☆エプソムカップの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【エプソムカップの有力馬診断(後篇)〜多頭数戦や相手強化など厳しい場面でボツ傾向…OP大将を輩出する藤沢厩舎ゆとり教育のレッドレイヴン〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△アストラエンブレム 牡4 Mデムー 56 美南 小島茂
デビューから3走前までは9走連続でマイル戦を使われたが、そこでの好走歴はスローペースのヌルいレースばかりで、本格的にマイル適性を求められるレースになると常に一歩及ばずの結果になっていた。
馬体的にもダイワメジャー産駒の割には脚長でスラリとした距離持ちそうな構造の持ち主だけに、近2走は距離延長1800が条件好転に転んでパフォーマンスをワンランク上げてきた。
この距離1800ならば重賞でも好走は高確率だと言えるが、ただし勝ち切りについては疑問符が付く。
最内枠イン突きが嵌まった前々走は集中力が続いて勝ち切れたものの、正攻法で臨んだ前走ではラストに気難しさを見せて2着止まりに。
母父はあのウォーエンブレム…そこに死角が出てこなければ良いが。


▽デンコウアンジュ 牝4 蛯名 54 栗東 荒川
前走ヴィクトリアマイルでは、スローペースだからこそ追い込めたという内容。
3歳クラシック時から「ベストパフォーマンスはスロー瞬発戦でのアルテミスS→距離マイルの平均ペースでは忙しくて脚が使えない」と何とも狙いを定めてきましたが、その理想競馬が4歳春にして2歳秋以来ようやく叶ったのが前走でした。
結果的に1年半もの間は一つも嵌まる機会が無かったのですから…ようやく適性に合うレースに巡り合えたことによる激走と見ているので…前走を以て覚醒で次走から快進撃とはならないと思います。
あのHペース安田記念は直前回避してエプソムCに回ってきた決断はベターでしょうが、それでもエプソムCもヌルくはならないレースなので再現とは?


▽ヒストリカル 牡8 横山典 57 栗東 音無
直近5度の好走歴は全て間隔が空いたローテ。硬い走りをする馬で、また既に8歳馬でもあるので、あまり間隔が詰まったローテでも連続して頑張れというのは難しい馬だろう。

その間隔空いたローテだった前走メイSでのスローペース上がり最速競馬が評価されて結構人気する模様だが、上記の点から今回は前走以上に走れない番になる可能性を考える必要があるはずで信頼するのはどうか。


▽フルーキー 牡7 北村宏 58 栗東 角居
前々走金鯱賞は出遅れ積極策での自滅で、それ以前は小回りコースや最内突きや距離不足マイルで反応鈍くて脚を使い切れなかった面あった不完全燃焼だった。
そういう意味では前走新潟大賞典の距離二千外回り外回しで完全燃焼できたのは良かったのかも知れないが、ただこれがベストというよりはこれしかできなくなっているという残念なコトの表れでもある。
少し前までは2着〜4着の常連で、今は掲示板付近の常連…確実に衰えてきている馬でもあり、基本的には期待より上をやってくれる可能性は高くないはず。


―ベルーフ 牡5 大野 56 栗東 池江寿
4走前チャレンジカップ2着を最後にパフォーマンスを落とし続けている近況。
そのチャレンジカップは流石シュミノーJという騎乗で、これまでは調教師は大外追い込み策に拘っていたモノを、これまで見せたコトがないようなインを捌いて追い込んでくる形をとってしかも見事激走に導いた。
ただ、そんな強引に激走させた後遺症もあるのか、その後は気難しさをより拗らせて本領発揮できずになっている。

池江師のコノ馬の騎乗に対する指示は「大外ブン回し」で、今回は日本人騎手なのでそれを忠実に守る騎乗がされるはずで、仮に本調子だとしてもフルゲート戦での期待値は低いワケで。


★○○○○○○(←エプソムカップの穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
今回のメンバー中で最も高い能力を秘めているのはコノ馬だと思っています。

4走前3走前2走前は全て先行馬に厳しい展開を前で凌いでオール掲示板入りの強い競馬続き。
小回りコース適性と展開不利と、最たるは激闘続きの疲労で大敗を喫した前走で評価を落とす必要はない(過去にも負ける時は秒単位で負けてきた馬)。

距離千八の外回りコースは適性舞台条件。
果たして状態面をどこまで取り戻しているのかが鍵ですが、コノ馬の地力に期待するというのも選択肢の一つだと考えています。


▽レッドレイヴン 牡7 内田博 56 美北 藤沢和
前走函館記念時の有力馬診断見解を参照↓
『藤沢厩舎ゆとり認定馬。
具体的には…弱い相手にだけ強かったり、特定条件しか走れなかったり、強い相手や厳しい条件になると途端に走れなくなったり…そういう傾向ある馬。
前走巴賞での快勝を素直に評価すれば、この函館記念でも通用以上の計算になるのだが、そうは問屋が卸さないというのがコノ馬のケース。
OP好走後の重賞挑戦のケースでは前々回は[OP0.3秒差圧勝→重賞2人気8着凡走]、前回は[昨年巴賞2着→函館記念5着]など。
また、少頭数13頭立て以下では[5-2-0-3]で重賞レースでも善戦傾向なのだが、多頭数14頭立て以上では[1-1-2-8]という両極端な戦績を残している。
相手強化の重賞レース&頭数増のフルゲート戦となると、案外な脆さを出す懸念をしなければならない馬なのだ。』

・・・
長期休み明けは未知としか言えないですが、何れにしても今回も[フルゲート多頭数戦の重賞レース]という当馬鬼門の条件なので…。

--------------------
☆エプソムカップの穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------