☆菊花賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【菊花賞の有力馬診断(前篇)〜関西主場では開業以来45戦0連対の菊沢厩舎…先週秋華賞では“攻め過ぎ”のアエロリット1人気惨敗→“守り過ぎ”のミッキースワローは果たして…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ミッキースワロー 牡3 横山典 57 美南 菊沢
先週秋華賞ではアエロリットで1人気を裏切った美浦菊沢厩舎×横山典J…それと同じコンビで、同じ様に大人気に推される模様のコノ馬。

アエロリットについては、まず前走クイーンSでの気ままの一本調子逃げ戦法が秋華賞に臨むに当たって明らかにマイナスの過程だったのと、更には1週前追い切りでも同様に半ば暴走の猛時計という調教過程が果たしてどうだったのか…(と、有力馬診断で軽視方向の見解を書きました)。

対してミッキースワローについてだが、そのアエロリットとは異なり前哨戦セントライト記念では初タッグ横山典Jと息合う好感度高いレース振りだった点ではマルだが、調教過程についてはアエロリットが“攻め”過ぎならばミッキースワローは“守り”過ぎの様な…。
1週前の調教時計は軽いモノだったし、その上で日曜に時計を出さず、更には最終追い切りは単走を示唆…どれを取っても過去の調整過程とは異なる=守りに入り過ぎている印象です。
コレが一流厩舎ならばそれが最善だと見るべきかも知れませんが、何と言っても関西主場(京都阪神)の平地競走では開業以来45戦0連対(上位人気馬含む)の菊沢厩舎…まして関東馬にとって鬼門とも言える菊花賞ですから尚更疑って掛かるべきかなと。

一定の水準に達していない菊沢Jから一流横山典Jでまるで別馬へと化した馬は相当の評価をしたいですが、それを引き出せる状況でゲートラインに立てるかについては信任票は入れられません。
(菊沢厩舎・関西主場・平地・単勝20倍以下の全出走歴)
無題hert

▽サトノアーサー 牡3 川田 57 栗東 池江寿
まだまだ本格化前だったという春は後方折り合い専念競馬に徹せられていたが、(この手の馬は時間が経過しても固定観念から同脚質競馬に拘られるケースは多々あると思うが)コノ馬の場合には一流池江厩舎所属馬だけあって秋初戦のタイミングで果敢にモデルチェンジを仕掛けてきた。
毎年の様な素質若駒が最も揃うと言っても過言ではない厩舎だけあって、行き当たりばったりではなく点と点が線で繋がる様な育成方針は褒められるモノだろう。
もちろんそれは一発満点回答までは求められない話だと思うので、距離2400スローペースという難しい状況の中で多少折り合いを欠くシーンはあったものの、十分許容内で3着好走結果を掴み取ったならばやはり順調な成長過程を歩んでいると見做すコトができるか。
そういう意味では将来的な期待は懸けたい一頭ではあるが、それより手前の目先菊花賞については流石に条件悪化(距離3F延長)分が上回りそうなカンジは否めない。

それに追い打ちをかけるのが雨予報…(人気薄ならば)14年◎サトノアラジンのイメージで激走の線も描ける馬ではあるのですが、これまで散々苦にしていた雨馬場ではその薄い線も消えてしまいそうです。

▽ダンビュライト 牡3 武豊 57 栗東 音無
神戸新聞杯レース前からダンビュライトの賞金(1050万)ならばセーフと見られていたが、陣営は危うしと見て何が何でも権利獲得の意図でいて「1着じゃなくて3着内狙い」という際どいコメントも発せられていた通り…それでの正攻法騎乗で上位馬の末脚に屈した形の痛恨4着止まりはハッキリと言えば力負けだ。

ただし、この菊花賞は(特に雨馬場によって)決して能力云々が勝ち負けを左右する最重要要素にはならないだろうという点で活路は見出せるか。
その一つ目としては、例えば最有力前哨戦神戸新聞杯上位入線馬からの菊花賞出走有力馬キセキ・サトノアーサー・アドマイヤウイナーは全て折り合い不安馬で、そこで名人鞍上込みで上手い競馬が期待できそうなのはコノ馬だろうという点。
そして二つ目としては、神戸新聞杯で最もスタミナを示した馬、安易に言えば最も前で粘る競馬で好走した馬が菊花賞で穴をあけるという歴史から…その論理は今年のヌルいペースの神戸新聞杯ではそう通用しない可能性が高いですが…。

―マイスタイル 牡3 四位 57 栗東 昆
春シーズンでは弥生賞で◎を打って、その他は全て無印評価をしました。
その弥生賞の◎の根拠はほぼ騎手(横山典)でした…当時の中山芝戦はそれだけ騎手勝負の側面が強かったので…結果的にはそれが全てという2着激走。

そして誰もが驚いたダービー4着激走…コレも騎手が全てと言って良いでしょう。
私は芝レースでは走破時計でレースレベルを判断するコトはほぼしませんが、でも本年ダービーなんかは誰でも走れる様な走破時計だったが故に力が劣る馬でも上位入線が許されるレースになったとは言えます。それで逃げたからの一点で4着まで粘れたマイスタイルであり、マイスタイルに付いて行くだけの騎乗で横山典ペースに乗って8着まで粘れたトラストであり(余談ですがトラストは何で中長距離路線に行っちゃったんですかね…無駄にダービー8着したせいでマイラーとしての素質の芽が摘まれているのだとしたらとても残念)。
まとめると弥生賞もダービーもほぼ横山典Jが激走したというレース…それの再現というのはナイ話でしょう。

★○○○○○○(←菊花賞の大穴◎候補馬)の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
これまでの2勝は洋芝函館での上がり37秒級レースと、中京二二という3歳限定戦の中では屈指のスタミナレースで記録している。
その他にも持続戦青葉賞激走や、前々走は札幌二六で古馬混合1000万下3着健闘などキャラは明確。
前々走モレイラでも苦労していた通りの折り合い難馬だけに、前走トライアルレースでは2走続けての大外枠で理想よりも位置取り下がる競馬も結果に悪影響を与えただろうし、それで自身最速の上がり脚を使っても前が止まらない流れが不運だったという話。
まずは抽選通過が難関になるが、その上で道悪且つ内枠条件を引ければ如何にもな一昔前の菊花賞激走馬の出来上がり…(本年は低レベル世代且つ道悪馬場により、近年傾向よりも一昔前傾向が通用するのではないかとの読み…その辺りは次回中篇で詳しく)。

--------------------
☆菊花賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------