考えるヒント(競馬ブログ)

今週は「 2019 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に10年目突入・livedoor競馬ブログアクセス数1万中1位など日本有数の閲覧者数・客観的な公開実績数字が何よりの証明の“ガチ業界トップクラス実績” ・競馬予想界の人間でも事実殆どは勝てないという世界で全年通算プラス回収率継続中≫

2019年02月

☆オーシャンSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------


【オーシャンSの有力馬診断(後篇)〜[ナックビーナス]G1でもOP特別でも0.1秒差負けが定位置キャラ/芝1200で内の競馬なら過去“9の9”パーフェクト(中外なら9の4)〜】

jo;jo;
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▲ダイメイフジ牡5○○56森田(栗東)
まずは5走前中京記念11着時の有力馬診断見解を参照↓
『前走CBC賞はデムーロ騎乗も1人気11着大敗…それの敗因としては距離不足と季節面が指摘されていました。
そこから中2週でのマイル重賞転戦は…更に猛暑気候で大丈夫なのかと思えますし、また折り合い面も鍵になってくる馬ですので距離適性が仮に1200よりも1600としても2F延長ローテは簡単ではないでしょう。』

・・・
その昨夏中京記念ではやはりと言うべきか、折り合い面で難しい所を見せていましたし、あとは距離の壁か夏場連戦もあったかで及ばずの結果に。

そこから間隔を空けて良績季節を迎えた昨秋以降は、初戦京阪杯こそ不利もあって大敗を喫したものの、2戦目ラピスラズリSで一変1着。
3走前阪神カップは4着健闘で、2走前淀短距離Sは距離不足と内不利馬場もあっての小差敗戦。
そして迎えた先週阪急杯は不可解な大敗…。

ただ、コノ馬はその様なポカは割とある馬で、実際に二桁着順大敗後の連戦ローテでの巻き返し激走例は3度もあって、内2度は中1週&連闘という今回と似た様な過程でです。

能力は足りていて、良績あるローテで、良績ある距離短縮臨戦過程で…穴っぽさは十分あります。


△ダイメイプリンセス牝6Mデムー54森田(栗東)
コノ馬は夏場(6,7,8月)に良績が集中する夏馬で、毎年の様に冬場に戦績を落として夏にピークを迎えるという戦績推移になっています。
--------------------
夏6,7,8月[3-1-1-2]
夏前後5,9月[3-0-0-2]
それ以外[0-1-0-10]
---------------------
実際に今期復帰戦前走シルクロードSでは前回シーズンよりも明らかに調教で動けておらずで敗戦。
1月→3月の季節進行で調教良化を見せてくれれば買いたいですが。


▽ラブカンプー牝4三浦54森田(栗東)
森田厩舎2頭(3頭)出しで、これまで主戦騎手を務めていたデムーロ騎手はダイメイプリンセスに騎乗で、コチラにはテン乗り三浦騎手騎乗。
森田厩舎とデムーロ騎手の間には強力な繋がりがある関係ですので、普通に考えればより勝負になる方にデムーロ騎手を配して、より半信半疑の方に別騎手を宛がったという采配でしょう。


―カイザーメランジェ牡4田辺56中野栄(美浦)
前走サンライズSは低レベル戦とルメール騎乗もあっての楽勝…その限りではまだ重賞相手関係では厳しい。


▽エスティタート牝6浜中54松永幹(栗東)
前走シルクロードSはセイウンコウセイが初ブリンカーもあって抑えが利かずの暴走逃げ…京都芝千二での前半3F33.3は文句無しのHペースで、それも時計掛かる馬場ならば超Hペースと言って良い水準で。
その結果として先行勢は壊滅で、またそれによって直線スムーズさを欠く馬も続出で、更には馬場のやや外有利化もあって外枠差し勢ばかりが上位入線する結果に…その展開利且つ馬場バイアス利がエスティタート2着を生み出しました。
それも含めて近2走は時計掛かる芝だった直近京都芝で、そこから高速馬場中山芝替わりはマイナスで…ただし天気予報がズレて当日降雨にでもなってまともな渋化馬場になるならば評価一転させる必要アリです。


