☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土はやや外有利→外有利、日は外有利→やや外有利/土はD→E、日はC
京都…土は超内有利、日は内有利/土はF、日はD→C
新潟…土はやや外有利、日は外有利/土はD、日はC

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…5週目/Bコース/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はB〜A
京都…5週目/Dコース/伸び所はやや内有利〜イーブン/馬場差はB〜A
新潟…3週目/Bコース/伸び所は外有利〜やや外有利/馬場差はC


[ピックアップ競馬場[東京芝(オークス)]の馬場考察]
よく「3歳牝馬にとって距離2400は過酷」と言われるが、そもそも3歳馬ではなく古馬だとしても距離2400以上で適性を見せる牝馬なんぞはほぼ存在しないワケ。
それが更に東京という底力が問われるコースで、更にスローペース形成がままならない馬同士による争いである為に平均に近いペースでの競馬が行われるとなれば…それは脱落戦=純粋に求められるスタミナ値が高い力勝負に繋がる。
それが展開利だけでは浮上できない、昨今よく見られる単調な内前有利の競馬にはならない傾向の近年オークスの背景である。
これがコース替わりもあるダービー週となると馬場補正も入るのと、そもそもの牡馬と牝馬の差と、レースペースの違いで別の傾向になるワケだが…。
当日の馬場が仮に内有利になろうとも、その馬場バイアスや前目展開利想定が持つ意味は小さいとして、「純粋な力比べ」を予想の根底に据えるべきレースだ。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題g0

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜京都12R(1000万下)] 12着ペプチドアルマ
コノ馬は畑端騎手が主戦であるせいか、走っても人気しないし、走らないとすぐに人気落ちするみたい。
ただ、2走前はHレベル戦で1000万下でも即2着好走するクールゼファーを千切る勝利でしたし、昇級初戦の前走もHレベル戦の前残り競馬を大外追い込みで4着まで来ている様な普通に通用レベルある馬だ。
今回は一頓挫明けで状態不出来と、最内枠を引いて不慣れな中団策で脚溜まらなかった分で案の定の敗走となったワケだが、ココを叩いて状態取り戻して本来の待機策ならば展開一つで好走する未来は近いはずで…このまま畑端騎手継続騎乗で人気にならないコトを願いたい。


--------------------
☆オークスの◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→少し前の一部の例を持ち出してオークスに距離適性は関係ない・力で適性をカバーできるという説も言われているが、馬場考察で書いた通り大勢は距離適性で上回る馬に軍配が上がるというのが正しいはず…実際に近4年のレース結果では「危険人気馬=距離適性不安馬」⇔「人気薄激走馬=距離適性上位馬」の傾向が年々強くなっている。
距離適性上位での妙味馬は明日紹介するが、距離適性上位での巻き返し高確馬としては〇〇〇〇〇を挙げたい…コノ馬はおっとりとし過ぎた気性が指摘されているが、正にそれが短所として出たのが前走であり、そしてそれが一転して長所として出るべきがオークスのレース質である。
前走はワケ有って何もしていないレースでしたので…完全度外視OKで当初からの触れ込み通りオークス最有力という見方はしなければならないと思っています。
あとは…オマケでダービーの◎有力馬の馬名だけ置いておきます。
この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------