2019年10月

☆アルゼンチン共和国杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆今週のPICK UPツイート

☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土日共にイーブン/土はA→S、日はS
京都…土日共にやや外有利/土はF、日はE
新潟…土はイーブン→外有利、日はやや外有利/土はD→C、日はC→D

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…5週目/Bコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
京都…5週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差はC
福島…1週目/Aコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はA

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
10/5 A東京イ(S)     A京都2~イ(A)    A新潟イ(B)
10/12A東京イ(B)     A京都イ~3=イ=イ(F=D=D)
/19A東京2イ=イ=イ(B=A=A) A京都イ(D) A新潟イ3=イ(DE=D)
10/26B東京イ(AS=S) A京都イ(F=E) A新潟イ3=イ~3(DC=CD)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
10/6 A東京イ(BA=A=A) A京都イ~2=イ=イ(AB=B=B)
10/13A東京イ(A)     A京都イ(A)  A新潟イ(B)
10/20A東京イ(A)     A京都イ(B)  A新潟イ(C)
/27B東京イ(AS=S) A京都イ~3(DC=C) A新潟イ~3=イ3(D=DE)
11/3 B東京イ(S=A)  B京都イ(A=B)  A福島2~イ=イ(A)
11/10B東京2~イ=イ(A) B京都イ(B)  A福島イ(B)
11/17C東京2=イ(S=A)  C京都イ(B)  B福島イ(B)
11/24C東京2~イ(S)    C京都2~イ=イ(B)
※表の見方&過去4年分データベースはコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル(暫定値)&発生バイアス
(R印3欄…C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

lpl
ukylio
★次走激走馬は[Hレベル戦組]と[バイアス逆行馬(内有利戦での外回し馬・後有利戦での先行馬etc.)]に多数潜む→上記チェック戦を重点的に見直すのがオススメ(低レベル戦だと幾ら徹底分析したとしても、そもそも次走好走する馬は最初から一頭も含まれておらずというコトもザラです)

☆先週
の平場レースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)

[日曜東京10R] 4着チャンピオンルパン
3走前湘南S10着後に完全版&競馬王誌にて『現級での穴激走歴6度を誇る穴キャラ…近2戦の8着10着も着順ほどの負け方ではなく、それ以前も常に小差に走っているクラス通用能力保有馬です。最近では涼しい時期に良績集中している点でこの先の夏場季節ではどうかですが、馬柱を汚しまくってからの秋冬戦ともなれば爆穴激走も見込めてくる馬として名前を挙げておきます。』と書いた馬です。
この秋初戦の前走は実に1年半振り(12走振り)の非Hレベル戦出走で10番人気4着健闘。
今回は上位勢が手強過ぎると見て推奨回避しましたが、その強過ぎた相手の他にはキチンと先着してブービー人気4着健闘。
今回もその人気だった通り基礎人気が低くて次走でも妙味人気が見込まれますが…全てはHレベル戦ばかり好んで使われていた経緯によるモノで元々弱い馬ではありませんし、18春も19冬も人気上がらずとも連続穴激走してきた穴キャラだけに…次走も追い掛ける価値ある妙味馬と見ます。
※全チェック馬&次走出走時お知らせは完全版メルマガ限定提供ですm(__)m

--------------------
☆アルゼンチン共和国杯の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→前走準OPレースでは鞍上は無難に乗ってきたと思いますが、よく「〇〇騎手は悪くない騎乗をしていた」等の論調もされますが、そういう外野から一目で分かる騎乗ミスや戦略ミスの有無云々とは別の次元で、そりゃ一流騎手とそうでない騎手とでは、乗っているだけで見えない所で差が生じるはずです。そこでは持ち味を生かせぬペースメイクもありましたし、根本としてI騎手が騎乗していたから…というのは非常に言い辛い話ですが真理としてあると思います。
昨年グランプリレースでは内が死んでいる馬場且つ前に厳しい展開を最内枠先行から一桁着順は非常に見所ある競馬…あれから1年経過しての衰えには注意しなければですが、それだけの競馬をしたパフォーマンスレベル上位馬が上位騎手騎乗でハンデ53ならば…それでいてミーハー人気から解放されてオッズも大分付きそうな今回は買いたいです。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!


