☆福島牝馬ステークスの大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【福島牝馬Sの有力馬診断(後篇)〜3歳クラシック路線歩んだ明け4歳馬(例:中山牝馬Sでぶっ飛びまくり)<<直近で準OP突破した明け4歳上がり馬(例:阪神牝馬S)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△エテルナミノル 牝4 菱田 54 栗東 本田
昇級後の2走は連続凡走を喫しているが、共に不利などでノーチャンスの競馬を強いられたモノである。
前走阪神牝馬S5着は馬場が向いた側面が強いのは確かだろうが、それでも完全フロック視すべきような程に弱い馬ではない可能性の方が高い。
その5着がフロック視されてそこまで人気しないならば、少なくとも弱い馬ではないという意味で買うべき一頭にはなりそう。
良績は1600と1800にあって、この距離1800でも無難に安定した先行策が叶う馬というだけでも恵まれる可能性を見て拾わなければならないのが福島牝馬S。


▽クインズミラーグロ 牝5 武豊 54 美北 和田道
ハンデ重賞(軽ハンデ)での人気薄連続好走が評価されてと、武豊Jの粋な福島参戦も少し影響あっての1番人気馬。

ただ、前々走愛知杯は準OPレベルの超低レベル戦で、前走中山牝馬Sでも他上位馬より平均3キロ近い軽量で、相対的に1人気はしょうがないとしても本来的には重賞級の馬ではないだろう。

また「他馬を気にして馬群内では伸びない」という癖を持っている。
条件戦ではそれに嵌まってワケ有り凡走を連発したワケですが、逆に昇級後の愛知杯と中山牝馬Sではリスクの極端内枠を引きながらもやや外有利馬場でインが手薄になったお陰でスムーズなイン抜け出しが叶っている…それで人気薄激走。

今回は再び小回りコースの多頭数立てで今度はマークを受ける1番人気…内外にバラける馬場でない限りはそのリスクの方も意識する必要がある過信禁物の一頭になる。


△デンコウアンジュ 牝4 秋山 54 栗東 荒川
前走阪神牝馬Sは不振を極める蛯名Jの雑な競馬も良くなかっただろうし、マイルはコノ馬にとってやや短い距離だろうし、やや非力感あるタイプだけに重馬場急坂という条件もベターではない…それで7着は及第点は与えられる結果。

コノ馬は昨年オークス候補馬に指名していた通り(実際に不利が無ければ昨年の一連のレースの中ではオークスで一番のパフォーマンスだったはず)で、中長距離適性馬と見ている。
距離1800よりももっと長い距離の方が嬉しいが、それでも弱面ばかりで距離千八は寧ろ長いという馬が少なくないメンバー構成の中に入れば距離の面ではコノ馬に味方しそう。

前々走エリ女は後方から無理な展開で、その前の秋華賞も大外追い込みは無理な展開で、その前のローズSは内有利を外差しで4着。
中々噛み合わずに戦績が上がらないが、持っている能力はココでも結構上位なはずで…。


▽ペイシャフェリス 牝6 川須 54 美北 高市
前走六甲Sでの◎の根拠は、ザッと言えば『前々走までの近7走中5走でバイアスに逆行する不利な競馬を強いられて、もう1走は極悪馬場で参考外の京阪杯で、残る1走はG2スワンSでは2着まで0.3秒差の7着という悪くない成績を残している』でした。
なので、前走OP特別2着激走はフロックではなく実力だと言いたいです。

ただ、前々走までも目標レースのない酷使ローテだったので不遇の一つの背景で、昨夏から休みなく脈略ないレース起用の末の3歳クラシック以来の距離1800(以上)というのは当然良いはずがなくて。

展開不利や馬場バイアス不利さえなければ確かにOP級という馬なので逃げ展開利を想定するならば押さえる一頭と見ますが、好走後で妙味萎む場面ですしそれ以外の強調点というのは特に無くて…。


★○○○○○○(←福島牝馬Sの大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
今回の登録メンバーの顔ぶれの通り低調なメンバーレベルの一戦…それは当レースの立ち位置的に毎年の同じ様なモノである。
それにプラスして、この牝馬限定重賞のタフなレース条件だからこそ狙いが立つというか足りてくるのが『前走距離二千以上に出走の格上挑戦馬』で、それの数少ない該当馬が「4年前:該当馬3頭の中から10番人気3着」・「3年前:唯一の該当馬が16番人気3着」・「2年前:唯一の該当馬が9人気2着」(※昨年は該当馬ナシ)という人気薄激走の宝庫になっている近年の傾向…と前篇で書きました。

今年は該当馬が2or3頭居るのですが、その中で最も大穴の期待をしたいのは〇〇〇〇〇です…別にそれに該当していれば何でもOKでは論理も何も無い抽出になってしまいますが、コノ馬の場合には前走にしてもそれ以前にしても距離二千以上の牡馬の為の舞台条件での健闘歴があって、それを額面以上に評価するというのが当方の理論であり、過去の例とも筋が通る推奨根拠になると思います。
皐月賞のファンディーナ考察でも書きましたけど、牡馬の為の舞台条件で牝馬の身で活躍するってのは予想以上に大変な話なので…だから皐月賞で激走するのがどれだけハードルの高い話なのかですよ…ファンディーナの7着だって十分健闘の部類だと思いますし…冷静になった世間でもそう捉えられるからこそ仮に次走オークス出走なら相当上位人気になるワケですよね。


△フロンテアクイーン 牝4 北村宏 54 美北 国枝
まずは前走中山牝馬S後の回顧文(抜粋)を参照↓
『中山牝馬Sのポイントに明け4歳馬の不振があった
今回人気を裏切ったのは全て明け4歳馬
2人気4着パールコード・3人気10着ビッシュ・4人気8着フロンテアクイーン

中山牝馬Sは元から(3歳G1実績で人気になる)4歳馬の不振傾向があるが、今年も見事に当てはまる結果となった。
理由としては、中山牝馬Sが古馬どころか高齢馬の激走も目立つような(年を取って鈍化する高齢馬としてのマイナスが軽減される)タフなレースであるので、相対的に4歳馬が有利ではなくなるという面。

そして、3歳牝馬クラシック路線(厳密にはクラシックではないですが特に秋華賞)で生まれた中上位の成績というのは、それがそのまま古馬相手になっても同様に通用する戦績ではないという点もある。

それは単純に秋華賞のレベルの問題(実はG1レベルとは遠い馬でもG1好走善戦できてしまった)でもありますし、秋華賞までをメイチで挑んだせいなのか4歳になってパッタリと勢いが止まる馬の存在も多々ある。(…略…)』
・・・
なので、コノ馬を3歳時の重賞OP実績で評価するのは避けたいですし、ただしコノ馬の場合には2月に水準レベルの準OP戦を勝ち上がっているのでココでは上の方の実力というのは認めなければならないのですが…。

前走中山牝馬Sの思い当たる主な敗因は超スローペースで外枠で掛かった点。
前々走は東京コースで終いに賭ける競馬での追い込み勝利でした。
もし前走の反省を元により折り合い重視となるならば脚質面で確率高い馬とは言えないと思いますし、もしもペースが上がって折り合えるコトに期待する正攻法を目指すならばそっちの方が勝ち負けに絡める可能性は高そうですが…相手が弱いからと言って人気になって信頼したいタイプではない。

--------------------
☆福島牝馬Sの大穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------