2021年01月

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場推奨馬一覧)
[1]前日結果=1R中1的中/本日予想=根岸S・シルクロードS
[2]前日結果=2頭中1好走/本日予想=全3頭[小倉3〜]
完全版メルマガ=外部媒体より6~9割安価(最安)の1開催日320円前後でほぼ毎日配信
完全版DMMオンラインサロン=お手軽に1週間お試し無料1ヶ月単位で購読可能
note=[1]1R400円程/[2]1R275円程×レース数(最大1日980円)
netkeibaウマい馬券=1R500~750pt(平場勝負穴予想のみオッズ変動防止の為に900pt)
------------------------
東京11R根岸ステークス予想買い目

【ブログ重賞OP予想】
京都11RシルクロードS(勝負度C)
[印]
◎ラウダシオン

[見解]
rtutyo
先週までの中京芝は大型馬優勢⇔小型馬不振という、馬格こそが物を言う状況が継続しています。その上で、当初から馬場コンディションが悪かった中で、先週の大雨開催で更にダメージが加わったとすれば、その傾向が加速する可能性すらも考えられます。

また、中京芝1200コースの特徴としては、他場の芝1200コースと比べてスタミナと末脚の性能の確かさが要求されます。距離1200に特化した生粋のスプリンタータイプよりは、距離1200よりも長い距離をこなせる様なマイラー寄りタイプに向くコースです。
例年の京都芝1200で行われたシルクロードSでは、近10年の好走馬30頭の中で距離短縮ローテ馬は5頭のみでした。それに対して、中京芝1200で行われる重賞レースでは、馬場改修後の近9年の好走馬54頭の中で距離短縮ローテ馬は23頭で、出走比率を考慮すれば距離短縮ローテ馬(つまりは距離1400以上も守備範囲としている馬)の活躍が非常に目立っていると言えます。

今回距離短縮ローテで挑むのはラウダシオン(前走マイルCS)・クリノガウディ(前走阪神カップ)・ヴェスターヴァルト(前走飛騨S)の3頭のみですが、その中で馬格面でもアドバンテージが見込めるラウダシオンを推奨馬とします。

父母のトキオリアリティー牝系馬は前向きな気性とスピード面に秀でており、それを受け継ぐ父リアルインパクトの産駒も距離短縮ローテで好成績を挙げる傾向からも、ラウダシオンの今回の中京芝1200コース参戦は非常に魅力的と言えます。

そして、ラウダシオン自身のポイントとしては、最終追い切りで速い時計を出し過ぎるとレース本番で反動が出ることがあり、最終追い切りでは遅い時計の方がレース本番で走れる傾向が指摘できます。具体的には栗東CWコースでラスト3F38秒台以下の場合には[1-1-1-2]に対して、39秒台以上の場合には[2-1-0-0]でパーフェクトとなっており、前者の調教パターンで凡走した前走から後者の調教パターンに切り替えた今回は、一変を期待したいトコロです。

-------------------

☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
iuphoi@
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】を中期(約10~12週)~長期単位で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

☆オリジナル出馬表の見方
jgh
→馬名→レース間隔/[前走]クラス・コース距離(※重賞OP競走版はレース名)→→着順→
・最上部のブラック囲み部位→メンバーレベルA[超Hレベル]-B[Hレベル]-C[並]-D[低レベル]-E[超低レベル]
左側のパープル囲み部位→属性&チェック馬
=スンナリ系馬(スンナリ系気質を複数回見せている馬)、=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、=スンナリ系馬且つ次走チェック馬、=折り合い難馬・気性難馬、=良馬場向き馬・=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左・右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け向き、叩=叩き良化型、=レースレベル観点での注目馬(基本的にHレベルレース歴戦馬)、狙・注は次走チェック馬(※H・候・見・元は個人的なマークなのでスルーして下さい)」
真ん中のレッド囲み部位→レースレベル
A[超Hレベル]-B[Hレベル]-C[並]-D[低レベル]-E[超低レベル]
その右のオレンジ囲み部位→発生バイアス「後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利etc.」
その右のグリーン囲み部位→補正タイム
その右のブルー囲み部位→レース評価
「X・Y・Z=次走注目評価/N=ノーカウント評価」(※重賞OP競走はアルファベット順の[S-A-B-C-D-E-F-−]のパフォーマンスレベルも掲載)
その右のグレー囲み部位→レースメモ「膨大につきコチラのリンク先で別掲」
※レースメモは原則的に敗因orパフォーマンスを下げた要因を表す記号です(リンク先の赤文字箇所はその例外)。ただし、レース評価(XYZ/N)・レースメモ(敗因)は敢えて網羅はさせていません…私がキチンと妙味に繋がるとジャッジするケースに絞り込んで記しています。例えば、そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありませんし、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありません等々。

