☆秋華賞の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
【秋華賞の有力馬診断(後篇)〜春実績馬(直行馬)ほぼ全滅⇔前走条件戦馬(夏稼働馬)ほぼ上位独占の読み解き方(ローズS激走上がり馬・唯一真面目に好走リスグラシューよりも…)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
〜ローズS組〜
△リスグラシュー 牝3 武豊 55 栗東 矢作

本年のローズSは春実績馬(直行馬)が軒並み撃沈して、前走条件戦好走馬(夏場稼働馬)が軒並み激走というやや異例とも言える決着に。
そんな中で春実績馬(直行馬)の中で、唯一体面を保つ好走を果たしたと言えるのがリスグラシューだった。
それは他の同系馬は軒並み馬体重増の甘い仕上げだったのに対して、コノ馬の場合には逆に馬体を増やすのにも苦労して自ずと仕上がり早の状態になったという側面もありそう。
決して調教積んで仕上げたのではなく、調教を加減しなければならなかった過程は今回に於いても歓迎される材料ではなかったが、それよりもこの先に於いてももっと深刻な懸念材料になりかねない。

春は桜花賞メイチで3着好走で、回復し切れなかったオークスでは5着止まりだった経緯。
一夏越しても桜花賞と同馬体重というのは成長力の点で残念で、(有力馬にとってローズSというのは負けても大丈夫な一戦であるコトから言っても)今回ローズS3着というのは好発進というよりも寧ろ後は抜かされるだけになっても…ローズS好走を盲目に歓迎材料と見るのは期待値に反するかも知れない。


▽ラビットラン 牝3 和田竜 55 栗東 角居
ローズSまでの芝でのキャリアは1戦のみだったが、その前々走勝利はHレベル戦で降級馬3頭を下してのモノで素質の片鱗は大いに見せていた。
そうとは言えどもタレント揃いの3歳牝馬一線級相手で通用の計算までは難しかったが、結果的には春実績馬が軒並み沈没して、前走条件戦好走馬4頭が掲示板入りという特殊事例にも助けられたか。
見た目には圧巻の大外一気激走ではあるが、まず流れたペースによる恩恵と、直線追い風(逃げ不利=外差し有利)の恩恵は差し引いて考えなければならない。その上で、次走秋華賞に向けては、コノ戦法以外は難しいだろう点が大きなポイントになってきそう。
というのも、まずタピット産駒という時点で大箱向きで、折り合い面や馬群内競馬にも難点を秘めているだけに、果たして小回り条件での器用な立ち回りというのは現時点では求められないはず。
その同様競馬も嵌まり得るのが秋華賞ですが、激走で人気急上昇ならば寧ろそのリスク面に目を向けたくなるので。


▽カワキタエンカ 牝3 北村友 55 栗東 浜田
ラビットランとは対照的に逃げ競馬での激走だったコノ馬。
それもペース的にも風向き的にも決して楽な状況ではなかった点で間違いなく強い競馬だと言えるのだが、ただしコレが次走秋華賞に直結する競馬だったとは言い難いのもまた事実で。
ローズSでの逃げ馬激走の歴史は幾度となくあって、近3年連続でも逃げ馬の健闘が起きているのだが、2年前レッツゴードンキが典型でココで厳しい競馬をしている程に秋華賞でモロさを出す傾向が認められる。
大箱での気分良くHペース逃げした直後に、緩急問われる小回りコースでの後続が楽をさせてくれない逃げ系競馬というのは大分対応が難しい様で…。
まして、本年の場合には同様に折り合い難の逃げ脚質且つ前哨戦でぶっ放す競馬をしたアエロリットの存在もあって、あくまでも確率論になりますが常識的には2頭共に秋華賞では難しい競馬を強いられるコトが濃厚で…。