--------------------

完全版メルマガ[1週600円台で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600~650円程
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)よりも安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

☆アルゼンチン共和国杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
【アルゼンチン共和国杯の有力馬診断〜6走前~2走前まで5走連続で剛球派外国人J(モレ&アブ&マフィ)で激走→前走は一転して軟球派福永J騎乗で反応できず凡走の[アイスバブル]など〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
ytouipop
▽アイスバブル牡4浜中55池江寿(栗東)
まずは前走小倉記念時の有力馬診断見解を参照↓
『福永騎手は今もトップクラスの成績を挙げている日本人トップ騎手の一人ですが、その中でも成績を落とすのが前走短期免許外国人騎手騎乗馬です。
≪18年から19年夏までの芝[前走その他騎手の馬での複勝率45%>前走同騎手の馬での複勝率45%>前走短期免許外国人騎手の馬での複勝率16%]≫
このアイスバブルもモレイラ・アブドゥラ・マーフィーという剛腕中の剛腕外国人騎手5連続起用5連続好走してきた馬ですが、そういう当たりの強い騎乗・強引な騎乗に慣れた馬にとって、一転それとは方向性の異なる福永騎手騎乗というのは良い方向には転ばないのではないかと・・・。』

・・・
前走小倉記念は好位で流れに乗るも反応案外&伸び脚案外で7着凡走。
それは一般的には距離短縮二千と高速馬場が主因とみられるのでしょうが、少なくとも上記の騎手理論もその方向に寄与する類の話ですので…やはり外国人騎手でこそ輝く馬という見方もあながち誤りではないのではないかと。
今回は舞台条件好転と騎手タイプもやや好転の場面ですが、それでも海外騎手アヴドゥラJ騎乗&展開嵌まり&相手関係恵まれの目黒記念2着よりは走れないだろう。


△ルックトゥワイス牡6福永57藤原英(栗東)
4走前日経新春杯は消耗戦での好走。
3走前日経賞は折り合い△と上がり勝負に対応できずの敗戦。
2走前新潟大賞典はキレ負けしての敗戦。折り合い面と瞬発力の面からペースが流れて上がりが掛かる競馬がベスト…そういうストライクゾーンは意外と広くない馬なのですが、前走目黒記念では距離二五でハイペースで流れてのドンピシャ条件レースとなりました。
その前走は距離が長めのレースでHペースで流れるレースというレア条件合致での激走なので過信禁物なのと、そういう(前走外国人騎手騎乗で)強引に動かされてきた馬の軟球派福永J替わりというのは危険パターンですので…この人気程の信頼まではどうだろうか。


△アフリカンゴールドセン4ルメール55西園(栗東)
前回重賞挑戦時の日経新春杯は、以下ツイートの通り全くミスマッチの騎手人選もあっての大敗劇。
https://twitter.com/jou_syou/status/1082177696631644161
それ以降は日本人騎手起用で常識的な競馬で好走続き、そして去勢明け2戦目の前走六社Sで準OP突破という近況。
出世を妨げていた気性も去勢により改善が見られ、その上に今回は折り合い名人のルメールJ起用…人気し易い要素揃って妙味観点ではどうかですが、一発回答の可能性も十分ある上がり馬となるでしょう。


―ウインテンダネス牡6内田博56杉山(栗東)
生粋の叩き良化型で、休み明け初戦はカラッキシ走れない馬。
2走前目黒記念はそれに加えて一頓挫あっての復帰戦で仕上がり途上感ありありでした。前走七夕賞は連戦でも距離二千と右回りで敗戦。
今回は京都大賞典を踏み台にこの適鞍に挑む予定が、スタート直後に落馬という憂き目に。
相当展開に恵まれた昨年でも4着止まりで、それよりも相手関係揃い&臨戦過程狂いの本年はやや厳しい感。