☆オリジナル出馬表の意義とメリット
18年3月掲載⇒

◆文綟掲載予定)

☆オリジナル出馬表の活用法
基本的には以下の3パターン(連続ワケ有り敗戦馬・チェック馬・Hレベルレース馬)に属する馬に注目して頂くのがベターです。また、何れにしても“レベル”の観点は何よりの土台になりますので、連続ワケ有り敗戦馬・次走チェック馬でも近走レースレベルよりも今回メンバーレベルが高い場合には入れ込み過ぎない方がベターです(その逆こそが狙い目です)。
56i7ty8o

☆オリジナル出馬表の実践例
19年7月掲載
(随時追加予定)

☆明日のオリジナル出馬表
≪完全版購読者限定となっておりますm(__)m≫
該当の方は≪記事最下部までスクロール→[ログイン]をクリック→[パスワード認証]をクリック→[ニックネーム(何でも適当で可)&パスワード(毎週初にお知らせ)]を入力≫でご覧下さいませ。
--------------------------------------
☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》

続きを読む

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場推奨馬一覧)
[1]前日結果=2R中2的中(2戦1勝)/本日予想=無し・[ブログ予想]
[2]前日結果=2頭中1好走/本日予想=全頭[]深夜25時頃更新
完全版メルマガ=外部媒体より6~9割安価(最安)の1開催日320円前後でほぼ毎日配信
完全版DMMオンラインサロン=お手軽に1週間お試し無料1ヶ月単位で購読可能
note=[1]1R400円程/[2]1R275円程×レース数(最大1日980円)
netkeibaウマい馬券=1R500~750pt(平場勝負穴予想のみオッズ変動防止の為に900pt)
------------------------

【ブログ重賞OP予想】
※本日は重賞OP予想の提供が計1レースのみですので、このブログ上での無料公開予想は休載とさせて頂きます。
次回日曜予想(日曜0時更新)では「シルクロードS予想」をブログ上で公開致しますので、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m


-------------------

☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
iuphoi@
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから

☆オリジナル出馬表の見方
jgh
→馬名→レース間隔/[前走]クラス・コース距離(※重賞OP競走版はレース名)→→着順→
・最上部のブラック囲み部位→メンバーレベルA[超Hレベル]-B[Hレベル]-C[並]-D[低レベル]-E[超低レベル]
左側のパープル囲み部位→属性&チェック馬
=スンナリ系馬(スンナリ系気質を複数回見せている馬)、=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、=スンナリ系馬且つ次走チェック馬、=折り合い難馬・気性難馬、=良馬場向き馬・=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左・右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け向き、叩=叩き良化型、=レースレベル観点での注目馬(基本的にHレベルレース歴戦馬)、狙・注は次走チェック馬(※H・候・見・元は個人的なマークなのでスルーして下さい)」
真ん中のレッド囲み部位→レースレベル
A[超Hレベル]-B[Hレベル]-C[並]-D[低レベル]-E[超低レベル]
その右のオレンジ囲み部位→発生バイアス「後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利etc.」
その右のグリーン囲み部位→補正タイム
その右のブルー囲み部位→レース評価
「X・Y・Z=次走注目評価/N=ノーカウント評価」(※重賞OP競走はアルファベット順の[S-A-B-C-D-E-F-−]のパフォーマンスレベルも掲載)
その右のグレー囲み部位→レースメモ「膨大につきコチラのリンク先で別掲」
※レースメモは原則的に敗因orパフォーマンスを下げた要因を表す記号です(リンク先の赤文字箇所はその例外)。ただし、レース評価(XYZ/N)・レースメモ(敗因)は敢えて網羅はさせていません…私がキチンと妙味に繋がるとジャッジするケースに絞り込んで記しています。例えば、そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありませんし、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありません等々。

