☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

東京…土はやや外有利→イーブン、日はイーブン/A
阪神…土は内有利、日はやや内有利/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…8週目/Cコース/伸び所はイーブン〜やや外有利/馬場差はA
阪神…2週目/Aコース/伸び所はやや内有利→イーブン/馬場差はA→雨量次第


[ピックアップ競馬場[阪神芝]の馬場考察]
阪神芝コースは他場に比べて、開催の進行と共に[外差し化=伸び所が内から外への推移]&[馬場悪化=馬場が高速から低速への推移]がキチンとあるというのが大まかな特徴。
この夏の開幕週(先週開催)は、伸び所は内有利馬場で、馬場差も週中の雨も物ともせずレコードも飛び出す様な高速馬場という結果に。
ちなみに、4年前の当開催は[開幕日は内有利→最終週4週目には外有利化]で、3年前も[開幕週は内有利→最終週4週目には一部外有利化]で、昨年も[開幕週は内有利→3週目には一部外有利化]であった(2年前だけ少し事情が異なったのは先週解説済み)。
本年も上記の例年傾向に従うと、やはり2週目か3週目にはイーブン化、そして最終週宝塚記念週にはそれまでの間に蓄積される雨中開催のダメージ次第では外有利になる可能性も有り得るはず。
そして[伸び所]もだが[馬場悪化]についても進行するので、先週は余力豊富な開幕週だったので雨の影響が大きく表れずの開催だったが、もし開催後半に同程度の雨量を受ければ一気にタフな馬場になってくるというのも頭に入れて臨みたい。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題arj

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[土曜阪神9R(500万下)] 10着スペードクイーン
Hペース×内有利馬場で最内先行馬と追い込み馬に有利が転んだレース。
それを非内先行ながら、結構なHペースでも行きっぷり良く進出していた辺りはスピード上位の証明。
直線進入直後に他馬との接触で勢い止められて、尚且つ全力追いできずが大きく響いた10着だった。
もしスムーズならばバイアス不利で十分に強い競馬ができていた様に見えて、しかも鬼門とする阪神コースで課題のイレ込みありながらだった点でも価値あるあわやの好パフォーマンスだった。
次走ローカル場ならば一発あるか。

[土曜阪神8R(500万下)]
当ブログ5月記事&詳しくは今週発売の競馬王誌コラム内で、“ダ中距離・古馬混合500万下は関西3歳馬が席巻”との予測を書きました。その第一弾の土曜阪神8Rは(降級馬を差し置いて)3歳馬が掲示板独占、日曜阪神7Rでも少数派の3歳馬から2頭が馬券に絡む3歳馬優勢の決着に(逆にダ短距離路線では古馬優勢の決着でした)。
そんな3歳上位馬が集結した当レースは紛れもないHレベル戦…1〜8着馬と11着ガンコは相手関係次第で即巻き返し可能だろう。
特に前残りペースで上がり最速届かずの競馬だった8着キーグラウンド、内目窮屈な形で持ち味発揮できずだった11着ガンコが次走妙味と見る。


--------------------
☆エプソムカップの◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→デビューから3走前までは9走連続でマイル戦を使われたが、そこでの好走歴はスローペースのヌルいレースばかりで、本格的にマイル適性を求められるレースになると常に一歩及ばずの結果になっていた。
馬体的にもダイワメジャー産駒の割には脚長でスラリとした距離持ちそうな構造の持ち主だけに、近2走は距離延長1800が条件好転に転んでパフォーマンスをワンランク上げてきた経緯。
前走の敗戦にしても気難しさを出して勝ち切れなかったモノであり、馬の能力としては一番上だと見てOKだったはず…前走の二の舞が無いかは注意が必要だが、最も馬券内の信頼できるのはコノ馬になるか。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------