2020年02月

〜日曜予想[メイン予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]中山記念の推奨馬の馬名は(6位)で公開中!
《→近走平均パフォーマンスレベル最上位馬=まず買わねばならない最も能力的に評価している馬として…。
---------------------------------------------------------------------------

☆オリジナル出馬表の見方

jgh
→馬名→レース間隔/[前走]クラス・コース距離(※重賞OP競走版はレース名)→→着順→
・最上部のブラック囲み部位→メンバーレベルC以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル]
左側のパープル囲み部位→属性&チェック馬
=スンナリ系馬(スンナリ系気質を複数回見せている馬)、=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、=スンナリ系馬且つ次走チェック馬、=折り合い難馬・気性難馬、=良馬場向き馬・=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左・右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け向き、叩=叩き良化型、=レースレベル観点での注目馬(基本的にHレベルレース歴戦馬)、狙・注は次走チェック馬(※候・見・元は個人的なマークなのでスルーして下さい)」
真ん中のレッド囲み部位→レースレベル
C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル]
その右のオレンジ囲み部位→発生バイアス「後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利etc.」
その右のグリーン囲み部位→補正タイム
その右のブルー囲み部位→レース評価
「X・Y・Z=次走注目評価/N=ノーカウント評価」(※重賞OP競走はアルファベット順の[S-A-B-C-D-E-F-−]のパフォーマンスレベルも掲載)
その右のグレー囲み部位→レースメモ「膨大につきコチラのリンク先で別掲」
※レースメモは原則的に敗因orパフォーマンスを下げた要因を表す記号です(リンク先の赤文字箇所はその例外)。ただし、レース評価(XYZ/N)・レースメモ(敗因)は敢えて網羅はさせていません…私がキチンと妙味に繋がるとジャッジするケースに絞り込んで記しています。例えば、そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありませんし、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありません等々。

☆オリジナル出馬表の意義とメリット
18年3月掲載⇒

◆文綟掲載予定)

☆オリジナル出馬表の活用法
基本的には以下の3パターン(連続ワケ有り敗戦馬・チェック馬・Hレベルレース馬)に属する馬に注目して頂くのがベターです。また、何れにしても“レベル”の観点は何よりの土台になりますので、連続ワケ有り敗戦馬・次走チェック馬でも近走レースレベルよりも今回メンバーレベルが高い場合には入れ込み過ぎない方がベターです(その逆こそが狙い目です)。
56i7ty8o

☆オリジナル出馬表の実践例
19年7月掲載
(随時追加予定)

☆明日のオリジナル出馬表/平場推奨馬一覧(暫定分)
≪完全版メルマガ購読者限定となっておりますm(__)m≫
該当の方は≪記事最下部までスクロール→[ログイン]をクリック→[パスワード認証]をクリック→[ニックネーム(何でも適当で可)&パスワード(毎週初にお知らせ)]を入力≫でご覧下さいませ。
--------------------------------------
☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場予想(推奨馬一覧))
(本日の提供予想…[1]マーガレットS(B~C)/[2]全2頭)
note=[1]1R350円程・[2]1R200円台×レース数(最大1日980円)/競馬予想GP=[2]1日800円
netkeibaウマい馬券=[1][2]1R500~600pt(※オッズ保護の為に1~9Rの勝負穴予想は提供外)
完全版メルマガ

--↓netkeibaウマい馬券↓--





【ブログ重賞OP予想】
阪神11R仁川ステークス(勝負度C)
[印]
◎ナムラアラシ

[見解]

ertu
本命馬〇〇〇〇〇について、まずは前走ポルックスS激走時の穴推奨(3番手評価)見解を参照↓
『「毎度冬場に調教時計を出せるようになって変わり身を見せてくる馬…そうでない限りはバタバタ調教ばかりで実戦でも凡走なので、調教次第で狙う余地有」と書いてきた馬です。
昨年の好走は2月のアルデバランSのみ、一昨年の好走は2月のアルデバランS&仁川Sのみ…共に冬場で調教良化していたというのが共通項としてありました。
その冬場初戦で、ポリ追いとはいえどもベスト時計更新して全体&終い共に動けている今回は変わるならココしかないだろうと思わされます。』

