☆セントライト記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【セントライト記念の有力馬診断(前篇)〜凡戦ダービー藤岡佑介J戦犯説…あれは鞍上の限界であるよりも、寧ろクリンチャー自身の問題=弱点露呈であるとも…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽クリンチャー 牡3 藤岡佑 56 栗東 宮本
前々走皐月賞では先行策から早め先頭の積極策で13人気4着激走。
それに対して前走ダービーでは位置を取れずに何もできずに13着凡走。
そのダービーではあたかもレース自体(凡戦)の戦犯として鞍上藤岡佑介Jが槍玉に挙がっていたが、大元としては馬自身がそんな確実性ある競馬をできる馬ではないという点に元凶があったと思います。
前々走皐月賞でも急かした追走をするとフォームを崩していたり、初戦新馬戦では左回りで何もできずだったりでした。
前走での批判を受けて藤岡佑Jとしては何が何でも積極的に行きたい心境でしょうが、それが前走と同じく多頭数激戦の内枠からとなると履行できるかは結構怪しさもあります…それでも無理してやるならば逆効果になるでしょう。
特に死枠でもある極端内枠を引けば消し、内枠なら懐疑的、まず中外枠を引いてから初めて検討できる馬だと思います。


―クレッシェンドラヴ 牡3 ○○ 56 美北 二ノ宮
父ステイゴールド×母父サドラーの重厚血統で、距離二千では芽が出ずに距離を延ばして延ばして素質開花しつつある近況。
3走連続好走中だが全て中長距離条件の非高速決着で、一昔前の菊花賞ならばこの手のスタミナ特化馬が穴パターンにもなっていたが、今のスタミナ要求要素薄まった菊花賞ならば足りないだろうしその前哨戦セントライト記念では当然全然間に合わない馬。


△サトノクロニクル 牡3 Mデムー 56 栗東 池江寿
前走ラジオNIKKEI賞は秋以降でローテを組み易くする為に少しでも多くの賞金を積み上げたとの意図での欲張りローテでの参戦となったワケだが、本来的には春はダービーを大目標に考えられていた(除外を受けて代わりに出走した白百合Sで勝利)であって、目標後の余計な一戦且つ必要以上にハンデを背負わされる近況成績になっていた(如何にもラジオNIKKEI賞で飛ぶパターンの上位人気馬だった)。
馬のタイプ的にも小回り千八条件も忙しいモノであったし、それ以上に馬が道中から難しい面を見せていたのはハードローテが祟った分でもありそう。

その前走ラジオNIKKEI賞をワケ有り敗戦と見做せば、それ以前は5戦5連対の魅力的戦績の持ち主。
裏街道での戦績のみという点で未知な面も大きいのだが、陣営(スター馬を数多く扱う池江厩舎)の見立てではハーツクライ産駒の本丸という程の超高評価馬…そうでなければ今回も鞍上デムーロという話にはならないだろうし、この手のブラックボックス期待馬には順張りした方がベターなので…。


△セダブリランテス 牡3 戸崎 56 美北 手塚
ラジオNIKKEI賞1着馬。
そのラジオNIKKEI賞は少々難があると言わざるを得ない3歳夏ハンデ重賞で、コノ馬の場合には当時2戦2勝の最小限実績ローテで(実力の割に)有利なハンデに収まった出走ができたのも見逃せぬ勝因の一つだろう(その逆が同じく2勝馬ながらも無駄に戦績重ねていたせいで酷量57背負わされたサトノクロニクル)。

とは言えども、レース振りを見る限りでも小回り千八条件では鈍くてどうかなと思うシーンもありつつ、人気馬の自滅と外枠先行で長く脚を使える競馬振りと、そして何よりも能力で勝ち切ったというパフォーマンスは無下にはできないが。

成長力ある母系血統で、前走を見る限りでは距離延長も外回りコース替わりもプラスで、これまでの芝2勝が何れも相手関係(実質的に下した相手)的には評価できない分をどこまでスケール高評価を与えて良いのかという話になってくる。


★○○○○○○(←セントライト記念の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
これまで5戦全て若手騎手騎乗で、全て馬の力任せの競馬をさせている、
3走前500万勝ちまでは馬の力の違いがあったのでそれでも良かったが、前々走重賞戦ではそうもいかずにお粗末な騎乗振りだった分だけ届かずだったと言っても過言ではない0.1秒差(5着)となってしまった。前走自己条件戦でも超スローペースを最後方からの追い込み一気で脚余して0.0秒差(3着)は勿体無いの一言。
前々走は掛かって自滅…前走は掛かり不安で最後方競馬…大事なトライアルレースで鞍上一流騎手起用は至極当然の話で、そりゃ若手騎手と大ベテラン一流騎手の目に見えない腕の差は相当あるはずで…その一点で大きな期待を懸けても良いのではないだろうか。
コノ騎手もコノ親戚厩舎馬にはヤル気を見せる傾向あり、菊花賞出走が懸かったトライアルレースとなれば桜花賞アエロリット(後に実質的な捨てレースだったとのニュアンスのコメント有り)も無いだろうから…。

--------------------
☆セントライト記念の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「重賞展望・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を火曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------