7人気3着」
「万葉S◎シャンパーニュ6人気2着」
・・・などパーフェクト発進。

来年の中央競馬開幕日(1月5日)は、上記の3重賞OPが1日で施行されますが、まずはこの勝負所で・・・。
(一応、本日24時に東京大賞典予想&買い目も公開します。)

☆今週火曜の交流G1東京大賞典の◎予定馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬の取捨のポイントは「頭数」と「ペース」だろう。
多頭数戦だとどうしても不利な脚質だし、もちろんペースに左右される面もある。
前々走はその内の後者は向かなかったが前者は向いて好走、前走はその内の前者は向かなかったが後者は向いて好走。
今回は実質非多頭数戦で、前者がクリアされるコトは確定済み。
後者次第では勝ち負けも…現時点で最も妙味を感じるのはそんなコノ馬だ。

☆1週前のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)(※掲載できなかった1週前分です)
[土曜中京8R(500万下)] 11着クリールハヤテ
当馬は左にモタれる面が強い馬で、調教師は常に右回り向きと言っているが、結果が出ているのは左回りでラチを頼る競馬をしたケースに偏っている。
このレース前まで、左回り芝では過去6走[0-0-3-0-2-1]で、着外の1走は外有利馬場を最内競馬では厳しかったというモノである。
その左回り芝で過去ワーストの結果となった今回だが、大外18番枠から終始外を回る競馬では致し方なかった面もある。
引き続き「左回り」で「内が不利でない馬場」で「内枠」ならば面白い馬と見る。

[日曜阪神9R(1600万下)] 1着マテンロウボス
3歳秋〜4歳春には、条件戦を3連勝で、OP4着→重賞2人気にまで推された馬。
その後は少し低迷気味だったが、今回のそれなりに相手が揃っていた準OP勝ちは復活走だと言えよう。
過去の好走歴は寒い時期に多い…今春〜今秋の低迷が季節が要因だとすれば、今の時期ならば改めてOP通用してくる可能性は大いにあると考える。

[ベテルギウスS] 4着ドコフクカゼ
確かに最内のロスのない立ち回りはキレイなレース振りだが、こと阪神ダート2000コースに於いてはそれはそう有利ではないモノ。
また、ドコフクカゼはつい前走(浦和記念)も小回りコースの窮屈な忙しい競馬が向かなかった分で敗戦を喫している馬でもある。
実際に過去の好走歴は外からの差し競馬が多い。
不振の最中にある岩田騎手が鞍上だった点も含めて、今回が本領発揮のパフォーマンスだったとは考え辛い。

--------------------
☆今週火曜の交流G1東京大賞典の◎予定馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬の取捨のポイントは「頭数」と「ペース」だろう。
多頭数戦だとどうしても不利な脚質だし、もちろんペースに左右される面もある。
前々走はその内の後者は向かなかったが前者は向いて好走、前走はその内の前者は向かなかったが後者は向いて好走。
今回は実質非多頭数戦で、前者がクリアされるコトは確定済み。
後者次第では勝ち負けも…現時点で最も妙味を感じるのはそんなコノ馬だ。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「東京大賞典予想」を月曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『
メルマガPC版メルマガ携帯版


☆コチラにほんブログ村 競馬ブログへもたま〜に応援のクリックを宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

【2015年の予想成績】
特別版の全予想…◎373戦120的中で回収率117%(本年は単勝40倍超が3本…それで単勝の数字が引き上げられている面もありますが、仮にその3本を完全に除いても単勝回収率プラスです。)
-特別版の勝負予想…◎47戦13的中で回収率117%
-(過剰オッズ解消の為に3/7から始動させた)基本的に平場大穴予想を除くコースの全推奨馬…◎201戦73的中で回収率154%
ブログ予想(G1以外)…◎77戦22的中で回収率116%
ブログG1予想…上半期11戦2勝で買い目回収率156%、下半期11戦4勝で買い目回収率160%(通年158%)


【特別版始動(2014年秋)からの通算成績】
特別版の全予想…◎454戦149的中で回収率116%
-特別版の勝負予想…◎54戦17的中で回収率168%
-(過剰オッズ解消の為に3/7から始動させた)基本的に平場穴予想を除くコースの全推奨馬…◎201戦73的中で回収率154%
※上記は全ての提供予想結果です。上記から漏れた提供予想結果はありません。一切の都合の良い切り取りなど無い[ありのまま]の結果です。

