考えるヒント〜9年目の行列のできる競馬予想ブログ〜

今週は「 クイーンステークス アイビスサマーダッシュ 2018 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想・時にライブドア競馬ブログ1万中1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

2016年02月

☆阪急杯の大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版)』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい

--------------------
【日曜重賞OP予想/自信度は[A-B-B´-C水準-D-E]の6段階】
阪神11R阪急杯(自信度D)
[印]

◎(大穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
▽ミッキーアイル、ヒルノデイバロー、オメガヴェンデッタ

[見解]
まず、この阪神の春開幕週は馬場が内有利になるコト、そして次走にスプリントG1高松宮記念を目標とする出走馬も多くてペースが前掛かりになりがちになるコトが前提。
本年も1番人気2番人気がスプリント路線を目指す逃げ系馬で、しかもその2頭は同型との兼ね合いが難しいタイプでもある。
少し間違えば共倒れ、そうならなくとも波乱なら差し追い込み馬の台頭という考えに至る。
だからと言って、大外から差してくる馬は間に合わなくて、内〜中から来られそうな馬を狙いたい。

本命は阪神1400で嫌われ過ぎの◎〇〇〇〇〇
前走は同舞台で手応え良く追走、結局は終始詰まってしまい競馬にならなかったが、もしまともだったら十分に末脚発揮できていた様に見えた。
折り合い面に少々課題あり、実はあまり上がりが速過ぎないレースの方に良績多く、それプラス前走の挙動を見る限りでは阪神1400でもある程度やれそうな馬だと考える。
前々走はキャリア最速の末脚を使っても届かない展開、3走前はHレベル戦で好走している実力上位馬。
一頓挫あった昨年とは違うデキで挑めそうだ。


相手には◎が連れてくる差し追い込み馬として2頭、そして強いミッキーアイルの計3頭でワイド1つを引っ掛ければラッキー位の気持ちで

▽ヒルノデイバロー
前走は同日裏で施行されていた適鞍を蹴っての芝レース参戦だったが、それには当初からコノ適性が見込まれていたという背景もあった模様。
結果としてはその通りで、雨上がりで内から乾いていく段階の馬場を外から追い込んで、断然1人気馬と0.1秒差ならば十分なパフォーマンスだ。
前走は久しくの距離1200で置かれる競馬となったのは計算通りの試走という意味合いも強い一戦で、いよいよ本質的な適性だろう距離1400以上に使われる今回は楽しみな局面に!

▽オメガヴェンデッタ
前走は距離延長を懸念して、気持ちが入り過ぎないような調整(オール馬なり調教)をされたとのコト。
その結果として、鞍上も敗因として挙げていたが馬体重プラスで重目残りとなってしまい、力を出せずに大敗を喫した。
今回は前走の敗因の背景である距離を元に戻して、2週続けて追い切りもキチンと一杯にやられており、前走の二の舞とはならないだろう状況・・・一変の魅力も十分に。


[買い方]
当欄は予想の意図(本命馬に賭ける比重・相手馬の位置付けetc.)をより伝わり易く示す為の場です。丸乗りして貰う為の買い目では一切ありませんので、ご自身の予想と組み合わせる形で参考にして頂ければ幸いです。
本線順に…複勝◎>単勝◎>>ワイド◎▽>>馬連◎▽

--------------------
☆阪急杯の大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!