★オジュウチョウサン牡8松岡53和田郎(美浦)
まずは昨年有馬記念時の見解抜粋を参照↓
『平地転向後の石神J降板の判断に対して一部でオーナーサイドを批判する向きもある様ですが、それは石神騎手は平地であまりに下手過ぎるから仕方ない話だと思います。
石神騎手はオーナーサイド(チョウサン)の二番馬に当たるコウキチョウサンの平地競走でも温情起用機会を与えられたにもかかわらず、再三駄騎乗で飛ばして戸崎J乗り替わりで一発回答を出されていました。
つまりは、すでに懐深いオーナーサイドからチャンスを3度も与えられて、それに応えられなかった経緯があるのです。
そりゃ、一戦一戦取りこぼせない戦いに挑むオジュウチョウサンに、武豊騎手が乗るよりも確実に数馬身は馬を後退させる且つ高確率で駄騎乗まで引き起こす騎手起用は…それは勝負度外視の選択でしかありえないでしょう。』

・・・
前走六社Sでは石神騎手は無難に乗ってきたと思いますが、よく「〇〇騎手は悪くない騎乗をしていた」等の論調もされますが、そういう外野から一目で分かる騎乗ミスや戦略ミスの有無云々とは別の次元で、そりゃ一流騎手とそうでない騎手とでは、乗っているだけで見えない所で差が生じるはずです。
前走六社Sについては持ち味を生かせぬペースメイクもありましたし、根本として障害トップジョッキー石神騎手騎乗だったから…というのは非常に言い辛い話ですが真理としてあると思います。
昨年有馬記念は内が死んでいる馬場且つ前に厳しい展開を最内枠先行から9着は非常に見所ある競馬…あれから1年経過しての衰えには注意しなければですが、それだけの競馬をしたパフォーマンスレベル上位馬が上位騎手騎乗でハンデ53ならば…それでいてミーハー人気から解放されてオッズも大分付きそうな今回は買いたいです。


△ノーブルマーズ牡6高倉56宮本(栗東)
まずは4走前鳴尾記念後の次走チェック馬見解を参照↓
『コノ馬は先行馬でもテンは速くない馬なので、昨年福島民報杯などHペースや距離不足戦だと位置取りを落とすのが常(そこから差してくるキレる脚は無い)。
前走鳴尾記念はそれ以来の距離二千戦で案の定先行できずに5番手追走から位置取りを守るだけで5位入線という結果に。
また叩き良化型の休み明け初戦という面でも情状酌量できる敗戦で、この先に距離を延ばしての先行競馬実現時に活路アリ。』

・・・
2走前小倉記念はスタート直後では先行手前の情勢でしたが、序盤スローペース展開に乗じて早々に位置取りを上げるファインプレー。そこからは例の如くの“位置取りを守る走り”での好走。
逆に前走京都大賞典はスタート直後ではハナも奪える態勢でしたが、そこから消極的過ぎる馬ナリ姿勢で内枠を仇に包まれて位置取りを下げつつの追走。鞍上は「もう少し前で運べればいいのですが、最低限のポジションで競馬はできました」と振り返っていますが、その最低限よりも上の位置取りを取りに行く姿勢はゼロだったので…あとは例の如く位置取りを守る走りで先行できなかった分で届かずの競馬。
この舞台では昨年目黒記念が道中2番手追走から2着好走しており、当時みたく位置を取りに行く意思が強ければ圏内チャンスはあるはずですが…。


★○○○○○○(←アルゼンチン共和国杯の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
渋った馬場だったり、スンナリ逃げる競馬で強さを発揮する馬。
2走前目黒記念は超高速馬場で、また他に同型が居て逃げられず且つ因縁のデムーロ騎乗ポポカテペトルの嫌がらせの様な競りかけもあって相当プレッシャー受けるHペース2番手競馬で…これでの大失速劇は致し方無しと言うべき。
前走京都大賞典では痛恨出負けして、好走歴ゼロの後手に回る競馬に…他馬を気にして位置取りを下げる面もあって総じて度外視できる敗戦でした。
昇級後2戦は上記の通り能力が見えないレース続きですが、スンナリ積極策が打てれば展開次第で可能性は有り。

--------------------
☆アルゼンチン共和国杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

完全版メルマガ[1週600円台で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600~650円程
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)よりも安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

