☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
函館11R函館記念(勝負度D)
[印]
◎ケイティープライド
△7マイネルミラノ

[見解]

△マイネルミラノは、前走エプソムCでは同馬主の同型馬(マイネルハニー)を援護する競馬というか邪魔をしない競馬をする様な指示が下されていた。
レース後に陣営内から『馬場の悪い内目を通らされた』との敗因コメントが出されているが、正に“馬場の悪い内に拘る奇襲戦法”がオーナーサイドからの指示だったのだから何たる皮肉と言うか…。
結果的には同陣営の優先馬は好走してコチラは凡走となったワケだが、そんな冷遇戦法で鞍上もやり辛さがあったと言う難しい状況で0.4秒差ならば寧ろ地力を証明したとも言えるだろう。

そんな前走は残念極まりない結果となったが、今回函館記念に向けてはそれは寧ろ好材料にも。
コノ馬はそもそもが一度激走すると反動が出る馬だけに、色々な意味で本番レースである函館記念で好走する為には前走走り過ぎた後のローテよりは凡走ローテの方がプラス。また、前走冷遇した罪滅ぼしではないが、今回はマイネル系馬は珍しく完全に使い分けられて1頭出しという本気度が窺える出走態勢。

今回は他馬主同型馬との兼ね合いも鍵になるが、ヤマカツスズランは明らかに距離短いし仕上がり途上(太目残り)で大外枠となればどこ迄仕事ができるのかは結構疑問も。
他の有力同型馬ステイインシアトルにしても、今春に現に熾烈な展開となりながらも相手潰して自身好走しているという間柄である。
去年程ではないにしても内有利傾向馬場で、(先週七夕賞にはならず)序盤を常識的な形で乗り切れるならば早め先行押し切りは当然狙えるだけの馬だと見る。


直前で本命対抗入れ替えたので順序逆になりましたが、今の函館芝の内有利状況と上記展開ならば、穴目で拾いたいのはイン差しできる馬…それができる最も魅力的な内枠差し馬としてケイティプライドを本命馬とします。
昨年の当レースで本命にした通り、この小回り中長距離がベスト。尚且つ内枠もベストなので、ココは条件的にはドンピシャだと言える。
前走にしても馬場バイアス的に有利ではない競馬で4着まで0.1秒差健闘で、前々走は不向き外回り瞬発戦凡走で、3走前は不得手休み明け初戦凡走で、4走前は重賞好走で、5走前は不得手休み明け初戦ながら3着まで0.1秒差健闘・・・凡走時は全て言い訳可能で、非内枠でもそれ以外の条件良ければ健闘してきた戦績・・・そこにプラスαが見込める約1年振りの内枠の魅力は大きいと言えます。
今回はその休み明けローテでやや仕上がり途上(太目)で出てくるという話は残念なのですが…逆に言えばその目には見えない要素で結構嫌われて人気もしない状況なので(現に5走前は同ローテで健闘)…そこは割り切って買いとしたいと思います。

《どちらを本命にするかは結構迷ったのですが、単勝予想ならマイネルミラノ・複穴予想なら〇〇〇〇という意図です…よって本線は[複勝◎、単勝△、連ワ◎△]》

【twitter平場予想(平場ボツ推奨馬)※平場予想力鍛錬目的での期間限定
休載m(__)m


【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※価格ベース=1R200円×予想提供数
(提供予想…福島メイン(CD)、中京メイン(D)、福島6(D))


-------------------

☆函館11R函館記念の大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の日曜予想号の配信は「済み」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。