考えるヒント(競馬ブログ)

今週は「 2019 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を追求するブログです】 ≪遂に10年目突入・livedoor競馬ブログアクセス数1万中1位など日本有数の閲覧者数・客観的な公開実績数字が何よりの証明の“ガチ業界トップクラス実績” ・競馬予想界の人間でも事実殆どは勝てないという世界で全年通算プラス回収率継続中≫

2019年04月

※次回のブログ記事更新は水曜日昼12時です
☆NHKマイルCの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆先週の“全提供”予想の結果報告
重賞OP予想:全R5中0的中「青葉キタサン6人4着・スイSレッド8人4着・春天チェスナ10人6着・新大スズカD12人11着・天王オールド5人5着」
平場予想:(土)7頭中7好走+(日)10頭中7好走+(月)8頭中4好走「唯一A推奨ナムラシェパード4人2着・トミケンキルカス8人3着など(他は人気馬的中ばかりですが単複共に完全にプラスなので赤表記です)
(平場は下手に欲を出さずの抽出ルールに忠実なやり様が安定と好結果を生んでいると思いますので、そこは驕らずに不動心の予想でやって参ります。重賞ははタコ負けで申し訳ない限りですが、それでも最近の不的中の半分以上は紙一重には来ていますので、そこは挫けずの予想で次の重賞OP大量8レース施行週に臨みたいと思います。

〜〜〜〜〜
先週の一枚(青葉賞◎キタサンバルカン4着不的中)


☆NHKマイルCのMY馬柱
0k-^

☆先週重賞[マイラーズC]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
7着モズアスコット
まずは予想見解を参照↓
『コノ馬の充実の4歳春シーズン(まで)を思えば、4歳秋シーズンは2着好走したスワンSを含めて“アラアラ”でした。
そのスワンSは色々敗因はあったにせよOP昇級後では最低のパフォーマンスで、マイルCSにしても不利はあったにしても本来の走りでなかったですし、その不調を引きずったままの海外遠征でも惨敗。
元より気性的に難しい面も抱えるフランケル産駒だけに、そこからの立て直しは簡単ではないはずです。実際に陣営からもこの中間から気難しさが出てきたとの談で、それにより太目も残って出てきそうな情勢です。
基本的に初戦から仕上げない傾向ある矢作厩舎の見え見えの叩き台であることからも、飛ぶ可能性が最も高いのはコレと見ます。』

・・・
結果的にはマイラーズCの有力馬診断記事のタイトル「ソウルスターリング・ミスエルテ・シグナライズ…プッツン危惧血統フランケル産駒で初不振からの即立て直しは果たして?」の通りで、右回りや矢作厩舎休み明け云々や展開不利もゼロでは無かったかも知れませんが、何よりも根本にはフランケル産駒としての気性的限界を指摘せざるを得ないです。
上で名前を挙げた馬たちも一度崩れてからはかつての輝きを取り戻せていないワケで…それに準えればモズアスコットのこの先も暗雲が立ち込めていると言わざるを得ません。

--------------------
☆NHKマイルCの◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(6位)で公開中!
《→この週初記事にて独自設定パフォーマンスレベル(PL)最上位馬として推奨した馬は、18年は勝ち馬率45%・馬券内率80%・単複回収率100%超を記録しました(この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですが、それでも並の1人気よりも優秀な数字というのは価値があると思います)。
私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでもコレは少なくとも相手馬目線では素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきだろうとも。
今回レースに於いても、近走PL最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を火曜昼~夕方に更新します!