・・・
なかなか季節馬を一発目から狙いに行くのはハイリターンでもハイリスクなのですが、コノ馬の場合にはその調子のバロメーターが調教時計に現れるのが特徴としてありました。
前走の「得意冬場初戦+調教時計良化」のタイミングで「パフォーマンス一変」ならば、それはフロックではなくコノ馬の本質的な一変劇だっただろうと言えるはずです。
その前走タイミングこそ狙い時だったというのはその通りですが、この手の馬の場合だとだからと言って狙い時が終わったというワケではありません…一般的にはその13人気2着激走はフロック視もされるはずで、それが上記みたく季節背景という確かな根拠に基づく激走であるとすれば…同季節内の次走再激走が見込めてくる=人気が上がり切らない段階ならば後追いをすべき存在になるというワケです(ちなみに、同ローテで挑んだ昨年は前残り展開で詰まり7着で…本年も展開利は欲しい所ですが、ここでもギリギリ足り得る穴馬として推奨します)。

-------------------
☆仁川ステークスの◎本命馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました


--------------------------------------
【考えるヒント完全版DMMオンラインサロン3月開設《今だけ30日間無料キャンペーンの先行受付を実施中(先着人数限定)》】
o;k;o
●キャンペーン:開設日(3/4)より前に先行入会をされた方は先着順(残り40名程)》で《30日間無料》とさせて頂きます!継続縛りなどは一切ありませんので、少しでも完全版にご興味がおありの方はこの機会に是非ともご検討下さいませ。枠が埋まり次第終了となりますが、(熱心な読者様に届く様に)最下部掲載など露出を絞っていますのでまだ満枠にはならないはずです…もし残り僅かとなった際には告知しますので、ジックリとご検討頂けますと幸いです。
●価格:月3860円=1開催日あたり420円台(noteやウマい馬券の半額以下の価格設定/最も原始的な地方競馬の場立ち予想の相場1R200円&最もメジャーなウマい馬券の相場1R400円よりも大幅に安価=業界的にも割安水準の価格設定です

●内容:平日「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
→完全版オンラインサロンに30日間無料キャンペーンでの先行入会を希望の方はコチラから

---------------------------------------

☆オリジナル出馬表の見方
jgh
→馬名→レース間隔/[前走]クラス・コース距離(※重賞OP競走版はレース名)→→着順→
・最上部のブラック囲み部位→メンバーレベルC以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル]
左側のパープル囲み部位→属性&チェック馬
=スンナリ系馬(スンナリ系気質を複数回見せている馬)、=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、=スンナリ系馬且つ次走チェック馬、=折り合い難馬・気性難馬、=良馬場向き馬・=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左・右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け向き、叩=叩き良化型、=レースレベル観点での注目馬(基本的にHレベルレース歴戦馬)、狙・注は次走チェック馬(※候・見・元は個人的なマークなのでスルーして下さい)」
真ん中のレッド囲み部位→レースレベル
C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル]
その右のオレンジ囲み部位→発生バイアス「後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利etc.」
その右のグリーン囲み部位→補正タイム
その右のブルー囲み部位→レース評価
「X・Y・Z=次走注目評価/N=ノーカウント評価」(※重賞OP競走はアルファベット順の[S-A-B-C-D-E-F-−]のパフォーマンスレベルも掲載)
その右のグレー囲み部位→レースメモ「膨大につきコチラのリンク先で別掲」
※レースメモは原則的に敗因orパフォーマンスを下げた要因を表す記号です(リンク先の赤文字箇所はその例外)。ただし、レース評価(XYZ/N)・レースメモ(敗因)は敢えて網羅はさせていません…私がキチンと妙味に繋がるとジャッジするケースに絞り込んで記しています。例えば、そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありませんし、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありません等々。

☆オリジナル出馬表の意義とメリット
18年3月掲載⇒

◆文綟掲載予定)

☆オリジナル出馬表の活用法
基本的には以下の3パターン(連続ワケ有り敗戦馬・チェック馬・Hレベルレース馬)に属する馬に注目して頂くのがベターです。また、何れにしても“レベル”の観点は何よりの土台になりますので、連続ワケ有り敗戦馬・次走チェック馬でも近走レースレベルよりも今回メンバーレベルが高い場合には入れ込み過ぎない方がベターです(その逆こそが狙い目です)。
56i7ty8o

☆オリジナル出馬表の実践例
19年7月掲載
(随時追加予定)

☆明日のオリジナル出馬表/平場推奨馬一覧(暫定分)
≪完全版メルマガ購読者限定となっておりますm(__)m≫
該当の方は≪記事最下部までスクロール→[ログイン]をクリック→[パスワード認証]をクリック→[ニックネーム(何でも適当で可)&パスワード(毎週初にお知らせ)]を入力≫でご覧下さいませ。
--------------------------------------
☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

