☆福島牝馬Sの大穴爆穴パターンは人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【福島牝馬Sの有力馬診断(前篇)〜[4年前:10人気3着]・[3年前:唯一該当馬が16人気3着]・[2年前:唯一該当馬が9人気3着](昨年該当馬ナシ)の必見“爆穴パターン”とは…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ウインファビラス 牝4 松岡 54 美南 畠山吉
大成せぬステゴ牝駒。
ステゴ産駒の獲得賞金トップ10は全て牡馬。
牝馬の代表格レッドリヴェールがデビュー戦から桜花賞まで4連続連対も、初めて間隔を詰められて馬体減を起こしたオークスを境にバッタリで長きに渡り不振に陥ったのが典型で、(少なくとも早熟型の使われ方をされた)ステゴ牝駒は大成しないのが定説。
コノ世代に於いても2歳G1阪神JFでは産駒出走馬が最多5頭もいたのが、時期が経つに連れて活躍馬がフェードアウトして減少していった経緯。
・・・
ただし、その復活パターンの一つが馬体重増加に比例してのパフォーマンス向上で、正にコノ馬の場合にも馬体重に悩まされた2歳〜3歳春を脱してオークスからは5走連続で馬体重プラスでの出走に伴って徐々に戦績を向上=その末の3走前ニューイヤーSで遂に2歳時以来の馬券内好走を果たした。

そのまま順調に行けば良かったのだが、そこから中4週と関西遠征もあった前走京都牝馬Sでは馬体重を誤差とは言えない8キロ減らしてパフォーマンスも落とした。
調教過程で楽をさせた前走東風Sでは馬体重戻したものの最近の中では最低パフォーマンスに落ちており、今回は恐らく馬体減での出走が濃厚という中間の馬体重推移になっている。

上昇気配は一気に薄れて、逆に一気に下降感すらある今回への臨戦過程では評価し辛い。


▽ウキヨノカゼ 牝7 吉田隼 54 美南 菊沢
気性的な問題もあって、距離を縮めて後方からの戦法で結果を出せるようになってきた経緯がある馬。
ベテラン四位Jも距離1200の馬として手応えを掴んでいた。
前々走までは2走続けて距離マイルでもソコソコ走れているが共にラストに一気に脚の鈍りがあったという内容で、前走中山牝馬Sにしても超スローで直線だけの競馬でそれで距離克服断定はできない。
どうせココも後方一気しかないはずだが、前残り傾向が強い当レースでリスクしかないその脚質馬を狙うには相応の確固たる根拠が必要で…どうしても重い評価は難しい・・・。


―ハピネスダンサー 牝6 北村友 54 栗東 高野
昨年の6着馬で、当時は重賞で連続善戦していたのですが…そこから休養入り後の昨秋府中牝馬S以降はプッツンと切れたかの様に全く走らなくなって…。
その昨年の充実期でもハンデ戦(軽量)ではもう少し善戦していて、他馬と同斤量の当レースは最も走らなかったレースでした…。


△クロコスミア 牝4 戸崎 54 栗東 西浦
まずは前走阪神牝馬S時の有力馬診断を参照↓
『2歳早期から使い込まれた=後の活躍は難しいと考えられる大成せぬステゴ牝駒の典型。
2歳夏秋には凄い根性で走っていと鞍上に言わしめていたのが、その後に逆に気持ちが噛み合わないとして不振に陥った経緯。
前走ローズSでプチ激走を果たしたが、そういう気持ちで走る馬だけに、休み明け初戦のローテは一番の走り頃だった可能性があるのと、この手の馬の場合には「そりゃ逃げれば話は別」なので…。
その後の2走は秋華賞での逃げと、ターコイズSは外差し決着だったのとで、共に負けて致し方ナシのレースをしていた。
今回はローズSと同じく間隔を空けたローテで、尚且つ週末土日は雨予報も当時と同じ&過去2戦2好走の得意馬場で、更には逃げが展開有利になる可能性が高い場面。
馬の能力などの評価はさておき、コノ馬が一発穴をあけられる条件は揃いに揃う可能性が大いに…コレの激走は要警戒だ。』

・・・
その阪神牝馬Sではペースも楽ではなかったしスムーズだったとも言えないが、とにかくも逃げの手が叶ってプチ激走をしたという点が重要。
その前走が全力パフォーマンスで、それ以上を望むのはそう容易いコトではないだろうというコト。
同型の参戦もありますし、訳の分からない格上挑戦宇馬も居ますし、果たして前走よりも本領発揮の可能性が高いのかと言えば・・・。

―リーサルウェポン 牝6 丹内 54 美南 武市
昨年愛知杯が1000万勝ちの身での格上挑戦での激走…そのせいでOPクラス馬になっているが、その後の戦績の限りではとてもではないがOPクラス馬の実力は無かったと認めるしかない。

前々走愛知杯は実質準OPレベルで…昨年激走の良績条件で…ハンデ50で…それでも良い所ナシならば準OPクラス馬の実力すら無いというコト。


▽ショウナンアデラ 牝5 柴山 54 美北 二ノ宮
昨春の長欠明け初戦のヴィクトリアマイル時は、坂路主体の調教過程で、結果見せ場なく大敗
そして2走目の福島TVOP時には、今度はコース追い主体の調教過程で、結果9頭立て6着で少し前進を見せた。

そこから再び順調に使えずに大きな休養を挟んだ今期初戦のダービー卿CTでは、またも昨春VM当時と同じく坂路オンリー調教に逆戻り。
そして2走目の今回福島牝馬Sでは、1週前にコース追いを敢行。

というコトで、調教パターンで言えば昨年同様に2走目での前進というのがあっても良さそう。
それだけで重い印を打つのはギャンブル過ぎますが、最終追い切りで更にトーン上がる追い切りを見せてくれるのならば一考したい。

★○○○○○○(←福島牝馬Sの大穴爆穴パターン)人気ブログランキングへランキングで公開中!
今回の登録メンバーの顔ぶれの通り低調なメンバーレベルの一戦…それは当レースの立ち位置的に毎年同じ様なモノである。
それにプラスして、この牝馬限定重賞のタフなレース条件だからこそ狙いが立つというか足りてくるのが〇〇〇〇〇で、それの数少ない該当馬が「4年前:該当馬3頭の中から10番人気3着」・「3年前:唯一の該当馬が16番人気3着」・「2年前:唯一の該当馬が9人気2着」(※昨年は該当馬ナシ)という人気薄激走の宝庫になっている近年の傾向…今年もその数少ない該当馬には大きな注目をしたいです。

--------------------
☆福島牝馬Sの大穴爆穴パターンは人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------