☆オリジナル出馬表の意義とメリット
18年3月掲載⇒

◆文綟掲載予定)

☆オリジナル出馬表の活用法
基本的には以下の3パターン(連続ワケ有り敗戦馬・チェック馬・Hレベルレース馬)に属する馬に注目して頂くのがベターです。また、何れにしても“レベル”の観点は何よりの土台になりますので、連続ワケ有り敗戦馬・次走チェック馬でも近走レースレベルよりも今回メンバーレベルが高い場合には入れ込み過ぎない方がベターです(その逆こそが狙い目です)。
56i7ty8o

☆オリジナル出馬表の実践例
19年7月掲載
(随時追加予定)

☆明日のオリジナル出馬表
≪完全版購読者限定となっておりますm(__)m≫
該当の方は≪記事最下部までスクロール→[ログイン]をクリック→[パスワード認証]をクリック→[ニックネーム(何でも適当で可)&パスワード(毎週初にお知らせ)]を入力≫でご覧下さいませ。
--------------------------------------
☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》

続きを読む

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
--------------------
☆今週のnetkeibaコラム〜【シルクロードSのレース展望】
馬格の有無が物を言う今開催の中京芝+距離1400以上適性馬に分がある中京芝1200コース

コチラ→https://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH121

根岸Sの有力馬診断(1頭分をブログでも特別公開)
△アルクトス 牡6 田辺 59 栗田徹(美浦) 

2走前南部杯1着について、田辺騎手はインタビューで『使った反動もあって、コンスタントに使える馬ではなかった。でも同じメニューのままじゃきついな、ということで、馬には負担をかけてしまうけど、調教をもう少し積みたい』としていましたが、3走前エルムSまではポリトラックやダートなど負荷の軽い調教メニューだったのに対して、2走前南部杯では負荷の強いウッドコースメインの調教メニューで一変という経緯でした。

そこからの連戦の前走チャンピオンズCは1本目こそWコースだったのもの、その後はダート主体の調教メニューにトーンダウンで好走ならず。
そこから調教負荷の観点では攻め強化(計3本消化)できているのはプラスで、ただし調教動きの観点ではそれにしても動けていない辺りは果たしてどうなのかですが…。
※診断全篇は完全版オンラインサロン&完全版メルマガ&競馬予想GPで全篇公開中!


☆馬場考察 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記)
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向]

中山…土はやや外有利、日は外有利/土はD、日はF
中京…土はやや外有利、日はイーブン/土はD→E、日はF
小倉…土はイーブン、日はやや外有利/土はD→E、日はE

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…1週目/Dコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA〜B
中京…5週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はC
小倉…3週目/Aコース/伸び所はやや外有利〜イーブン/馬場差はC

[今開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表]
1/5C中山イ(C)       A中京2~イ(B)
1/9C中山イ=イ=イ3(C) A中京2=2=2イ(B)
1/16C中山イ~3=イ(C)  A中京2イ(B)  A小倉2=イ(S=A)
/23C中山3~イ=3(D=F)A中京イ~3=イ(DE=F)A小イ=3~イ(DE=E)

[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
1/5 C中山イ(B)   A京都イ(E)
1/11C中山イ(B)    A京都2~イ=2=2~イ(E)
1/18C中山3=3~イ(F=E) A京都イ=2~イ(E) A小倉2~イ(CE=E)
1/25C中山3~イ(D)   A京都イ(E=F)    A小倉イ(E=F)
2/1 D東京イ(A)    B京都3~イ(E)     A小倉イ=2イ(F)
2/8 D東京イ=2~イ(A) B京都イ~3=3~イ(C) B小倉イ3=イ(C)
/15 D東京2イ=イ(A=D) B京都3~イ=34(D=F) B小倉3(E=F)
2/22D東京イ(B)     B京都イ3=イ~3(F)  B小倉イ3=イ(F)
※一覧表の見方&過去年分についてはコチラの記事をご参照下さい

