☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【ブログ重賞OP予想】
東京11R毎日王冠(勝負度D)
[印]
◎ダイワキャグニー

[見解]

一昔前までは京都大賞典と毎日王冠でメンバー二分していたが、近年となっては毎日王冠がG1天皇賞秋への唯一無二の王道ルートへとなりつつある現状。
それに伴って毎日王冠に出走するメンバーの質は年々高まりつつあるのだが、ただしそれらの高レベル出走馬が意外な程にココでは結果を残さないという…更には次走G1秋天激走馬は前哨戦G2毎日王冠凡走馬の方から多く輩出されるというパラドキシカルな現象も…。
それは何故かと言えば…それだけ次走以降の本番G1戦線を本気で視野に入れている強豪馬こそココは次を見据えた・消耗しない・温存競馬をしがちであり、力量差大きくともココを本気で勝負しにきた格下馬にチャンスが巡ってくるという話であろう。
昨年こそ異例の外差し馬場で後方競馬の人気馬に展開が巡ってくるという特殊事例となったが、それ以前はほぼ一貫して“スローペース前残り展開”で、単純化すれば“後方競馬の人気馬=危険人気候補馬”“前目競馬の伏兵馬=穴激走候補馬”に近いという一戦である(昨年は雨影響馬場での外差し馬場→本年は馬場回復過程でのイーブン馬場が想定される)。

で、ココで内前競馬を確実にしてくる馬はどれなのかと言えば、やはり秋天以降を見据えたい馬が大多数なだけに少数派です・・・アストラエンブレムは小島茂調教師肝入りの先行競馬に失敗の烙印が押された今回は溜める競馬に方針転換明言だったり、ワンアンドオンリーは本年AJCCで田辺Jが先行競馬目指しながらも馬が気難しさ見せて後方競馬になってしまったような馬だったりで・・・そんなこんなで候補は全然居ないのですが逆に言えばそれだけ有利競馬を少数独占でき得る局面です。

結論としては、そんな数少ない候補の中から、最も未知の魅力大きいダイワキャグニーを狙います。
コノ馬は前シーズンには右回りや小回りと言った要素だけで大きく着順を落とした回もあった様に、競走馬としての走破力以外の部分では相当未熟な面が大きい馬でした。
前々走にしても出走過程[間隔空いたローテとゆとり調教]とレース状況[鞍上の大きなアクションと広いスペースで伸び続ける末脚を発揮]で何とか好結果得られたという背景もあって、前走大敗についてはそこから中2週ローテなど実質記念出走とも言える過程で尚且つレースでは多頭数戦で揉まれモタれと何もできずは完全に度外視できるモノ。
そう続けて使える馬でもないし、そして広い左回りコース以外では無理な馬なので…つまりココは初っ端から勝負の場面になるだろう。
この少頭数立てのスロー競馬で、前走激戦ではなく前々走悠長競馬できれば…その上で本気度の差でココで絶対的有利な内前競馬ならば…素質は相当ある馬だと思っていますしキャリア浅の分だけ能力未知数という面を除けば買い要素溢れる一頭だと思いますので。

(ちなみに近10年の毎日王冠の3歳馬成績はトントンくらいですが、実は[後方競馬をした馬はほぼ全滅⇔先行競馬をした馬はほぼ好走]・[非上位人気馬(弱い馬)の好走率>上位人気馬(強い馬)の好走率]なんです…コレも上記同様に本気でこの先を見据えてしまう馬は危険人気馬傾向で、力量劣ってもココで勝負しに来る馬は激走傾向だと言えます(能力要素以外の重視が必要)・・・毎日王冠はそんな単純なレースであるという土台での安易な予想結論ですが果たして・・・)

本日休載【twitter予想(平場厳選漏れ推奨馬)※期間限定提供中
【完全版予想(その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬)※1レース200~250円×予想提供数
0:11完売ありがとうございましたm(__)m(提供予想…京11オパールS・東6)

-------------------
☆毎日王冠の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。