-------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]天王山S/[2]全8頭)
[1重賞OP]note(1R325円前後)>レジマグ(同左)>競馬予想GP(1日980円)noteはコチラ

[2平場]note(1日750円前後※期間限定提供中※)noteはコチラ

[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信
--------------------

京都11R天王山S(勝負度★★)
この重賞OP予想[完全版分]は、ケンも多用しつつで割かし自信ある予想を回しているワケですが、(4月は1週目に穴連発した以降は)前々回◎パッシングスルー6人4着・前回◎レッドアネモス8人4着など腰の抜ける結果続きで…この天王山Sも四捨五入での★★ではなくて個人的には良い狙いだと思うのですが・・・


【ブログ重賞OP予想】
新潟11R新潟大賞典(勝負度★)
[印]
◎スズカデヴィアス

[見解]

yjyt6j
●ミッキースワローは馬群内での競馬を苦手としている馬…それが最内枠を引いたとなると厳しいですし、横山典J騎乗ならばハイリスクな極端な競馬になりそう。

●ルックトゥワイスは上がり掛かる競馬でパフォーマンス向上の近況で、新潟高速上がり勝負でどうか。大外枠差し馬はあまり恵まれないことが多い。

●クリノヤマトノオーは内枠巧者…痛恨の3連続外枠配置は残念。

●ブラックスピネルは調教時計に好不調がハッキリと表れる馬で…間隔空いた今回は好調時のソレではなかった。

●メートルダールは激走歴は外国人騎手騎乗時が多くて、それと対照的な福永騎手騎乗時にはパフォーマンスを落とすことが結構あって…マーフィーJ騎乗の2走前アメリカJCC3着が際立ちますがそれが騎手の功績として除いて考えるとそこまで大人気に推されるべき様な戦績馬ではなくて・・・。

●エアアンセムは内回り巧者、アストラエンブレムは近走低レベルOP特別連続連対の近況はそこまで秀でてない、アウトライアーズは折り合い鍵でスローペース替わりと外枠は不歓迎、ドレッドノータスは候補の一頭でしたが外枠を引いたのと良化一息模様なので…。

●本命は大穴人気の〇〇〇〇〇〇にしました
昨年小倉大賞典3着後に『直線手前での故障馬接触不利あって、完全に差し遅れる形での滑り込み3着好走。ただ、それが無くとも右回りでは差し遅れる形になりがちという馬』と書きました通り、コノ馬は右回りに難点があるというのと、あとは暑い季節も苦手というのも特徴的。
4走前3走前は上記の敗因があって、2走前G2レースは強力メンバー相手に展開不利で、前走G2レースも強力メンバー相手に後方からの競馬でやむを得ない所も大きい敗戦でした。
今回の非夏場の左回り条件はベスト…新潟二千重賞は内か外か極端な決着になりがちですが、前者の内有利のレースにさえなれば十分好勝負になるはずです。
他の上位人気馬も信頼ならないので《単複》で。

-------------------
☆新潟大賞典の大穴◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

〜日曜予想[日曜重賞穴予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]新潟大賞典の推奨馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→2走前中日新聞杯は先行集団がゴチャ付く難しいレースでの度外視できる敗戦。
前走福島民報杯もHペース捲り競馬で先行勢壊滅展開だけに度外視できる敗戦。
つい3走前にはOP特別勝利を収めている馬で、ドリームキラリ然りの矢作厩舎の休み明け初戦捨てレース後の2戦目での変わり身可能性は拾う必要アリ(春天◎チェスナットコートは不的中でしたが、それでもパフォーマンスとしては大分上げてきてはいました)。
---------------------------------------------------------------------------

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表&平場推奨馬一覧《一部無料公開分》
1列目(注列)…「B2=バツ2馬」「CU=チェック馬」「Hレ=Hレベルレース馬」/「BC=バツ2馬兼チェック馬」「HC=Hレベル馬兼チェック馬」
●バツ2馬=直近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。
ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は提供除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長のケースなど)・1つのレースに少なからずの該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則提供除外・今回メンバーレベルD以上で前走レースレベルDE馬は足切りなど能力不足判断馬は提供除外。
●チェック馬=平場回顧号での次走[激走]要チェック馬リスト馬。ただし、今回レース条件が指定時の想定と違う場合には提供除外(例えば前走芝で次走注目とした馬が今回ダート出走の場合etc.)・能力不足判断馬は提供除外。
●Hレベルレース馬=直近走レースレベルCD以上のHレベル戦で最低限中身ある走りをしていたレースレベル観点からの浮上馬で、尚且つそれが今回レースに於いて“希少(出走馬の中で約1頭)”な存在である場合に指定。