☆有料メルマガ(1週500円台・週5長文配信)会員を募集予定(3月〜4月)
有料メルマガ(特別版)では無料ブログの2倍の情報量・予想量を配信しています
価格は業界的にはかなり割安な1週500円台です
具体的な配信内容は「週末予想号2通(ブログ予想以外に平均1週4〜5レース分)+回顧号2通(平場回顧&重賞回顧)+特集号1通(第2重賞の有力馬診断など週替わり内容)」で週5通です
お陰様で常に会員枠は満員御礼となっております。次回募集時期は3月〜4月を予定していますが、前々回9月募集時みたくココを見て早く予約をして下さった方(本気な方)で案内送付を打ち切る可能性も無きにしも非ずです。
もし僅かでも興味を持って頂けるのでしたら是非とも今の内に案内送付予約をオススメ致しますm(__)m
有料メルマガ(特別版)の更なる詳細はコチラの記事に、とりあえず案内送付予約は以下のフォームに希望メールアドレスのみを入力するだけで完了です。
※目的外の広告メール配信などは一切しませんのでご安心下さい。
※私からの配信「keiba@dream.jp」「sguw125@gmail.com」を受け取れるよう、PCメール受信許可などの受信設定の確認をした上で予約して頂けると幸いです。


案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 

---------------------

☆アーリントンCの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
--------------------
【土曜重賞OP予想/自信度は[A-B-B´-C水準-D-E]の6段階】
阪神11RアーリントンC(自信度C)
[印]

◎(穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
▽ヒルノマゼラン

[見解]
過去数年の阪神の春開幕週は概ね内有利馬場になっており、今年もその傾向を踏襲する可能性が高いはず。
過去のアーリントンCでもとにかく前に行く馬の好走が目立っている。

それも重視すると、内目の枠に入った強い逃げ系馬◎○○○○○の粘り込みが有望だ。
コノ馬の前走は実はなかなかのHレベル戦。そこで最後まで控える(抑える)形で明らかにチグハグな追走となっており、最後には渋化馬場も気にしていたとのコトだが、全く不完全燃焼だった印象。
その前の前々走には途中から抑えるのを止めてからはスムーズな競馬で、決して楽ではないペースでかなりの粘り腰を発揮…これが真の姿だろう。
過去好走時の騎手に戻る今回は前走の二の舞はないだろうし、上記した通りに有利なバイアスも見込める大チャンスである。

レインボーラインとレオナルドは、前走シンザン記念では内有利馬場を利しての善戦。
ボールライトニングは距離マイル以上の適性は疑問。
ダンツプリウスはこれまで好走してきたレースレベルに疑問。
アーバンキッドは外目の枠の出遅れ差し馬でどうかと、TMSも良くはない。
ロワアブソリューは現状では馬が若過ぎる…ハナなら違うだろうが、そうでない限りはリスキー。
オデュッセウスは弱い馬ではないが、距離マイル延長が壁になりそうなのと、大外枠は残念。
最も無難な人気馬はヒルノマゼランだろう。

[買い方]
当欄は予想の意図(本命馬に賭ける比重・相手馬の位置付けetc.)をより伝わり易く示す為の場です。丸乗りして貰う為の買い目では一切ありませんので、ご自身の予想と組み合わせる形で参考にして頂ければ幸いです。
本線順に…複勝>単勝>ワイド>>馬連

--------------------
☆アーリントンCの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版


--------------------

☆阪急杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
--------------------
【阪急杯の有力馬診断(後篇)〜短距離馬でも必ずしも活路が短距離路線ではない?レッツゴードンキ〜】
※印は「★(激走候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
△レッツゴードンキ(岩田)
実は短マイラー説には概ね賛同するが、今春の短距離路線が活路かと言えば半信半疑。
距離長めのオークスと秋華賞で惨敗を喫しているが、それは距離が長かった分で失速したというよりも、何よりも全く道中からスムーズに競馬できていない点だろう。
それを解決する最大の一手は逃げ(ハナに立つ)…それはあんな超スローペースでも完璧に競馬できた桜花賞が証明ではないだろうか。
マイルのペースだった秋華賞でもダメだったから、ペース云々で折り合える(距離1400のペースなら折り合える)…だとは100%そうであるかは?
前走マイルCS6着は、距離短縮が良かったのか、またはハナに立ったから良かったのか・・・もし後者ならば、よりハナを奪うのが難しくなる今回は未知な面も少なからず。