★ナックビーナス牝6大野54杉浦(美浦)
まずは前走カーバンクルS後の次走チェック馬見解を参照↓
『毎度書いています様に、コノ馬は非内(非イン)の競馬をするとすぐ気を抜きがちで力を出し切るコトが難しくて、それ故に“芝1200にて内(イン)で競馬をすれば過去パーフェクト成績(9の9)”になっています。
2走前スプリンターズSは外の競馬で不完全燃焼…前走はダートで度外視級敗戦…今回は大外枠からの競馬で最後は頭が上がって前を捉えられずの2着。
いい感じで人気を落とす近況になっていると思いますが、それらは全て本領発揮の競馬ではありませんので…(昨年は対抗評価止まりでしたが)今年も高松宮記念で穴で買えるのが楽しみです。』

・・・
できることならば、ここでは外枠を引いての非激走で、より妙味ある状態で高松宮記念を迎えて欲しいというのが本音。
今回買うならば近2年で非逃げでは勝てておらず2着3着量産の惜敗キャラを生かした組み入れ方をしたい。

★○○○○○○(←オーシャンSの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走シルクロードSはセイウンコウセイが初ブリンカーもあって抑えが利かずの暴走逃げ…京都芝千二での前半3F33.3は文句無しのHペースで、それも時計掛かる馬場ならば超Hペースと言って良い水準で。
その結果として先行勢は壊滅で、またそれによって直線スムーズさを欠く馬も続出で、更には馬場のやや外有利化もあって外枠差し勢ばかりが上位入線する結果に…その展開利且つ馬場バイアス利が〇〇〇〇〇の激走を生み出しました。
それも含めて近2走は時計掛かる芝だった直近京都芝で、そこから高速馬場中山芝替わりはマイナスで…なので良馬場ならば紐以下予定なのですが、予報が少しズレて雨中競馬となるならば一気に本命候補にまでなってくるタフ馬場巧者です。

--------------------
☆オーシャンSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆オーシャンSの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

中山…土日共にイーブン/A
阪神…土日共にイーブン/B
小倉…土日共にやや内有利/C

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA
阪神…2週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
小倉…4週目/Bコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はC

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
2/9  D東京2~イ=イ(B) B京都イ~3(E)    A小倉イ(D=E)
2/16 D東京イ(B)    B京都3~イ(D)     A小倉イ(C)
2/23 A中山イ(A)    A阪神イ(B)      B小倉2~イ(C)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
2/10 D東2~イ=イ(B) B京イ3=3~イ(DF=F) A小2=イ(BC=B)
2/17 D東京イ(B)   B京都3~イ=3(D)  A小倉イ(B)
2/24 A中山イ(B)     A阪神イ(B)  B小倉イ(B)
3/3 A中山イ(C)     A阪神イ(B)  B小倉イ(B)
3/10 A中山イ(DC=C)  A阪神イ(B)  A中京2~イ=イ(D=C)
3/17 A中山イ=3~イ(C) A阪神イ(B)  A中京2~イ=イ(D=C)
3/24 A中山イ(C)     A阪神2=イ~2(B) B中京イ(D)
※表の見方&過去4年分データベース(完全版限定)はコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(R印3欄…C以上[高水準以上]-CD[水準超]/D[水準(以下)]/DE[低水準]-E[最低水準])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利戦、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

srjdtfkui

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中の平場回顧(チェック馬リスト)内からのサンプル抜粋提供になります)
[土曜小倉12R(500万下)] 10着メイショウサンアイ


[土曜中山11R(1600万下)] 7着ニシオボヌール

距離千二では毎度1分9秒前後で走れており、高速決着になると必然的に着順を落として、逆に低速決着になると相対的に着順を上げるというのがこの馬の近況である。
現級での唯一好走歴は不良馬場での1分12秒台の超低速決着で、2走前4着善戦も今回と同時計で走っての結果だった。
近2走はコノ馬の領域よりも1秒近く速い決着で、またスムーズな競馬もできておらずの敗戦。
並みの馬場ならば足りない馬場だが、末期馬場や渋化馬場などでまともに時計掛かりそうな局面ではチャンスが見出せてくる馬だ。

--------------------
☆オーシャンSの穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→4走前に当地OP特別好走で、3走前に重賞4着健闘という実績通用級馬。
2走前は内不利馬場もあっての小差敗戦で、前走は不可解としか言いようが無い大敗…。

