☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速〜C並〜F超低速]の7段階表記) ]

新潟…土日共にイーブン/B
小倉…土日共にイーブン/B
札幌…土日共にイーブン/S

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
新潟…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB〜A
小倉…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB〜A
札幌…3週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題uj-

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[小倉記念] 13着ケイティープライド
過去には中外枠からでも内に潜り込んでの好走歴は何度かあるので期待したが、今回は完全に外枠が仇となったという大敗劇。
外枠からやや出して行く競馬をしたせいで、前半1000m位までずっと外目で掛かり気味の追走で、となれば後半の失速は当たり前と言うしかない。
前走は休み明け初戦での0.2秒差…前々走は馬場バイアス不利競馬での0.4秒差…この手の大敗からの一変歴も複数ある馬だけに次走以降も穴で注目し続けたい。


【関屋記念の有力馬診断(中篇)】
▽トーセンデューク 牡6 小崎 56 栗東 藤原英
3走前準OP戦は距離1400・Hペース・レコード決着で勝利。
2走前京王杯SCは一転してスローペースの低速決着という振り幅大きい一戦。それもコノ馬の場合には折り合いが何よりも鍵という馬なので、それが大いにマイナスに作用する立場だった。結果的にも内外バラける馬場だった分で折り合い重視の騎乗もし辛くて結構厳しいシーンもあったし、直線では一番伸びない馬場の最内を通らされたし…それで4着まで0.0秒差ならば大健闘と言えよう。
前走CBC賞は今度は距離短い1200・大外枠・不得手雨馬場と不向き条件揃い。折り合いが鍵である面で距離1400短縮で結果を出したが、決してスピードタイプではないディープ産駒なので距離1200の馬ではない。結果的には後方競馬に転化してソツない競馬にはなっていたが、折り合い不安馬だけに大外枠では戦法が限定されて勝負できず。また、過去に重い馬場では3走して、1走目はスタート直後に躓いて落馬競走中止、2走目は1人気5着凡走、3走目はデムーロヤラズで2人気11着大敗という散々な有り様。馬場の良い外目に持ち出しての着拾いの様な競馬で格好は付けた着順での入線となったが、コノ馬のポテンシャルはこんなモノではないはず。

条件好転ならば◎を用意しているのですが、今度は距離2F延長で前々走の二の舞の懸念となる場面。それでも例年通りのスピードレースになれば一縷の望みもあるのですが…鞍上小崎J起用は残念。これだけ乗り難しい馬でけに余計ですし、藤原英厩舎で重賞でこのランクの騎手起用は本気度薄の表れと読むしか…。


▽ロードクエスト 牡4 池添 56 美南 小島茂
蹄の不安が出て安田記念前哨戦に間に合わず…安田記念にも間に合わず…そして前走パラダイスSまで復帰戦がズレ込んだ経緯。
そのパラダイスS参戦時点から関屋記念叩き台を明言していたので、まだ復帰戦凡走時点では見限ってはならないか。

気になるのは3走前富士Sの敗因は一般的には展開不利が大部分に見えると思うが、陣営内では通常よりも出して行く競馬をした分でリズムを欠いて本来の脚すら使えなかったのが第一の問題であるとの認識という点。
陣営も鞍上も折り合い面での意識が強過ぎて、(2歳時のイメージもある)新潟外回りコースとなれば極端後方競馬は必至だろう(京成杯AHの捲り競馬にはならない)。
実際にそれで好結果を出せたのは一体どれだけ昔の話なのかという…現時点では「思いのほか」という馬に成り下がっていても全く驚けないので…。

★○○○○○○(←関屋記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬は不器用さと気難しさがあって、スンナリと先行する形が理想。
逆に言えば昨秋マイルCSがそうであった様に馬群内で揉まれる競馬では最悪だし、前走安田記念がそうであった様に先行する形でも急かして行かないといけない様なペースだとどうかという面もある。
関屋記念で見込まれる平均的なラップを刻むペース(自身前半3F35秒台追走)は得意領域としており、ココならば上位で走れる計算は成り立つ馬。
昨年の当レースでは大外枠と一流騎手騎乗も向いた激走だったが、本年は昨年以上に好位ポジションが忙しくなりそうな点で枠順が大きな鍵になりそう…首尾よく中外枠からの競馬が叶えばチャンスだろう。

--------------------
☆関屋記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------