※特別版の平場予想についてはオッズ変動(読者の投票による過剰オッズ)も確実に受けています。その上での本年117%(始動からの通算116%)という数字…もし単複以外の他券種で役立てて頂ける方にとっては、間違いなくその数字以上に価値ある提供になっていました。

【特別版について】
特別版の詳細&案内送付予約はコチラの記事をご覧下さい→http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2238910.html

☆有馬記念の二桁人気!大穴◎本命馬&対抗〇馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味や推奨馬券組み合わせなど予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版)』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい

--------------------
【日曜メインレース予想(A大勝負/B勝負/B´準勝負/C勝負未満)】
中山10R有馬記念(自信度C)
[印]

◎(大穴本命馬)&〇(対抗馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
▲リアファル
△ヒットザターゲット、ラブリーデイ、サウンズオブアース

[見解]
◎(二桁人気!大穴本命馬)の見解
ここ最近は不振に喘いでいる近況だが、まだ見限るのは早計と見ている。
というのも、近走の凡走は全て説明ができるモノであり、一変激走への道筋もキチンと存在しているからだ。

昨年有馬記念と本年宝塚記念で似たような大敗を喫しているが、それは同じ背景によるモノ。
それは「特に小回りコースでの一瞬の瞬発力勝負は不向き」というコトと、そして何よりも「他馬を気にする面が顕在化しており、狭いポジショニングで前方の馬群に突っ込めずに前傾姿勢を欠いた」というコトである。

3走前での凡走もその前者が主な敗因、2走前での凡走もその後者が主な敗因になっていた。

前走でも「直線入口で速い脚に欠ける面を露呈して加速力の差で他馬に包まれる形、すると他馬を気にする面を露呈して前傾姿勢を欠くシーン、ようやく前が開けてから再び伸び脚を取り戻す」という「らしい」競馬をしていた。
その最後の伸び脚については他馬にヒケを取らぬモノがあり、もし他馬に包まれない形で持続的な末脚をフルに発揮できていたならば…と思わずにはいられなかった。

陣営も上記のコトを最重要ポイントと掴んでいる。
その今回は前走や過去走の中で最も積極策を挑んでくるのが濃厚…
それが捲り馬ゴールドシップなどの展開でどうかというイチかバチ、中山小回り舞台という点での懸念はあるが、
それで今度こそ脚を全て使い切る競馬ができての激走可能性は「アリ」と見ている。

〇(対抗馬)の見解
前走はそもそも不得手とする△△コースで、不得手とする速い上がり勝負で、やや内有利馬場を外を回るコース取り、そして特に△△競馬場に於いては「好走無謀」という早仕掛けの形の競馬。
それで上位とは差のない入線なのだから、少なくとも悲観するような敗戦では全くない。
今回にしても決して楽な条件とは思わないが、純粋に中山2500舞台で最も強い馬はコレだろう…つまり、相手馬3着内で高確率&妙味はコレという判断。

▲リアファルの見解
前走菊花賞は長距離戦で7F目[13.7]-8F目[13.7]にラップが緩んで後続が渋滞し、そして9F目[11.8]に一気にペースアップ。コノ馬はそんな変則ペースを2番手追走で真っ向から受け止めた形で、上位勢の中で最も苦しい位置取りでの競馬(最も強い競馬をした一頭)だったのはコレだ。

捲り馬ゴールドシップの存在などでこの脚質にリスクはあるが、でも菊花賞ではペース変動や逃げ馬入れ替わりなどのかなりゴチャゴチャした状況でも動じずに高いパフォーマンスを発揮した。

スローペースなら展開利で、少々の速いペースなら持ち前の随一のスタミナで、それなりに守備範囲広そうな評価したい人気馬。

△ヒットザターゲットの見解
コノ馬は今は(精神的に)一頭だけで走らせると全然走らなくて、逆にラチ沿いというか馬群の中では集中できて真面目に走ってくれる状況にある様だ。
今回の調教(単走)でも、気持ちが乗らない・集中力を欠く平凡な内容になっているのも、その証左だろう。

そんな調教や非馬群の競馬をしては全然走らないのだが、逆にそうでなければメッチャ走るという近況。
本年の馬柱が汚れているのは前者の競馬だったのが全てという見方もできるし、逆にそうでないレースでは昨秋からもG1好走とG2好走ばかりという戦績になっている。

