2019年08月

〜日曜予想[日曜重賞穴予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]新潟記念の推奨馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→前走七夕賞は外目後方有利決着でしたので、その逆の内前で粘れなかった馬に次走巻き返し余地の評価が与えられます。
そこで大分思いっ切り負けてますが、自分の競馬もできず-Hペースにも巻き込まれての致し方無しの敗戦だったコノ馬はその資格有りの巻き返し候補と見ます。
3走前新潟大賞典は外有利馬場でのイン逃げ競馬での善戦…2走前鳴尾記念は開幕週馬場でのスローペース逃げ競馬での激走・・・展開利さえ得られれば重賞好走できるだけの戦績の持ち主です。
また調教時計とパフォーマンスが比例する馬で、それの上向きと共に復調歴然という近況で今回もその限りでは好調持続模様…このハナを切れる組み合わせならば展開一つでの激走候補に。
---------------------------------------------------------------------------

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表&平場推奨馬一覧《一部無料公開分》
1列目(注列)…「B2=バツ2馬」「CU=チェック馬」「Hレ=Hレベルレース馬」/「BC=バツ2馬兼チェック馬」「HC=Hレベル馬兼チェック馬」
●バツ2馬=直近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。
ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は提供除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長のケースなど)・1つのレースに少なからずの該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則提供除外・今回メンバーレベルD以上で前走レースレベルDE馬は足切りなど能力不足判断馬は提供除外。
●チェック馬=平場回顧号での次走[激走]要チェック馬リスト馬。ただし、今回レース条件が指定時の想定と違う場合には提供除外(例えば前走芝で次走注目とした馬が今回ダート出走の場合etc.)・能力不足判断馬は提供除外。
●Hレベルレース馬=直近走レースレベルCD以上のHレベル戦で最低限中身ある走りをしていたレースレベル観点からの浮上馬で、尚且つそれが今回レースに於いて“希少(出走馬の中で約1頭)”な存在である場合に指定。


--------------------
※全場分&全推奨馬は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆札幌2歳ステークスの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

※お知らせ※
勝負度について、重賞OP予想と平場推奨馬で統一して「A→B→C(3段階)」の表記に改めさせて頂きます

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]施行無し/[2]全5頭)
[2平場]note(1日750円前後※期間限定提供中※)noteはコチラ
[1&2]完全版メルマガ(週600円程)→《重賞予想&全平場予想から展望回顧まで全てコミコミの週5配信

【ブログ重賞OP予想】
札幌11R札幌2歳ステークス(勝負度C)
[印]
◎(本命馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!

[見解]

uyij9ok
一昔前の札幌2歳Sが有力素質馬の第一登竜門的な位置付けだった時代は終わり、主に分散化等によってレースレベル低下している近年に於いては相対的に素質の優先度も低下してきている(特に本年の場合には、近年にも増してレースレベルDE級の出身馬の割合が大きくなっており、出走馬全体のレベルは低めだと見積もれる)。
その様な中ででキャリアを積んでいる前走OP特別出走組(特に舐められた人気になる道営所属馬)による雑草魂の走りが、激走結果に繋がるのが最新トレンドです。
4年前も上位人気2頭の他には前走コスモス賞の穴馬が3着に、3年前も前走クローバー賞組の穴馬2頭のワンツー決着に、2年前も人気馬2頭の他には前走クローバー賞の穴馬が3着に、昨年も前走コスモス賞組が2着に…と言った具合です。
本年の場合にも、最多レースキャリアを誇り&前走で強敵相手に僅差競馬でそれなりの地力を有しているコトも証明した〇〇〇〇〇が最も面白い存在となってくるのではないかと見ます。

-------------------
☆札幌2歳ステークスの◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