―タガノブルグ(秋山)
前走東京新聞杯は久しくの距離マイルのペース(それも超スローペース)でスムーズさを欠いた。
前走までは適距離1400に使われたものの、近5走中4走が不得手な雨馬場という不運。
[距離1400]の[良馬場]はベスト条件だが、もう一つ[平坦コース]でないと強敵相手には大変そう。


△ダノンシャーク(ヴェロン)
陣営も当舞台適性が低いのは百も承知で、それにも関わらず毎年ココに参戦するワケは…今春の大目標の安田記念を叩き3戦目で迎える為の始動戦はココしかないからの一点だろう。


★○○○○○○(←阪急杯の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走は距離延長を懸念して、気持ちが入り過ぎないような調整(オール馬なり調教)をされたとのコト。
その結果として、鞍上も敗因として挙げていたが馬体重プラスで重目残りとなってしまい、力を出せずに大敗を喫した。
今回は前走の敗因の背景である距離を元に戻して、1週前追い切りもキチンと一杯にやられており、前走の二の舞とはならないだろう状況・・・ズバリ一変の魅力大と読む!


―マイネルエテルネル(フォーリー)
冬場よりも夏場の方が走れるタイプ。
3走前は雨馬場の恩恵も、前々走は開幕週で1枠1番からの競馬で、前走は10頭立て5着。
能力的に厳しそうで、せめて一雨ないと…。


△ニシノビークイック(国分恭)
究極の阪神1400巧者!
阪神1400では[1-2-2-1-1-0]でオール掲示板内で、それまでにどんなに走れていなくても当舞台に戻ってくればシレっと上位に走ってくる。
前回の当舞台4着激走にしても、その前は4走連続の二桁着順からの激変だった。
それにしても今回ばかりは流石に厳しい相手関係だと思うが、不運過ぎる6走連続外枠(特に3走連続大外枠)からの極端な内枠替わりまであれば…僅かな可能性が。


△ミッキーアイル(松山)
コノ馬はストレートに逃げる競馬をした時には[6-0-0-0-1]で、無理なペースだった安田記念を除けば全勝。
逃げない競馬をした時には8戦全敗である。
音無師曰く「もう絶対に逃げさせたくない」との強い意志から、かなり長い時間を費やして徹底して前に馬を置いて差す競馬を習得しようとの教育を施してきたが、もうスプリンターズSの頃には既に逃げない競馬の徹底は撤回した様で、遂に今回は「逃げ宣言」まで。
逃げてOKだった近2走も距離や相手関係の問題もあって逃げられずにスムーズさを欠く面もあって敗戦を喫しており、ココも他馬との兼ね合い次第ではあるが、距離延長1400で驚異の[6-0-0-1]の迷いない逃げを打てれば強さ発揮のシーンが見えてくる。
コノ馬の場合には休み明けローテは寧ろプラスである。


--------------------
☆阪急杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「土曜予想」を金曜昼過ぎに更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『
メルマガPC版メルマガ携帯版


☆コチラにほんブログ村 競馬ブログへもたま〜に応援のクリックを宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

☆阪急杯の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
--------------------
☆ピックアップ競馬場[中山芝&阪神芝]の馬場考察
≪阪神芝≫
過去3年共にこの春開幕週は内有利馬場だった。
年ごとに多少の前後ズレはあるが、総じて開催前半は内の方が有利な馬場、開催中盤にはイーブンとなり、4月から桜花賞が行われる頃には内よりも外が有利な状況になるパターンが典型である。

≪中山芝≫
1月Cコース開催の後のAコース開催で、内側はグリーンベルト状態。
阪神ほど極端ではないものの、中山芝で1年の内で最も内有利になる可能性が高いのがこの春開催の開幕週である。
3年前の開幕週は内有利、一昨年は2週目までやや内の方が有利な馬場、去年も2週目までは内有利な馬場だった。
昨年にしても開催初期こそ差しが決まるという傾向を生むエアレーション作業は行われていたが、それ以上にグリーンベルト効果があるというコトだろう。