続きを読む

☆阪急杯の◎候補馬(近走平均パフォーマンスレベル最上位馬=まず買わねばならない最も能力的に評価している馬)の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆今週の全重賞レースのオリジナル出馬表&ワンポイント
※オリジナル出馬表の見方などトリセツはコチラの記事をご参照下さい
●阪急杯→
開幕週のやや内有利で行われる内回り千四コース戦。それ故に密集競馬になちがちで、フルゲート揃った昨年&一昨年では出走馬の半数は直線で詰まっており、最後までまともに追われずに終戦になる馬も出てくる“大渋滞”レース。買い易いのは渋滞に巻き込まれない“逃げ系の馬”と“外追い込み系の馬”。中途半端な先行~差し脚質の上位人気馬だと、その不確定要素(リスク)による好走確率目減りが確実にある分で…やや割に合わない狙いになると言えるか。
ytiuoiu
●中山記念→
前哨戦らしく立ち回り優先のレースになりがちで、近7年連続で先行馬が勝利&3年連続で1番人気の差し馬が馬券外に飛んでいるのが特徴的。後者の競馬になりがちな次を見据えた競馬をした人馬を避けるのが吉。65ti7o8

☆先週の“全”予想結果

重賞OP予想3R中2的中/平場予想4頭中0好走
フェブラリーS◎ケイティブレイブ16人2着(買い目回収率3532%)・小倉大賞典◎ジナンボー2人3着(同156%)・ダイヤモンド◎タイセイT5人5着」
※フェブラリーSの表示回収率は、最終オッズで指定通りの買い方をした場合の「同買い目の合成オッズ17.66倍×2本的中」からの算出です
先週はフェブラリーS大的中がありましたが、正直な所は“あまりにも人気がなさ過ぎた”に尽きるラッキーパンチ感も否めずですが…それでも年明けのダート重賞&OP特別予想は前週の◎ベストマッチョ10人3着など5戦5勝で、昨春以降からはダートオープン戦線が一番当たっている分野となっているのは確かで…そこが“キチンと見えている”というのは間違いない所だと思っています。
ただ、その一方で芝の方はそうとも言えず…なので、それに浸らない様に更新も回顧&展望記事を優先させて頂きました。
そのお陰で芝2重賞は悪くない予想はできそうな感触は掴めましたし、また面白そうな激戦ダートOP特別戦もありますし、そして先週は本年最少の予想数で勝負避けたとはいえ4の0に終わった平場の方も開催替わり(平常馬場替わり)は非常に助かる所で・・・今週こそは全分野で(一発以外でも)中長期スパンで中上位結果に至れる様な“好内容”の予想を目指してやって参ります。
(※netkeibaウマい馬券では今回の一発で本年回収率102人中3位に浮上しましたが…決して一発頼みではなくその前段階でも回収率12位につけていました)

先週の一枚(フェブラリーSの自身購入馬券)


読者さんからの的中報告
《いつも的中報告等の嬉しいメールをありがとうございます。今回は昨年ダービーに次ぐ程の過去最多級の報告を頂きまして…ほんの一部のみとなってしまいますが紹介させて頂きます。》

1582446280951Screenshot_2020-02-23-16-08-49


--------------------------------------
【考えるヒント完全版DMMオンラインサロン3月開設《今だけ30日間無料キャンペーンの先行受付を実施中(先着人数限定)》】
o;k;o
●キャンペーン:開設日(3/4)より前に先行入会をされた方は先着順(残50名台)》で《30日間無料》とさせて頂きます!継続縛りなどは一切ありませんので、少しでも完全版にご興味がおありの方はこの機会に是非ともご検討下さいませ。枠が埋まり次第キャンペーン終了となりますが、今回は(熱心な読者様のみに届く様に)露出を絞る最下部掲載にしましたのでまだ満枠にはならないはずです…もし残枠が僅少になった際には告知しますので、ジックリとご検討頂けますと幸いです。
●価格:月3860円=1開催日あたり420円台(noteやウマい馬券の半額以下の価格設定/最も原始的な地方競馬の場立ち予想の相場1R200円&最もメジャーなウマい馬券の相場1R400円よりも大幅に安価=業界的にも割安水準の価格設定です

●内容:平日「第2重賞有力馬診断+平場回顧+重賞回顧」/週末「土日予想(重賞予想+平場推奨馬一覧)+オリジナル出馬表(レースレベル+レースメモ)」
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
→完全版オンラインサロンに30日間無料キャンペーンでの先行入会を希望の方はコチラから

