☆フェアリーSの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆2017年美浦騎手リーディング予想
1 戸崎
2 内田博
3 田辺
4〜 大野・北村宏・吉田隼・柴山・柴田大
☆(注目UP騎手) 大野・野中
×(注目DOWN騎手) 石川祐紀人・木幡巧

ダブルスコアで美浦所属騎手リーディングを獲得した戸崎の一強は揺るがない
田辺は一流騎手と言うには少しだけ憚られる様な、主流からはややズレた上手い騎手…人気馬に乗った時よりも一枚落ち馬に乗った時に魅力ある騎手でリーディングトップ級に立てるタイプなのかはハテナ
内田博は同エージェントの戸崎から流れる馬質も変わらず期待できて、47歳を迎える今年も3位以内は死守しそう…というか、貪欲さの違いで今年も田辺を振り切る勝利を積み上げられると見る
ラフィアン系のファーストジョッキー柴田大、社台系の使い勝手の良いセカンドジョッキー柴山も中位安定
北村宏は16年は怪我に苦しんだが、状態戻して挑める17年は良い頃と同様に馬が集まってくる様になるのではないか
同エージェントの蛯名・大野・吉田隼は16年は馬質を均一に近い案分の振り分けがされたが、蛯名の成績低迷というか衰えに歯止めが掛からない現状ならば、中央場所で勝負しながらも順調に成績と騎乗技術を伸ばしている大野の飛躍があって良い。大舞台で活躍する為にはもう少し評判が行き渡るまでに時間が必要だろうが、その為にも本年辺りは勝利数の部分でプチブレイクして名を上げる絶好の好機。

石川祐紀人は16年の騎乗振りは正直期待外れだった感が…その上、美浦を挙げての(?)全面バックアップを受けていた期間で逆噴射の成績を残してしまったせいでのエージェントの方針転換だろうが、ある一時を境にガラリと別騎手の様に馬質を悪化させられている。その現状でもキチンと好成績を残して信頼を回復するまで…つまりそれは結構狭き門の話だと思うが、そうでない限りは少し前までの超有望株の若手騎手という扱いには戻れないはず(いわゆる川須・菱田コース)。
制裁点リーディング獲得の木幡巧Jも、本来は許されないレベルの荒い騎乗連発で戦績を上げてきたクチ。それで出る杭は打たれる形で勢いを失った川須や菱田と違って、「先輩から注意されても気にしない」と言い放つなど少々のコトではへこたれないメンタルがありそうなので17年も構わずに勝ち星をかっさらう騎乗でソコソコは残せるだろうが、それでも現状維持以上の成績というか更に上の格に騎手になる為には結構大きな壁がありそう。中谷二世になりたいなら今のままでも良いのでしょうが…(馬券上は重宝したい騎手ですが、でも木幡巧みたいな騎手が10人いたらハチャメチャで大変なコトになるので…コレを褒めちゃいけないと思っています)。

あとは、その時点ではまだ本年0勝0連対だった3月の時点で「同じ根本厩舎の後輩藤田菜Jデビューでお尻に火が付いた(2月までとは一味違う)」としてピックアップした野中悠太郎。
その後7月に1日3勝を含む5勝を挙げるなど微ブレイクもした。
勝ち星のペースは落とし気味だが、それでも見所ある騎乗は度々見せるなど勝ち方を掴み掛けていると思わせられる騎手…3年目の17年は更に上に行ける注目若手騎手に指名したい。

栗東は小原軍団[岩田・福永]・豊沢軍団[ルメール・浜中]・小原の分家ブック井上[デムーロ・川田]の三派閥の勝ち星三つ巴独占で無風…
それに次ぐポジションに食い込んでくる期待をしたいのは、この期に及んでも上を目指す姿勢が失せる気配が一切ない武豊と、確実に力を付けてきて後は政治力というかバックアップ力次第(現状ではそれが無いので中々難しそうですが)では一気にトップクラスジョッキーの仲間入りも近い松山弘平

--------------------
☆フェアリーSの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→人気を読むのも難しい混戦なのだが、競馬ブック誌では赤松賞1着コラールプリンセスと赤松賞2着シンボリバーグはまず上位人気となりそうな情勢。ならば、赤松賞ではそれら2頭には屈したものの渋とく粘る内容で、それら2頭と比べて全然人気しない地味馬アピールバイオも面白そう。コノ馬はピッチ走法でもワンペース型で速い脚に欠けるタイプ…東京の長い直線の瞬発力勝負では歯が立たなかったが、中山の短い直線の上がり掛かる勝負ならば太刀打ちできると見る・・・と狙いを定めていたのですが無念の除外・・・。
・・・
1勝馬ばかりのメンバー構成戦で、その主力輩出レースと見られている赤松賞にしてもレベル低めの一戦で…少し別路線というコトで人気しないみたいですが2勝馬〇〇〇〇〇は普通に足りてもおかしくないかと。
デビュー2戦は距離1200に使われたが、どう見てもスプリンターではなさそうで、距離マイルも守備範囲と見ます。
中山コースの今の馬場で[父スクリーンヒーロー×母父エルコンドルパサー]という血統の字面にも食指が動きます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

☆次回は「1月7日の競馬予想」を本日深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------