☆先週のレースレベル&発生バイアス(※暫定値/日曜分は完全版限定提供)
(R印3欄…A[超Hレベル]-B[Hレベル]-C[並]-D[低レベル]-E[超低レベル])
(R印1欄…レベル=Hレベル戦、後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利 etc.)

yuoyipol
★次走激走馬は[Hレベル戦組]と[バイアス逆行馬(内有利戦での外回し馬・後有利戦での先行馬etc.)]に多数潜む→上記チェック戦を重点的に見直すのがオススメ(低レベル戦だと幾ら徹底分析したとしても、そもそも次走好走する馬は最初から一頭も含まれておらずというコトもザラです)

☆先週
の次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
※全チェック馬は完全版メルマガ&完全版オンラインサロン限定提供ですm(__)m

--------------------

☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》

yuiyuoi
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】中期(約10~12週)~長期単位で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
--------------------
【シルクロードSの有力馬診断〜スクリーンH牡駒らしく“格上げ戦〇⇔格下げ戦△”のクリノガウディー([G3東スポ7着→G1朝日杯2着→G2スプS6着]・[G3阪急杯7着→G1高松宮1位→G3CBC12着])〜】

※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
yp9i@
▽クリノガウディー 牡5 鮫島駿 58 藤沢則(栗東)

父スクリーンヒーローの産駒について、牡馬は[昇級〇⇔降級△]で勢いある時には格上相手での大物喰いの魅力あるという傾向。逆に格下げ戦では、格上げ戦よりも回収率はもとより好走率までも下がるというのは顕著な数字で。

クリノガウディー自身も過去にG3凡走からG1激走が2度という一発タイプで、昨秋以降の戦績は「G3よりもG2よりもG1」で走っているという歪な傾向となっています。

G2から格下げ戦(相手弱化戦)のG3出走の今回は買い時ではない。


―コントラチェック 牝5 池添 55 藤沢和(美浦) 

これまでも逃げなら4戦4勝、逃げ以外なら9戦9敗という、どうしても逃げでないと落ち着いて走れない面があるという馬です。

それならば、逃げれば良いのではというお話ですが、馬優先主義の藤沢和雄厩舎だけにそういう馬を終わらせる方向の舵取りはなくて、毎度の様に「2〜3番手でも大丈夫」との談話を出して逃げない競馬の訓練調教を行って…ふたを開けてみればそれでは駄目だったという永遠ループというこれまでになっています。

前走ラピスラズリSは距離短縮千二で折り合わせる策略も不発だっただけに、どう考えても逃げの手に出られないココでの一変は望み薄。

▽ザイツィンガー 牡5 和田竜 55 牧田(栗東) 

前走淀短距離S時の中京芝は内がグリーンベルト状態で土日は極端な内有利傾向が発生。そこで不利な大外枠から大外追い込み競馬で8着した同馬のパフォーマンスは存外悪くありませんでした。

2走前オーロCも同じく伸びない内を選択するバイアス不利競馬が響いた敗戦でした。

このクラスでも得意渋化馬場で展開やバイアスが向ければ食い込みがあっても良さそうですが、良馬場の重賞レースではやや能力不足か。


▽シヴァージ 牡6 福永 56 野中(栗東) 

