☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
--------------------
【ブログ重賞OP予想】
京都11R平安ステークス(勝負度DE)
[印]
◎マイネルクロップ
[見解]
出走メンバーの顔触れを見渡すと次世代を担うだろう新星4歳馬が揃うなど総じて粒揃いの印象も受けるのだが、果たしてレベルが高いのかと言えば疑問符も付く。
このレース自体が4歳馬は不振である様に、ダート中距離路線ではこの4歳春の時点ではまだ[古馬>4歳馬]の構図というのが一般的。
にも関わらず、今年はこれだけ有力4歳馬が揃っている(出現している)というのは、4歳馬が強いというよりはそれらに立ちはだかるべき古馬主力世代(5歳6歳世代)がだらしなかったから相対的にというのが真相だと思う。
一応、相対的にそうなので人気馬がごまんと居る4歳馬による上位独占でも驚けないのですが、でも決してレベルの高い争いでは無いと思います。

5歳6歳世代をディスりましたが、近年のダート中長距離路線でレベルが一段と高かったのは現7歳世代なのです。
穴で激走するのも現7歳世代だし、人気馬でキチンと圏内に来るのも現7歳世代…当世代の当路線での好走数は他世代を圧倒しています。
昨年のチャンピオンズCもそれのワンツー、先日のかしわ記念もそれのワンツーでした。フェブラリーSでも連対の一角を。しかも、それらは全て別の馬によるモノで、この世代の層の厚さと、これ以下の世代の弱メン振りは明らかです。

だからと言って、森を見て木を見ない様な「7歳馬を買いましょう」的な馬鹿げた予想はしませんが、とりあえず新星どものレベルはそうではないだろうかという話です・・・つまりは、下からの突き上げがそこまでの脅威でないとすれば、昨年の当レースで大健闘をした〇〇〇〇〇がそれの1年後の今年でも全く足りないというコトもないと見ます。

3走前では勝ち馬も3着馬も決して弱い馬ではない中に割って入る激走。
その後の2走は高速決着と良績乏しい急坂コースと距離不足1800という苦手条件が重なっての凡走。もちろん、それにしても足りないレベルの走りなのですが、コノ馬は気で走る様な面があって、押さえ付けずに馬群内でレースを運ぶと別馬の様に走る傾向が認められます…3走前激走もそうでしたし昨年大健闘もそうでしたし重賞勝利時もそうでした。
この適性が物を言う京都1900という大得意舞台条件(平坦コース・距離1900以上)で、近2走では叶っていない得意戦法を取れれば…善戦以上は可能だと思うのでコレがビリ人気なら気軽に買ってOKというか…。
(という、極端な所で振り回す予想しかできない、拮抗のレースで…自信度低の爆穴予想でスミマセン。。)


【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定



【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
(本日分…京都1R勝負度CD、東京11R勝負度D)



-------------------

☆平安ステークスの爆穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。