☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【セントライト記念の有力馬診断(後篇)〜ティータンリターンで見直しストロングレヴィル/エアレーション中山芝での田辺名人芸による全2勝で過信禁物チャロネグロなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽アルアイン 牡3 ルメール 56 栗東 池江寿
本年皐月賞は予告通りの超高速馬場での高速決着…となるとマイラー志向馬の活躍の場となるという傾向が認められる(=ダービー・菊花賞への直結度は決して高いとは言えない)。
正にそれを追い風に皐月賞馬になったのがアルアインで、実際に[シンザン記念→毎日杯]という裏ローテを歩んでいた通りに当の池江師にとっても想定外のマイラー予定馬のクラシック激走だったとのコト。
やはり血統的にも体型的にも春時点でも距離2000未満が良さそうで、この夏休養を経てより母系(母ドバイマジェスティは米ダ短G1馬)の血統が出た成長を遂げている感も。
それでもギリギリ能力で克服できるのが阪神二四ではなく中山二二の方との意図もあってのセントライト記念参戦なのだろうが、決して春G1馬の満を持しての前哨戦参戦ではなく試金石的な側面も大きい印象で信頼できるとまでは…?


―サーレンブラント 牡3 岩田 56 美南 戸田
これまでの3好走は東京新潟の広いコースで、中山では3戦3凡走というハッキリした凹凸戦績を残している。
本質的な不器用さと成長途上分もあって、長い直線でジックリと末脚を伸ばす以外の形はできないという現状。
前々走までのレースでも大抵で道中地点よりも直線地点で位置取りを下げている様な馬で、中山コースで始動(展開)が早まるトライアルレースでは尚更そうなりそう…余程の外差し決着が嵌まらない限りはノーチャンスの競馬が濃厚で。


△ストロングレヴィル 牡3 石橋脩 56 美北 堀
先週もご紹介した前走ティータンJ騎乗馬=ティータンリターン候補馬
(※8月&9月の前走騎手別成績では前走ティータンJ騎乗馬が連対率トップ級)無題aertj
別に字面だけで言っているのではなくて、コノ馬の前走の横津岳特別でのティータンJの騎乗振りは結構酷いモノがありましたので…当時に自己条件で並騎手ならば巻き返し候補と次走チェック馬とした通りです。

3走前には今回印が回るサーレンブラントと0.1秒差の2着好走していて、その時にはコノ馬の方が反応が良過ぎた分で最後差される様な形になっていた。
対サーレンブラントで言えば、サーレンブラントに死角生じる中山コース替わりならばコチラの方に分があってもと思わせられる。


―チャロネグロ 牡3 ○○ 56 美北 大和田
コノ馬の2勝は何れも中山芝で鞍上田辺とのコンビで挙げたモノだった。
先週京成杯AHでもお見事だったが、エアレーション中山芝の差し馬場での田辺Jは達人的な領域にあると言っても過言ではなくて、コノ馬の2勝は半分は田辺Jの十八番騎乗で=田辺Jの腕で持ってきたと言っても過言ではなくて…。
このケースでは田辺騎乗分を差し引いて考える必要性もあって、となると馬自身は当地での見た目の勝ちっぷり程の馬でも無いだろうと…その上で今回鞍上が田辺J以外なのであれば少なからず割り引かなくてはならない。


★○○○○○○(←セントライト記念の大穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬はこの父の産駒としてはスラッとしており四駆も長いタイプで、5走前京都2歳Sでも小回り二千コースで不利を受けて挽回できなかったが、前々走皐月賞でも同様に直線進入部で不利があって持ち味である持続的な脚を発揮しきれなかった感もあった。
前走NHKマイルCでは距離マイルが距離不足だったのが主な敗因だろう。
小回りコースよりも外回りコースの方に適性あるはずで、当コース条件では3戦2勝で唯一敗戦も道悪とまともにモタれていたのが響いていたワケ有り敗戦。
元から重賞戦線でも注目できる様な素材だったし、幼さ抜けなかった春当時から馬体的に少なからず成長窺える今回(今秋)には上級路線での食い込みを今一度期待して見たいが…。

--------------------
☆セントライト記念の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------