☆アルゼンチン共和国杯の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円前後で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中
--------------------
☆先週の“全提供”予想の結果報告
重賞OP予想5R中1的中/平場予想6頭中2好走
「アルテミス◎ビッククイン5人3着(指定買い目:ワイド1点〇・複勝1点〇・馬連1点×)・秋天◎ランフォザ13人15着・カシオペア◎ソーグリッタ1人3着不的中・ルミエ◎カッパツ1人7着・スワン◎ロードクエスト9人15着」
(予想結果の詳細はnetkeibaでも公開されています…そういう(誰もが)数字含めて丸裸の場であるというのが最大の参戦理由でもありますので。
他は色々言えるとしても、天皇賞秋ランフォザローゼスについては結果的にも無理筋だったと言わざる得ない…ちょっと酔った予想になってしまい、それに付き合わせてしまい申し訳ない限りです。今秋G1はスプリンターズSの後は低勝負度が続きますが、例年で言えばエリ女や有馬か…どこかしらでは勝負予想を届けられるよう頑張ります。
※先週は3日間計7場開催後で作成できずでしたが…今週こそ木曜付近に19年結果記事を掲載致します。)


☆アルゼンチン共和国杯のMY馬柱
ytouipop

☆先週重賞[富士S]からの特注馬(覚えておきたい一頭)
9着アドマイヤマーズ

上記ツイートの通り、前哨戦では目先勝負よりも温存競馬を志向するデムーロ騎手らしく、とにかく動かない競馬(騎乗)をしてきました。その結果として、自身適性外の速い上がり勝負(ラスト2F11.1-11.7)で、案の定鋭さ負けの格好に。
最終コーナーに入る前から追い出し開始して、平均ラップ持続力勝負(ラスト2F11.3-12.0)に打って出て勝利した前走NHKマイルC激走と比較すれば、やはりココは勝利(好走)よりも他に大事なモノがある一戦だったのだと考えられます。
次走は今回敗戦結果や香港情勢の絡みで香港マイルか又はマイルCSの可能性もあるはずですが、何れにしましても本番G1では目の色を変えた騎乗をしてくるのがデムーロ騎手ですし、それ次第で大きくパフォーマンスの上下がありそうな馬のタイプでもありますので次走は改めての期待をしたいです。

--------------------
☆アルゼンチン共和国杯の◎候補馬(PL最上位馬)の馬名は
人気ブログランキングへ(6位)で公開中!
《→この週初記事にて独自設定パフォーマンスレベル(PL)最上位馬として推奨した馬は、18年は勝ち馬率45%・馬券内率80%・単複回収率100%超を記録しました(この最も指数が高いという馬は自ずと上位人気ですから好走率が高くて当たり前ですが、それでも並の1人気よりも優秀な数字というのは価値があると思います)。
私は指数予想よりも主観予想でもっと他の角度から妙味有る推奨馬を提供してこそと思っていますが(中々功を奏していないですが)…それでもコレは少なくとも相手馬目線では素直に真っ先に購入馬(相手筆頭級)に含めるべきだろうとも。
今回レースに於いても、近走PL最上位評価(最高値+平均値)の〇〇〇〇〇は本命候補~相手筆頭有力補として扱うべき一頭として紹介します。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキングで見られます!

次回は「今週末の注目重賞の有力馬診断」を火曜昼~夕方に更新します!

-------------------

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]カシオペアS(勝負度C)&ルミエールAD(勝負度B)/[2]全3頭)
https://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=284

(※詳しくは本年予想成績経過(3日間計7場開催の余波で遅れてスミマセン…)と併せまして後日改めて記事にしますが、今週末より“netkeibaウマい馬券”に参戦することとなりました。
“今週に限り”ブログ予想以外の予想掲載媒体は“完全版メルマガ”と“netkeibaウマい馬券”と致します。
あくまでも当方のメインは“完全版メルマガ(1週間600円台)”であり続けますので、“netkeibaウマい馬券”の方ではオッズに支障をきたさない様、多売を避けるべくの販売ポイント設定とさせて頂きます([追記]私の意向で全て決められる話ではなくて…サイト側の意向も受けて今後1R500pt付近の設定になる模様ですがご了承下さいませm(__)m)
ただ、既にご利用の多くの方はご存知かと思いますが、無料ポイント付与もあったり読者サイドに“非常に優しい”最大手サイトですので…予想をかいつまんで参考にされたい方など、是非ともご覧頂けますと幸いです。)