---------------------------------------

☆阪急杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆今週のPICK UPツイート


☆馬場考察

[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土日共にイーブン/B
京都…土はイーブン→外有利、日はやや外有利/F
小倉…土はイーブン→外有利、日はイーブン/F

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…1週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
阪神…1週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
中京…1週目/コース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
2/1 D東京イ(A)    B京都3~イ(E)     A小倉イ=2イ(F)
2/8 D東京イ=2~イ(A) B京都イ~3=3~イ(C) B小倉イ3=イ(C)
/15 D東京2イ=イ(A=D) B京都3~イ=34(D=F) B小倉3(E=F)
2/22D東京イ(B)     B京都イ3=イ~3(F)  B小倉イ3=イ(F)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
2/23 A中山イ(A)    A阪神イ(B)      B小倉2~イ(C)
3/2 A中山イ=イ3(D=F) A阪神イ(B) B小倉イ=イ~3(C=F)
3/9 A中山イ=3~イ(C=B) A阪神イ(B=BC) A中京イ(B=BC)
3/16 A中山イ=イ~3(B)  A阪神イ(D)   A中京イ(B=C)
3/23 A中山イ(BC=C)   A阪神イ(B)    B中京イ(A)
3/30 B中山イ=イ~3(B)  B阪神イ2=イ(BC=CB)
※一覧表の見方&過去年分についてはコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル(暫定値)&発生バイアス
(R印3欄…C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

ruiytuo
rutyiuo
★次走激走馬は[Hレベル戦組]と[バイアス逆行馬(内有利戦での外回し馬・後有利戦での先行馬etc.)]に多数潜む→上記チェック戦を重点的に見直すのがオススメ(低レベル戦だと幾ら徹底分析したとしても、そもそも次走好走する馬は最初から一頭も含まれておらずというコトもザラです)

☆先週
の次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)

[日曜京都10R(3勝クラス)] 6着サトノケンシロウ
まずは2走前比叡山S時の推奨文を参照↓
ytiuoio
・・・
その2走前は良馬場&平坦京都という二大好材料揃いで8人2着激走。
前走は一転して雨馬場&急坂阪神という二大非好条件揃いで3人13着凡走で、今回は京都コース戻りも引き続き雨馬場での凡走という結果に。
再び一度も崩れていない、良馬場且つ平坦コース条件替わりならば巻き返しが期待できる一頭と言えます。
※全チェック馬頭分&次走出走時お知らせは完全版メルマガ限定提供ですm(__)m

--------------------
☆阪急杯の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→コノ馬の昨年の2好走歴である阪急杯3着と京王杯SC3着は共に内枠を引いて、インで詰まる位の競馬をして溜めを利かせられた結果の激走でした。
それ以外の敗戦は外枠を引いて折り合いを欠き気味の競馬ばかりで、唯一内枠を引けた2走前カーバンクルSはミナリク騎手騎乗でドン詰まりの競馬でした。
距離適性的には千四辺りがベストでしょうし、その上で昨年2戦2好走の内枠から捌ける競馬ができれば一変可能性も。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!


--------------------

☆阪急杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規予約受付中
--------------------

【阪急杯の有力馬診断(後篇)〜[マイスタイル]〇×戦績はオカルトではなく…田中勝Jが操縦可能な馬の精神状態であるか否かが最たるポイントに(ex,前走が逃げ好走なら次走は制御難に)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
rtuyiuoi

▽スマートオーディン牡7秋山真56池江寿(栗東)
2走前阪神カップは内有利馬場で、外枠から外追走競馬をしたバイアス不利もあっての敗戦。
前走淀短距離Sは距離不足千二での敗戦。
ただし、その前の外差し有利スワンSでも後方届かずの競馬だったのは物足りず…嵌まり勝ちした昨年程の近況に及ばない点で買い辛い。
また、気性難で折り合いが非常に重要な馬であるが、今年のメンバーだとペースも流れそうにないのもマイナス材料で。


―ティーハーフ牡10○○56西浦(栗東)
近2走は得意とする京都且つタフ馬場でも全く動けず…常識的には高齢10歳馬の衰えと見るべきか。
2回前の休み明け初戦は9人気3着激走、その前の間隔が空いていた場面では18年鞍馬S12人1着・17年高松宮記念16人4着など、休み明けローテでの鉄砲駆けも目立っていた馬で…実際に休み明け初戦よりも叩いてパフォーマンスを上昇させた例はこれまでほぼ無いという馬ですので。


