☆秋華賞の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
※先週結果についてはスペースを取るので記事最下部にて…
--------------------
【秋華賞の有力馬診断(前篇)〜念の為に夏場始動ディアドラ・小島太師ラストイヤー仕上げカリビアンGとは対照的に“所詮叩き台”の余裕かまし姿勢で紫苑S好走ポールヴァンドル〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
〜紫苑S組〜
▽ディアドラ 牝3 ルメール 55 栗東 橋田
紫苑Sは重賞昇格した昨年からハイレベル化しており、本年は昨年程ではなかったが数年前と比較すればそれなりに相手関係が揃っていた方だと言えそう。
それを力の違いで勝ち切ったオークス4着馬となれば秋華賞でもと思わせられるが、他の春G1(桜花賞・オークス)実績馬とは事情が異なり秋華賞権利獲りにメイチをかけざるを得なかった過程は確実にマイナス。
それも単に前哨戦から仕上げただけではなく、わざわざ夏場に自己条件戦から始動という念の入れ様で、それで[馬体重減→馬体回復重点]の2戦を経たという消耗は通常のそれ以上である。
前哨戦1着馬でルメールJ騎乗という見栄え要素の裏には、能力的にも絶対的ではないし状態的にも相対的に上は見込めないし…重い評価まではできない。
ただし、雨馬場は得意そうなので、本番馬場悪化ならば紐には入れたい。


―カリビアンゴールド 牝3 田中勝 55 美北 小島太
一応は前走1000万勝ちで秋華賞出走確定的にしていたディアドラに対して、コチラは2勝馬で紫苑Sでの権利獲得が至上命題だった馬。
小島太調教師ラストイヤーだけに、やはり目先のG1秋華賞は何が何でもゲートラインに立ちたいとの思惑もあった模様。
レース内容としては典型的な小回り向きのステゴ産駒で、上手く内で掛かるのを抑えつつの短い直線で脚を爆発させる好騎乗もあって好走結果へと至った。
秋華賞が地元競馬になる1着馬ディアドラ・余裕残しだった3着馬に対して、前哨戦段階への熱量も大きくて尚且つその時点でも細い体付きに映る様な馬体重コントロールに課題ある気性難ステゴ産駒だけに最も本番では難しそうな印象はある。


△ポールヴァンドル 牝3 三浦 55 美北 上原
紫苑S組で出走前時点で既に秋華賞出走賞金を積んでいたのはサロニカとライジングリーズンとディアドラとこのポールヴァンドルだった(その内のディアドラはつい1ヶ月内に賞金積み上げしたので同じ扱いまではできない)。
中でもポールヴァンドルについては陣営は秋華賞に向けて余裕残しでの出走を明言しており、またレースではこれまでのキレぬバテぬを生かす先行策と対極にある戦法を試して…それでキチンと権利獲得の3着好走ならば秋華賞に向けて最も理想的な前哨戦とできたのはコノ馬だと言えるかも知れない。
一線級相手に通用する瞬発力には欠けるタイプなので本番も同戦法だったり速い上がり競馬になると足りないだろうが、幸運にも今週末の京都は雨予報…まともに馬場が渋った時には大穴候補の目はありそう。


〜別路線組〜
▽アエロリット 牝3 横山典 55 美南 菊沢

前走クイーンSは小回りや右回りなど予ねてからの課題山積という舞台条件で、そこで1着目指すならばノーマークからの逃げ持ち込みが一番確率が高い選択なのでしょうが…と言うよりも、調教でも掛かり気味の姿は見受けられたし、次どうこうではなく逃げなきゃ無理との感触からの積極策だったという面も無きにしも非ずという気もする。
鞍上は「いつも通り馬の気分を底わないような騎乗」と振り返っているが、その通りの馬の気のままの一本調子な逃げで…これは割り切った勝利としか言いようがない。
今回の中間調教過程でも1週前追い切りでは半ば暴走の猛時計駆けであった。

そんな経緯で挑む今回秋華賞は果たして…(逃げの手ならば)この秋華賞は基本逃げ切り至難レースであるし、前走の一件で逃げ警戒が他馬からされるならば尚更そうなるし、前哨戦Hペース逃げ打った同型の存在もあるし…(逃げの手を捨てるならば)右回り小回りを上手く競馬できるのかと言えば怪しさは小さくないし、今のタイミングで距離延長で上記の通りの非教育傾斜過程から非逃げがまともに遂行できるとも考え辛いし・・・。


★○○○○○○(←秋華賞の爆穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
昨秋4走前G1レースは放牧先から馬体を減らして帰厩+中間熱発という順調さを欠いた調整過程で、実際にも馬体重マイナス10キロの痩せた馬体ながら掲示板内健闘。

今春初戦3走前G3レースでも最終追い切り遅れなどとても煮詰めた調整過程には思えなかったが、それで馬体重プラス2キロ止まりだったのは残念…それが始動戦だったので本番2走前G1桜花賞でも調教課せず且つ馬体減という厳しい状況での出走が強いられて、その上でレース本番ではバイアスに逆行するイン積極策も仇となり止む無しの敗戦となった。

そして今秋復帰戦前走は古馬OP挑戦して掲示板内の健闘…それも馬体重プラス16キロとようやっと馬体減問題払拭=復調気配を見せていた点で大いに好感が持てるモノだった。

これら全て結果的に見栄えのしない戦績なので完全に盲点になっていますが、何だかんだ桜花賞除く世代重賞戦線では一度も掲示板を外していませんし、その桜花賞は12着馬までは全て重賞好走級というHレベル戦での態勢整わずの中身ある競走内容でしたし、そんな馬が1年以上振りに本領発揮見込める臨戦過程(馬体回復且つ叩き2戦目)のココは魅力大の場面と見ます…あとは抽選結果次第(3分の2の確率)で菱田Jではなく川田Jだと尚良し…。

--------------------
☆秋華賞の大穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

回は「有力馬診断後篇・馬場考察・レースレベル・次走[激走]要チェック馬リスト」を水曜深夜24時に更新します

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※先週は土曜は悪くない発進も、日曜が今週勝負レース縦目押さえ的中[申し訳程度の回収の完全トリガミ]のみで転落し、月曜は最後の最後でtwitter予想ヒット[9人1着・単24.3倍]しましたが…(twitter予想では単推奨・複推奨の表記してませんでしたが)推奨文の通り頭想定ではなかったのと勝負度低い所(レート下げている所)ですのでご覧の通りの収支でした。。

[土曜京都10R(完全版予想)基準買い目的中画像→土曜PAT収支画像→3日間計PAT収支画像]
IMG_1183
IMG_1182
IMG_1186