【ブログ重賞OP予想】
東京11R天皇賞秋(勝負度C)
[印]
◎ランフォザローゼス
△2アーモンドアイ
△10サートゥルナーリア


[見解]

yuliuop
1人気アーモンドアイは新馬戦で負けて以降は、8戦7勝の準パーフェクト戦績馬。
その唯一の凡走である前走安田記念の日の馬場は内有利傾向、そしてペース的には逃げ馬アエロリットのポジショニングがベストでそれ以降(2番手以降)の各馬は必要以上に追走していない競馬。アーモンドアイはもし仮にまともなスタートならばキチンと追走した可能性もありますが、それをスタート後のアクシデントで砕かれてノーチャンスと言っても良い位置取りからの競馬を強いられました。それでいて3着まで追い込んできたのは抜けた能力以外の何物でもありません。
今回は馬場バイアスの不公平も見込まれず、ザ・正攻法の戸崎Jアエロリットの先導ならば極端な展開の紛れも見込まれないとなれば、あの安田記念以下の結果にはならないはずと読めて…現役最強馬として順当に勝ち負けを演じる可能性が高いです。

2人気サートゥルナーリアもダービーで負けただけの6戦5勝の準パーフェクト戦績馬。
その唯一の凡走である前々走ダービーは、距離短縮ローテ馬では好走率7割近くに対して、距離延長ローテ馬では好走率3割程・単複回収率60%程と振るわないレーン騎手の手綱でした。
レーン騎手でなくとも、殆どの騎手では普通に乗るコトもできないだろう気性的に難しい所を秘めている馬ですが、輸送競馬・距離延長ローテ・連戦ローテ・折り合い面にやや弱点あるレーン騎手などの負の条件も揃って結果ラストまで脚を残せずの敗戦でした。
https://twitter.com/jou_syou/status/1136521572166979584
それに対して今回は、兄エピファネイアをJC制覇に導いている様に、折合い面を敗因にさせない技術を持つスミヨン騎手起用は鬼に金棒の人選と言えて、これも順当に本領発揮しての勝ち負けを演じられるはずです。

それら2強の馬券内二席は堅い想定ですが、残り一席は大混戦で波乱もあり得るとの見立て…その中でも最大の惑星を見る大穴〇〇〇〇〇を本命馬として推奨します。
この馬の所属する藤沢和厩舎は青葉賞だったり天皇賞秋だったり…好みのレースがハッキリとしている厩舎です。逆に言えばその好みのレースの前段階レース、例えば天皇賞秋の前哨戦格のオールカマーや毎日王冠などでは危険人気傾向となっており、それら近況が不振でも前哨戦で走らなくても、この本丸レースに本腰を入れた仕上げを施されてガラリ一変の激走例は数多です(ダンスインザムード・ペルーサ・コディーノなど、連続凡走の近況からでもこの大一番で突如走る例も)。

コノ馬も全く仕上げる気が感じられなかった夏場札幌記念から始動して、前走毎日王冠では秋天激走パターンともいえる差し遅れの負け方でした…世間からは完全に見離されて人気皆無模様ですが、厩舎・鞍上含めて本気で走らせた時にどの程度のパフォーマンスを発揮できるのか未知数な部分は残っています…2強ガチガチ決着濃厚の本年秋天での最大妙味はコレの圏内食い込みだろうというのが結論です。

≪2強決着も抑えつつ◎の食い込みで高配狙いで…具体的な買い目は完全版予想内にて≫

-------------------
☆天皇賞秋の◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

(※記事最下部は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です))

--------------------

完全版メルマガ[1週600円台で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600~650円程
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)よりも安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

続きを読む

〜日曜予想[日曜メイン予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]天皇賞秋の推奨馬の馬名は
(6位)で公開中!
《→新馬戦で負けて以降は、8戦7勝の準パーフェクト戦績馬。
その唯一の凡走である前走の日の馬場は内有利傾向、そしてペース的には逃げ馬アエロリットのポジショニングがベストでそれ以降(2番手以降)の各馬は必要以上に追走していない競馬。それをスタート後のアクシデントで砕かれてノーチャンスと言っても良い位置取りからの競馬を強いられました。それでいて3着まで追い込んできたのは抜けた能力以外の何物でもありません。
今回は馬場バイアスの不公平も見込まれず、ザ・正攻法の戸崎Jアエロリットの先導ならば極端な展開の紛れも見込まれないとなれば、あの安田記念以下の結果にはならないはずと読めて…現役最強馬として順当に勝ち負けを演じる可能性が高いです。
---------------------------------------------------------------------------

