☆函館2歳Sの穴パターン&大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【函館2歳ステークス展望】
2歳世代戦で最初のOPレースである函館2歳S。故に当たり前の話だが中央馬全馬が現時点1勝以下で、例年で言っても約半数の馬は後に2勝目も挙げられずに現役生活を終える様な重賞レースというよりは8割方は500万下レースだと言える一戦。
ココでの3着内馬は大雑把に言えば[昨年のモンドキャンノやタイムトリップの様な本当に強い馬が1〜2頭]と[2歳夏だからこそ早熟性だけを生かして一世一代の走りをした馬が1〜2頭]と言った具合に分類できる(基本的には前者が勝ち切って、後者が3着内に潜り込むケースが多い)。

近10年の人気薄激走馬(5人気以下で3着以上)は以下の通り
無題ked6yu
本来は[人気薄激走馬の逆]の方の一覧も比較に出すべきですが結構スペースをとってしまうので…結論だけにさせて頂きますが、上記の人気薄激走馬の11頭中6頭が該当する〇〇〇は早熟性の論拠になるという意味で大きな注目ポイントだと見ます(〇〇〇に該当するか否かで人気薄激走率が何倍も異なってくる)。
本年の〇〇〇に該当する出走予定馬(除外対象除)は3頭のみで、そのモルトアレグロ・ナンヨープランタンは普通に人気馬(4人気以内見込み)ですが、残る1頭の△△△△△は人気薄必至。
昨年函館2歳S激走馬タイムトリップと同じく盲点になる非北海道デビュー馬という背景も魅力ですし、昨年小倉2歳S激走馬ダイイチターミナルと同じ早期育成の馬主生産者ミルファームも魅力ですし、上記の表でも目立っている通り仕上がり早の牝馬も有利な要素ですし…プロフィール上では穴っぽさ満載の大穴◎候補馬と見ます。

--------------------
☆函館2歳Sの穴パターン&大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------