☆エプソムカップの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【エプソムカップの有力馬診断(前篇)〜因縁の不器用ダッシングブレイズ×不振浜中Jのコンビ…落馬事故の記憶と総バッシングの中で勝利に導く攻めた騎乗は見込み薄〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―カムフィー 牡8 吉田隼 56 美南 池上和
本質的にはステイヤーだが、精神的には距離を保たせるのは難しいという難儀な馬。
直近の激走歴である一昨年ステイヤーズS2着は、本質的な長距離適性を極端内枠と鞍上横山典によって引き出せたモノ。
3走前ステイヤーズSでは大外枠と鞍上田辺で、終始外々を回る形で課題の折り合い面でも苦労しつつで本来の能力を引き出せず。
2走前中山金杯は距離2000でも5着健闘しているが、ハンデ戦・得意冬場・展開有利・低速決着と他諸条件は揃っていたモノ。
コノ馬の激走時は長距離で折り合いピタリとなる場面で、今回の高速馬場1800は如何にもスピード不足での苦戦濃厚。


―クラリティシチー 牡6 ○○ 56 美北 上原
コノ馬の過去走は、バイアスに恵まれれば好走で、その逆なら凡走…というケースの繰り返しになっている。
具体的には前走2着は内有利馬場の最内枠からの最内立ち回りで、4走前2着も全く同じだった。それ以外は外有利馬場での最内競馬や、内有利馬場での外競馬ばかり。それが戦績が極端になっている最たる背景。

つまりは、前走2着を以てして一変や覚醒だなんてことはなくて、OP特別で最大限嵌まって2着あるかどうかの馬で、ココでは嵌まる期待薄且つ能力不足で無印評価が妥当。


▽クラリティスカイ 牡5 田辺 56 美南 斎藤誠
前々走小倉大賞典では田辺Jはペースは速かったコトで理想の競馬ができなかったコトを敗因に挙げているが、その楽なペースでの追走だった3走前AJCCはその逆で折り合いに難しさを見せた点は押さえておかなければならないポイント。

前走メイSはスローペースでも積極策で無理のない競馬ができていたが、今回は調教師から差す競馬をさせた意向が示されている。

そんなに差して味がある馬だとは思えないし、スローで差す形になったらAJCCの二の舞にならないかの懸念もあるし、本当に差し戦法を試す場にするならばリスクが出てくる。


▽タイセイサミット 牡4 戸崎 56 栗東 矢作
同じ東京1800戦のメイSからの臨戦。
メイS→エプソムCのローテだと[中2週・斤量2キロ増・ペースアップ・相手強化・頭数増]などマイナス要因ばかりになる。
同条件勝ち馬としても人気を集めるだろうが、実はこの手のローテだと好走結果がそのまま繋がらないのが常で、特に[楽→苦]の条件替わりにもなる点でも決して良いとは言えない。

★○○○○○○(←エプソムカップの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
同じ前走メイS組ならば分かり易くキレ負けを喫したコチラの方が巻き返しを期待できるか。

3走前重賞善戦後に『これまではスローを後方追走で極端に速い上がりで追い込むという形でしたが、それはキレる脚が武器だからではなくその形しか取れないという未完成であるが故の事象。本質であるスタミナ血統をより生かせる戦法を取れるようになれば・・・この短期間でドンドン進化を見せているコノ馬の本年1年間については見逃せない注目株。』と書いたが、やはり本質としてはキレの馬ではないだろう。

その3走前からはG1好走馬も出るなど水準級のレベルのレースでしたし、それを当日の馬場では決して有利とは言えなかった馬場内目の差しの形での4着は評価に値するパフォーマンス。
東京千八舞台でも5走前には上がり34.0の競馬でキャンベルジュニアやメートルダールを下す好パフォーマンス。

間隔が空いたローテにも不振傾向あって、それならばメイSを叩き台に利用してのローテにも魅力が持てる。


▽ダッシングブレイズ 牡5 浜中 56 栗東 吉村
不器用で落馬事故も起こした過去もあるダッシングブレイズと、総バッシングを受けて先々週まで5週で1勝など精彩を欠く浜中Jのコンビ(先週日曜は空き巣で4勝しましたがまだ信頼回復とは…)。
同コンビでの前々走マイラーズCでは消極的で直線詰まり気味で巻き返せずのレース内容でしたし、やはり浜中Jとしても因縁のコノ馬で攻めた騎乗をするのは難しいはずで…ましてフルゲート多頭数競馬での期待度は低い。


―パドルウィール 牡6 池添 56 栗東 中尾秀
現状は中京二千専用機(レコード時計圧勝&金鯱賞2着)。
それについては『コノ馬は昔は好走歴は全て差し追い込みで、前目の位置取り(前半脚を使う)だと凡走ばかりという戦績の持ち主だった。そういう前半ゆったりした追走から脚を伸ばすのが理想形で、それが良績を残す中京コースだと全体の展開的に自ずとスローの入りでも先行できるというのが巧者たる所以の一つであろう。』と見ている。
金鯱賞2着でOPクラスに在籍する馬で、末脚勝負では準OPも好走できなかった過去でもある。

距離千八良馬場且つペース流れそうなココでは無理の無い先行競馬は難しそうだし、かと言って差し脚は重賞級に満たない馬なので好走する計算は立てられない。

--------------------
☆エプソムカップの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------