☆参考記事
【競馬予想の本質論〜『先週の結果分析』の判定がA〜Dまで同回収率=儲からない理由(情報の正しさと価値は別次元)〜】
(つまりは、現代競馬予想の常識であり最大派閥であると言うべき“タイム論”に与しない…だから妙味ある判定ができていると考えています)

☆表の見方
rjちゅいお
※主に[過去走レースレベル][過去走レースメモ]をご活用して頂ければと思います(属性はあくまでも一側面を表すに過ぎませんので、予想時にそれ単独での利用価値はあまり無いはずですので過信にご注意下さい)。

・黒囲み&銀囲み箇所メンバーレベル(範囲)(画像例ではメンバーレベルCD(〜C)を表す)

・茶囲み箇所
属性&チェック馬
「砂=スンナリ系馬(スンナリ性質を複数見せている馬)、初=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、良=良馬場向き馬・雨=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け初戦向き、高=Hレベル戦歴注目馬、H・注・候・狙は個人的チェック馬、見・元は特に意味無し・・・」

・赤囲み箇所
前走「クラス→芝TorダD+距離→レースレベル→着順→
補正タイム→レースメモ欄つ(メモ・補・評)」→前々走「同」…

・レースレベルC以上[高水準以上]-CD[水準超]D[水準(以下)]DE[低水準]-E[最低水準]

・レースメモ(メモ・補)=原則的に敗因(パフォーマンスを下げた要因)を表す記号(ピンク文字箇所はその例外)
但し網羅はさせていません…私が必要と考える馬・必要と考えるケースに絞って記しています(そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありません、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありませんetc.)。


01=展開不利、03=トラックバイアス不利、02=非スンナリ(砂被り・揉まれ等)、22半スンナリ(半砂被り・半揉まれ等)、20スンナリ叶う(非砂被り、非揉まれ等)、??=スンナリ云々が悪影響を及ぼしたかハテナ、12=01+02、21=20+01、雨=雨馬場×、良=良馬場×、休=休み明け、ロテ=ローテ×、状=状態×、右or左=右or左回り、外=外ロス、内=内ロス、窮=窮屈、詰=詰まり、不=不利、高=レースレベル高、掛=掛かる、か=かかる、調=調教×、チク=チグハグ、スム=スムーズさ欠く、忙=忙しい、余=余力残し、仕=仕掛けミス、キレ=キレ負け、長or短=距離長or短、速=高速×、遅=低速×、騎=騎手×、重軽=レースの重さ不適、イレ=イレ込み、太痩=太いor細い、疲=疲労×、輸=輸送×、ダ=ダート(芝戻りで注)、芝=芝(ダート戻りで注)、枠=枠順×、坂=急坂×、コス=コース不向き、季=季節×、ソラ=ソラ使い、モタ=モタれる、スタ=スタート失敗、ペ=ペース不向き、ヤ=ヤラズ、血=鼻出血、心=心房細動、喉=喉鳴り、故=故障、去=去勢明け初戦、難=気難しい、TM=TMS情報×、脚=脚部不安、蹄=蹄不安、鉄=落鉄、折=折り合う、大=大回り不向き、小=小回り不向き、ポ=ポジション不向き、叩=叩き台、格=格上挑戦、多=多頭数×、牡=牡馬混合戦・・・

・レースメモ(評)=A〜F(-)はパフォーマンスレベルですが、統一的な評価はしていない(横の比較は難しい)ので無視して下さい/XYZはワケ有り敗戦で次走注目評価、Nはノーカウント評価