(※記事最下部は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

--------------------

※秋競馬受付開始※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

続きを読む

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表&平場推奨馬一覧《一部無料公開分》
1列目(注列)…「B2=バツ2馬」「CU=チェック馬」「Hレ=Hレベルレース馬」/「BC=バツ2馬兼チェック馬」「HC=Hレベル馬兼チェック馬」
●バツ2馬=直近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。
ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は提供除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長のケースなど)・1つのレースに少なからずの該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則提供除外・今回メンバーレベルD以上で前走レースレベルDE馬は足切りなど能力不足判断馬は提供除外。
●チェック馬=平場回顧号での次走[激走]要チェック馬リスト馬。ただし、今回レース条件が指定時の想定と違う場合には提供除外(例えば前走芝で次走注目とした馬が今回ダート出走の場合etc.)・能力不足判断馬は提供除外。
●Hレベルレース馬=直近走レースレベルCD以上のHレベル戦で最低限中身ある走りをしていたレースレベル観点からの浮上馬で、尚且つそれが今回レースに於いて“希少(出走馬の中で約1頭)”な存在である場合に指定。


--------------------
※全場分&全推奨馬は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆札幌2歳Sの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

新潟…土日共にイーブン/B
小倉…土日共にやや外有利/土はB、日はB→C
札幌…土日共にイーブン/土はB、日はC

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
新潟…6週目/Aコース/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はB
小倉…6週目/Bコース/伸び所はやや外有利付近/馬場差はC
札幌…6週目/Cコース/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はC

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
7/27 A新潟イ(A)     A小倉2~イ(A)    A札幌イ(A)
8/3  A新潟イ(A)     A小倉2イ=イ(A=B) A札幌イ(A)
8/10 A新潟イ(A)     A小倉イ(B)     A札幌イ(B=BA)
8/17 A新潟イ(A)     A小倉イ(B=C)   C札幌イ(A)
8/24 A新潟イ(B)     B小倉イ~3(B=BC) C札幌イ(B=C)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
7/28 A新潟2~イ(A)    A小倉イ~2(AE)  A札幌イ=イ~2(A)
8/4 A新潟イ=2~イ(A) A小倉2~イ=イ(A) A札幌イ~2=イ(A)
8/11 A新潟2~イ=イ(A) A小倉イ~2(A)   A札幌イ(CD=C)
8/18 A新潟イ(B=A)   A小倉イ=イ~2(A) C札幌イ(C)
8/25 A新潟イ(B)     B小倉イ(A)  C札幌イ(F=E)
9/1 A新潟イ3(C=CB) B小倉イ(CD=C) C札幌3~イ=イ(ED=D)
※表の見方&過去4年分データベースはコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル(暫定値)&発生バイアス
(R印3欄…C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

76o89-
6k7y8i0p
★次走激走馬は[Hレベル戦組]と[バイアス逆行馬(内有利戦での外回し馬・後有利戦での先行馬etc.)]に多数潜む→上記チェック戦を重点的に見直すのがオススメ(低レベル戦だと幾ら徹底分析したとしても、そもそも次走好走する馬は最初から一頭も含まれておらずというコトもザラです)

☆先週の平場レースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[日曜新潟10R朱鷺S(OP)] 7着キャナルストリート
18年春から1年弱で4勝2着1回の準パーフェクト戦績を残してOP昇級…その間の勝利はほぼ0.0秒差勝ちで、ソラを遣う面があるだけに派手な競馬はしないが確実に能力上位という競馬で勝ち上がってきた経緯。
コノ手の馬は昇級も苦にせずに通用以上する例があるあるで、前走の京王杯SC5着は正にその結果と言えそう。
今回は相手弱化の一戦で、その分で楽に直線で抜け出しにかかる形に…そのせいでソラを遣う面がある馬としては好ましくない直線単走の形になってから後続に一気に飲み込まれてしまう7着。
前走京王杯SC5着の限りではOP特別級では格上なので、もう少し手強い相手関係揃って人気落ちするレベル高めのレース出走なら妙味が見出せてくる。
※全チェック馬&次走出走時お知らせは完全版メルマガ限定提供ですm(__)m

--------------------
☆札幌2歳Sの◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→一昔前の札幌2歳Sが有力素質馬の第一登竜門的な位置付けだった時代は終わり、主に分散化等によってレースレベル低下している近年に於いては相対的に素質の優先度も低下してきている(特に本年は近年にも増してレースレベルDE級の出身馬の割合が大きい=レベルが低い)。
そこでキャリアを積んでいる前走OP特別出走組(特に舐められた人気になる道営所属馬)による雑草魂の走りが、激走結果に繋がるのが最新トレンドです。
となると…最多レースキャリアを誇り、前走で強敵相手に僅差競馬で地力も証明済みの〇〇〇〇〇で大丈夫でしょう。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!