--------------------
※全場分&全推奨馬は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]スイートピーS/[2]全10頭)
[1重賞OP]note(1R325円前後)>レジマグ(同左)>競馬予想GP(1日980円)noteはコチラ

[2平場]note(1日750円前後※期間限定提供中※)noteはコチラ

[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信
--------------------

東京11RスイートピーS(勝負度★★)
ココは近況低迷も条件揃って一発も有り得る穴馬狙いで・・・


【ブログ重賞OP予想】
京都11R天皇賞春(勝負度★)
[印]
◎チェスナットコート
△10フィエールマン
▽2,5,6,7,8,9,12,13


[見解]

ryiy
最も無難に好走する可能性が高いと見るのはフィエールマン
ただし、コノ馬の武器は末脚の良さで、菊花賞こそ外差し有利レースで勝ち切りましたが、そうでなかったAJCC・ラジオNIKKEI賞では共に取りこぼし2着止まりでした。
以下の過去データの通り、天皇賞春というレースは、悠長に構えてからの末脚だけで面倒を見られるレースではありませんので…。
--------------------------------
●天皇賞春4角6番手以下から好走した馬(近10年良馬場時)
18年1着レインボーライン(イン差し)
16年3着シュヴァルグラン(イン差し)
15年2着フェイムゲーム
14年2着ウインバリアシオン
14年3着ホッコーブレーヴ
12年3着ウインバリアシオン
09年3着ドリームジャーニー
--------------------------------

その上で、昨年の天皇賞春についてですが、やはり前目位置取り馬と差し勢からは道中からインを狙っていた馬が上位入線を果たす決着でした。
そんな中で最も外で脚を使う競馬をしていたのが今回本命印を打つ〇〇〇〇〇で、それでの掲示板内結果については評価したいトコロです。
当時騎乗していた蛯名騎手というと京都長丁場得意のイメージもあるかも知れませんが、単純に年間100勝級の活躍をしていた当時と年間30勝クラスに落ちた近2年と同列には扱えないですし、また馬場的にも当時と今とでは変化がありますので…昔も今も変わりなく◎のままとはならないはずです。

また△△厩舎は数を使う方針だけに休み明け初戦からは仕上げない傾向と、また目標レースとそれ以外とではメリハリを付けた仕上げを施す傾向があります。
ザックリと言えば休み明け初戦は叩き台に使ってそこから間隔を詰めて走らせるというコトです…数字で言えば長欠明け初戦はほぼ来ない-その馬の叩き2戦目3戦目の激走率は異常レベルとなっています。
記憶に新しい所では先週オアシスSで激走したドリームキラリは正にソレでしたし、カフジプリンスやモズアスコットもそういう戦歴の歩みです。
コノ馬にしても見え見えの天皇賞春大目標での前走長欠明け初戦大敗馬ですので…本年天皇賞春で一番の穴を狙うならば…レース実績有且つ好枠も引いたコレの一変劇だろうという結論です。

《買い目は三連複◎1頭軸でほぼ総流し…具体的には完全版メルマガ限定とさせて頂きますm(__)m》

-------------------
☆天皇賞春の大穴◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