☆オリジナル出馬表&平場推奨馬一覧《一部無料公開分》
1列目(注列)…「B2=バツ2馬」「CU=チェック馬」「Hレ=Hレベルレース馬」/「BC=バツ2馬兼チェック馬」「HC=Hレベル馬兼チェック馬」
●バツ2馬=直近2走連続で敗因設定(詰・不etc.)がある馬(=連続してワケ有り敗戦中の馬)です。
ただし、今回レースに於いても戦前時点で既に敗因設定がある馬は提供除外(ex.前走[距離長]が敗因設定→今回距離延長のケースなど)・1つのレースに少なからずの該当馬が居る場合には価値の希薄性の観点から原則提供除外・今回メンバーレベルD以上で前走レースレベルDE馬は足切りなど能力不足判断馬は提供除外。
●チェック馬=平場回顧号での次走[激走]要チェック馬リスト馬。ただし、今回レース条件が指定時の想定と違う場合には提供除外(例えば前走芝で次走注目とした馬が今回ダート出走の場合etc.)・能力不足判断馬は提供除外。
●Hレベルレース馬=直近走レースレベルCD以上のHレベル戦で最低限中身ある走りをしていたレースレベル観点からの浮上馬で、尚且つそれが今回レースに於いて“希少(出走馬の中で約1頭)”な存在である場合に指定。

--------------------
※全場分&全推奨馬は完全版限定です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」で本文をご覧下さい
(ニックネームは何でも可です)
--------------------
☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆アルテミスSの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]スワンS(C)/[2]全3頭)

https://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=284
(※詳しくは本年予想成績経過(3日間計7開催の余波で遅れてスミマセン…)と併せまして後日改めて記事にしますが、今週末より“netkeibaウマい馬券”に参戦することとなりました。
今週のブログ予想以外の予想掲載媒体は“完全版メルマガ”と“netkeibaウマい馬券”と致します。
あくまでも当方のメインは“完全版メルマガ(1週間600円台)”であり続けますので、“netkeibaウマい馬券”の方ではオッズに支障をきたさない様、多売を避けるべくの販売ポイント設定とさせて頂きます。
ただ、既にご利用の多くの方はご存知かと思いますが、無料ポイント付与もあったり読者サイドに“非常に優しい”最大手サイトですので…予想をかいつまんで参考にされたい方など、是非ともご覧頂けますと幸いですm(__)m)

【ブログ重賞OP予想】
東京11Rアルテミスステークス(勝負度C)
[印]
◎(本命馬/複系推奨馬)の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で公開中!
△リアアメリア

[見解]

67iop
本命馬〇〇〇〇〇の二つ上の姉パイオニアバイオについては『未勝利戦時代はHレベル戦での好走例多数で、ただし不向き中山コースや東京コースだと軽い決着だった分で勝ち切れずという戦績でした…母アニメイトバイオもこんな善戦ホースでしたが、そういう相手ナリに強い相手関係・タフなレース質で浮上する適性の持ち主に思えます』との見解を記していました。

母アニメイトバイオ然り、姉パイオニアバイオ然り、この血統は格下相手よりは相手強化戦で味が出る傾向があります。

そしてアニメイトバイオの仔・パイオニアバイオの妹であるコノ馬もその系譜を踏むこれまでの戦績で、2走前重賞では人気薄好走、前走では自己条件で人気未満の凡走…再び重賞挑戦となる今回も相手ナリに走って馬券内突入可能性は十分に描けます。

大人気リアアメリアはまともならば圧勝してしかるべきの大器と見ますが、気性面の不安がゼロではない面で全幅の信頼(軸)まではせずの不動の相手馬との評価で。
(※買い目は完全版予想内にて)

-------------------
☆アルテミスSの◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

(※記事最下部は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です))

--------------------

完全版メルマガ[1週600円台で“重賞OP予想&平場推奨馬一覧から展望回顧まで全てコミコミ”の週5長文配信]の新規購読予約受付中】
●価格:1週600~650円程
(地方競馬の場立ち予想(1R200円)・最もメジャーなnetkeiba予想(400円)よりも安価)
●内容:平日3通「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末2通&2記事「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」

『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
完全版購読を検討したいという方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに「詳細希望」とメール送信)して頂ければ随時ご案内を差し上げます(※登録不可時or案内未着時or不明点等はお気軽にメールでご連絡下さい)

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

続きを読む

↑このページのトップヘ