--------------------

※秋競馬購読先行受付中※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

☆新潟記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【新潟記念の有力馬診断(後篇)〜“父7冠馬ディープ×母5冠馬アパパネ×美浦1位堀厩舎×デムーロ騎手×馬主金子真人HD×生産ノーザンF”の超ブランド人気のシナンボーなど〜】
dtfhuiokp
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★ブラックスピネル牡6松若57音無(栗東)
前走七夕賞はマルターズアポジーのHペース逃げと当日の外有利馬場バイアスが相俟って、以下の画像の通り向正面で一番外後方に居た4頭が大逆転で掲示板内に入ってくるという特殊な展開(完全な外差し決着)…その逆の内前で粘れなかった馬に次走巻き返し余地の評価が与えられます。
そこで大分思いっ切り負けてますが、自分の競馬もできず-Hペースにも巻き込まれての致し方無しの敗戦だったコノ馬はその資格有りの巻き返し候補と見ます。
3走前新潟大賞典は外有利馬場でのイン逃げ競馬での善戦…2走前鳴尾記念は開幕週馬場でのスローペース逃げ競馬での激走・・・展開利さえ得られれば重賞好走できるだけの戦績の持ち主です。
また調教時計とパフォーマンスが比例する馬で、それの上向きと共に復調歴然という近況で今回もその限りでは好調持続模様…このハナを切れる組み合わせならば展開一つでの激走候補に。


―クリンチャー牡5田辺57.5宮本(栗東)
凱旋門賞17着は他にも敗因がありそうですが、フォワ賞は欧州舞台で欧州馬に混じっても脚の遅さを露呈する負け方だった様に思えます。
その凱旋門賞遠征前の日本競馬での4連続好走も全て鈍足振りを生かせた競馬での好結果でした。
そして凱旋門賞遠征後は、日経賞〜天皇賞春というそれなりに向くレース起用だったにもかかわらずの連続惨敗。
それらは細かい敗因はあるとはいえども、単に凱旋門賞遠征の後遺症なのか本調子からは遠いと見るべきでしょう。
相手関係弱化で多少人気するかも知れませんが、そういうレースが軽くなるコトは相対的にコノ馬向きではありませんので…それで評価を上げるのも不要と判断します。


―ジナンボー牡4Mデムー54堀(美浦)
折り合い面に課題ある馬で、前走は道悪馬場で楽逃げの手に出られたのが非常に大きかったという勝利。相手関係も楽だったし、展開も楽だった。
その一つ前のレースではデムーロ騎乗での普通の差し競馬で不発。
現状見せている能力は全く大したコトなくて、これの人気は「父ディープ×母アパパネ×堀厩舎×デムーロ騎手×馬主金子真人HD×生産育成ノーザンF」というガチガチのブランド固めバックボーンによるトコロが大きいだろうと…妙味的観点で言えば圧倒的軽視。


―ショウナンバッハ牡8吉田豊54上原(美浦)
まずは前走宝塚記念後の回顧文を参照↓
『かつては小回りコースに良績集中だったり、馬場が渋るとカラッキシだったり…それらを一まとめにするとやっぱり直線での軽い脚勝負(軽い負荷の追走からの一脚勝負)ならば頑張れて、タフさを要求されると案外なのだと見られます。
近2走はスローペースからの速い上がり競馬での健闘。
そういうスローの差し馬なので、中盤から淀みなく流れてしまった今回展開は如何にも厳しかった感。
近1年で二桁人気激走3度という穴キャラなので…次走以降もスロー想定ならば買って妙味は続くはず。』