まずは3走前セントウルS4人10着時の有力馬診断を参照↓

『4走前淀短距離Sは道中は不利を受けて後退、直線でもラスト1Fまで進路取れずも内前有利展開を急追4着で…まともならば勝っていたはずと言える競馬でした。

その後の3走前北九州記念は外差し有利レースでの勝利、2走前高松宮記念は前残り展開での5着止まり、前走函館SSも同じく前残り展開での5着止まりという近況、

2走前高松宮記念は見方によっては展開不利にもかかわらず強い競馬とも言えるでしょうが、その末脚以上にそもそもスローペースでスプリント競走であの位置取りにまで置かれた点が気がかりで。同じく後方に置かれてから速い上がりを使って上位に迫ったのはグランアレグリアとグルーヴィットですが、共にスプリント志向馬ではなくて次走距離延長で好走した馬でした。

シヴァージのこれまでのレース振りはスプリント競走ではややスピード不足も感じさせるモノで…ここでも中団以降からの競馬になるはずですが、それで開幕週の内有利可能性馬場で間に合わせるのは簡単ではないはずで。』

・・・

スローペースの高松宮記念でも後方位置取りにまで置かれた様な馬で、それも含めて一貫して距離千二は短いと見解している通りです。

2走前スワンSまでは全て展開不利もありましたが、そうでなかった前走京阪杯でも同様の着順止まりだったのは距離適性の限界で…引き続きスプリント起用では同じような結果が続くのではないか。


▽タイセイアベニール 牡6 松山 56 西村(栗東) 

コノ馬は折り合い面に難しい所がある馬で、内枠良績⇔外枠不振という傾向の持ち主。

2走前オパールSは休み明け初戦と大外枠からの大外追走だった分で、中々スムーズな追走ができなかったのが響いた印象の負け方。

4走前北九州記念も大外枠での敗戦でした。

ただ、内目枠順を引いた前走淀短距離Sでも折り合い怪しくて伸び切れなかった辺りは心配な負け方で…その前走から変わってくる根拠は見出し辛い。


―ダイメイフジ 牡7 ○○ 57 森田(栗東)

一昨年の高松宮記念回顧『折合が鍵・集中して走れるか否かが何よりも重要という馬で、それは連闘内枠替わりで激走の前走オーシャンSの通り。今回は大外枠替わりで外に振られる競馬にもなって参考外の敗戦。内枠替わりで買い』の通りで、ようは折り合いを付けて行ける場面だと走れるというキャラ。

OP昇級後の好走歴は「距離短縮」「外枠からの内枠替わり」「逃げの手」に分類でき、前走はその距離短縮の手札を切って一変好走しましたが、もう好走の決め手となる手札が残っていない今回の連チャンは難しいはずで。


△モズスーパーフレア 牝6 北村友 56.5 音無(栗東)

快速スパイツタウン産駒で、溜めて良い脚が使えるタイプではないので、Hペースでもスピードを前面に押し出す形でこそ高いパフォーマンスを出せるタイプ。

昨年高松宮記念は“相対的”に恵まれ過ぎたので勝利したワケですが、本来はガンガン飛ばしてこそ他馬に差を付けるパフォーマンスを繰り出せるという。

厩舎所属の若手松若風馬騎手騎乗ならばそれが高確率で計算できましたが、過去に3戦1勝で相性が悪い部類と言える北村友一騎手騎乗でその形が踏襲されるのかは疑問も少なからずあって…。


▽ライトオンキュー 牡6 古川吉 57.5 昆(栗東) 

戦略性を持って馬を仕上げる昆貢厩舎馬で、前々シーズンは初戦では超低レベルだったUHB賞で取りこぼし2着からその後重賞勝利、前シーズンでも函館SSは2人6着止まりから北海道スプリント戦線を連戦して重賞2着に至りました。

今期の目標は斤量を背負わされるハンデ重賞のシルクロードSであるはずがなく、G1目標の始動鞍だとすれば必要以上に走らせて来ない可能性の方が高いです。


?セイウンコウセイ 牡8 幸 58 上原(美浦)
?エイティーンガール 牝5 坂井瑠 55 飯田祐(栗東) 
?ラウダシオン 牡4 Mデムー 57 斉藤崇(栗東)
これらの馬についての見解・評価は完全版限定公開(情報保護)とさせて頂きますm(__)m

-----------------

☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》

☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
yuiyuoi
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】中期(約10~12週)~長期単位で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------

↑このページのトップヘ