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[京都11R(1600万下)] 10着サンブルエミューズ
前々走まで渋化馬場では1人気4着と1人気13着の通り、こういう馬場を不得手としている馬。
前走も渋化馬場を苦にしてバランスを崩して追えずにもなるなど敗因明確。
今回も雨を嫌って1週スライドしての出走もまたも雨馬場で…こうなると結果は一つで、四位Jが無理せずに回って来てのシンガリ負け。
その前の良馬場では5走連続で掲示板内に走っている実力馬で、次の引退レースが良馬場なら最後の一花ある。

[小倉6R(500万下)] 17着ニナフェアリー
過去の渋化馬場時は18着と17着の通り、こういう馬場を極端に不得手としている馬。
今回は雨を嫌って1週スライドしての出走もまたも雨馬場で…テンから終始一杯一杯の追走で、到底まともにレースできずの大敗だ。
前々走は0.1秒差で、前走は外差し決着を最内逃げ&斤量不利で0.3秒差で、良馬場なら通用が計算できる馬。
良馬場替わりで一変ある。

[小倉10R(500万下)] 2着ラウレアブルーム
これで右回りでは8戦して3着内が7度(唯一の馬券外も前残り展開を上がり最速競馬で5着)、左回りでは6戦連続5着以下。
前々走はダートで度外視できるが、前走も3走前も左回りで直線モタれて伸び切れずの競馬だった。
この陣営だけに懲りずに次開催の中京を使うだろう…狙いはその次に右回りで、だ。

--------------------
☆阪急杯の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→究極の阪神1400巧者!
阪神1400では[1-2-2-1-1-0]でオール掲示板内で、それまでにどんなに走れていなくても当舞台に戻ってくればシレっと上位に走ってくる。
前回の当舞台4着激走にしても、その前は4走連続の二桁着順からの激変だった。
それにしても今回ばかりは流石に厳しい相手関係だと思うが、不運過ぎる6走連続外枠(特に3走連続大外枠)からの極端な内枠替わりまであれば…僅かな可能性が。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!
 応援の意味でも 上のリンク(ボタン)↑ をワンクリックして頂けると幸いですm(__)m
--------------------
☆次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『
メルマガPC版メルマガ携帯版


☆コチラにほんブログ村 競馬ブログへもたま〜に応援のクリックを宜しくお願い致しますm(__)m
--------------------

☆阪急杯の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガPC版携帯版』に是非とも登録を!
--------------------
【阪急杯の有力馬診断(前篇)〜正真正銘のメイチ仕上げでラスト重賞を飾った松田博師、それに続きたい橋口厩舎だが[実質的に息子の仕切り]で[近4ヶ月で僅か1勝]で…〜】
※印は「★(激走候補)〜△(紐候補)〜―(無印予定)」の意味です
△ミッキーラブソング(小牧太)
この週で定年引退する橋口師のラスト重賞。
先週小倉大賞典では松田博師(アルバートドック)がラスト重賞を勝利で飾ったが、その裏にはこれまでに見たコトがないような熱心過ぎる攻め過程(これぞメイチ仕上げ)があった。
それに対してコノ馬の場合にはであるが、そもそも橋口弘次郎調教師は体調を崩して昨秋からはあまり表に出て来られない状況で、3月から厩舎を引き継ぐだろう息子の橋口慎介調教師が実質的に仕切っている。
その昨年12月以降は僅か1勝(年間30勝厩舎が3ヶ月で1勝)という厩舎状態で、様々な思惑や仕上げを主な根拠に推すのには心許ない。
前走京都金杯は恒例の正月京都開催の内有利状況に乗じてのモノで、能力的にも僅かに劣りそう。


△カオスモス
阪神芝では3戦3連対。
距離1400では6戦5好走。
これまで何故か未出走だが、阪神1400が如何にも合いそうなタイプである。
もし万全のデキで出走ならば要警戒。