ただ、コノ馬はその様なポカは割とある馬で、実際に二桁着順大敗後の即巻き返し激走例は3度もあって、内2度は中1週&連闘という今回と似た様な臨戦過程で、内2度は距離短縮という今回と同じ距離変更ローテです…コレの激変劇は是非ともマークしたいです。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------

☆オーシャンSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
【オーシャンSの有力馬診断(前篇)〜[ペイシャフェリシタ]芝では位置取りゲームでしか来ないミナリクJ(芝2番手以内[複勝率32%]⇔3番手以下[複勝率7.6%/複回値29%])〜】
jo;jo;
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ペイシャフェリシタ牝6ミナリク54高木登(美浦)

お馴染みの「芝では“位置取りゲーム”以外用無しミナリクJ」
先週も芝での唯一激走はスローペース番手競馬の展開利で、差し競馬では人気馬を飛ばすなど全滅。

出遅れ率も高いし捌けないし仕掛け所もイマイチだし…この騎手には芝では結果残ってしまったという競馬以外に期待できるコトはありませんので。


―アドマイヤゴッド牡7○○56須貝尚(栗東)
昨年唯一のプチ激走の5走前函館SSは、外枠でも岩田Jらしい騎乗で上手いこと内から捌いての4着。
それみたく内で脚を溜めて気を抜かさない競馬ができれば上位進出の可能性が出て来ますが、それは5走前みたく詰まり凡走とも表裏一体のハイリスク戦法。
2走前タンザナイトSの大外枠競馬敗戦・前走阪急杯の距離千四敗戦は共に度外視できますが、理想内枠競馬でもフルゲート多頭数戦では嵌まる可能性は極めて低いので…。


▽エントリーチケット牝5柴田大54宮(栗東)
揉まれ弱い馬。
前々走タンザナイトSは内枠も和田Jの好誘導により好走1着、前走淀短距離Sは大外枠から外枠有利バイアスにも乗っての善戦4着。
それは同じOP特別で着順を落とした様に見えるかも知れませんが、斤量差と相手関係を踏まえれば同等に走ったという結果でした(タンザナイトSは低レベル戦)。
そういう恵まれる競馬でOP特別好走級…鞍上交代も含めて枠順が恵まれない限りはやや厳しい。


―レジーナフォルテ牝5戸崎54佐藤吉(美浦)
これも揉まれ弱い馬。
前走カーバンクルSは最内枠からの先行競馬での好走でしたが、それに味を占めて(頭数揃って先行勢も強力になっても)揉まれ好き戸崎Jなりの競馬をされてしまうと一気に逆噴射も有り得そう。


―ショウナンアンセム牡6津村56田中剛(美浦)
折り合い鍵馬で、OP昇級後の2好走善戦は共にスンナリ逃げの手で、それが叶わないと一気に崩れるというの近況。
今回は距離短縮ペースでそれを解決させようという算段なのでしょうが、十分Hペースでも2番手競馬で自滅した前々走ニューイヤーSを見る限りでは上手く行くとは??


▽ナインテイルズ牡8石橋脩56中村(栗東)
3走前京阪杯と2走前淀短距離Sとバイアスに恵まれる競馬だったのがナインテイルズ。
京阪杯は2着以下は横一線の入線で、岩田騎手がポッカリと空いた最内を掬っての激走。コース中程は各馬殺到でゴチャ付く状況でしたので、ナインテイルズは鞍上技有り騎乗が何よりの好走要因と言って良いでしょう。
淀短距離SもHペース且つ外有利馬場での外差し一気での僅差勝利。
逆に前走シルクロードSは情状酌量できるバイアス不利最内枠敗戦でしたが、そこまで能力評価はできません。


―スノードラゴン牡11内田博57高木登(美浦)
一昨年スプリンターズSでは最内枠最内競馬がド嵌まりしての最低人気4着激走ありましたが、その一つを除けばこの3年間は芝では足りずにダート消耗競馬でたまに好走という近況。
直近好走歴である3走前は門別ダートで1分13秒という超低速時計での好走。
余程の渋化馬場にならない限りは芝で2年超振りの好走というシーンは想像できないですが…。