前走ジャパンCでは、確かにラチに近いポジションこそゲットしたものの、序盤から最後の方まで縦長の馬群でのポツンとしたポジションで、集中力がかきたてられる様なレース振りではなかった。

その大敗を喫したジャパンCとは一転して、この否が応にもグッドなポジション(位置取り&コース取り)で競馬できそうな枠順を引いた今回…
極端に後方ではない位置取りから、溜めて溜めて一瞬の脚で勝負という目論見らしいが、それで本領発揮&嵌まり激走も描けてくる場面と読む。


△ラブリーデイ&サウンズオブアースの見解
サウンズオブアースは前走ジャパンCでは、かなり物理的にタイトなレースを強いられた上、やや内有利馬場を外から差して来て差のない入線という点で悪くない内容。
もうワンパンチ足りない印象だが、ヒモの扱いから落とす理由はない。

ラブリーデイが勝ち負けを演じられるとすれば、昨年のパターンのレース、つまりはスローペースで流れて、スタミナがそう問われないレースになった時のみだろう。
ラブリーデイのジャパンCの敗因は、ゴールドシップの半捲りにより、秋天よりも早めの仕掛けとなった分で微妙に失速しての3着入線。
ゴールドシップの大捲り展開(長く脚を使わされる展開)ならそれに耐えられるスタミナはないと思うが、もし前走程度のレースの動きならば前走程度の自身の粘りは可能だろうし、もしもそれ未満なら・・・。
距離延長はマイナス…中山替わりはプラス…秋4戦目のダメージは心配…絶好の内枠2枠はプラス…。
少なくとも買いたい1人気では決して無いが、あとは展開一つで善戦も凡走もあると見て、ある程度の扱いは必要。

[買い目]
現時点で◎本命馬は、複勝オッズよりも、ワイド総流し合成オッズなら1.25倍、三連複総流し合成オッズだと1.5倍ほど配当が良くなる。
大穴馬の複勝は儲からない時代(中穴馬からビリ人気馬までの人気薄馬の複勝は常に過剰に買われ過ぎている)…それには目を瞑って複勝メイン予想をしてきたが・・・。
中穴〜爆穴予想なら、無理をしてでも複勝以外の馬券を組んだ方が期待値が高いのが事実で、それを来年は提供できればと思う。
今回の場合にも、複勝よりも多点ワイド等の戦略で、同等の確実性と、同等以上の期待値を得られるという意図の買い目とした。

買い目は以下の3種
・大本線:(複勝◎よりも高期待値の)ワイド配当均等「◎→多点流し」
・本線:三連複「◎→〇▲→ほぼ全頭流し」
・押さえ:ワイド「ヒットザターゲット→〇▲」

具体的な買い目(購入馬券)は無料メルマガで朝9時に公開(配信)、ブログでは14時以降に馬券公開とさせて頂きます
【無料メルマガ{PC}⇒http://archive.mag2.com/0001127672/index.html
【無料メルマガ{携帯}⇒
http://mobile.mag2.com/mm/0001127672.html
(※一切が無料のメルマガですので、当予想に価値を見出された方には是非とも登録して頂きたいですが、もし登録されたくない方は上のURLでメルマガ最新配信履歴が表示されますので、そちらを頼りに閲覧して頂く事も可能です。)
IMG_0208

--------------------
☆有馬記念の二桁人気!大穴◎本命馬&対抗〇馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「東京大賞典展望」を日曜深夜24時に更新します!


☆有料メルマガ(1週500円台・週5長文配信)の来年度会員を募集予定(来年1月以降)
有料メルマガ(特別版)では無料ブログの2倍の情報量・予想量を配信しています
価格は業界的にはかなり割安な1週500円台です
具体的な配信内容は「週末予想2通(ブログ予想以外に平均1週4レース分)+回顧2通(重賞回顧など)+特集1通(第二重賞の有力馬診断など週替わり内容)」で週5通です
お陰様で常に会員枠は満員御礼となっております。次回募集時期は未定なのですが(12月募集予定は中止しました)、9月募集時みたくココを見て早く予約をして下さった方(本気な方)で案内送付を打ち切る可能性も無きにしも非ずです。
もし僅かでも興味を持って頂けるのでしたら是非とも今の内に案内送付予約をオススメ致しますm(__)m
コチラの記事に有料メルマガ(特別版)の更なる詳細&案内送付予約フォームを設置しています)
--------------------

↑このページのトップヘ