☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
函館11R函館スプリントステークス(勝負度D)
[印]
◎ジューヌエコール
△12セイウンコウセイ
△10シュウジ

[見解]

--------------------------
4年前の当レースの上位入線馬
1着パドトロワ・2着シュプリームギフト・3着フォーエバーマーク

3年前
1着ガルボ・2着ローブティサージュ・3着クリスマス

2年前
1着ティーハーフ・2着アースソニック・3着レンイングランド

昨年
1着ソルヴェイグ・2着シュウジ・3着レッツゴードンキ
--------------------------

2年前までの上位入線馬の顔触れを見ると納得というか、如何にも北海道洋芝条件で浮上する系の馬が上位に来ていた。
それに対して昨年は少し毛色が違う顔触れで、それらしい馬達(洋芝実績上位だった5着エポワス・6着オメガヴェンデッタ・7着オデュッセウス)は上位に及ばずの結果になっていた。
レース自体も昨年と2年前までは結構違う性質になっていて、大きな点としては[時計が大幅短縮=芝が高速化]したのが注目ポイント(本年初日開催でもその昨年の上を行くような超高速馬場に)。
従来は洋芝巧者重視がセオリーだったが、それが過剰人気する且つ異質適性が急に求められそうな過渡期になる本年のタイミングならば、寧ろその逆を行く戦略が正解になっても。

つまり、洋芝だからとダート系(ノボバカラ)には手を出さず、特殊な洋芝だからと当地実績で必要以上に人気する馬(エポワス・イッテツ・クリスマス・レヴァンティライオン・ホッコーサラスター・ブランボヌール)も妙味薄いと見て積極的には扱わず。
(もちろん、北海道開催で活躍する馬は、単純な洋芝フィットの適性以外にも、滞在効果なども大きいというのは重々承知ですが…。)


よって、洋芝ではなく一流路線の上位スプリンターのシュウジ&セイウンコウセイは寧ろ妙味ある存在になるかも知れない。

セイウンコウセイは熱意薄い惰性出走でもあり仕上がりに甘い所がありそうな点でどうかですが、G1高松宮記念での完勝劇を見る限りでは当路線で軽視する選択肢はない。

シュウジは昨年の当レース好走馬で、昨年から傾向急変なので本年レース適性はアリと見られます。
前走高松宮記念・前々走阪急杯の主な敗因はイレ込み。パドックでの挙動での判断で言えば、好結果を出していた昨秋までと今春2走では違う姿だった。それで尚且つ好発から溜めが利かなという同様の競馬をすれば、そりゃ結果も阪急杯同様で当然という話…。
根本的には(3走前阪神C同様の)休み明けローテと(昨秋連続好走した)滞在調整ならば馬の状態を取り戻せれば…その時には十分人気に応えられる馬になるはず(理想はパドックでのイレ込み具合で最終判断したいですが…)。


そして、昨年からの新傾向も重視して狙いたい妙味馬がジューヌエコールだ。
これだけ高速時計で走れるコトを求めるとなれば、やはり〇〇が非常に有利な要素になります。
本年の出走メンバーの中で最も〇〇面で優位というのは、想像以上に効力を発揮する可能性が。

コノ馬の牝系は短距離志向で、母は連対歴は全て距離1200以下のスプリンターで、兄姉も行き着く所は距離1200好走という戦績の持ち主。
前々走での実質重賞勝利級のパフォーマンスを見る限りではココでも能力足りますし、まあ間違いなく距離短縮はプラスですし、その上で極限スピード勝負で想像以上に大きい〇〇恩恵での激走は十分視野に入る一頭と見ます(やはり特に単複では過剰人気してしまいますが、他券種では平均5番人気なので…)

《馬連ワイド◎-△△》

【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定
休載m(__)m

【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
(提供予想…ユニコーンS(CD)+米子S(D)+函館7R(D))


-------------------
☆函館SSの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の日曜予想号の配信は「済み」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。