△エールブリーズ(藤岡康)
前走関屋記念では、馬が躊躇したとのことだが、直線で最内を突き切れずに、結果的に外まで持ち出すロスで大きく着順を下げて、その後は他馬と同じ脚色が残っていた。コレは少し競馬の仕方が違えば、全然違う着順に持ってこれていた可能性も。
その関屋記念と真逆に近いレースだった中京記念では4着。それが何を意味するのかと言えば…適性的に関屋記念凡走は止む無しで、中京記念の様なレースへの適性の持ち主なのだと。
個人的にはかなり買っている一頭だが、今回は脚部不安明けというのと、今となっては距離1400よりもマイル戦(非スロー)の方が良い気がする。


△ケントオー(和田)
近5連続好走は全てスローで、特にスローで後方で脚を溜める競馬だった前走が出色の末脚。
それとは少々趣が異なる阪神1400のHラップ戦でどうだろうか。


○○○○○○(←の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走は同日裏で施行されていた適鞍を蹴っての△△△レース参戦だったが、それには当初からコノ適性が見込まれていたという背景もあった模様。
結果としてはその通りで、雨上がりで内から乾いていく段階の馬場を外から追い込んで、断然1人気馬と0.1秒差ならば十分なパフォーマンスだ。
前走は久しくの距離1200で置かれる競馬となったのは計算通りの試走という意味合いも強い一戦で、いよいよ本質的な適性だろう距離1400以上に使われる今回は楽しみな局面に!


―サカジロロイヤル(国分優)
前走オパールSは、行きたい馬が揃いに揃って、その中で行きたかったが行き切れずに大敗まで繋がった形。
OP昇級後の好走は[スンナリ逃げ]と[スローペース先行]の形。スンナリと楽に行けた時のみ強いという馬で、相手が強いレースでは無理で大きく負けるが、逆に相手が弱くなると途端に変わり身を見せられる可能性を秘めているタイプと言えよう・・・今回はそれは難しい相手関係。


―マイネルアウラート(丸山)
前走東京新聞杯は完全に行った行ったの展開で、スマートレイアーに次ぐ好スタートから、自然に取れた好位置からそのまま雪崩れ込んだだけ。
3着でも9着と同一タイムの横一線の入線、単純に4着〜9着の6頭よりは弱い競馬(弱い馬)だろう。
ここで通用はしないだろうし、冬馬の賞味期限もすぐそこまで。

--------------------
☆阪急杯の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「先週の重賞OPレース等からの次走[穴激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します!

☆完全無料メルマガに是非とも登録を!
メルマガでは「週末には最終予想」&「平日には限定コンテンツ」を配信しています。
登録すればメール受信だけで「最速で!確実に!楽々と!無料で!」当予想をゲットできるので絶対オススメです!

登録はコチラから⇒『メルマガPC版メルマガ携帯版


--------------------

☆フェブラリーSの爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆週末には最終予想&平日には限定コンテンツを配信中の『完全無料メルマガ
PC版携帯版)』に是非とも登録を!
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(人気ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
--------------------
【日曜重賞OP予想/自信度は[A-B-B´-C水準-D-E]の6段階】
東京11RフェブラリーS(自信度D)
[印]

◎(二桁人気!爆穴本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
▲タガノトネール
△ノンコノユメ


[見解]
◎(爆穴本命馬)の見解
土曜レース後の大雨(約40ミリ)の影響で重馬場(高速馬場)が見込めそうな当日の馬場状態。
こういう馬場に高い適性を持っているのが今回の本命馬〇〇〇〇〇で、実際に中央ダートでは稍重[2-0-0-0]・重不良[2-0-1-0]という抜群の良績を誇っている。
直近の激走歴である3走前もレコードが出る超高速馬場だった。
その3走前は前に位置した馬に厳しい展開を粘り込む強い競馬をしており、全盛期は過ぎたとはいえども過去G1馬としての最低限の能力についてはギリギリで保っていると見ている。
それにしては近2走は全く走れていないが、共に前に馬が入ると気難しさを出したりなど、肉体的な面よりも精神的な面による敗因もありそう。
そこから復活があるのかどうかは断定は難しいが、つい3ヶ月前までは走れていたワケだし、近2走とは違う好枠外枠からの競馬なら変わる余地あるし、何と言っても完全に見限られた超人気薄に留まる今回…一番穴を狙うならばコレだ!