★○○○○○○(←オーシャンSの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
毎度書いています様に、コノ馬は非内(非イン)の競馬をするとすぐ気を抜きがちで力を出し切るコトが難しくて、それ故に“芝1200にて内(イン)で競馬をすれば過去パーフェクト成績(9の9)”になっています。
3走前は外の競馬で不完全燃焼…2走前はダートで度外視級敗戦…前走は大外枠からの競馬で最後は頭が上がって前を捉えられずの2着。
できることならば、ここでは外枠を引いての非激走で、より妙味ある状態で高松宮記念を迎えて欲しいというのが本音ですが…もし内目枠順を引けば素直に買うしかありません。

--------------------
☆オーシャンSの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

☆チューリップ賞の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------
☆先週予想結果(※包み隠さず全予想の公明正大な結果報告です)とレビュー
◎推奨馬:中山記念ウインB5人1着(本命→無→対抗/買い目ワ1点4.2倍&単1点7.0倍的中/連3点不的中)・7人2着・阪急杯スターオブP6人9着・10人17着・1人5着
バツ2馬:23の7(単複マイナス)
Hレベル馬:3の2(単複プラス)
〜〜〜〜〜
先週の一枚(仁川Sの“締切時間前”の購入馬券ツイート)

ツイートの為に締切間際より少し前に購入したので、結果的には[複勝配当2.4倍/ワイド合成2.4倍・三連複合成2.4倍]となり、意味無しというか寧ろ券種失敗したワケですが…単勝⇔馬単合成の方は最終的にも20%近いオッズ乖離がありました。
この様に同義の別券種を買う戦略を採るだけで回収率は1割はゆうに変動してくるのです…なので、買い目のニュアンスは伝えられても、最終的に買うべき購入馬券を確定的に提示するのは中々・・・となります。


☆チューリップ賞のMY馬柱
grhdtyfgui

☆先週重賞[小倉大賞典]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
10着マイスタイル
まずは前走京都金杯時の予想文を参照↓
『前走の敗因は田中勝春Jのペースメイク一択…もちろんそれは田中勝春Jの意図というよりはそれだけ難しい馬というのが根本でしょうが、それでも近3走中2走で失敗しているのは鞍上の問題も避けて通れない話でしょう。
今回は鞍上交代ではなく距離短縮で立て直そうとの魂胆での京都金杯参戦…それが良い方向に転びさえすればココでも通用し得る馬だけに、妙味有りの一頭と見ました。』

・・・
前走は距離短縮マイルが功を奏しての激走。
そのレース後には「この先もマイル路線を突き進むのであれば常に重賞好走計算ができるはずで、またしても中距離路線に行くようだと常に危うさが付き纏う存在」とも書きましたが、今回は距離延長千八の非Hペース条件ではまたも鞍上のボーンヘッドを呼び込む形での大敗劇。
マルターズアポジー逃げなどからHペースを読んでの中団競馬だったと思いますが、結果的には見込んだペースでないのに位置取りありきの競馬を無理に強いたが為の自滅劇。

これでOP昇級後5戦中3戦で駄騎乗(それを起こさせる馬の難しさが根本ではありますが…)による敗戦馬です。
この先も乗り替わりがないとしたら、やはり手っ取り早いのは距離短縮路線起用でしょう…それ以外だと中々信頼し辛い状況です。
ただ、とりあえずは今回中団競馬をしたのは次走に生きてくるはずなので…乗り易くなるはずの次走は[駄騎乗凡走→並騎乗好走]が見込める局面として買いではないかと。

--------------------
☆チューリップ賞の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→この週初記事にて独自設定パフォーマンスレベル(PL)最上位馬として推奨した馬は、18年は勝ち馬率45%・馬券内率80%・単複回収率100%超を記録しました(この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですが、それでも並の1人気よりも優秀な数字というのは価値があると思います)。
私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでもコレは少なくとも相手馬目線では素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきだろうとも。
今回レースに於いても、近走PL最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を深夜24時に更新します!