・・・
今回は上記のスイートスポットには当てはまらないだろうというのと、致命的な雨馬場想定ともなれは好走余地がなくなる。


―センテリュオ牝4北村友53高野(栗東)
前走マーメイドSは上位入線12頭の前走出走レースが条件クラス戦という、実質的にはレベルが高い準OPクラス戦=超低レベルな重賞戦と言うべき一戦…そこで1人4着という結果は底を見せたとしか言いようがありません。
それよりも大幅相手強化で、他4歳上がり馬との比較でも斤量1キロ重いハンデも有利ではなく。


▽レイエンダ牡4ルメール57藤沢和(美浦)
まずは前走エプソムC後の回顧文を参照↓
『この日の東京芝は降雨影響あり外有利傾向で、故にメインレースとなるとそれへの意識が強く働き過ぎて逆傾向(お見合い展開での超スローペース前残り競馬)に。そこで逃げ番手の絶好位置を確保した2頭がそのまま上位入線という結果。
(中略)
レイエンダも前走は接触も影響しての大敗でしたが、チーク着用での積極策で一転好結果に至りました。近走が不甲斐なかったのは確かで、今回も実力は読み取れぬ競馬での激走なので解釈は難しいですが…。』

・・・
レイエンダについては大物ではないというのが一貫した評価(近4走連続無印)…前走エプソムCもパフォーマンスとしてはそれなり止まりで、一転マークされる立場になり斤量も背負うとなると決して安泰ではないはずで。


★○○○○○○(←新潟記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
2走前3走前は苦手右回りでの敗戦で、その前には左回りでも連続凡走していましたが一言で言えば明らかな心身不調だったのが最たる敗因だったと見ています。
ブリンカー効果もあってか一時の不調を脱した今ならば、そして良績集中の間隔空きローテ且つ左回り戦ならばG3でも本来格上くらいの馬だと見ていますので…まだ人気被らないココは妙味所と見ます。

--------------------
☆新潟記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※秋競馬購読先行受付中※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

☆新潟記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【新潟記念の有力馬診断(前篇)〜近年ダービー内枠先行(ダービーポジション)激走馬の残念感…マイスタイル・Sラーゼン・Mフロスト・Aソニック・Pアマゾン・NEWコズミックF〜】
dtfhuiokp
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―アドマイヤアルバ牡4田中勝54須貝尚(栗東)
まずは3走前六甲S5人16着時の推奨文を参照↓
『アドマイヤアルバは後の出世馬を多数輩出のHレベル京都新聞杯2着馬であり、Hレベル4歳世代のダービー9着馬。この時点でOP特別に入れば元値は上です。
3走前オクトーバーSはスローペース完全前残り競馬を折合不安から後方に控えるノーチャンス競馬。そこで差し届かずだった3着ワンブレスアウェイ・4着スティッフェリオは共に次走以降重賞制覇で、それとの比較でも上がり最速5着なら強い競馬でした。
2走前京都金杯は距離短縮マイルで折り合えたものの、直線ではノースペースで、脚を余しての4着健闘。
前走白富士Sでは距離延長二千と大外枠で折合欠いての凡走。
近走はイマイチ噛み合わない近況ですが、折り合いさえまともならば、やはりOP特別級ならば勝ち負けできるパフォーマンスは垣間見せています。
距離短縮マイルのココはその絶好機ですし、あとは藤井騎手が捌けさえすれば…好走できるはずです。』

・・・
その2走前六甲Sはスタート出負け躓きの致命的な不利あって、その時点でノーチャンスと言える敗戦でノーカウント視するしかない敗戦でした。
しかし、それを含めて前走まで4戦連続出遅れ中で、また折り合い難やらも依然としてあって…馬の素材は確かだったと思いますが精神面の崩れでどうにも手が出せない現状です。。


△カヴァル牡4三浦54勢司(美浦)
半年未満の間に3連勝で一気にOPクラス入り。
その間の相手関係は大したレベルではなかったが、前走マレーシアCのレース内容は秀逸。当日の中京芝は
内有利・前有利バイアスが顕著。このレースでも極端なスローペース展開で完全内前残りレースだったところをゴボウ抜きでの勝利。
恐らく後方競馬必至となる点でフルゲート多頭数戦のココは展開と馬場の助けがなければ難しい状況に置かれるだろうが、それ次第では十分に楽しみが持てる馬だろう。