▽ファンディーナ 牝3 岩田 55 栗東 高野
△モズカッチャン 牝3 Mデムー 55 栗東 鮫島

春実績馬の中でローズSに真面目に取り組んで唯一好走したリスグラシューに対して、秋初戦ローズSを大幅馬体重増で迎えて形的には捨てレースにして凡走となった2頭。
既にG1通用可の能力とG1参戦可の賞金を持ち合わせている実績馬の、ローズS凡走→秋華賞激走の歴史は少なからずある話である。
それは主に「先行策で差し決着にしてやられる」パターンなのだが、見事にそのイメージができる負け方(上記した通りペース的にも向かい風強風的にも外差し競馬に分があった状況を、内先行の競馬で伸びそうで伸び切れずという如何にもな負け方)だった。

ファンディーナはローズSに臨むにあたって全く調教負荷掛けずに大幅馬体重増という好走させる気は皆無にも見えた過程であった…そこから秋華賞へ向けて上昇カーブを描いての参戦ならば見え見えの狙い目となるべきトコロでしたが・・・。
どうも前走ローズSの仕上げについては「させる気は皆無」というよりも「体質等の問題で不可能」だった模様で、この秋華賞中間でも1週前調教で坂路4F55.7の時計止まり…調教師曰く「予定よりも2秒遅くなった」との話でしたが、単純な調教失敗でそこまでなるはずがなくてそれだけ馬が自ずと動かないという状況なのでしょう。
最終追い切りと調教後馬体重発表でその懸念を一気に希望に変えてくれるまで持って行くのであれば買いたい一頭なのですが…。

3歳牡馬と違って3歳牝馬は春実績馬が夏を境に別馬へと落ちぶれるケースは少なからずあります…そのリスクはあるので最後まで半信半疑にはなりますが、逆に言えば半分は一変あってもと思わせられるのがモズカッチャン。
前走はレース振り的にも仕上げ的にも休み明け初戦でのイレ込み振り的にも落として止む無しの前哨戦…何事も無かったかの様にココで走っても驚けません。
オークスでは激推しした通り、あのフローラSは決して東京二千最内枠が恵まれた競馬ではありませんし、オークスも3着馬に0.4秒差というのは歴史的にもレアな着差なので。


―ハローユニコーン 牝3 田辺 55 栗東 鮫島
中山系の差し馬場での田辺Jは達人的な領域にあると言っても過言ではなくて、コノ馬の2勝《3走前黄菊賞(中山)・2走前忘れな草賞(阪神内回りの外有利馬場)》は半分は田辺Jの十八番騎乗で=田辺Jの腕で持ってきたと言っても過言ではなくて…。
ココは田辺Jの特殊能力が通用しない=騎乗馬能力底上げはない関西圏の内有利馬場での一戦で…戦績も評価できない上に今回鞍上期待もできないという。

★○○○○○○(←秋華賞の爆穴◎候補馬)の馬名は
人気ブログランキングへランキングで公開中!
コノ馬については2歳時から『父ローエングリンの現役時代のイメージで、当産駒=スピード勝ったマイラーというイメージがされるかも知れないが、必ずしもそれは色濃くなくて、少なくとも当馬は距離1400デビュー馬ながらも適距離はマイル超だろうタイプ。適性としては距離マイル〜2000までは大丈夫そうで、キレる脚はないが持続力に秀でている。今後も、この距離適性(距離長めでもOKの牝馬)を武器にすればソコソコはやれそうだが…。』・『スラッとした馬体で軽い馬場で長い距離が合っている。東京2000のフローラSなんかはピッタリだと思うし、そういう条件替わりでの3歳以降の期待ができる馬。』と書いてきた通り、これまでのマイル路線よりも距離長め路線でこそ輝く馬だと見ています。

イメージとしては一昨年3着マキシマムドパリパターン…恐らくHペース寄りの展開になるはずですが、その時に前で粘り込めるイメージが湧きます。

馬体回復で状態良化…距離適性高…前走古馬OP健闘で能力見劣らない…全く別路線からの参戦で全くの盲点となりそうですがココでこそ感が強い“隠し玉”とでも言いましょうか。

--------------------
☆秋華賞の爆穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「土曜予想」を金曜夕方に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------