--------------------

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中
--------------------

【ブログ重賞OP予想】
阪神11R阪急杯(勝負度★★or★)
[印]
◎6スターオブペルシャ
△5ラインスピリット

[見解]

68いお
(※本命馬の当日馬体重がプラマイゼロ以下なら★★、馬体重がプラスなら★、まさかの馬体重が二桁プラスなら本命対抗入れ替え)

阪急杯の基本は内有利(内枠有利)。
昨年は外枠馬のワンツーでしたが、それにしても外枠から楽に逃げという内の競馬ができたダイアナヘイロー&力が違ったモズアスコットによる決着で、それ以下には力の足りない内枠勢がこぞって上位入線していました。
特に同舞台の阪神カップで内枠好走した2頭ダイアナヘイロー&ミスターメロディが外枠に追いやられたコトからも、内枠の利にこそ妙味が眠っていると見たいです。

よって、好枠内枠馬で、尚且つそれを利するコトができる馬として〇〇〇〇〇&ラインスピリットの2頭推奨という結論です。

ラインスピリットの近2走連続凡走については、G1激走の反動もあってか、単純に状態面が整っていなかったのが第一の敗因と見ています。
調教の動きからは一変とまでは言えないのですが良化は窺えますので…腐ってもG1好走馬として状態回復で内枠積極策が打てればの怖さは全然あります。
ゴリゴリのスプリンターではありませんので、この距離千四も存外悪くないのではないかと見ています。

そして本命馬〇〇〇〇〇は、とにもかくにも折り合いが鍵という馬で、昨年は折り合い下手ウチパク騎乗時のみ崩れて、他では5戦5好走という分かり易い戦績になっています。
前走については、その前にオドノヒュー騎手が折り合い無視競馬をした分の後遺症がないか心配していましたが、内枠後方競馬で馬の後ろで落ち着けられるポジショニングが良く、概ね力を出し切れての3着好走でした。
今回もまずポイントは折り合い…その点では再び好枠を引けましたので“昨年5戦5好走”“前走重賞好走”級のパフォーマンスを再度期待して良い場面です。

(週中見解からの整合性として)もう一つ書かねばならない点は仕上がり面についてですが…前走は予定レースを除外されての同厩舎3頭出し出走表明3番目という勝負気配薄の局面でした。そこで力を見せて、年に2回しかないベスト舞台条件重賞に再び挑むというのが今回です。
中間には馬体太い情報もあったのでそこの点は気掛かりなのですが、前走比で考えれば今回の方が瑕疵は無い調教過程&調整過程なので。これで当日馬体重増でなければ大丈夫でしょうという結論としました。

当日どうオッズが動くのか次第ですが、現状だと◎は単複券種だけ過小人気なので《単複◎&△》で買います。

休載【エキストラtwitter予想(厳選漏れ推奨馬&直前推奨馬)※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬[★★以上])
(本日の提供予想…中山記念・平場(レジマグ非対象))
1考えるヒント完全版→☆完全版《1週600円前後で予想・展望・回顧を週5長文配信》のご案内
2競馬予想GP(1日980円)→https://www.keiba-gp.net/website/84/-/-/-/
3レジマグ(1R300円以下)(※オッズ変動防止の為、原則的に“メインレース近辺の予想のみ提供”です)

-------------------
☆阪急杯の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)


続きを読む

〜日曜予想[日曜重賞穴予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]阪急杯の推奨馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→前々走オーロCは休み明け初戦の分もあったのか掛かり追走で、結果的には追い込み決着に巻き込まれる形での負けて強しの範疇の敗戦。

前走阪神カップはガス抜きできた2戦目で、折り合い面も大分マシとなった分で本領発揮となりました…まともに力を出しさえすれば近年最強レベルレベルのNHKマイル好走馬としてこれ位は走れて当然というコトでしょう。

敵は折り合い面とキレ負け…それは表出しないだろう阪神千四条件ならば地力最上位級馬として順当に評価するしかありません。
---------------------------------------------------------------------------

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表《無料公開[小倉後半]分》
●新設部分の見方
1列目(Rメ欄)…「B2=バツ2馬」・「CU=チェック馬」・「CB=バツ2馬兼チェック馬」・「Hレ=唯一の前走Hレベル戦出走のRL注目馬」

(※バツ2馬とは…オリジナル出馬表の骨子としては「レースレベル」と「レースメモ」と「次走注目印(XYZ)」の3点ですが、その「レースメモ」をより活用して頂くべく、「バツ2馬」の提示(機械的抽出)を行います。バツ2馬の定義としては、近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長の馬など)、1レースに多数の該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則除外とします。)

56いおp
えrhちぃ
ちゅいうお
ryついお
56ちゅい「
-------------------
※前半分&他場分は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》の新規購読予約受付中

続きを読む

↑このページのトップヘ