▽ステルヴィオ牡5丸山57木村(美浦)
まずは前走安田記念の回顧文を参照↓
『後方外追い込み競馬というアーモンドアイと似た最悪競馬からの8着。
流石にアーモンドアイとは能力が違ったようでこの着順止まりでしたが、それでも上がりはそれに次ぐ2位でゴール前の脚色は際立っており、一言勿体ない競馬だったのは確かです。
昨年マイルCSは低速決着での勝利。本質的には高速マイル条件は忙しい嫌いはあります。距離千八以上の大箱条件ならば巻き返しを信頼したいです。』

・・・
この馬の過去ベストパフォである毎日王冠2着やマイルCSはゆったりと流れて直線瞬発力勝負で決めたモノでした。
今回は喉の問題で距離千四を試す模様ですが、本質的には距離短縮路線も小回り千四コース替わりも良い方向に転ぶ馬とは見られません。


△クリノガウディー牡4○○56藤沢則(栗東)
前走東京新聞杯の日の東京芝はやや内有利傾向。1着プリモシーンは最内枠から道中は内を追走して直線では嫌気を差さぬ様に外に持ち出す形での激走、2着シャドウディーバは後方で内に進路を取って内を突く形、3着クリノガウディも好発から上手く折り合いを付ける形で一気に最内まで寄せる進路取りから直線でも内の進路取り…上位馬はどれも馬場バイアスを利する競馬をしての好結果でした。

昨シーズンは休み明け初戦で2着好走して、その後はレースを使う毎にレース間隔を狭めてパフォーマンスを低下させていった経緯。
気性的にも間隔を空けてあげた方が走れるはずで、NHKマイルC惨敗以来の中2週は果たして?


△フィアーノロマーノ牡6川田56高野(栗東)
コース適性としては急坂コースに良績集中、そして体質面・気性面共に脆いタイプで前者では休み明け初戦などリフレッシュな状態時ばかり好走で、後者では揉まれずの競馬ばかり好走という戦績の持ち主。
前走阪神カップでは控える競馬で初めての好走を成し遂げましたが、昨秋富士Sでのレイエンダ・エリ女でのラッキーライラック然り、スミヨン騎手が乗ると何故だか馬が動くというケースは多数あり…。
今回はコース条件は〇で、前走から中9週空くローテも〇で、あとはスミヨン騎手だからこそできた感がある差し競馬が他の騎手でもできるのかが?


★マイスタイル牡6田中勝56昆(栗東)
マイスタイルのOP昇級後の戦績は好走と凡走の繰り返し。
それを浅く掘り下げると、つまりは田中勝春Jが並騎乗できた時には好走して、田中勝春Jが駄騎乗した時には凡走の永遠ループなのですが…もっと深く言えば鞍上に駄騎乗をさせる馬の状態である時には凡走して、鞍上が導き易い馬の状態である時にはキチンと好走しているとも言えます。
その前のレースで逃げさせた後やHペース競馬をさせた後のレースではコントロールを付けられずに逆噴射傾向で、それに対して前走で我慢させる競馬をした後や距離短縮などコントロールを付けやすい局面ではキチンと走れる傾向という。
2走前マイルCSは逃げさせる競馬で4着健闘、前走はその後で控える競馬でも行きたがってしまい凡走…今回はその我慢させた競馬が生きる局面=走れる番という見方ができます。

中団競馬(4角5番手以下)の次走戦績[3-1-1-3]は3度の着外の内2つはG1での4着で、もう一つはドン詰まり敗戦で、実質的にはパーフェクトに走っているというワケです。

▽ライラックカラー牡5木幡育56藤沢和(美浦)
前走カーバンクルS時の中山芝はやや外有利傾向…それと少頭数立ても向いての大外枠大外追い込み勝利でした。
そのレース振りの限りでは能力上位は認められないのと、差し追い込み競馬では全く期待できない&勝負気配の薄さが読み取れる木幡育騎手騎乗では…。

★○○○○○○(←阪急杯の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走京都金杯までは距離千四では6戦6連対、千六では6戦2連対だったという馬。
距離千六でもダービー卿CT4着やマイルCS10着などそれなりに走れているので、致命的という要素ではありませんが、確かにパフォーマンスの差異は認められる点です(内枠ならマシでも、外枠を引くと大きくパフォーマンスを落とす傾向が認められます)。
前走京都金杯ではその距離マイルで2着に走りましたが、他の馬が走らなかったのと枠順展開に恵まれた分での着順で、この距離に絶対的な自信を持てるという結果ではなかった点では注意が必要です。
今回はそこからパフォーマンスを上げる要素に違いない距離短縮千四で…順当に上位評価をすべき一頭と見ます。

--------------------
☆阪急杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


↑このページのトップヘ