▲タガノトネールの見解
距離マイル、東京ダートマイルならの魅力を秘めているのがコレ。
3走前は距離マイルのG1レースで好走。
前々走は距離マイルのHレベルレースで好走。今回2人気に推されるモーニンに対しても、2キロも重い斤量を背負いながらも離して勝っている。
前走は非マイルのトライアルレースで、いかにも叩き台というレース振りの敗戦だった。
過去の好走歴を振り返っても、Hペースの厳しい流れを前々で凌ぐ形ばかりで、前走は適性外のレースだっただろうし、今回G1戦のタフな戦いで良さを出せるタイプであるか。
その前走敗戦だけで一気に人気落ち、尚且つ条件好転という今回は妙味大の場面と見る。

△ノンコノユメの見解
基本的に圧倒的に古馬に分があるダート王道路線G1(チャンピオンズC)で、3歳馬の立場で好走するという価値はかなり・・・である。
確かに前崩れの展開面やコースロスない立ち回りは見た目には有利にも映ったが、ノンコノユメ自身にとってはそれは本領発揮のシチュエーションでなかったのもまた事実。
コノ馬が大外一気策を採用してきた理由は、他馬を気にする面があって馬を前に置く形では×だから。
その上で、初めて大外一気ではない形での好走は進境を示すモノではあるが、そういう窮屈な競馬をしたせいで「レース後も息はフーッともいっていない」という調教師のコメントの通り決して全力は出していない・・・それでいてアノ好結果を残せる能力上位馬という見方をすべき。
前回とは違う迷いない戦法で挑むという今回、コレが存分に末脚発揮して差し切りという結果が最もシックリくる。

[買い目]
当欄は予想の意図(本命馬に賭ける比重・相手馬の位置付けetc.)をより伝わり易く示す為の場です。
本年もG1では具体的な買い目付きでやりますが、申し訳ないですがそうだとしても、読者様に儲けて貰う為・配当を追求する為の買い目作成は一切しませんので、あくまでもご自身の予想と組み合わせる形で参考にして頂ければと思います。
(例えば今回のケースでも、爆穴◎の三連複合成オッズは21倍で、複勝の場合にはそれよりも遥かに損なオッズになっています。なので、配当が欲しい人にはもっと儲かる馬券券種は幾らでも存在していますし、その目的ではないココでは損は承知で複勝をメインに据えさせて頂きます。)

複勝◎(60%)、ワイド◎-▲(3%),◎-△(15%),▲-△(15%)、馬連◎-▲(1%),◎-△(3%),▲-△(3%)

--------------------
☆フェブラリーSの大穴推奨馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!


☆有料メルマガ(1週500円台・週5長文配信)会員を募集予定(3月〜4月)
有料メルマガ(特別版)では無料ブログの2倍の情報量・予想量を配信しています
価格は業界的にはかなり割安な1週500円台です
具体的な配信内容は「週末予想号2通(ブログ予想以外に平均1週4〜5レース分)+回顧号2通(平場回顧&重賞回顧)+特集号1通(第2重賞の有力馬診断など週替わり内容)」で週5通です
もし僅かでも興味を持って頂けるのでしたら是非とも今の内に案内送付予約をオススメ致しますm(__)m
有料メルマガ(特別版)の更なる詳細はコチラの記事に、とりあえず案内送付予約は以下のフォームに希望メールアドレスのみを入力するだけで完了です。
※目的外の広告メール配信などは一切しませんのでご安心下さい。
※私からの配信「keiba@dream.jp」「sguw125@gmail.com」を受け取れるよう、PCメール受信許可などの受信設定の確認をした上で予約して頂けると幸いです。

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 

---------------------

↑このページのトップヘ