☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
東京11Rダイヤモンドステークス(勝負度D)
[印]
◎アルバート
△ファタモルガーナ

▽カフジプリンス
▽フェイムゲーム


[見解]
芝長距離重賞と言えばステイヤーズSとダイヤモンドSの2つ。
15年ダイヤモンドSはフェイムゲーム→ファタモルガーナ→カムフィー
15年ステイヤーズSはアルバート(4歳馬)→カムフィー→トゥインクル
16年ダイヤモンドSはトゥインクル→フェイムゲーム→ファタモルガーナ
16年ステイヤーズSはアルバート→ファタモルガーナ→モンドインテロ(4歳馬)

超長距離戦に於ける適性と能力比べの頂上決戦とも言えるのがダイヤモンドS&ステイヤーズSの2レースで、他に紛れが生じる要素も少ないので結果的にココで強いというごく僅かの馬達の牙城はポッと出の他馬には中々崩せるモノではなくて、それらの常連馬が好走を複数年繰り返しているという構図。そして、その中に食い込むのは決まって新星4歳馬になっている。

今回穴人気する低レベル万葉S2着ラブラドライトは8歳馬、既に白黒付いているステイヤーズS6着馬ジャングルクルーズも8歳馬、ステイヤーズS4着馬プレストウィックは6歳という年齢は悪くないが太目残り懸念でどうか。
何年も好走を繰り返している常連馬も結構な年齢に達しているが、その相手となる馬も同様の年齢馬ばかり(5歳以下の芝馬は1頭だけ)なのだから、やはりその構図は2017年ダイヤモンドSでも崩れないだろうと読める。

つまり、常連馬ファタモルガーナ・アルバート・フェイムゲームは大体走ってくれるだろう…と。

そして、それを打破できるとすれば、4歳馬カフジプリンスしかいないだろう…と。

4頭の序列は、去勢前後にちょっと異次元の大敗を喫しているフェイムゲームは信頼度で一枚落ちるとして、あとは能力順の評価をしました。

≪三連複BOX◎△▽▽の計4点を基本として、その中で本線は三連複◎―△―▽▽の2点。≫

-------------------
☆ダイヤモンドSの本命馬&対抗馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。