▽カデナ牡5武藤57中竹(栗東)
弥生賞後に『坂で鈍って坂上で伸びた分だけゴール前のインパクトだけはあるという内容になっていた印象。もう少し直線の勝負所で素軽く動けないと、フルゲート皐月賞ではリスクも少々(確実に中山よりも京都の方が良さそうな前傾走法でもある)。巷でも言われているコトだが、これまでは軽い流れの瞬発力だけでの好走続きで、少し前まで鬼門と言われた皐月賞適性(タフな流れ)という点での疑問は大きい。』と書きましたが、直近のレース振りを見る限りではその適性自体は今も変わらずということでしょう。
2走前福島民報杯では脚が止まっての3着でしたが、そういう軽い・一瞬の脚型だけにスローペースでの上がり勝負の方が自身の本領という前走小倉記念での3連続好走目。
今回も脚が鈍る急坂コースではない点は〇ですが、脚が続かない外回りコース(&雨予報)という点では前走比でやや評価を下げたいトコロ。


―ケントオー牡7○○55西橋(栗東)
6走前はOP特別4着、5走前は高速レース不向きで重賞9着、4走前は距離長い二四で重賞7着、3走前は重賞5着、2走前はアクシデントあってのワケ有り凡走、前走はG1で9着…地味な印象から常に人気はしませんが、実は常に最低限の評価できる走りは続けているという近況です。
昨年新潟大賞典でも前残り展開を後方から上がり上位を見せての善戦。
このクラスでもそれなりに走れても良いはずですが、ただし休み明け初戦だけはいつ何時も大きくパフォーマンスを下げるという点でココは静観で。


―コズミックフォース牡4三浦56国枝(美浦)

近年ダービーでの[内枠][先行]での穴激走馬を全て挙げると、直近年から「マイスタイル・エアスピネル・サトノラーゼン・マイネルフロスト・アポロソニック・ペプチドアマゾン」…つまりはそのダービー激走はフロックだったと言いたくなる様な、その後の戦績案外馬ばかりという有り様です。
逆にダービーをキチンと差して好走した馬はその後も信頼が置けるというコトです。

それを根拠にして、まともならば差し切り寸前だったブラストワンピースに世代最高馬見解を一貫してし続けていた通りです。

その逆の内枠先行好走馬コズミックフォースの場合には残念ダービー好走馬の疑いが懸けられますので…というかもう既に人気落ち目でそうなっていますが・・・。


―ゴールドサーベラス牡7藤田菜54清水英(美浦)
前走七夕賞はマルターズアポジーのHペース逃げと当日の外有利馬場バイアスが相俟って、以下の画像の通り向正面で一番外後方に居た4頭が大逆転で掲示板内に入ってくるという特殊な展開(完全な外差し決着)…それに恵まれての4着は評価禁物のパフォーマンスで本来能力不足。

8a8a4aa3

★○○○○○○(←新潟記念の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
上記の通り、七夕賞はそれだけ特殊な外目後方有利決着でしたので、その逆の内前で粘れなかった馬に次走巻き返し余地の評価が与えられます。
そこで大分思いっ切り負けてますが、自分の競馬もできず-Hペースにも巻き込まれての致し方無しの敗戦だったコノ馬はその資格有りの巻き返し候補と見ます。
3走前新潟大賞典は外有利馬場でのイン逃げ競馬での善戦…2走前鳴尾記念は開幕週馬場でのスローペース逃げ競馬での激走・・・展開利さえ得られれば重賞好走できるだけの戦績の持ち主です。
また調教時計とパフォーマンスが比例する馬で、それの上向きと共に復調歴然という近況で今回もその限りでは好調持続模様…このハナを切れる組み合わせならば展開一つでの激走候補に。

--------------------
☆新潟記念の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※秋競馬購読先行受付中※完全版メルマガ[1週600円程で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600円前後
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)より遥かに安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

↑このページのトップヘ