〜日曜予想[日曜重賞穴予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]天皇賞春の推奨馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→最も無難に好走する可能性が高いと見るのは〇〇〇〇です。
ただし、コノ馬の武器は末脚の良さで、昨年長距離G1レースこそ外差し有利レースで勝ち切りましたが、そうでなかった前走などでは取りこぼし率高めという馬です。
以下の過去データの通り、天皇賞春というレースは、悠長に構えてからの末脚だけで面倒を見られるレースではありませんので…そういう意味では勝ち負けまではどうかですが、馬券内高確馬としてはコレを挙げます。
--------------------------------
●天皇賞春4角6番手以下から好走した馬(近10年良馬場時)
18年1着レインボーライン(イン差し)
16年3着シュヴァルグラン(イン差し)
15年2着フェイムゲーム
14年2着ウインバリアシオン
14年3着ホッコーブレーヴ
12年3着ウインバリアシオン
09年3着ドリームジャーニー
--------------------------------

---------------------------------------------------------------------------

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表&平場推奨馬一覧《一部無料公開分》
1列目(注列)…「B2=バツ2馬」「CU=チェック馬」「Hレ=Hレベルレース馬」/「BC=バツ2馬兼チェック馬」「HC=Hレベル馬兼チェック馬」
●バツ2馬=直近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。
ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は提供除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長のケースなど)・1つのレースに少なからずの該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則提供除外・今回メンバーレベルD以上で前走レースレベルDE馬は足切りなど能力不足判断馬は提供除外。
●チェック馬=平場回顧号での次走[激走]要チェック馬リスト馬。ただし、今回レース条件が指定時の想定と違う場合には提供除外(例えば前走芝で次走注目とした馬が今回ダート出走の場合etc.)・能力不足判断馬は提供除外。
●Hレベルレース馬=直近走レースレベルCD以上のHレベル戦で最低限中身ある走りをしていたレースレベル観点からの浮上馬で、尚且つそれが今回レースに於いて“希少(出走馬の中で約1頭)”な存在である場合に指定。


--------------------
※全場分&全推奨馬は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]施行無し/[2]全7頭)
[1重賞OP]note(1R325円前後)>レジマグ(同左)>競馬予想GP(1日980円)noteはコチラ

[2平場]note(1日750円前後※期間限定提供中※)noteはコチラ

[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信
--------------------


【ブログ重賞OP予想】
東京11R青葉賞(勝負度★)
[印]
◎キタサンバルカン

[見解]

678o
昨年は◎エタリオウ(7人2着)で仕留めた一戦。
ポイントとしてはその昨年も前走Hレベル(レースレベルC)500万下好走馬が2着3着に入りましたが、過去を振り返っても近年だと馬券内に入る2〜3頭は前走条件戦好走馬を占めています(上位独占もザラです)。
本年も前走重賞好走馬が上位人気に推される模様ですが、そのどれもが低レベル戦実績馬ですので、それよりも伸びしろと距離適性見込める前走Hレベル中長距離500万下組から目星を付けたい一戦です。

ウチの独自レースレベルでそれに該当しているのは「ゆりかもめ賞」「2月17日東京7R」「水仙賞」「大寒桜賞」「アザレア賞」の5つあって、それを経由している馬も複数以上居るので絞り込みは難しいですが…最終的には内枠逃げ馬リオンリンと外枠差し馬〇〇〇〇〇の二択で迷いに迷いましたが、差し有利になり易いレース質と渋化馬場から後者に決めました。

コノ馬の近2走は共にHレベル戦で、前々走では忙しい中山二千高速馬場条件での差し遅れ敗戦結果で、前走では前残り展開をジリジリと追い詰めて次元の違う勝ち馬を除けば最先着という好走結果。
ルーラシップ産駒らしく追えば追う程に伸びてくるタイプで、東京二四コース適性・スタミナ問われる青葉賞というレース適性・渋化馬場でのタフ決着適性は何れも上位に取れます…勝ち切れるタイプでは無さそうですが格上挑戦でも体力とバテぬ脚を生かしての複圏内食い込みはあり得る妙味馬と見て推奨します。

-------------------
☆青葉賞の穴◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

↑このページのトップヘ